独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL198   江田島孔明

今回は、地政学的視点から産業構造を考えてみたい。まず、地政学には「科学技術の発展を考える」という原則がある。これは、科学技術の発展により、地政学戦略は変化するという事だ。

例えば、第一次大戦では、欧州における鉄道の発達による大規模動員が可能となったことが戦争の大規模、長期化につながったし、第二次大戦では、航空機の発達による、制空権の取得が戦争の帰趨を決めた。

ここに、日本における航空機産業の地政学的背景として、歴史を見てみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL198]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL197

                           
江田島孔明

今回は、アフガニスタン情勢の今後について検討したい。結論から述べると、以前からの私の主張どおり、アメリカはアフガニスタンで敗北した。後は、ベトナムと同じような敗戦処理ができるかどうかが問題だ。現実に、アフガンを巡ってNATOに亀裂が入っている。
 いよいよ、アメリカの変わりに日本が調停に入る「機」は熟しつつある。これは、後述の日本のインド洋戦略の発動だ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL197]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL196  江田島孔明


今回は、日銀総裁人事を巡る迷走振りの意味を検討したい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL196]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL195   江田島孔明

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド
<参考>


14日の東京外国為替市場=再び1ドル100円割れ
2008年03月14日 14:58更新

 14日の東京外国為替市場でドル・円が再び100円割れ。朝方こそドル売りポジションの整理が進んだが、本邦平均株価の下げ幅拡大を受け市場参加者の大半が再度ドル売りにポジションを傾けた。
 イタリアの大手銀行の評価損計上や複数のヘッジファンドの破たんなどうわさが飛び交い、信用リスクへの警戒感が高まった。
 前日には1ドル=100円割れの水準で買い意欲をみせた本邦輸入筋は「買いを手控えている」(信託銀)という。個人投資家も「相場が落ち着かないとドル買いを出さない」(大手邦銀)。
 市場では「リスク回避目的の円買いが強まってクロス円が下落すれば、ドル・円は95円まで下落する」(同) との見方が出た。ユーロ・ドルは導入来高値更新。

[ 株式新聞ダイジェスト ] 提供:株式新聞社


 終に、私の積年の主張である「ドル下落」が現実のものとなってきた。これは、間違いなく、アメリカ幕府の終焉を意味する。

 今回は、「通貨価値の下落」という事象の地政学的意味を検討してみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL195]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL194 江田島孔明

今回は、近未来の海洋国家連合のあり方を企業の立場で検討してみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL194]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL193   江田島孔明

中東情勢に変化の兆しが見えてきた。今回は、その考察。

↓ ブログランキング(応援をよろしくお願いします!)
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL193]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL192  江田島孔明

予想通り、米国大統領選では、ヒラリーが敗退しそうだ。

これは、イラク戦争以来、米国民が国際金融資本に操作される事に拒絶反応を示したためだ。

オバマ10連勝、ヒラリーに差をつける FEBRUARY 21, 2008 03:02

米国のバラック・オバマ上院議員が、19日に開かれたウィスコンシン州での民主党予備選挙とハワイでの党員集会で、ヒラリー・クリントン上院議員を大差で抑えて勝利した。
これでオバマ候補は、5日の「スーパー・チューズデー」予備選挙以降、10の州で行われた選挙をすべて勝ち取り、ヒラリー候補との確保代議員数に格差を広げた。
ウィスコンシン州の予備選挙でオバマ候補は58%の支持を得て、41%を得たヒラリー候補を17%ポイント差で抑えて勝利した。オバマ候補は、本人の故郷であるハワイ党員集会でも77%の支持率を記録し、23%にとどまったヒラリー候補を圧倒した。
CNNの集計によれば、オバマ候補は誓約代議員とスーパー代議員を含めて1301人、ヒラリー候補は1239人の代議員を確保した。
一方、共和党候補に事実上確定されたジョン・マケイン上院議員はウィスコンシン州とワシントン州でマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事に大差で勝利して、連勝行進を続けた。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL192]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL191  江田島孔明

私の読みどおり、イランとアメリカとの間に国交回復の兆しが見えてくると同時に、追い詰められたイスラエルが暴発思想になってきた。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL191]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。