独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国、子どもへの性犯罪厳罰化 懲役50年も
 【ソウル共同】韓国政府と与党ハンナラ党は2日、13歳未満の子どもへの性犯罪について、公訴時効をなくし、刑の上限を懲役50年に引き上げることを決めた。聯合ニュースが報じた。

 子どもに対する性犯罪の処罰強化を求める世論を受けた措置。韓国法務省は11月25日、凶悪犯罪の有期刑の上限を現行の懲役15年から20年(加重処罰の理由がある場合は30年)とすることを柱とした関連法改正案を公表していたが、子どもへの性犯罪に対してはさらに厳罰化を進める。同ニュースは、懲役50年を「事実上の終身刑」とした。

 また子どもに対して性的暴行を行った容疑者の顔写真を公開するほか、飲酒に伴う心神耗弱が情状酌量の理由にならないことも盛り込まれた。被害者への補償を拡大する一方、再犯率を下げるため、加害者へのカウンセリングや医学的治療も行うとしている。

 韓国では最近、女児への性的暴行事件の被告に懲役12年の判決が言い渡されたのをきっかけに、量刑が「軽すぎる」との批判が続出。法務省が見直しを進めていた。
-----------------------------------------------------------


韓国で厳罰化法案 常習者に『化学的去勢』子どもへの性犯罪
2009年12月3日 朝刊

 【ソウル=築山英司】韓国政府と与党ハンナラ党は二日、十三歳未満の子どもを狙った性犯罪について、有期刑の上限を現行の懲役十五年から三十年に引き上げ、常習者にホルモン注射などで「化学的去勢」を行うことを定めた関連法改正案を発表した。加重処罰する場合は最大で懲役五十年になり、罰則を大幅に強化した。

 化学的去勢は治療の一種で、ホルモン注射と心理治療を並行して行う。性犯罪再発防止策を処罰中心から治療中心に転換するとしている。また子どもへの性犯罪の公訴時効を廃止し、性犯罪前歴者の出所後の居場所や行動を電波で把握するために昨年導入した「電子足輪」の装着期間を現行の最大十年から三十年に延ばす。

 韓国政府は先月、二十歳以上の前歴者の名前や顔写真などを来年一月からインターネットで公開する方針も発表。個人の住民登録番号などの入力を条件に閲覧できる。

 韓国では昨年末にソウル近郊で起きた小学一年女児の性的暴行事件で、被告の男に懲役十二年の判決が下されたことから、量刑が軽いとの批判が続出。李明博(イミョンバク)大統領が処罰強化を表明していた。


これは良い方法だ。日本でも導入すれば良いと思う。
けど、韓国では逆効果だろう。性暴行した後に、証拠隠滅の為に子供を殺害する方向に進むだろうから。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[これは良い方法だ!]の続きを読む
では後半に移ります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[中国と米国の立ち位置]の続きを読む
金曜日夜に書くエントリーの予告です。
この二国はどんな思惑で動いているのか。
分析します。

皆さんが納得できる筋で。

この両者にくだらない希望やら幻想やらを抱くことがどんなに愚かな事かも懇々と解説します。

私は、愛国心に燃える血液の温度高い人も、理想と良心を至高の価値と崇める平和愛好家も両者とも間違っていると思うので。

そういうことですから、自分だけの世界観を大事にしたい方々は、今週末は来ないが吉です。

以上、三輪からの予告でした。
前回のエントリー。知らない人達には大変なショックだったみたいだね。

後半で少しその事について。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[是々非々]の続きを読む

痛いニュース(ノ∀`):「遺体返す代わりに1500万円支払え」 韓国の病院が雲仙市にまた要求…射撃場火災

「遺体返す代わりに1500万円支払え」 韓国の病院が雲仙市にまた要求…射撃場火災
1 : ろうと台(西日本):2009/11/28(土) 10:47:02.17 ID:dyT0TUAT ?PLT
釜山火災の治療費、日韓政府動き鈍く 雲仙市が再度保証

韓国釜山市の射撃場火災で、同市のハナ病院に入院していた原田洋平さん(37)=雲仙市吾妻町=が27日に死亡したのに伴い、病院は遺体を家族に引き渡す条件として、先に死亡した中尾和信さんのケースと同様に雲仙市に対し、約1500万円の治療費の保証を要求した。市は日韓両政府が対応するよう求めたが、両政府は「病院と遺族の間の問題」とし、積極的に解決に動かなかった。市は最終的に保証に応じた。

雲仙市によると、保証せずとも遺体を引き渡すよう日韓両政府を通じて求めたが、病院は拒否。

さらに市は「治療費には原因者負担の原則があり、出火元の射撃場が支払うべきだ」として、現地の釜山市や韓国政府が保証するよう要求。しかし、韓国側は「日本のツアー会社が加入する日本の保険から死亡補償金2500万円が支払われ、それが治療費に充てられる」として拒否したという。

保証に応じた奥村慎太郎雲仙市長は「嘆き悲しんでいる家族がすぐそばにいるのに、『市は保証する義務ありません』と突っぱねられない」と話した。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091128/01.shtml


一方で市長は「海外の病院から邦人の治療費の公的保証を求められたら、すべて市町村が対応しなければならないのか。在外邦人保護の義務は一義的には政府にあるのではないか」と困惑を隠さない。
外務省の担当者は「海外には事故で入院している邦人がほかにもいる。国が個人の債務を保証するようなことはできない」と言う。
さらに「韓国政府に協力をお願いしているが、ハナ病院は民間なので、最終的には病院の判断に委ねるしかないのではないか」と話す。

雲仙市幹部は「今はまだ治療費が保険金の額を下回っているので、すぐに保証できる。だが治療費が保険金を上回れば、市の財政負担が現実味を帯びてくる。
そうなれば保証に議会の議決が必要になり、退院の日に即対応するのは困難」と話した。
ハナ病院には現在も雲仙市の笠原勝さん(37)が入院している。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20091128/01.shtml

関連記事:【釜山射撃場火災】遺体引き渡し、韓国病院が1千万円保証要求
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/091127/dst0911271142002-n1.htm


こんな国と関わる事は、ありとあらゆる面で不可能としか評する事ができない。

鬼畜。その一言。それ以外の言葉は見つからない。
こんな事をする国の国民に参政権を与えたらどうなるか?
誰がどう考えても結論は一つの筈。
こんな事をする日本人、こんな事をできる日本人、こんな事を考える日本人など一人でも居るのだろうか?
私は出会った事がない。こう言う日本人を知っている人が居たら教えて欲しいものだ。

これは特に悪い韓国人ではなかろう。
極普通の韓国人、医者だから尊敬されている部類の韓国人が、日本人が肉親の情に負けて金を払うと当て込んで行った脅迫である。
こんな事は日本ではヤクザでも行わないだろう。しかし、韓国では一般的な行為なのだろう。
彼らは日本人に人権を認めていないから。

真相究明委の親日派リストに批判の声(上) - livedoor ニュース

日本人と一緒に祖国を復興しようとした人を先祖に持っただけでこの扱い・・・。

韓国に対して国ぐるみの友愛を口にする人は、こんな現実を無視しているとしか思えない。
こんな国の国民に参政権を与えるなんて、考えただけで胴が震えて来る。
自殺行為に他ならない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

<中国人研修生>「日本人権意識を高めるべき」事件多発は受け入れ側にも原因!―華字紙

21日、日本の華字紙は、中国人研修生が絡んだ文字色事件の多発を受け、2度と同じような事件を起こさないためには、受け入れ側人権意識を高め、信頼関係の構築に努めるべきだと報じた。写真は江蘇省の靴製造工場。
2009年11月21日、華字紙・日本新華僑報は、中国人研修生が絡んだ事件の多発を受け、2度と同じような事件を起こさないためには、受け入れ側も人権意識を高め、信頼関係の構築に努めるべきだと報じた。

今年10月、山梨と北海道で中国人研修生が絡んだ2件の事件が起きた。
山梨では、女性研修生がある日突然失踪。
北海道では金銭トラブルを巡り、女性研修生が男性研修生に殺害された。

記事は、2つの事件のその後の対応の違いを指摘する。山梨の受け入れ側は速やかに山西省の派遣元に連絡したほか、残る18人の研修生とともに友好のバラを植えるイベントを開催。感激した研修生たちは、残る研修期間、真面目に取り組むことを約束した。

一方、北海道の受け入れ側は逆だった。「夜間の外出禁止」「男女交際の禁止」「同僚同士の金の貸し借りを禁止」など新たな規定を打ち出し、違反者は強制送還するとの罰則まで設けた。
だが、研修生たちはこれに強く反発。事態を知った札幌入国管理局からも、プライバシーの侵害に当たるとして撤回するよう指導された。


記事は、中国人研修生が問題を起こすのは、日本の受け入れ側にも責任があると指摘する。
来日後に聞いていた条件や待遇と違うと訴える研修生は数多い。パスポートを取り上げたり、高圧的な態度で接するような「人権を無視した体制」を改めるべきだと訴える。記事は、事件の再発を防ぐには、中国人研修生との信頼関係を築くことが大切だと指摘した。(翻訳・編集/NN)


手前の躾の悪い餓鬼が先生に怒られたら、怒った先生が悪いとヌカス糞親。
この国家は国そのものがモンスターペアレントなのである。

男性研修生と女性研修員が金銭トラブルで殺人事件を起こす。こんな事が管理者の責任なのか?
管理者にしてみれば、迷惑この上ない、研修生としての要件を満たしていない輩のせいで大迷惑を蒙っている訳で、純然たる被害者なのである。

とりわけ、中国側の物言いの破綻ぶりをのけても、こんなのが国家の代表として他国に居候に来る時点で間違っている。根本から・・・・。

中国側の言い分を通訳すると
「日本に送った研修生は日本人の果てしない献身で満足させれば問題は起こさない」
「俺達の代表者が粗相をしでかしたとしても指摘しないでくれ!恥は他人にかかせるもので、自分がかくものじゃないんだ!」
「俺達は精一杯やってる!ベストを尽くしてる!だから問題が起きたのは全て日本が悪いんだ!小日本、もっと我慢しろ!もっと献身的になれ!俺達は悪くない、いつも悪くない、何をしても悪くない!だからお前達もっと反省しろ!」

こんなところでしょうね。
それにしても、「日本も」って、民族浄化やら、国民への虐待やらで人権蹂躙の常習犯国家として世界に認定されている国が、何を勘違いして人権と言う言葉を使ってるんでしょうか?

町役場や村役場の掲示板に「誰それを銃殺刑に処す」と言う掲示が掛かっている国が人権と言う言葉を使う事自体が犯罪行為でしょう?
そんな滅茶苦茶な事は日本国内では、有史以来された事がありません。
歴史の最初からやり直す必要がありそうですね、中国と言う国は。

本当に恥を知らない相手とは絶対に話が通じない。通じる訳が無い。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
最近、日本の政治家達の無法ぶりを非難して来た。
しかし、最も非難されるべきはもっと他に居る。

他の民族に居る。
その事も含めて、本日の〆に法について語ろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[無法民族達]の続きを読む

女児わいせつ高官、両親への暴言映像がネット流出―広東省深セン市

2008年11月3日、広東省深セン市海事局の林嘉祥(リン・ジアシアン)副局長が女児にわいせつ行為を働いたとされる事件で、被害女児の父親が同氏を訴える構えだという。南方日報の報道。

事件は10月29日の夜、広東省深セン市のレストランで発生。林副局長が11歳の女児をトイレに連れこみ、わいせつ行為に及んだとされた。事件後、女児の訴えを聞いた両親が林副局長を探し出して問い詰めたところ、「お前らは俺を誰だと思ってる?交通部が派遣した高官だぞ。娘の首をしめた?ああ、俺がやったさ。だからって何だ?金がほしいか?くれてやるぞ。俺と争ったらどうなるか、思い知らせてやる」などと暴言を吐いた。


この模様は何者かによってしっかりと録画されており、事件後、ネット上へ流出して話題となった。さらに、一般市民の手によって林副局長の身分が暴かれ、これもネット上へ流布する騒ぎに発展した。

事態を重く見た深セン市海事局は林副局長を停職処分としたが、被害女児の父親は「それだけでは不満」として、同氏を訴える構え。父親はメディアに対し、深セン市海事局職員が父親らに会見し謝罪を行ったものの、その場に当の加害者は姿を見せておらず、「誠意が見られない」としている。

事件現場となったレストランのトイレだが、現場には防犯カメラが設置されていた。レストランの職員によると、事件を派出所に届けた後、事件発生当時の防犯カメラの映像を確認しようとしたが、すでに録画映像は“紛失”していたという。(翻訳・編集/愛玉)


<怖い中国事情>臨時性強姦?腕立て伏せ?鬼ごっこ?真実ごまかす“意味不明”の言い訳表現―中国

2009年11月4日、香港紙・東方日報は記事「“臨時性強姦”で減刑:“意味不明”な司法の“意味不明”な判決」を掲載した。

先日、補助警官2人による性的暴行事件に対する判決が言い渡された。泥酔した女子学生をホテルに連れ込み2人で暴行した事件で、本来ならば10年以上の懲役が妥当なところ。しかし、裁判所は「計画的な犯行ではない“臨時性強姦”だった」として、わずか懲役3年に減刑した。

この問題はネット掲示板などで取り上げられ、「おめでとう!“臨時性強姦”という新たな言葉が生まれました」などと皮肉たっぷりに伝えられている。東方日報も中国語は奥深いもので、特に中国本土の政府機関は真実をごまかす言葉の扱いに長けていると皮肉った。

「貧困」は「低収入」、「失業」は「待職」、「貧乏人」は「富裕途上層」などと言い換えるのはもちろん、以前には性的暴行事件は「腕立て伏せをしていただけ」、刑務所内での暴行死事件は「鬼ごっこで遊んでいた際の事故」との“言い換え”が発覚している。(翻訳・編集/KT)


こんな司法が国民を守らない国は、近代以前の国家権力が存在しているとしか思えない。

国家権力が自分達の為の法律を作り、国民を弾圧する行政を行い、権力と一体化した裁判所が国民を裁き、国家権力側の不始末の擁護を行う恐ろしい国の形。
つまり、中国では「憲法が存在していないのと同じ」なのだ。

アグネス・チャンオリジナル動画|アグネス大学|レコードチャイナ


おら、反日中国人!まず手前の国を何とかしろ!!!

日本に対してとやかく言うのはその後だろうがよ!!

痴民党のプライオリティ 或る浪人の手記

こんな鬼畜チャンコロとつるむ、恐ろしい輩が今の自民党の総裁であり、元総裁だった安部壷三だったりするのだけどね。
まずは祖国を何とかしてから、よその国に対して意見を申せ。
18歳未満の少女に対して記念写真を撮影しただけで犯罪となる基地外法案を日本人には強要するくせに、自分の祖国は何やっても無問題なんて口をぬぐってる。

中国人と友好を深めるなんて、あんまりにもリスクが高いとしか思えない。
なにしろ、ダブルスタンダードの嫌がらせが大好きな民族だからね。

とにかく、酷い・・・・。こんな国をありがたがる奴の脳みそは糞便で出来ているに違いない。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。