独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙で太陽発電、衛星からビームで送る」実験、パラオが関心
2008年1月15日(火)22:00 Loretta Hidalgo Whitesides

クリックで画像URLに飛びます

西太平洋の小さな島国パラオが、インドネシアのバリ州で開催された『気候変動枠組条約第13回締約国会議(COP13)』(2007年12月)において、宇宙太陽発電の実験台になることを申し出た。

宇宙太陽発電にかかる費用はまだ非常に高く、一般への応用は不可能だ。しかし、二酸化炭素を一切排出することなく、必要な場所に直接エネルギーを送れるというユニークな特性は、用途によっては非常に魅力的かもしれない。そうしたニッチ市場の1つが、おそらくこの島国なのだ。AP通信の記事によると、パラオのTommy Remengesau Jr.大統領が関心を示しているとう。

起業家のKevin Reed氏は、超小型の実証実験用衛星を低周回軌道に打ち上げることを提案している。それによって、1000世帯の家庭の電力をまかなうのに十分な量のエネルギーを、毎日地球に放射することが可能になるという。

エネルギーは、まずパラオの無人島の1つに置かれた発電所に送られ、バッテリーの充電に使用できる直流電流に変換される。Reed氏は現在、プロジェクトの遂行に必要な8億ドルの資金調達先を探しているところだ。

宇宙太陽発電には、米航空宇宙局(NASA)をはじめ宇宙開発の関係者たちが以前から関心を抱いてきた。宇宙の太陽エネルギーは、大気を通過した後の太陽エネルギーの8倍にもなるからだ。

気候変動への特効薬にはならないとはいえ、宇宙太陽発電を利用する未来はもはや空想ではない。衛星の打ち上げ費用が安くなりつつある現状を考えれば、なおさらだ。

静止軌道には大型のシステムを打ち上げることができるため、地球上から見て常に同じ位置から、5ギガワット(AP通信の記事によれば「フーバー・ダムの2倍」)の電力を放射することが可能だ。

電力はマイクロ波に変換されて地球に放射されるが、このマイクロ波自体は「電子レンジの扉から放射されるエネルギーと同程度の強さにすぎない」という。

宇宙太陽発電は、米国防総省の国家安全宇宙事務局(NSSO)が2007年秋に75ページにわたる報告書をまとめたことで、さらに追い風を受けている。同報告書は、米軍の国際活動向けの電力供給源として宇宙太陽発電を利用する可能性を検討したものだ。

国防総省にその有用性を納得させることができれば、宇宙太陽発電はさらに大規模な「実証プロジェクト」となるかもしれない。

AP通信の記事「電力を求めて宇宙へ」を参考にした。


実際問題、この8億ドルと言う価格は高過ぎる。ペイするのに何十年、何百年かかるのだろう?
パラオは全住民をあわせても、2万人とか言う国だから・・・・。無茶でしょ?

それよりも、日本はパラオと合同して、ロケットではなく、マスドライバーを建設すべきではないのだろうか?
住友かどこかの企業が以前に、「赤道近くの南洋の海中に、長さ数キロの電磁加速装置付きのパイプを設置すれば、大重量の物体を第一宇宙速度まで簡単に加速できるようになる」と言う計画を策定していたのだけど、その為の場所としてはパラオが最適ではないだろうか?

一万トン程度の重量の発電衛星を、静止軌道まで移動させる事ができれば、それだけで日本の電力問題は全て解決すると言う。
もうエネルギーで問題が起きる事はなくなる。そう言う未来があれば、戦争や紛争は少しは緩和されるのではないかと思う。
何かが足りない事、それが争いの大きな原因なのだから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
今回の話はちょっと怖いです。心して読んで下さい。

まずはサワリから。


■■ Japan On the Globe(530)■ 国際派日本人養成講座 ■■■■

The Globe Now: 中国の危ない食品 ~ 民は信無くんば立たず

 食品業者も、地方役人も、そして中央
政府も、国中が騙し合いを続けている。
■転送歓迎■ H20.01.13 ■ 36,020 Copies ■ 2,736,063 Views■
無料購読申込・取消: http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/

■1.病気になったら魚を食べよう■

ある海外メディアが、中国でのこんな市場風景を伝えている。

 70歳過ぎの老婆が魚を売っている屋台の前で、短パンに上半身裸の男に話しかけている。
 「孫の咳が何日も止まらないの。熱もあるし、どうしたらいい?」

 男は自信たっぷりに答えた。

 おばあちゃん、前のときは桂花魚(メバルの一種)を孫に食べさせたんだったな。
 あれは淡水魚だからテラマイシンしか入っていない。すぐには効かないよ。

 あれだと何匹もたべさせなくちゃいけないな。
 それじゃあ、多宝魚(イシビラメ)はどうかな。こっちは淡水魚だ。ちょっと高いよ。

 だけど抗生物質はいっぱい入っている。

 ニトロフラン類に、クロロマイセチン、シプロフロキサチン。きっと効果てきめんだよ。
 さあ、目方をはかってあげよう。

 番組では、これは作り話ではないと断っている。
 食物を通じて健康を守るのは中国の伝統的な「薬膳」の思想だが、これがついには抗生物質で汚染された魚を食べるという「近代化」を遂げたようだ。


↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[新型の医食同元]の続きを読む

鳥インフル、中国で初めて「人から人に感染」  2008.1.10 18:26

 中国衛生省は10日の記者会見で、江蘇省南京市の父子が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した問題について「家庭内での密接な接触によって感染した」と発表、先に発症して死亡した息子から父親に感染したことを明らかにした。中国で人から人への感染が確認されたのは初めて。

 一方で、人から人に感染しやすい新型インフルエンザへのウイルスの遺伝子の変異についてはあらためて否定した。この父子は、病死した家禽(かきん)類との接触はなく、息子の感染ルートについては判明していない。

 衛生省報道官は、父子と接触のあった約80人には異常が見つかっていないことなどから「今回の事態は既にコントロールしている」と強調。さらに冬から春にかけて鳥インフルエンザが多発するとして、予防対策を徹底する考えを示した。

 日本の厚生労働省は既に先月、南京市に滞在歴のある中国からの入国者に対し、検査を行うなどの検疫体制強化を決めている。

 国連などによると昨年11月時点で、2003年以降、12カ国の300人以上が感染し、約200人が死亡。インドネシアで人から人への感染が確認された例がある。


>この父子は、病死した家禽(かきん)類との接触はなく、息子の感染ルートについては判明していない。
ここ重要ね。つまり、もう中国では「人から人に感染する鳥インフルエンザ、あるいは新種の強毒性インフルエンザが蔓延している」と言う事だから。

消毒します!

ハアハア、遂に俺様の出番が来るのか!?


・・・・・マジで消毒すべきじゃないの?あの国全て・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ベルギー人の糞まみれな歴史を紹介する前に、ちょっとばかり「全世界的な危機」についても紹介しておきましょう。

綿花の国際価格、3年9カ月ぶり高値――投資資金が流入

 綿花の国際価格が3年9カ月ぶりの高値となった。指標となるニューヨーク先物市場の期近価格は21日時点で1ポンド66.58セントと7月につけた66.49セントを上回り、2004年3月以来の水準に上昇した。直近安値の12月初めから15%高い。

 大豆や小麦など国際穀物相場の上昇を受け、割安感のある綿花にもファンドなどの投資資金が流入した。来春の米国作付け予想も、高値の他の穀物へのシフトで「民間調査で910万―920万エーカーと前季比1割程度減少する見通し」(商社)という。


フランダースの犬の主人公はネロですが、やはりこの名前は良い印象のない名前です。
「ネロの堅琴」と言うことわざまで出来た暴君です。
(この諺を、隣の星系に住むガーニッシー人は「友達の母親がカカラカしている時にナードルするのはクロギスだけだ」と言う風に言うらしいのですが、まあ我々には関係ありません。)

ま、火薬庫のすぐ近くで火遊びしてる訳です。
オーストラリアの小麦が不作で、しかもアメリカの穀物メジャーが価格吊り上げの為にバイオマスバブルを膨らませているのは先刻皆様もご承知の事と思います。

でも、世界レベルの危機はそう言うお遊びの傍らにヒタヒタと忍び寄っているのです。



公式情報(データベース) : FORTH(FOR Traveler's Health) - 厚生労働省検疫所 海外感染症情報

概要 2007年4月12日、FAOは、多くの小麦に被害をもたらせる、新たな強毒性の真菌が、東アフリカからイエメンに至るアラビア半島に拡大したと報告した。
和文 12日。
http://www.fao.org/newsroom/en/news/2007/1000537/index.html
2007 年4月12日、FAOは、多くの小麦に被害をもたらせる、新たな強毒性の真菌が、東アフリカからイエメンに至るアラビア半島に拡大したと報告した。小麦さび病wheatstem rust (_Puccinia graminis_)は、小麦黒色さび病とも呼ばれ、小麦畑を全滅させる可能性がある。アジア、アフリカの小麦の種類の約80%が、この真菌に感染する可能性がある。小麦さび病の芽胞は、風によって大陸間を越え遠くまで運ばれる。

Ug99について。1999年ウガンダで初めて新種の病原体が確認され、Ug99と名付けられ、その後ケニアやエチオピアに感染拡大した。FAOの派遣団が、近年イエメンでも初めてUg99を確認したが、以前の東アフリカの株に比べ、毒性が強いことが判明した。スーダンにも広がっている可能性が高い。以下、過去の感染流行、警戒体制にあることなど。
[Mod.DHA 注-小麦さび病の原因は、真菌 _Puccinia graminis_である。世界の小麦生産地域の至る所で発生している。茎の導管組織conducting tissueへの障害のため、粒にはしわが入ってしまう。70-100%の穀物が失われる。風や、感染したワラによって、感染が広がる。以前に新たな小麦の品種改良に使用されていた耐性遺伝子[*を持つ小麦]に対しても病原性のある、新たな種が発生している。最も脅威なのは、Ug99株である:
http: //www.sciencemag.org/cgi/content/full/315/5820/1786
http://www.pestalert.org/viewNewsAlert.cfm?naid=36]
写真 http://www.ars.usda.gov/Main/docs.htm?docid=9910


この真菌、つまり”カビ”による強毒性の伝染病は、以前に環境問題の項で取り上げた”カエルツボカビ病”と同根の「事実上入ってくる船を撃沈し、入ろうとする飛行機を撃墜しても空気感染で侵入してしまう」と言う、事実上隔離が不可能な病なのです。

しかもこの真菌による伝染病は”小麦を全滅させてしまう”と言う徹底的に危ない病気なのです。
しかし、この病気のアフリカでの蔓延、中東への拡散は日本のマスコミが全く報じようとしない類のニュースだったりします。

本来的には致命的に危険な事柄なのにね。

もう今後は今までの様な豊かな世界が継続するとは思わない方が良い。
小麦に拠って立つ文明圏は下手すると・・・今後崩壊する可能性さえある。
欧州、ロシア、中国北部、米作の北限を超える文明圏は全て崩壊する可能性がある。
真菌性の病気に対しては、人間は事実上何も対抗手段を持たないのだから。

うん?それとも、カビに対抗できるだけの抗生物質を水に溶かして小麦に与えますか?
あはは。貴方、悪い薬飲んでるか、吸ってるか、どっちかでしょ?www

ともあれ、この記事は心に留めておいた方が良い。
何故この記事を日本で大々的に報じないのかも含めて・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

「バリ会議」進展に消極的と、日本「化石賞」上位独占

 【バリ島(インドネシア)=森太】気候変動枠組み条約第13回締約国会議(COP13)の会場では、世界中の民間活動団体の連合体「CAN」が、その日の会議の進展に最も後ろ向きだった国に与える「化石賞」を毎日発表している。

 4日は日本が1~3位を総なめにした。

 1位となった理由は、ポスト京都議定書の枠組みで削減目標を明らかにしていないこと。2位以下は他の国が選ばれることが多いが、この日は2、3位にも日本を選出。
 2位の理由は、京都議定書を深めて広げるべきなのに逆に葬ろうとしていること、米国、カナダとともに受賞した3位は、途上国への技術移転に消極的なことが理由だった。

 過去には米国やサウジアラビアが1~3位を総なめにしたことがあるという。
(2007年12月5日1時3分 読売新聞)


この記事に違和感を持たれた方は多かったと思います。

実はこの「化石賞」については確信犯の反日運動なのです。
提唱者はもちろん中国。「無料で民間の技術を提供しろ」と執拗に政府にねだっているのです。
「民間の技術は各企業のものであり、政府がそれをどうこうする事はできません」といっても、あの国の狂人指導者どもには通じません。
全世界の全ての何かは、全て自分達に奉仕する為にあると本気で考えている様ですから。

自家中毒 | 復活!三輪のレッドアラート!


田中直毅 2005/6/10 中国の環境問題
現代中国放大鏡 第百五十六回 環境汚染と汚染排出権-その1-

>中国では、成長一点張りのこれまでのやり方のツケが来て、各地で環境汚染が深刻化しています。
>黄河流域では、汚染による年経済損失が156億元に達し、27億元の健康被害を生んでいます。
>淮河流域では、小規模製紙工場群の総生産額が500億元なのに対し、汚染除去費用が3000億元にも達し、汚染により河水の60%が工業用水、農業用水にも使用できなくなっています。


一説では、中国の国土を50年前の状態に戻す費用は「1000兆円」と言われています。
しかもこれは当然ですが、「一切追加の汚染物質を垂れ流さない」と言う前提でだそうです。
しかも、この1000兆円と言うのは、かなり楽観的な数字だと言う事です。

かなり中国も困っている訳ですが、困った時にはどうするか。
こうするんですね。

国際協力50周年記念シンポジウム「日本の援助は現地からどのように見られているのか」 議事録(こちらはリンクが切れていました)

難しい中国向け環境ビジネス オリンピック特需にチャンスあり - ビジネススタイル - nikkei BPnet
>さらに追い討ちをかけるのが、中国側は環境問題にコストをかける必要性を感じていないにもかかわらず、日本の環境設備は機能が高すぎる分価格が高い、といった問題もある。
>中国政府高官は最近の環境技術の国際会議で技術ライセンスの無償化を発言している。
>環境ビジネスに参入して技術移転はしたものの、事業として成り立たないばかりか従来と同じく中国が(劣化コピーで)国産化を始めれば単なる技術流失を起こしかねない。


環境問題にコストを掛ける必要を認めていないなら放置が正しい。
んで、技術を移転したらパクられるなら、技術は移転しないのが正しい。

居丈高な盗人に、なんで追い銭をこれ以上渡すのか。
中国に環境技術を移転する事は、日本の民間企業に対する背任である。

好きな様にさせてあげれば良いのだ。
自己責任とはこう言う事なのだから。



俺達は何の努力もしない、できない! なぜなら日本が技術をくれないからだ! ただで技術をくれないからだ! ただでくれ!ただでくれ!  くれないと何度でも侮辱するぞ!といってる訳です。
正真正銘、精神病院国家の典型的国民(あるいは指導者)の姿がここには見えます。

こんな連中とは断交あるのみです。
日本と断交して、対日貿易量が少なくなったら、日本からの資金流入が途切れたら、彼らもキチンと過剰な生産をやめるでしょう。結果としてCO2の排出も少なくなります。
これこそが今の日本に求められている真の国際貢献だと思います。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ソースはこちら。
オイルを作る藻が、日本を救う? 1/2 | WIRED VISION

バイオマスの本命! | 復活!三輪のレッドアラート!


こちらでも書いていましたが、現在の椰子油、あるいはとうもろこし由来のバイオマスは、却って環境を悪化させると言う事です。
穀物の値段も超凄い上昇振りです。穀物メジャー大喜びですね。あとはファンドも。

そう言う筋の悪い道ではなく、こっちの方、「塩水で育つ海草」やら、「小規模な藻類」からバイオマスを抽出する方が絶対に理にかなっています。

大体の陸上植物は「作りが大規模過ぎて、自分達の組織維持の為に凄い力を注いでしまう」と言う一大欠点を持っています。
莫大な淡水を使い、しかも自身の構造維持と巨大化の為に凄い労力を裂いているのが、実は巨木になりがちな陸上の植物なのです。
これはススキ程度の植物から、メタセコイアまで一貫してそうなのです。

小さい藻類、海草類、これらこそ非常に有望なバイオマスの調達先に思えます。
しかし、このオイルを作り出す藻ってのは、亡くなられた石川賢氏の漫画「無頼・ザ・キッド」でも同じ方法で石油を作ってたんですね。
彼もあの世で「ほほー!」と思ってらっしゃるでしょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

ラッド豪次期首相が新内閣を発表、「気候変動担当相」を新設
2007年 11月 29日 20:31 JST


 [キャンベラ 29日 ロイター] 今月24日に投開票されたオーストラリア総選挙で勝利した労働党を率いるケビン・ラッド次期首相は29日、新閣僚の名簿を発表した。新内閣は12月3日に発足する。

 副首相には労働党副党首のジュリア・ギラード氏が就任する。女性の副首相は同国初。ギラード氏は教育相および雇用・職場関係相を兼任する。

 財務相には予想通りウェイン・スワン氏、外相にはスティーブン・スミス氏、環境相には元ロック歌手のピーター・ギャレット氏が就任する。

 新設される「気候変動担当相」にはマレーシア出身のペニー・ウォン氏が就任する。アジア出身者が閣僚入りするのは同国初。



外国人に参政権を与えるとどんな事になるか、そう言うのの金ぴかのお手本となったオーストラリアの今回の与野党逆転劇。
閣僚にとうとう「華人」が入り込んだ模様です。日本はこの事を他山の石とすべきですね。

ところで私がずっと言い続けている事ではあるのですが、「オーストラリアの気象変動(climate change)は過剰な畜産、過剰な穀物生産の結果」です。
オーストラリアが輸出していたものは「大陸全土の水資源そのもの」だったと言う事です。
つまり、今の様な馬鹿げた、無理をした、とっても効率的な農業をやめないといけないのです。
まあ、無理でしょうけどね、社会不安が大変なものになりそうですし。そんな”勇気”のある政治家なんか居ないでしょうよ。

それと、オーストラリアの腹立たしいところは、畜産物を売りたいがために、あの「地球最大の害獣である鯨」を保護しているところ。
あんな莫大な小魚と莫大なプランクトンを消費する恐竜より大きな生物を飼う事に何の意義があるのか?
「鯨を見ていると平和な気持ちになる」とか言う寝言は聞けないな。
そう言う向きには国家認定で覚醒剤でも配っていれば良い。もっと平和になれるだろうよww
お前らの気分やら宗教的な観念やらは知らん。
鯨を間引けば地球環境に優しいと言うのなら、鯨を間引けばいいのである。日本人なら骨まで利用してリサイクルするからさ。

本気で言いたいんだが・・・・文化的後進国で、略奪的な生産しかできない、その上に宗教的な観念で他人様を批判するような未開の国に日本国があれこれ指図される謂れはないよ。
黙っていろオーストラリア。
手前の国土を、先住民族のアボリジニーたちが、大地に対するいたわりを持って守って来た肥沃な大地に「責任を持って」戻してから他国にああだこうだと指図すべきだな。
話はそれからだ。それ以前には何を言っても説得力はない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
以前の記事とも関係したエントリーです。
バイオマスの本命! | 復活!三輪のレッドアラート!

前見て生きろ! | ティーラウンジ 北京五輪の空をコントロール
前見て生きろ! | ティーラウンジ 世界水週間が開幕へ、気候変動や水不足が議題に
以前からリンクに入れています「前見て生きろ!」ですが、最近ネタ日記から本来の環境関係に立ち戻りました。
「何々先生の何とか授業」みたいなアイコン形式の可愛いブログです。
(そう言えば、変態仮面狂うぜ先生の授業もあるそうですね。)

で、このエントリーの題名とどう関係があるのか?と思った向きも多いでしょうね。

いや、このブログの作者がリアル二次元美少女だって事です。
白峰一華プロフィール
(戦闘力)A 合気道有段者 
(防御力)F 相手によって変動、まっきーにはどS
(機動性)A オプション中型免許
(命中率)D 天然度高し
装備武器 相転移砲改(時空系範囲兵器 時々周囲が被害甚大w)
装備防具 ナデシコSP+Yユニット(急速充填機能付き、ダメージ受けてもすぐ回復♪)
追加装備 愛する先輩(合宿時は抱き枕状態に)

外見15歳、実年齢はひ・み・つ♪

皆様、彼女を応援してあげてね♪
でも、ちっちゃいからって、スイングとかしちゃ駄目ですよと・・・。

こんな感じで宣伝はオッケーだよね♪>一華さん

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

↓皆様の拍手をお待ちしております。あなたの拍手で可愛い一華嬢に愛の鞭を♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。