独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔、随分妙な夢で苦しんでいた事があった。
シリーズで同じ夢を見るのだ。

舞台は真っ暗に近い雨天の野原。ススキとかの雑草が生えた野原の中。
私はその夢の中では侍だった。
今でも覚えているが、敵の側の侍が50歳近い、見るからに強そうな侍・・・。
目付きが凄い。猛獣としか思えない獰猛な目で、腕も凄い!稲妻の様な攻撃をして来る。
光った!と思ったら日本刀が目の前に来ている。
怖い、信じられない位怖い。そもそも相手の腕が強過ぎて、まさに「刃が立たない」状態。
こっちが薄い傷を負って、どんどん弱ってるのに嬉しそうな顔もしない超怖い。

滑りそうな足場の中で距離を作って、何とか正眼に構える事ができた。
一発外したら死ぬ。そんな状況。
相手がどこを狙ってるか?腕、小手だと思った。そろそろと間合いまで近付いたら。

光った!上体を反らして避けた!切り返して来る凄い刀が風を切る音が聞こえる。
右手一本で喉元に刀を突っ込んだ。突き刺さる。
左手は何と切り返して来た相手の刀を止めている。どうやってかわからないけど相手の手首を掴んでた。
グラリと傾いて相手の武者が転倒した。

荒い息、押し寄せてくる様々な感情。
夢から覚めたら汗でびっしょり。何と身体は筋肉痛。本当に夢だったのか?

それから数日後の夢。
今度は槍を持った足軽。鉄鉢巻をして、軽い胴と具足を付けているが足は裸足。
槍を刀で受けて、力比べに入ったら転倒した。すかさずグサリ。
起きたらやはり大汗。

それから数日後。
槍を掴んで、味方の足軽に合流。
無茶苦茶な乱闘に巻き込まれて、気が付いたら刀で槍持ちの足軽と戦っている。
「退けや!退けや!」と言う銅鑼声が聞こえる。足軽が回れ右した途端に敵に殺されてしまう。
殺した敵の足軽を切り倒して、その足軽の死体をまたぎ越して刀片手に逃げて行く。
やはり大汗w

しかし何だったんだろう?あの夢は?

最後に見た同様の夢は不思議な夢だった。
片手に篭手を着けた、奇妙な油塗ったコートを着た兵士(白人)が敵だった。
自分も白人で、そいつらを憎んでいる。
剣を片手に暗がりで待ち伏せを行おうとしているのだけど、先手を取ったのは良いが、鎧に阻まれて相手を突き倒せなかった。
一人が呼ぶ子笛を吹いて、一人は私に斬りかかって来る。動きは多少鈍いが鉄の壁みたいな奴に見える。
上腕に切りつけたが、コートの下に鎧の袖があったみたいでこれも効いてない。(涙)
左に避けて、相手の切り返しの隙に後ろから一撃見舞った。首筋近くにヒット。
首に突っ込んだら流石に効いた。一人目。

次のもう一人は激怒しながら剣を抜いて来る。
切っ先が熟練の技で動いて、篭手と一緒にこっちに飛んで来る様に見える。
もう片方の手は短剣を抜いている。迂闊に左にも動けないと言う事。
背中を見せるのも危ないが思い切って逃げた。
逃げまくって最後は川の中に飛び込んだ。剣と鞘を手にして。

そこで目が覚めた・・・・。
これって私の昔の夢ですが、何でシリーズ物なんでしょうねww

ちなみに、最後の夢の敵なんですが、後にこれはクロムウェルの親衛隊であるアイアンサイズだと知りました。
茶色いでかいコートを着て、片手に篭手をはめているのはアイアンサイズだろうと言う事ですが。

私、当時はそう言う兵団が居たと言う事も知らなかったんですね。
本当に夢だったのでしょうか?
不思議な話です。

ま、そんな話です。政治の話ではないですが、たまにはこう言うのも良いでしょう。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
しばらくの間、自宅を離れておりますので、更新等が滞る事になると思います。

読者の皆様、そして江田島孔明様には大変ご迷惑をお掛けします。
申し訳ありません。

週末には必ず更新を行いますので、その時までお待ち下さいませ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて皆様、西暦2007年もいよいよ後一時間ほどで終わろうとしています。

本年は最初は安部内閣の比較的好調な滑り出しから始まって、中途で安倍内閣が様々なアクシデントやスキャンダルから退陣するまでに至った激動の年でした。
民主党は参院選で勝ち、その結果、自民党は新自由主義的な日本人撲滅政策を少しだけ緩める所まで妥協するに至りました。

これは小沢一郎と言う、現時点での日本政界ではもっともやり手の人物の一人の戦術眼の確かさによって齎された勝利でした。
彼は農村部で雇用無く、農作物の買取値段も安く、悲惨な連鎖が起き始めている事にいち早く気が付いた政治家の一人でした。

慧眼と言うべきでしょう。
しかし、自民党もさすがに「地方の反乱」には手を焼いており、地方を宥める為に「ちょっとしたばら撒き」を約束して再度の衆院での優勢を狙っています。

まあ、その立脚点が新自由主義であり、目指す目的地が均衡財政の日本と言う事なので、いずれ日本は破壊されてしまう訳ですが、彼等はその事実に目を瞑り、有権者をだまくらかして得票を貰う事に腐心しています。

まさに餓鬼道の亡者な訳ですが、今の自民党に改心を求める事それ自体が虚しい事と我等一同は随分以前から悟る所がありました。
所詮、最後は日本人は地獄に叩き落とされるのです。自民党政権のままでは・・・・。

私は思います。
自民党は次回の衆院選に勝って日本国民を塗炭の苦しみに叩き落とす位なら、衆院選で負けて下野するべきなのだと。
その方がまだ再生の芽は残るのです。

しかし、次回自民党が選挙に間違って勝ってしまえば、その後の新自由主義に基づく蛮行によって、日本経済は壊滅させられ、二度と自民党に期待する者は居なくなる事になると思います。
保守であっても自ENDを行う理由はあるのです。

今の隠れ極左反日政権、清和会と竹中平蔵を頭とするシカゴ学派勢力、そして松下政経塾の洗脳された議員達。
彼奴等がのさばる様な日本国には、全く持って正義は存在できないのだと、私は強く思う所なのです。

民の幸せを望まず、手前勝手な「民衆の自己犠牲」に自分ひとりで感動する、安倍犬三の様なせいぜいブルドッグの霊格しか持たぬ世間も苦労も知らぬパチンコ屋の世話になる腐敗政治家の次には、多少進化の系列はマシではあるけども、もろにウータンと言う福田売国夫が座りました。

もう頭おかしい平和勢力が泣いて喜びそうな、そんな狂った謝罪攻勢に彼奴は乗り出しています。
俺の任期中に日本にできるだけの恥辱を与えておかなければいけない。
そう確信しているのがウータン売国夫の考えの根本です。
こいつも駆除しなければならない・・・・。もう自民党に政権を握らせていてはいけない。
自民党は潰さなければいけない。自ENDで清和会を終わらせなくてはならない。

私は今、強い信念に突き動かされています。
来年が良い年になる為には、福田政権を倒し、自民党の天下を失わせる事が必要だと確信しています。
皆様のご協力、ご支援があればと願っております。

皆様、良いお年をお迎え下さい。来年こそは悪政とおさらばできる。
日本再生元年でありますようにと、そう願っております。

共に頑張りましょう。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
えっと、後一時間程でブログ再開一周年です。
なんか月に約11万ヒット強を一年間継続したら136万ヒットを超えてしまってますね。
ちょっと驚きです。
(なーんも宣伝してないのにねぇ。トラバもFC2ブログの問題なのか、エントリー書いた時しか送れないし・・・。)

まあ、これも皆様のお引き立ての賜物だと思います。
今後とも三輪のレッドアラートをご贔屓に願います・・・・。

と、クリスマスが終わったばかりなのに、既に年末の〆モードみたいな文言言ってますねw

ま、今後とも一緒に皆で考えて行きましょう。
ところで予告ですが、明日のエントリーのねたは、例のフランダースの犬の関係です。
ベルギーと言う国がいかに恥辱と挫折にまみれた惨めな国か。
私が徹底的に暴いてやります。

フランダースの犬に日本人が涙して悪いかよ、鬼畜民族が!
そう言う趣旨で一発怒鳴ります。でも、今日はお酒で超満腹なのでヘロヘロです。
また明日w

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
昔こんな事があった。
AZOZ: 着信と同時に携帯電話が爆発、右足を切断する羽目に

怖いなぁと思って、それからは携帯電話をズボンのポケットに入れなくなったのだが、今度はもっと酷い事件が起きたみたいだ。

2007/11/28-18:09 携帯電話が爆発?作業員死亡=韓国

 【ソウル28日時事】韓国の聯合ニュースによると、同国中部・忠清北道清原郡の採石場で28日、男性作業員(33)が死亡しているのが発見され、胸ポケットの携帯電話の電池が爆発した可能性が指摘されている。
 電池部分が溶けていたほか、遺体にやけどのような跡があり、肋骨(ろっこつ)などが折れていた。

 検視を担当した医師は、電池の爆発で肺と心臓が損傷したことによる死亡と推定。
 この携帯電話は韓国製だった。
 警察当局は遺体を解剖し、正確な死因を調べている。


ぞっとしない事件ではある。最近は外国製の携帯電話がショップでも増えて来ている様だが、本当に大丈夫なんだろうか?

 まあ、私の様に国内メーカーの携帯しか使わない上に、機種変更もしない者にはあまり関係ないのだろうが。

 それにしても、前の携帯電話の死亡原因は、腹の立つ電話があって、携帯を握りつぶしてしまった事が原因だったなと・・・・。
 次回の機種変更では頑丈な携帯電話に変えるべきかなぁと・・・。爆発しない、握っても壊れない。とってもタフで忠実なのが欲しいかなと・・・・。

(11/30補足)

韓国の携帯爆発 男性の死亡、同僚が重機でひく 2007年11月30日01時09分

 韓国中部・忠清北道の採石場で28日に遺体で見つかった作業員の男性(33)の死亡原因は、当初疑われた携帯電話の電池の爆発ではなく、同僚に重機でひかれた可能性が高いことが29日、警察当局の調べで分かった。韓国紙・朝鮮日報が、同日の電子版で報じた。

 警察当局は当初、男性の作業服の胸のポケットが焦げ、中にあった携帯電話の電池が溶けて変形していたことから、電池が爆発した可能性もあるとみて捜査を始めた。

 しかし解剖の結果、直接の死因とみられる外部からの衝撃による心臓と肺の破裂のほかに、指など電池の爆発とは関係がなさそうな場所にも損傷があったことから、29日に第一発見者の同僚を追及したところ、作業中にあやまってこの男性を重機でひいたことを認めたという。


では胸のポケットが焦げていたのは何故だ?
また、重機となればキャタピラで轢かれた訳だろう?そんなの現場をちょっと検証したらわかる筈だが?(胴体とかぺしゃんこだろうし)

なにやらこの事件はいろんな意味で奇妙である。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
私は子供の頃は本の虫だった。いや、今もきっちり活字中毒なのだがねw
で、古い本を結構今も沢山持っている訳なのだ。

そんな本の中で結構大事に20年以上も持っている本が何冊かある。
久保書店の「テラ防衛軍と暗黒星団」と言う本、結構面白いスペースオペラ。
やはり久保書店の「太陽系の危機」、作者は有名なキャンベル氏。
アインシュタインとハイゼンベルグが当時の人達にどんな影響を与えていたのかが如実にわかる快作wである。
他にも沢山あるが、その内の一冊がとても思い出深く、私に今も感動を与えてくれる作品である。
福島正美氏の「リュイテン太陽」と言う本。

時は宇宙開拓時代、地球と火星の間を原子力宇宙船が飛び回っている時代である。
そんな時代に大きな変化が起きる。
我々の太陽系からそれ程離れていないご近所の恒星であるリュイテン(地球から8.9光年程離れた恒星)が超新星となって爆発した余波が、ソル星系にも伝播して来たのです。

主人公シンペイ(彼は福島氏の他の短編にも幾つか出て来ます)は、その超新星が撒き散らす核粒子のせいで兄を失い、父親が船長をしている宇宙船シェパード号も遭難してしまいます。
主人公達の乗る宇宙船は、その遭難したシェパード号を救出すべく現場に急行し、遂に主人公は父親と遭難した乗組員と邂逅します。

ラスト近くで、主人公は父親を助ける為に死地に自分だけを残して、爆発寸前のシェパード号の近くに残る事を決めます。
その時の主人公の雄々しさは強く心に残っています。
燃え上がり、恐ろしい災厄の光を放つリュイテン太陽を「おのれ!」と言う言葉と共に睨みつけ、大自然の猛威に対して、その理不尽なまでの力に対して服従しないと心に誓うのです。

正直・・・・今の世界に足りないものって、そう言う雄々しさなんだろうなと。
私は賢い人は尊敬しますし、年長者は敬いますし、女性には暴力を振るわないと誓いを立てています。
しかし、私が最も強い憧れを抱くのは、どんな逆境においてもひるまず、高貴に戦い抜く「闘志を失わない人」なのです。
命を捨てる決意をしていながらも、それでも生きる事、生かす事を最後まで貫こうとする強靭さ。

強い事ではなく靭い事。目の中に表れる生命力、他人を感動させずには居られない高貴さ。
その素晴らしさを幼い私は本を読んで実感したのです。
本はアルファベットや漢字やひらがなの羅列ではない。作者の血潮で書かれた価値観の塊なのだと。
私はこう言う本を読んで実感したのです。今の世の中、血潮で書かれた文章がすくな過ぎる。

特に最近の文学(サラダ記念日とかのナンセンス系文学)には「私の言ってる出鱈目がわかる人だけ読んで頂戴」と言う、他人様を馬鹿にした作品が多すぎるのである。

誰もがわかる、誰に対してもわからせる。
そう言う血潮の入った文学が最近は下火になっている様に思えてならない。
絵本とかを読んで楽しいなと今のこの年でも思えるのは、絵本と言うものが「子供にでもわかる」と言う風にかかれているからなのだと思います。

難解で、知性と文才の片鱗がある事を要求する中級以上の文学も大事なのでしょうけど、今の日本文学の衰退の理由は、入り口にあるべき「ジュブナイル」などの子供達の為の文学の崩壊が原因なのではないかと思う訳です。

今の文学に、今の日本に足りないものは「夢」と「発展していく世界への期待」だと思います。
私は子供の頃は宇宙を開拓する人になりたかった。
宇宙で死んでも良いのだと思っていたのです。いや、今でも思ってるのかなww
私の書棚に残っている本は、そう言う憧れが入っているんです。
三輪のレッドアラートを私に書かせる理由が・・・入っているんです。
諦めを知らない靭い希望、その趣旨が入っているんです。良い本は読めば読むほど心が豊かになります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
昨日の夜買って来たパソコンゲームですが・・・・。
はい、またまたシヴィライゼーション2の別のCDを買っちゃいました。

シヴィライゼーション2 プレミアムパックと言う代物です。
一体何年シヴィライゼーション2やってんだよ!と自分で突っ込んでしまうくらいやりこんでます。

今回のは前のTEST OF TIMEより更にシナリオが増えてます。

なんと!なあんと!
マスター オブ オリオンとマスター オブ マジックのシナリオがある!
思わずやっちゃったぜ!
まずはマスター オブ マジックのシナリオ。選んだマスターはライフのアリエル(もしかして人魚姫なのか?)。
獅子の魂も、大いなる治癒も、高らかなる祈りも使えないけど、大天使とかユニコーン使えまくり。キッチリ完勝。

次はマスター オブ オリオン。種族は人間、民主主義で国際連合状態なので強い強いw(マニュアルの記述はどう考えても嘘だとしか。)
ダーロックのスパイ能力もなんのその、巨大戦艦(タイタン)を量産してまずダーロック、次はクラコンを撃破。
エラリアンとノーラムも後2時間以内には全て潰しちゃう予定。
2回目はやはりダーロックでスパイ三昧を楽しもうかと思う。

このCDさえあれば、後2年位は楽しめそうな予感するね。(ホントに三輪って安上がりw)

しかしなんだね、シヴィライゼーション2のBGM。
日本人には馴染み深い音楽だったりする。
おーたまじゃくしはカエルの子♪って言うあれ。

アメリカの民謡らしいが、本当の歌詞ってどんなのなんだろう?
まあ、でも三輪の頭の中ではあの歌詞が自動変換されて

愚かな異教徒達の血で、アラブの大地を染め上げろ♪オスマントルコもぶっ潰せ!ベドウィン戦士の進撃だ!
って言う、100年前のアラブでの流行歌になってしまう訳で。

余計な知識は妙な雑念に変化するのだと・・・。身を持って思い知ってしまう今日この頃ですw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
本日ようやくフレッツが繋がりました。

はい、ISDNのフレッツが。(苦笑)

と言うわけで、今後は更新を再開致しますので、皆様のお越しをお待ちしておりますね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。