独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽保守サイトでは絶対に報じられないニュースでしょうね、これは。


小沢氏「衝撃的に発表」 民主が公明・冬柴氏に対抗馬  2008.10.8 19:26


 民主党の赤松広隆選対委員長は8日の記者会見で、次期衆院選兵庫8区の候補者について、小沢一郎代表が「決まっているが今は言わない。衝撃的に発表したい」と話していることを明らかにした。発表の時期について赤松氏は「解散と同時ではないか」と述べた。

 公明党が同区に現職の冬柴鉄三元国土交通相を擁立するだけに、有力な対抗馬をぶつけて重点選挙区とする方針だ。

 兵庫8区には共産、社民両党も公認候補を決定している。


論より証拠です。これが本当なのだとすると、小沢一郎の絵図面の中では、公明党の権威失墜と追い込みが確定していると言う事です。

野中@売国帝王がやらかした最低の自民党解体法である層化との連立が、有害無益な自民党の旧悪として裁かれる時が来るのでしょうか?
私はますます民主党と言うか小沢一郎に期待してしまいますね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
◎ 政 治 ◎ 政界再編? « 城内実のとことん信念ブログ

こちらでは選挙の時期が本年中である可能性が指摘されている。
さて・・・一体どの筋からの情報なのだろうか?少し疑問に思ってしまう。

私は実は期限一杯まで自民党は解散しないと思っている。

理由は幾つかある。
①もし麻生内閣が発足したとして、経済政策の効果が現れるまでは選挙を行いたくないだろう事
②麻生内閣がこけた場合に、「次は自分だ!」と思っている小池百合子みたいな手合いが多い事
③小泉純一郎氏は、「自分の手柄」で手に入れた衆院の議席を手放すのは嫌だろう事
④小泉純一郎氏は、衆院を解散したら「今までの専横の報復を覚悟」しなければならないだろう事

ともかくも、911選挙では自民党は奇策もあり、マスコミの支援も取り付けていた。
しかし、次回は正統的なやり方で戦わなければならないし、普通に考えて大苦戦が予想される。
クーポン選挙は2度は使えない奇手であるし、2年間で二人の総理大臣が政権を放棄して敵前逃亡している。
今の自民党のイメージは「負け犬」のイメージである。それが選挙を急いでどうなるのだろう?
前回のクーポン選挙では自民党が勝利者と最初からマスコミは決め付けていた。
今回はそれと真逆のイメージが自民党にレッテルとして貼られている。これで勝ち目があるのだろうかね?

現在の自民党は、経済を失速させた事も認めている。
この上で衆院を解散して選挙に打って出たら必ず負けるだろう。
野党は「経済成長がマイナスになった。自民党は失政を認めて政権を返上すべきだ。」と言う攻め方をするだろう。それに対して誰が効果的に反論できるだろうか?
精々、野党にも責任があると愚痴を垂れる位しかできまい。

郵政民営化詐欺選挙では、国民に薔薇色の幻想を振りまき、できもしない空手形を切って騙す事ができた。
今回は一体どんな空手形を切れるのだろうか?その絵図面が見えない。

中川あたりの特別会計からの分捕り金による景気対策とかも、言って見れば「あるあると言ってるだけで誰も見せて貰っていない」と言う空虚な空手形でしかない。
しかも、中川(女)には大きな問題がある。
そこそこのレベルを超えていた小泉の外見に対して、中川(女)の外見は余りに醜悪であり、選挙の際に露出する顔としては相応しくない。
両生類的で、しかも肥満していて、不機嫌な表情で、しかも女やら薬やらの噂が絶えない人物だから、内外共に誇れたものではないのである。(それでもメディアに露出しようとするあたり、本人には自覚すらないのだろう・・・・。)
そんな中川(女)が空手形を持って、国民に幻想を抱いてくれとメディアで大騒ぎし始めた日には、自民党のバッドイメージは決定的なものとなる事だろう。

前回の選挙の顔であった小泉純一郎氏にしても、負ける可能性が高い今回の選挙では水面下に潜っておきたいと言うのが本音だろう。


[2008.09.02]   福田首相を追い詰めたのは創価学会と米国である | Blog(ブログ) | [公式] 天木直人のブログ
小泉元首相の声がまったく聞こえてこないところがおもしろい。出て来れないのだろう。

上記の天木氏のエントリーで、アメリカが親米政権をどんどん潰している事実が指摘されています。

本日は台湾総統選挙ですが・・・・ | 復活!三輪のレッドアラート!

同様の感想を私も抱いています。

アメリカからの過剰な干渉は、小泉内閣をピークとして日本中を不況のどん底に陥れました。
今後はそれを裁く動きが出て来るでしょう。民主党が政権を奪取すれば、自民党の旧悪がどんどん暴かれる事になると思います。

今からの自民党は、現状の逆転をする時間稼ぎを目論むでしょう。常識的には・・・・。


>盛り上がりにかけるのは、麻生が政権を取れば、総裁選の勢いを利用して組閣直後に解散を打つとの見通しが強まっていることが大きい。
>「10月14日公示、26日投開票」との情報も流れており、党内は次期衆院選に向け、臨戦態勢に入りつつある。
>先の総裁選で8派領袖(現7派)が麻生包囲網を敷いたシコリもあり、派閥領袖級には「麻生に盾突けば衆院選で報復される」という恐怖心が広がっている。
【福田退陣】企画「政権崩壊」 「10・26総選挙」浮上 (2/2ページ) - MSN産経ニュース

多分、解散総選挙と言う目は、この場合でしょう。
現状維持、カイカク続行を叫べば、麻生が逆転の目が無いものと諦めて解散総選挙と言う手に出ると・・・。

カイカク派がカイカクを続行すれば更に自民党は傷を深め、麻生達がカイカクを中断すればカイカク派がメンツを失うと・・・・。
何度も何度も言っていますが、自縄自縛ですね。

無策のままに解散総選挙か、今までの行いを否定して正道に戻るか。
自民の選択とは、突き詰めてみればその程度の事でしかないと言う事です。

ともかく、カイカクとやらがそんなに大事なら、カイカクと心中させてやれば良いのです。
国民なんか眼中に無い。あるのはカイカクの妄想だけ。
そんな政党なら存在しなくても良い。私はそう思っています。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
久々に自ENDその他にもトラバを送ってみたい。

この記事を読んで欲しい。ブルームバーグが掲載した外資から見た日本のあるべき政治の形を。

【コラム】日本の次期首相に私も意欲、受諾演説も万全-Wペセック

  9月2日(ブルームバーグ):最近5人の首相や大統領の名前を挙げろと言われたとき、米国人なら1977年まで、英国人なら76年まで、振り返る必要がある。中国人も70年代の最高権力者、小平氏までさかのぼらなければならない。

  ところが日本人は、98年の小渕恵三首相まででいい。就任から1年に満たずに1日夜辞任表明した福田康夫首相の後任が決まった後は、2000年までさかのぼれば5人の首相がそろうことになる。

  これほど目まぐるしく首脳が交代する先進国について、投資家は何を思うだろう。
  しかし、日本国民も日本の資産への投資家も、ご安心あれ。ここに問題の解決策がある。
  私、ウィリアム・ペセックが首相に立候補しようではないか。

  もちろん、これは技術的に不可能だ。私は外国人だし日本語の流ちょうさも不足だろう。日本の次期首相候補の条件であるらしい65歳という年齢にも満たない。
  しかし、アラスカ州の知事1期目の政治家が米国の副大統領候補になれるなら、外国人が日本の首相になって悪いこともないだろう。私は指名受諾演説も用意している。

  「国民の皆さん。『首相の首は1年に1回すげかえよう』運動は、海外から見た日本のイメージを損なっています。福田さんの突然の辞任に対する世界の退屈そうな反応を見てもそれは明らかでしょう」

  「麻生太郎さんを次期首相にという声もありましたが、皆さんは本当にそれを望んでいたでしょうか。確かに、麻生さんにはある種のカリスマ性はあります。しかし、失言がちの麻生さんが首相として、福田さんの11カ月より長持ちしたと思いますか。その前の首相の安倍晋三さんを思い出して下さい」

小泉さん?

  「小泉純一郎さんの復帰待望論もありましたね。確かに、01-06年にかけて、10年も先送りされてきた不良債権処理を銀行に求めたのは素晴らしい。公共投資の削減や郵政事業の民営化も評価できます」

  「しかし、小泉さんを『改革者』とみるのはロマンに過ぎません。小泉さんは口だけでした。日本に必要なことは何かを言うだけ言って、後継者に実行を任せた。世界最大級の公的債務と人口減少、スタグフレーションという問題に取り組むことを小泉さんが引き受けたと、本気で思いますか

  「国際社会の大半が覚えている小泉さんの最後の姿は、06年のエルビス・プレスリー邸訪問のときの楽しそうな様子です。また首相に戻れと言われたら、ジタバタと抵抗したに違いありません」

  「しかし、私は違います。私はリーダーシップを発揮します。まず、財政出動を伴う新たな景気刺激策を数カ月ごとに発表します。このために新規国債を発行します。法人税制の大幅な見直しは一切しません。税率などというささいなことで企業が香港やシンガポールに拠点を移すなら、それは自由です

目指すは「土建屋国家」復活

  「何も変えないことを約束します。内閣の重要ポストは資格のある人々、つまり私と親しい人間に割り振ります。また、使途不明の巨額の公的資金を使って友人が経営する企業に発注します。誰も必要としない道路や橋、ダムを造ります。誰も行かないような田舎に、博物館など大規模建築物を建てます。土建屋国家を復活させます」

  「さらに、次世代の指導者層を育てます。50代後半の『若者たち』です。女性の登用に言及してもよいのですが、日本の指導者が言っても誰も信じないでしょう」

  「現状維持と自民党の政権維持を約束します。自民党が自由でも民主的でもないことなど気にしません。何としてでも変化を避けることこそ、日本の指導者がしてきたことです。今後もこれを続けます。少なくとも、1年後にクビになるまでは」 (ウィリアム・ペセック)

(ウィリアム・ペセック氏は、ブルームバーグ・ニュースのコラムニストで す。このコラムの内容は同氏自身の見解です)更新日時 : 2008/09/03 07:08 JST


私は苦笑いすると共に、外資と言うものが一体どんな考えで動いているかについて更に理解を深めた。
食えない相手である。しかも食ったら毒にあたる。

韓国やインドによる為替市場への介入は不調に終わる公算-モルガンS

  7月7日(ブルームバーグ):米証券大手モルガン・スタンレーによれば、景気減速と貿易赤字拡大を受け、韓国やインド、ベトナムの金融当局による自国通貨下支えを狙った市場介入は不調に終わる公算が大きい。

  モルガンの調査アナリスト、スチュワート・ニューナム氏(香港在勤)は顧客向けリポートで、これら3カ国の中央銀行が今年に入ってから自国通貨の下落を受けて、「繰り返し」為替取引を行っていると指摘。韓国ウォンとインド・ルピー、ベトナム・ドンは今年、少なくとも5%下落しており、輸入コスト上昇でインフレ加速へとつながる恐れがある。

  ニューナム氏はリポートで「市場介入は最終的には失敗するだろう」とし、7日の電話インタビューでもこの分析を確認した。同氏は「当社の見方では、これら3カ国が最も期待できるのは、オペレーションを通じ秩序ある下落を演出することだ」と説明しながらも、「ベトナムはこれさえも達成できない可能性がある」と付け加えた。

  ニューナム氏は「間違いなくベトナム・ドンが最も強い圧力を受けている」と記し、外貨準備高が限定的であることを理由に挙げた。


これを見れば良い。連中はどこの国であれ”栄養分”としてしか見ていない。

こんな相手に対して、こんな事を言っている者が居る。

KNN TODAY : 福田辞任の背景にアフガン

>そして、福田政権よりもっとタチの悪い民主党政権が中川秀直らの手によって誕生し、外資を活用出来ないまま外資にカネを持ち逃げされて日本はやせ細るのです。


私はこの文面を見て笑った。笑うしかなかった。
この人は、利用だの活用だのを考えている相手がどんな存在だか認識すらしていないのである。

まさにカネを持ち逃げする為だけに日本に来ている相手に対して、利用や活用を考えている。
これは”祖国防衛の為に外国の軍隊を駐留させよう”と言う考え方に等しい。これを倒錯と言う・・・・。

本当に、この人のサイトから三輪のレッドアラートのリンクが一刻も早く消える事を願っています。

ともかくも、外資が願っている事は「長期政権で、徹底的な改革を実行できる若い”操り人形”が日本の政界に出てくれないか?」と言う事です。
それこそが外資の思う壺なのでしょう。

私はしかし、外資の恐れる所もこの作文の中に見出せました。
>何も変えないことを約束します。
>内閣の重要ポストは資格のある人々、つまり私と親しい人間に割り振ります。
>また、使途不明の巨額の公的資金を使って友人が経営する企業に発注します。
>誰も必要としない道路や橋、ダムを造ります。
>誰も行かないような田舎に、博物館など大規模建築物を建てます。
>土建屋国家を復活させます。

つまり、外資にとって一番怖いのは「内需主導の土建屋(=雇用が満ち足りた)国家」なのです。
そんな国には付け入る隙さえありませんから。

下らない自民党時代の癒着型土建屋国家ではなく、本当に必要な治水や道路建設、僻地を車より安く速く連絡できる鉄道の維持再建こそが必要なのではないでしょうか?
もう行政カイカク、構造カイカクによる破壊は一段落して、日本を再建する時期に差し掛かっているのではありませんか?

これ以上の逡巡は国家と国民の為にマイナスでしかありません。
私は麻生太郎なり小沢一郎なり綿貫氏なりが、その生命を賭けて土建屋国家を再建してくれるならば彼をずっと支持し続けます。
たとえ選挙で落選しても支持し続けます。

ともかく、外資と言う強奪者の今後の暴虐を日本人は目を見開いて目撃すべきでしょう。
最初の彼等の標的は韓国です。その前に余波を食らってベトナムが轟沈しそうな予感もありますがね。
外資が投資する先は、外資の都合によって貸し剥がしを受ける運命にあります。
たとえ外資にカネを借りていなくても、外資の都合でカネを分捕られます。
これがグローバリズムと言う事でもあるのです。略奪は戦争等の物理的暴力だけとは限らない。
最も速度が速く、徹底的な略奪とはグローバルエコノミー経由の略奪なのです。

ドルの呪縛 | 復活!三輪のレッドアラート!
郵政民営化に関する外資の動き | 復活!三輪のレッドアラート!

平和を語る諸氏達よ。貴方がたは本当の平和とはどんなものなのか?そのイメージはお持ちか?
戦争がない事?付近の国とヘラヘラ仲良くしている事?

それは違うだろう。
私の見る所では、貴方がたは妄想の平和を頭の中で拵えて、その妄想に合致しない自国の政権を叩いているだけではないか?
他国から政治、軍事、経済、全てを守り抜き、それをもって安寧を得る事こそが本当の平和ではないか?
つまり、平和と言うのは防衛なくしては成立しないものなのだ。

その防衛の手段を論じる事に関して、平和を語る諸氏達は著しく怠けていると思われる。
正直に言えば、防衛を真面目に考えられない輩とは、戦争を引き起こす役目しか引き受けられない。

日頃から真面目に日本と、日本を取り巻く国々の有様を良く知り、良く考えて置く事だ。
まずはアジアでは韓国から平和が奪われる。その経過と、その意味を考えてみるが良い。

今回韓国を助ける事は不可能だ。その理由は一つ。
助けようと差し伸べた金銭や技術を外資が片端から食べようと試みるからだ。
猛獣に噛まれている人を助ける為に、檻の中に薬箱を持って飛び込む様なものだ。
もうすぐゴングが鳴る。そのゴングと、韓国政府と韓国人達の悲鳴を聞いてもまだ目覚めないなら。

日本は滅びるだろう。平和と友好の理念を守りながら、自国と同胞を守ることなく。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
この中で述べていた事だが、以前の福田内閣改造についてはやはり禅譲の為の儀式であったらしい。
麻生幹事長誕生に関する疑問 | 復活!三輪のレッドアラート!
つまり、延命の為の内閣改造ではなく、半ば以上は麻生太郎に対する禅譲が目的の内閣改造であったと・・・・。
唐突に麻生太郎が首相になるのも変な話ですからね。

そして、こう言う不祥事が起きたのも原因の一つだったでしょう。
おかしな輩が決定的な証言をw | 復活!三輪のレッドアラート!
多分、閣僚に関する不祥事情報が全く福田には伝わっていなかったのだと思います。

どっちみち、この”元気なレイプ”を推奨する輩は人権擁護法案を推進する勢力の肝いりだった訳で、外せなかったとは思いますがね。
自民党の自縄自縛ぶりはある意味凄いですわ。

それにしても、問題は当の内閣改造を行った福田の思惑道理に行くかどうかですね。

今回の内閣改造に関しても、中川(女)を筆頭とする小泉一味がウダウダうるさかった訳です。
私が経済を語る訳 | 復活!三輪のレッドアラート!
麻生太郎が前回の総裁選以降どんな扱いを受けていたかを考えるに、このままでは終わらないだろうと思います。
つまり、麻生太郎はまたしても総理就任を妨害されると言う結末に終わってしまいそうな予感もあるのです。

構造改革に反対し、小泉政治を否定する様な行動は許されない。それが今の自民党です。
普通に考えてファシズムなのですが、そう言う事はネット右翼達には考えも付かないみたいですがね。(やれやれ・・・おめでたい限りだw)
そんな風向きの中で、麻生太郎がどれだけの蛮勇をふるえるものなのか?

最初にしなければならないのは、構造改革派の筆頭である与謝野氏を経済関係から切り離す事だろうし。
要は麻生太郎が本気で自民党の復活を考えるのなら、孤立無援を覚悟で組閣しないと無理なんですね。
そして、そんな事をすれば小泉一派が手を入れて来て政権運営に凄まじい干渉をして来る事でしょう。

はい、今の時点で詰んでます。
本当に、こう考えてみると、確かに小泉ってのは強い、とても強いボスであると思います。
問題は彼奴が全然リーダーではなく、ボスとしても保身と脅迫的な異常性を発揮する事にだけ集中している”ただ単に強いだけの輩”だと言う事です。
こんな輩に権力を与えてしまった日本国民の愚かさと来た日には・・・・・。

ともかくも、麻生太郎は総理に就任できたとしても何もできないでしょう。
そもそも、就任できたとしたら、それは福田同様に小泉一派の承認あっての事でしょうし、そう言う通過儀礼の後では麻生太郎も構造改革派の靴を舐める方向でしか動けないでしょう。

麻生太郎氏は、心中では政界再編を求めているでしょう。
自民党内の構造改革派を追い出し、民主党内の保守勢力を自民党で受け入れる事ができたら。
そんな事を心の中では考えているでしょう。

そう、先日の”カイカククラブ”とやらの設立と同様の方針で、お互いに獅子身中の虫を追い出しあえたらと思っているのではないでしょうか?

でも、それは妄想でしかありません。これから衆院の選挙が始まると言う時期には雑念でしかない。

正直、前回の自民党総裁選の際に麻生太郎で決まっていたならば、風向きは随分違っていたでしょう。
あの時こそがターニングポイント、転回可能点だったと思います。

しかし、その大事なポイントを小泉一派は不人気かつ陰鬱な福田と言う操り人形を担ぎ出す事でスルーしてしまいました。
今までと同じ方向性を保つ為の時間稼ぎを行っただけでした。
その間に福田は自分のやりたい事をして、自己と中国様を満足させる事だけに腐心していました。

福田首相辞任:中国では人気絶大「最も優れた政治家」


こんな輩を担いだのは、ネット右翼に絶大な人気のある”小泉純一郎氏”であったのは明らかです。
自民党の挽歌 | 復活!三輪のレッドアラート!
福田候補、北京から指令&朝鮮人から献金 | 復活!三輪のレッドアラート!

それにしても凄いと思うのは、去る事を決定した後の福田総理の冷淡さです。
首相がぶら下がり取材拒否 「無用の雑音」とも
まったくもって無責任・・・・・。ここまで政治を私物化していた人は珍しいでしょう。
個人の思想信条は国家のあるべき姿を優越する。一旦権力の座についたのだから、好き放題やって何が悪い?
福田と言う政治業者は本気でそう言う方向を貫きました。
だからこそ、去り際にこれ程に冷淡なのです。

日本国の為にならない政治を平気で行った輩であり、国民の事など屁とも思ってない男。
自民党の現状分析 | 復活!三輪のレッドアラート!
このエントリーでも述べていた様に、今の自民党の欲求は本当に簡単なものです。
「政権の座にしがみ付きたい」と言う一心です。
この方向性を考えてみるに、自民党は単に「麻生太郎で人気回復」などと言う刹那的な手段に傾くとは思えないのです・・・・・。

私は自民党の禿勢と日本帝国の敗亡を重ねあわせて見ています。
日本帝国は敗亡に向かう第一歩として、あの真珠湾奇襲を企図しました。
敗亡を逆転する為に奇策に出たのです。結果は順当な敗亡ではありましたがね・・・・。

さて、今回の自民党総裁選、一体どうなるでしょう?
滅びを自覚しているならば、きっと奇策に出る事でしょう。
地道に参院の民主党勢力に手を入れると言う方法を採るのならば、多分麻生太郎が総理になる事でしょう。
その際も、やはり自助努力で状況を逆転できないと言う現状は変化ありませんから、政策や方向性には大きな変化は生じないでしょう。

結局、国民に対してはカイカクを強いる癖に、自分達は何の変化もできない駄目な勢力だと証明するだけに終わってしまいそうな気もします。
でも、存在価値を喪失した組織なんてのは、すべからくそう言うものであるのかも知れませんがね。

麻生太郎氏が自民党から構造改革派を追い出す・・・って言うのがもちろん国民にとって一番良い方向だとは思います。
彼が口を慎み、行動で自分の存念と自民党地方組織の願いを実現できるならば、多分自民党は再生できるでしょう。
戦前の日本帝国が軍部を抑えて、輸出主導の財界を抑えて、アメリカとの戦争を回避した・・・と言う歴史の改変を行えていたら。歴史はどうなっていたでしょうか?
そう言うレベルの努力が今の自民党には必要だと思います。まあ、普通に考えて無理と言う事になりますね。

その他に、多分今回の福田逃亡にはもう一つの意味が隠されていると思います。
「国会の会期が短くなると言う事」を公明党は望んでいるのです。

民主などが矢野元公明党委員長から聴取 公明党・創価学会の関係 - MSN産経ニュース

この関係での国会での追及を公明党は非常に恐れている。ドタバタを無理に演出して時間稼ぎをしようとしているのかも知れない。

野中の動きも気になるね・・・・。

セルフロビイストは、「麻生政権誕生」に動く:現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ


これから始まる自民党総裁選。生暖かい目で見つめる事にしましょう。
では、このエントリーはこれで終わります。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

livedoor ニュース - 【眼光紙背】貧困を利用する悪質なビジネス
所得格差が拡大していく流れの中、近年では「格差社会」の底辺に位置する貧困層が増えてくるようになった。生活保護を受ける世帯も増加しており、被保護世帯数は01年1月の76.7万世帯から07年9月には110.1万世帯へと、約1.4倍に拡大した。

そうした状況下、貧困生活を余儀なくされている人たちを巧みに利用して、ビジネス展開する悪質な業者も出てきている。

たとえば、2000年代に入ってからは、50代や60代といった高齢のホームレスの人たちに生活保護を申請させて、彼らが受け取った生活保護費をピンハネしてしまうといったビジネスが横行している。

ホームレスの人たちは、基本的に野宿をしていて住所不定のため、たとえ生活保護を申請しても、行政から生活保護受給の対象として認定されにくいという問題がある。

ホームレスが生活保護を受けづらいという状況に目をつけた個人や団体は、善意のボランティアを装って、ホームレスに声をかけ、アパートの部屋や食事などを提供してやる。

住所が決まって生活が落ち着いたところで、ホームレスに生活保護を申請させる。働けないことを証明するために、アルコール依存症にかかっているように見せかけることもあるという。

そして無事行政側の審査が通って、福祉事務所から保護費が支給されるようになると、保護費の大半を、住居を提供した団体がピンハネしてしまうという仕組みだ。生活扶助費として支給されるのは、高齢者単身者世帯(68歳)の場合、東京都区部で毎月8万820円となっている(08年度の基準)。

ピンハネは、保護費を一括徴収したうえで、その一部を生活保護受給者に生活費として手渡すという形で行われる。ピンハネによって、ホームレスの人たちが実際に受け取る保護費は、毎月数千円程度になってしまうこともある。


こう言う有様の「働けど働けど楽にならざる世の中」、あるいは「働くより保護を受けていた方がマシな世の中」と言うのは誰が何と言っても正しくない。
「上に政策あれば、下に対策あり。」なんてのは、これは中国の考え方だろう?
古来からまともな政治が基本であった日本の様な国ではありえなかった考え方だ。
政府が信用されない、政府を騙す事で市民が生き延びようとする。
こう言う政府が信用されない状態と言うのは、容易にアナーキズム、国家不要論に繋がる下地となる。
言ってみれば、自称保守こそが、政府の信用を損ね、無政府状態と言う恐るべき状態を引き起こしかねない危険思想の持ち主とさえ言える。
こんなのが保守だ、右翼だと看板を掲げてるのだから、小泉一派同様、看板に偽りのある詐欺師集団だと考えて間違いなかろう。

痛いニュース(ノ∀`):ネットカフェ難民に月15万円の生活費融資へ。年収150万以下なら返済全額免除も…厚労省

誰もが予想しているが、上記のネットカフェ難民支援も今後問題となる事だろう。
こんなのは「500名とか1000名とか言う少数」を政府が支援すると仮定しての振る舞いなのだから。
実際の申請は何万人と言う人数が殺到する事だろう。
あるいは、ワーキングプアの人たちが「支援を求めてネットカフェ難民になる」と言うケースの頻発さえ予想される。

社会全体が構造改革の毒素に蝕まれている現在の日本

ああ、それはそうと、ヤカマシイ大臣と戦う池田なんとかのブログだけど、凄いね。

リチャード・クーは地底人か - 池田信夫 blog

構造改革に異議を唱える奴は、学歴を馬鹿にして、権威を振りかざして、いしいひさいち(極左漫画家)を引き合いに出して中傷すると・・・・。

コメント欄も馬鹿丸出し。

>リチャード・クー氏は失われた10年のA級戦犯 (satahiro1) 2008-08-25 21:19:56
>リチャード・クーが「麻生太郎氏の経済政策の理論的支柱」だというのを読んでびっくりした。

>麻生太郎氏は次の首相の最有力候補である。
>その彼にとって、小泉元首相の竹中平蔵氏の役割をリチャード・クー氏が担うとすれば、再び失われた10年をこの国は経験するのだろうか?

「失われた10年と正反対の方向性で経済運営を行うべき」と言っているリチャード・クー氏なのですが、正反対の事をしてもやはり失われた10年になると?
言ってる意味がわからない。
「今までの過ちを過ちと認識している人が正そうとしている」のがそんなに腹立たしいのか?

日本から専業農家以外の兼業農家を全て排除せよと言う暴論をのたまう輩の信者など、所詮はこんなものなのだろう。
私に言わせれば、この池田なにがしこそは、最低人のその下、悪意に燃え、腐った脳味噌で国家破壊経済カルト理論をぶちまける、スライムイーター(糞食らい)でしかないと思っている。
「人」と言うより、壊れたスピーカーみたいな原理主義的経済学者なので、生物として認識して良いかも怪しい存在に思える。

ともかく、こんな馬鹿の噴出する狂った理論には金輪際乗らない事である。
構造改革や効率化など、何年進めていても日本人の大半の為にはならない。

必要なのは雇用と所得であり、名目GDPの増加でしかない。
国富増加と、民間の所得増加と旺盛な需要とそれにかかる租税、それによって喚起される企業の生産と利潤、利潤から支払われる租税。
正のフィードバックの連鎖こそが必要なのだ。ゴミ以下、放射性廃棄物以下のカルト経済理論は必要ないのである。

このままでは、本当に日本は中国みたいな悲惨な国に成り果ててしまう。
そんなのは柳生すばるや新風連の思う壺でしかない。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

livedoor ニュース - 「農相事務所は実態なし」 隣家の経済学者断言、農相ピンチ

経済学者でアルファブロガーとしても知られる池田信夫さんが、太田誠一農相の政治団体が事務所と届け出た秘書官の自宅が大家だったと明かしたうえで、事務所の実態がなかったことをブログで暴露した。池田さんは、「国会で証言してもいい」と述べており、農相はますます苦しい立場に追い込まれた。


もう、想定外のアホVSヨゴレの取っ組み合いが見れそうです。

この経済学者とかほざいてる池田信夫については、この記事を。

ぶっちゃけ、こいつもキティです。痴民です。

http://klingon.blog87.fc2.com/?q=%C3%D3%C5%C4%BF%AE%C9%D7

思い切り頭ピーです。真夏の日向に5日間晒しておいたマーボー豆腐と同じくらいに脳が腐敗した輩です。

だからこそ、怪童ベッタリのヨゴレ政治家との格闘戦にはピッタリの人材と言えます。
池田さん、今回だけは応援しますよ。
別に貴方の勝利なんか祈ってません。精々醜くヨゴレ政治家と格闘して下さいって事です。

あんたはその程度の人物と泥仕合やってるのが似合ってる。
それ以上の役目は求めない。有害な雑音を放ってる暇を削って、ヨゴレと戦って下さい。
精々みっともなく。

なんか、馬鹿同士の戦いってワクワクしちゃいますね。どっちが勝ってもゴミが減るってのが堪えられない。
勝負がつかなくても、ゴミ同士の醜い戦いが晒しモノになってるだけで嬉しい。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

米国がサブプライム危機で「規制強化」に動くワケ(下) 
エドワード・リンカーン米ニューヨーク大学教授 日米経営経済研究所長 2008年8月1日 金曜日

 もう1つ面白い議論がある。特に米国は先進国で唯一、国民皆保険制度がない国だ。なぜ米国だけなのか。
 米国人は「政府がいちいち口出さなくても健康保険の選択の自由があるべきだ」と言う。
 それが理由だと考えられているものの、恐らく米国はGDP(国内総生産)に比べて非常に高い医療費を負担している。

 自由が優れているのなら、なぜそんなに負担額が高いのか。
 米国人の平均寿命は日本人よりも低いのに、全く理解できない。

 ヒラリー・クリントン氏は、この問題に非常に積極的だった。
 93年に連邦議会に提出した法案は、かつて提案していた政策に比べれば穏やかな内容だったにもかかわらず無残にも成立しなかった。
 オバマ候補はヒラリーよりも慎重だ。マケイン候補にいたっては、何の提案もない。
 だから米国社会でどんな議論が起きるのか、非常に興味深いところだ。

NBO そうした米国の議論は、日本にも影響を与えそうだ。日本では、米国は自由主義の国と考えられてきた。

リンカーン教授 いや、それは違う。たとえ米国で規制緩和の議論する際でも、米国の市場は、100%規制がないわけでも規制緩和されているわけではない。この点は重要だ。必ず何らかの規制がある。

 サブプライム問題の議論に立ち戻れば、これは単なる規制緩和の問題ではない。どう対応して行くかの問題だ。やり方はいくつもある。

NBO 日本では労働市場での規制緩和を進めようとした段階で、格差社会の温床になっているという批判が増えた。

リンカーン教授 日本の労働市場に関して言えば、確かに日本では新たな問題が起きている。経済学者として言えば、日本は単純に正社員を解雇しにくくしている法制度を廃止か規制緩和するべきだった。それによって企業は、人員調整をしやすくできる。それなのに他の規制を緩和してしまった。

 実質的に解雇されない正社員の終身雇用制度を維持したままなのに、正社員に比べて労働条件の悪い短期のパートタイム労働者のカテゴリーの新たな労働市場を作ってしまった。
 給与は安く、年金制度も身分保障もない。それで何の社会保障もない階層と、居心地の良いフルタイムの雇用者層というギャップを生み出してしまって動揺している。これが良いことだったのか、何とも言えない。

まあ、詰まる所はですが、日本はアメリカにおちょくられていたのです。
ん?そんな事知ってるって?それは貴方が三輪のレッドアラートの真面目な読者だからです。
そこらのホシュブログを毎日見てるアホどもはそんな事知らないんです。

それにしても、アメリカは何故国民健康保険を皆保険にしようとしないのでしょう?
これも当サイトの読者なら知ってるでしょう。「小さな政府と言うのは、政府が何の責任も果たさないと言う最強の口実」であり、アメリカの国是であるからです。
小さな政府とやらが、国民の全ての面倒を見るなんて撞着も甚だしいと言う事でしょう。
立派な国だ。まだ共産主義の国の方がマシだな。

要は、小泉改革の支持者と言うのは、国が何もしない方向に賛同している者と還言できます。
いや、もちろん税金を取り立てる事は今以上に行いますがね。例えば消費税10%とかね。
こんな事を容認して、何を保守できるんでしょうね。


http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-39.html

昔、こんなエントリーをあげてましたね。このとおりに自民党は振舞いました。

また、ここに乗せていた民主党の屑議員と同じ方向性を小泉の一の子分である中川(女)が現在ぶちあげています。
これも小泉改革と言う事です。

こんな事に手を貸そうとする盲目的な「保守」とやらの脳味噌には何か問題があるとしか思えません。
中韓と喧嘩する事なんか瑣末な事です。治国斉家平天下。
まずは国内で善政を引く事が政治の原点であり、終点である筈です。
中韓との喧嘩が善政に繋がるなら、それを国民は喜ぶでしょう。
でも、現在の国民の財布をデフレと博打と負担増でスッテンテンにする政治の延長では、何をほざいても国民から恨まれるだけです。

真面目に働いた事の無いネット右翼なんか、全然世論の目安としては適当じゃありませんからね。
今日もまた有望だと思った保守系の同士が正道から脱落した事を知りました。
けど、私は自分の道を行くだけです。惰性や思考停止から抜け出る事は本当に難しい。

・・・・。まあ、そんな事は言ってみれば再確認しただけですね。わかっていた事です。

私の友人、あるいは同士達。私はぶれません。貴方がたの期待は絶対に裏切りません。
信じて私の言葉を耳にして下さい。真実はシンプルで美しいものです。貴方がたはそれを知る知性と感性を備えている。
私はそう信じています。貴方がたも自分の心の中の美質を信じて下さい。
それが本当に大事な何かを保守すると言う事です。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
大田弘子 - Wikipedia
この女の一世一代の晴れ舞台は、2008年1月18日の国会における演説で、「残念ながら、もはや日本は『経済は一流』と呼ばれる状況ではなくなった」と吼えてみせた事だろう。


お前の言うとおりにしてたら経済が落ち込んだだけだろ?逆キレすんな!


今回の内閣改造でも、そう言うふざけた、ふざけているだけの姿勢と、ガチガチの構造改革派であり、それを取り繕う為の上げ潮派だったが故に、彼奴は外されて干された。
将来、こう言った、日本経済を危機に追いやった連中をどうにかして裁判で裁いてやりたいものである。

諮問会議に「強い風」 大田氏が退任会見

 経済財政担当相を退任する大田弘子氏は1日午後の記者会見で、経済財政諮問会議について「新幹線が通った後に受けるような、強い風を受けた」と述べ、与野党から批判を浴びる中で会議を運営した苦労を振り返った。

 野党から“諮問会議不要論”が飛び出したほか、「骨太の方針」で堅持した歳出削減路線に対して与党内からも批判が出た。大田氏は「歳出増の圧力は強いが、若い世代の負担(軽減)を考えて政策をつくるのが責務だ」と強調した。


それに続く、自民党の布石はこんな感じ。


麻生氏「縮小均衡で成功例ない」 景気優先を強調

 自民党の麻生太郎幹事長は12日、北九州市内で講演し、日本経済について「この8年間で縮小均衡になっている。企業の財政を立て直すときに縮小均衡させて成功した例はほとんどない。景気を膨らませて財政を立て直すべきだ」と述べ、財政再建よりも景気対策を優先すべきだとの認識を強調した。

 財政規律を乱すなどの批判には「何もバラマキをやれと言っているわけではない。規制や税制を変えるだけでできることがある」と反論した。


まあ、時既に遅しって感じはあるが、それでもやらないよりはマシだろう。

雇用・能力機構の存廃、早く結論を 首相が行革相に指示

 福田康夫首相は13日、首相公邸で茂木敏充行政改革担当相と会い、厚生労働省所管の独立行政法人、雇用・能力開発機構について「(存廃について)早く結論を出してほしい」と述べた。首相は「厚労省から出てくる案を待つ必要はない」とも指摘、行政減量・効率化有識者会議で廃止を含めた組織見直し案を早急に取りまとめるよう指示した。

 同機構の運営する職業体験施設「私のしごと館」は巨額赤字を計上しており、政府が昨年末決定した独立行政法人整理合理化計画では「1年以内に存廃を検討する」としていた。行革相は記者団に対し「首相には今のままの形で残すという選択肢はない。どんな形にしても相当スリム化されたものになる」との認識を示した。

 同機構を巡っては、厚労省の有識者会議が7月にまとめた中間整理で現行組織の維持をにじませたことに対し、「身内に甘すぎる」との批判が出ていた。


インスタントで量産型の職業訓練を受けた者等、この恐るべき不況の世界で就職口が見つかるわけが無いのだ。
甘過ぎる見通しに立って雇用対策を行っていた歴代自民党政権、それが露見したと言うだけ。
壮大な無駄使い、そして何の成果もない雇用対策の内容。惨めそのものである。

こんな政権担当能力のない無能な政権に日本は振り回されていた。
そして、大田弘子の言うとおり、凋落の上にも凋落を繰り返すしかなかったのだ。

構造改革派、上げ潮派、増税派、財政均衡とはすべからく縮小均衡の道筋を行くしかない地獄への招待状なのだ。
日本国民は、今後財政均衡を口にする議員や識者に対しては強い警戒を払わねばならぬと知るべきだ。
要は白眼視して、つんぼ桟敷に座らせているだけで良いのだがね。こんな連中全てお払い箱にしないといけない。
有害な人材なのだから。
そんな逆風に対して中川(女)が均衡財政の達成を掲げる原理主義者どもを糾合し始めるみたいだ。


自民改革路線の転換 「上げ潮派」が危機感 党戦略本部拠点に巻き返し FujiSankei Business i. 2008/8/11

 先の内閣改造・自民党役員人事で一掃された経済成長重視の「上げ潮派」が、虎視眈々(たんたん)と巻き返しを狙っている。財政出動に積極姿勢を示し構造改革路線からの転換を図る麻生太郎幹事長らの言動に、危機感を募らせているためだ。上げ潮派は中心人物の中川秀直元幹事長=写真=をはじめ町村派所属の議員が多い。党内の路線対立が激化すれば福田康夫首相の政権基盤にも影響が及びそうだ。

 「党内に『バラマキの旗』で選挙を戦いたい人がいるのだろうか。『改革の旗』でなければ国民に受け入れられない」。中川氏は8日、自身のホームページにこう明記した。2011年度財政健全化目標の先送りに言及した麻生氏らへの対決姿勢を示し、構造改革路線の堅持を強く訴えたものだった。

 内閣改造では、伊吹文明財務相や与謝野馨経済財政担当相ら消費税上げに前向きな「増税派」が入閣。一方、中川氏に近い大田弘子、渡辺喜美両氏は閣外に去り、上げ潮派の影響力は低下した。原油高騰に伴う物価高に加え、景気が後退局面に入り、与党内には財政出動による景気対策を求める声が強まっている。

 上げ潮派が反転攻勢の拠点とするのが、党国家戦略本部(本部長・福田首相)。中川氏は4日、首相に本部長代行就任と経済運営の中長期ビジョン策定を求められた際、「選挙のマニフェスト(政権公約)にするという立場でお引き受けする」と応じ、首相の「お墨付き」を得た。7日には同じ町村派所属で同本部事務総長の杉浦正健元法相と会い、「マニフェスト策定委員会」を新設して今月下旬にもスタートさせることを決めた。

 一方、改革路線を敷いた小泉純一郎元首相は7日夜、党内若手らとの会合で福田政権の新体制について感想を問われると、大きくため息をつきながら「あんまり言うまい」と不満そうな表情をみせた。上げ潮派は「路線転換が露骨になれば、小泉さんも黙っていない」(町村派中堅)と小泉氏の「加勢」に期待を寄せている。


さあ、これで自民は分裂だ。正しい方策を採ろうにも、内紛を起こそうとする原理主義者に足を引かれる。
景気対策を公言して、やはりできませんでしたと言う事になれば、麻生以下の閣僚は失脚して二度と立ち上がれなくなる。
また、先日までの路線を踏襲すれば「町村派の神輿」が北海道で落選させられる。(と言うか、いずれにしても落選するな、町村と中川昭一は・・・。)

まあ、最後の日まで原理主義にしがみつくのも一興だ。せいぜい面白い政治ショーを繰り広げてくれたまえ。
自民党諸君。君達には政権担当能力はない。それは私の中では確定事項なのだからね。
最後の日まで面白い踊りを踊ってくれたまえ。

自民ボウリング議連:小泉元首相、ストライク連発 「上げ潮派」沸く

それから、この自民党ボウリング議連が利用しているホテル下のボーリングバー。
一人一時間で36000円也の高級遊戯施設だそうじゃないか?
しかも、昼間から遊んでる小泉みたいな奴には、更に10000円追加で一時間46000円だって?
豪勢なもんだな。誰の金で遊んでるんだよ、一体全体・・・・。
ボウリングを五輪種目に~小泉元首相ら議連(日本テレビ系)
それでもって、自分達がはまってるからそのボウリングをオリンピック種目に推薦すると?

お前達、とことん日本国民を舐めてるだろう?
お前等がそうやって遊んでる間に、日本国がどれだけガタガタになってるか理解できてないだろう?
こんな連中こそクビにされるべき公務員なんじゃないか?私はそう思うがね。

天下りなんかより余程問題が大きいだろう?こんな公務員の方がさ。
img9f90c857zik8zj.jpeg

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。