独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮内庁長官「苦言ではない」 発言後初の会見で否定

 宮内庁の羽毛田信吾長官は28日、定例記者会見で、皇太子さまが敬宮愛子さまを参内(=皇居・御所へ訪問)させる回数が「増えていない」とした前回の定例会見での発言について、「苦言(というの)はニュアンスが違う」と述べた。長官が、自身の“発言”について触れたのは初めて。

 発言は今月13日、皇太子さまが昨年2月の誕生日会見で、「(愛子さまが)両陛下とお会いする機会をつくっていきたい」と述べられたことについて言及したもの。

 「(皇太子)殿下ご自身が会見で発言されたことなので、大切になさっていただきたい」とも述べ、皇太子さまに事実上、“有言実行”を求めたため、大きな波紋を呼んでいた。

 羽毛田長官は28日の会見で、「殿下のご発言は大変重いので、大切になさっていただければという思いだった」と改めて述べる一方、「不満ではない」と強調し、苦言とする見方については否定した。

 また皇太子さまに進言するだけにとどめず、定例会見で述べたことに批判の声があることについては、「そういうご批判は残ると考えつつ、お話しした」として、ある程度の波紋は覚悟の上だったことを明らかにした。


この男、何を考えてるんでしょうか?<宮内庁長官
いろいろと怪しい噂のある人ですので、今後も要注意で見張らないといけないと思います。



横暴な中国報道陣…日本の潜水艦を“盗撮”

■来日中の国防相に同行

 日本を訪問中の中国の曹剛川国防相に同行している中国報道陣がルールを無視した行動や、禁じられた潜水艦などの映像を巧妙に隠し撮りするなど問題を起こし、防衛省が抗議する事態となっている。

 31日午前、海上自衛隊横須賀地方総監部を訪問した曹国防相の取材に同行した中国側報道陣のうち、香港を拠点とする「フェニックステレビ」のクルーが撮影を禁じた海自の潜水艦や米海軍のイージス艦を隠し撮りしていたことが発覚した。

 海自隊員が行事と関係のない方向を撮影する「フェニックス」のテレビカメラを発見し、厳しく注意。フェニックス側は当初「海上を航行中の船舶を撮影しただけ」と弁解していたが、海自が確認したところ背景に潜水艦とイージス艦の映像があった。映像はその場で消去されたが、防衛省は文書による正式抗議も検討している。

 30日には、防衛省での高村正彦防衛相と曹国防相との会談を取材しようと、大臣室前の廊下に並んでいた日本の報道各社の列を無視して中国・新華社のテレビクルーが最前列に割り込んだ。防衛省は中国報道陣に同行している在京中国大使館の担当者に「ルールを守って取材するように」と口頭で注意を与えた。これに対し、担当者は「公式メディアだから」と意味不明の理由で反論した。


中国人と言う人種は、どのような時でも国家への追従を忘れないと言う事です。
目の前に「中国の敵」が居れば、仕事など忘れて、そっち方向に向かうのでしょう。

続きは後半で。

↓ ブログランキング(応援よろしくです!)
ブログランキングブログランキング
[気になった記事を幾つか]の続きを読む
大晦日の三崎VSヌルヌル秋山は、五分の条件では三沢に軍配が上がった。

まあ順当と言える結果ですがね。

で、その後に三崎が秋山に対して「お前は沢山の人と子供達を裏切った。俺はお前を許さない。」と言った後、「今後は沢山の人と子供達の為にリングの上で戦え。」と秋山を諭し、贖罪の為に今後はフェアプレイヤーとして振舞う様に言い渡していました。



素晴らしいね。日本人格闘家のモラルの精髄と言えます。
その後秋山に膝をついて、土下座の様にさえ見える礼を行った三崎。
去り行く秋山の背中に三崎が叫んだ言葉は「柔道最強!」でした。
(三崎も秋山もアマ時代は柔道で実績を積んだ格闘家)

その後の「日本人は強いんです!」「皆さんが大好きです!」と叫んだのが朝鮮人の癇癪を裂いた様で、正月早々こんな記事が書かれています。

言葉も国境も越える!日韓リアルタイム翻訳掲示板 enjoy Korea K-1 敗北した韓国選手を侮辱する日本選手 民族差別発言まで!


まあ、そんなことはしてないんですがね。<民族差別発言
三崎和雄氏ですが、そもそもからトランクスに愛国心と書いている人であり、「日本人は強い!」と言うのは彼の普段からの言動だったりします。


言葉も国境も越える!日韓リアルタイム翻訳掲示板 enjoy Korea 朝鮮系日本人、ヌルヌル秋山の1年。

むしろこう言う向きの方が異常な訳でね・・・・。

まあともかく、卑怯者にはきっちりけじめは取らせた。後は秋山の責任でしょうな。
しかし、掲載している動画の部分ですが、TBSはきっちりカットしていましたね。
ま、TBSだから仕方ないですが。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

痛いニュース(ノ∀`):猛犬を連れた数百人のバイク軍団がバリケード突破して村を襲撃…中国

1 名前:死にかけ自営業φ ★ 投稿日:2007/12/16(日) 10:12:09 ID:???
発電所建設阻止で公安動かず
【香港15日深川耕治】中国広東省汕尾市東洲鎮の発電所建設をめぐり、13日、猛犬を連れた数百人の暴漢がバイクで進入禁止区域を突破して電線を強行敷設し、村民数十人が殴打されたり、犬にかまれて負傷した。
現場には地元公安当局や武装警察は出動せず、11日以降、地元当局は十数人の建設阻止を強く主張する住民を拘束したまま釈放していなかった。短波ラジオ局の自由アジア放送が伝えた。

同村では2年前から住民と警察、地元政府が雇ったと見られる暴漢がたびたび衝突し、
火力発電所建設をめぐる補償問題で住民側の了承を得ないまま水道や電線敷設を行おうと
した地元政府側が、武装警察を動員して村民を銃撃し、死傷者を出す事件が発生して
国際的な注目を浴びていた。
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/071215-222803.html


消毒します!
ヒャァッハァ!汚物は消毒だぜぇ!消毒しちゃんだぜぇ!w

もう、絶対にこの国どうかしてるってw 外務省は”入国危険”って類別に、中国を指定すべきだと思うけど?
ともかく、中国だけは世界が核の炎に包まれていなくても、きっちり暴力の支配する世界になってると言う事ですね。

ちなみに、私はこんなのも思わず連想してしまったなぁ・・・・。
破滅の未来w

本来的にはこっちな訳だけど、
希望の未来

中国は絶対破滅編だなw

皆様、中国の正しい姿を知りましょうね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
先日の連山にアップされたエントリーに、私は強い衝撃を受けました。
それでこちらとしても黙っていられないと言う事で、エントリーを複数立ち上げました。

連山に「私個人への攻撃の意図」があると言う風に書いてあったからです。
それに怒ってエントリーを立てた訳ですが、その最中に初めて見るお客様がコメントを書いて来られた。
それがblue_mermaidと名乗るお方でした。

彼女(だと確信しています)に懇々と諭されて、私も自分の非を認めざるを得なくなりました。
理非曲直を弁えた女性からの仲介に対して逆らっている自分が卑しく思えても来ましたし。

今更このエントリーで以前の内容を蒸し返す事は致しません。

私が危険だと感じたエントリーも、その後に内部で問題があると指摘され、それで取り下げられたのだと言う風に慰撫されて、それは違うと頑固に言い張るのも大人気ない事です。

名士の集う集団である連山が、一人二人の人間の行い、内部で修正の指示が行われた問題によって、必要以上に迷惑を掛けられる事態は好ましいと思わないでしょう。
大半の人達は自分に関係の無い、降って湧いた様な事態に困惑もしているでしょう。

これ以上、彼女にも関係の無い連山のメンバーにもご迷惑を掛ける事は避けるべきだと私も納得しました。
よってこのエントリーで、私のほうから謝るべきは謝ろうと思います。

まずは以前のハンニバル論争。言われて読み返してみたんですが、全く斟酌とかが入ってないですね。

とりわけ、何故彼等が「相手にできない妄想族」のエントリーに立腹したか、彼女の説得メールで理解に及びました。確かに思いやりも何も無い引用の仕方でした。
とあるサイトに、様々な自分の書いたエントリーを不埒な読み方をされて、それに腹が立っている状態で引用しているから、全くもって棘しか感じない文面になってます。
松村氏の事も、言って見ればこのエントリー内では出汁にしている上に酷い扱いに思えます。

これは物書きとして認めざるを得ない失点です。陳謝致します。

それに加えて、立場もあり、今後とも情報を発信し続ける使命を感じておられる無関係な執筆者の方々に対してもお詫びすべきでしょう。
それこそ十派一絡げに、連山に所属しているだけの方々に対しても一切の斟酌を行わなかった事は恥ずべきだと反省しました。

また、休日中ずっと文通していた彼女の心痛を見るに付け「私が女性に暴力を振るっている」と言う事を認めざるを得なくなりました。
他の支援者の方々も同様に心痛を感じておられるのかと思うと。これは勝ち目はないと悟るしかありませんでした。
彼女だって本来当事者ではなかったのです。それをこんなに巻き込んでしまった。その事を後悔しています。

自分の言論活動に対しては妨害を許さないと息巻いていながら、他人の言論活動に対して配慮を行わなかったのは恥ずべき行いと言われても仕方ないでしょう。
理由があるないに関わらず、この事は最初に謝罪をしておくべきだと思いました。

彼女に伝えおいたとおり、私は連山との和解を求めています。
ここでそれを公表して置きます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて、今後の日本のキャスティングボードを握っているのは誰か?
小沢一郎氏である。

そして、彼がどんな人間なのか、近日中に判明するのだ・・・。
どんな事で判明するのか?

それは後半で♪

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[今後の日本を占う(その7)]の続きを読む
今回紹介するブログは『賭人の独り言』と言うブログです。

http://tafu.iza.ne.jp/blog/

このお方、実はある有名なブログの執筆者の一人です。
私は知っていて、他の知る人ぞ知ると言うお方ですが、間違いなく愛国系のブロガーです。
今後は当サイトのリンクにも入れて置きますので、どうかご贔屓に願います。

サイトのスタンスとしては自民党に期待する系列です。
その点は三輪のレッドアラートとは大きく違いますが・・・。
それぞれのスタンスと言う事です。

私自身はこのサイトの方向性を好ましく思っています。
皆様の訪問と応援に期待します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
あんまりにも感動したので、孫引きで転載させて頂きます。
山崎先生やはり凄いわ・・・。見るべき記事をキチンとしっておられる。

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』 ■国民新党のケインズ主義的な経済政策を評価する。

■産経新聞記者・山本雄史ブログより

>「自民党、公明党なんて、明日でおしまいだっ、みなさん!!!!!!」

>聴衆「うおおおおおお!」

>「自公もおわりました。わたしゃ、昨日まで島根鳥取、日本中をかけずりまわりましたが、地方では反乱が起きたんですよ、反乱が!こんな、こんな政治にがまんできないっ!!自分たちを(私たち国民を)人間と思っているのか!こういう、怒りが全国で盛り上がっている。東京のみなさんも一緒に反乱をおこそうじゃないですかっ!」

>聴衆「そうだ!」

>「われわれは、暴動ではなくて、選挙で変えることができるんですよ、日本を!わが国民新党は抵抗勢力といわれてきたが、われわれは誇りに思っている。洋の東西を問わず、時代をかえていったのは抵抗勢力じゃないですか、みなさん!!!」

>「この日本でも、60数年前、東条内閣が翼賛体制をやり、日本を悲劇的な状況にもっていった。あのとき、抵抗勢力がいたじゃないですか!!鳩山一郎であり、三木武吉、中野正剛ですよ、あの3人が座っておられた(衆院の座席の)所に、国民新党が座っている。私が座っている席は、中野正剛が座っていた椅子だ!!中野正剛は腹を掻っ切りましたが、われわれはそんなことはしませんよ、自民党を倒すんですよ!日本の夜明けを、みなさんと一緒に迎えるんですよ!」

>聴衆「そうだ!!!!」

>「郵政(民営化)見直し、地方重視、年金増額、当たり前でしょう!!6万6000円で老後の生活できるんですか、お年寄りが!!!世界の人たちに(日本は)毎年1兆円配っている。困っている人を助けるのは当然。しかし、日本で体の不自由な人やお年寄り、一生懸命生きていてもどうにもらないような人を救うのが前提ではないか」

>「大企業は史上最高の利益をあげている。(でも、利益を)社員に配っているんですか?配ってないでしょ。だからみなさんのところにまわってこない。小泉改革になってこれが始まった。日本型資本主義が制圧(崩壊?)されて、アメリカ型資本主義にこの6年間でガラっと変わったから、いざなぎ景気(のような今の景気)でも、みなさん方の懐には来ないんです!!!」

>聴衆「そうだ!!いいぞ亀井!!!」

>「大企業や金持ちには税金をまけて、この5年間でいったいいくら企業に税金をまけたのか、20兆円ですよ!!庶民に公明党は何をやったのか。庶民の味方といいながら、自民党と一緒に何をやってきたのか!!税金が上がったんですよ!!」

>「秋には、(自公政権が)消費税に取り組もうとしている。金のある人たちからは税金はとらない、庶民からとる、みなさんが怒らないから。こんな自公政権、許せますか!!」

>聴衆「許せない!!」

>「やりましょうよ、怒りを爆発させましょう。今からみなさん方も年をとる。今の自公政権に年金をまかせていいのか。(台帳が)灰になっていたかもしれない、そんなことを前提にして年金をちゃんとできるのか(自公政権は)。1年で調査できるのか、(自公政権は)できるわけがない、できぬことを、できるといって参院選を乗り切ろうとしている。悪いのは政府だ、四の五の言わずに政府はだまって(年金を)支給すればいい!!!」

>聴衆「そうだ!!」

******

三輪の見立てに間違いなし・・・。
亀井静香先生、頑張って下さい!

******

>「魂を取り戻しましょうよ。拝金主義がはびこり、家庭の中でも競争競争。こういう社会から決別しようではないか!!抵抗勢力に気合の一票を!!勝ち抜きましょう、夜明けはすぐ目の前です、東京でも反乱をおこしましょう!!!!」

>聴衆「い~いぞ!!!!!おおおおおお!!!」

******

この小気味良い台詞。
いいねぇ、大和節ってのは・・・。

******

>「われわれは、暴動ではなくて、選挙で変えることができるんですよ、日本を!わが国民新党は抵抗勢力といわれてきたが、われわれは誇りに思っている。洋の東西を問わず、時代をかえていったのは抵抗勢力じゃないですか、みなさん!!!」

ここ大事ですね。暴徒なんて所詮お呼びじゃないって所がね。
救国の志とは、この様な正道を尊ぶ精神から生まれます。

繰り返しますが、今回当選した民主党議員の中には、亀井静香氏の薫陶の後に国政に送り出された人が居るのです。
過激な行動は所詮パフォーマンスでしかありません。
今の日本人に必要な何かは「癒し」であり「再生」です。

もう破壊は必要ない。破壊が受け入れられる時間は過ぎたのです。

経済コラムマガジン 07/8/6(493号) 自民党の自殺

これから再生が来ないのならば、日本国の人心は堕落して行く事だろう。
これからの抵抗勢力は、破壊を訴える者、破壊を容認する者と知らねばならない。
時勢はそう変わっています。

破壊は想像とイコールではない。破壊は和、大きな和の反存在である。
日本人ならばそれが理解できる筈。(できない奴は日本人ではない。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
うん、久々に彼を見たんだな。
lefty様のブログでね。
その彼とは誰か?依存症の独り言の坂 眞氏なんだが・・・。

彼と私は全然支持するものがかみ合わないし、意見も多々違っていた。
でもね、私は彼のブログをほとんど毎日見に行っていた。

何故か?彼の語る語り口って凄くノーブルなの。
語る言葉もね、思わず乗せられてしまいそうな魅力に溢れていたし。
読んでて気持ち良いブログだった・・・。

彼が政治ブログランキングから引退したのは本当に残念だ。
今政治ブログランキングを見ていて、切実にそう思う。
時代は変わったのだな。僅か数年で。
振り返ってそう思ってしまった。

>坂 眞様
私も・・・彼には本当に期待しています。
彼がもっと真っ直ぐに伸びてくれたら。そう思いますね。

貴方ほどの知性の持ち主だからこそ、とりわけlefty様に好意的になるんでしょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。