独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うん?妙に高尚な題材だと思う訳?
大丈夫。TVドラマ中心のゆるーいエントリーだから。

後半に行きましょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[神について考える者達]の続きを読む
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。いや、本年こそよろしくなのか?w

実は新年を迎える前後、私はいろんな本を読み漁っていた。
古いコミック、先日買って来た小説、様々なノウハウ本などなど。政治とは全然関係ない本ばかりw

私が思わず読みふけってしまったのは小説の「いま、会いにゆきます」

人間の生きる意味って、誰かを愛し、誰かに愛される事だけなんだなって。
そんな事を考えてしまう小説でした。
自分が死すべき未来に赴く事がわかっていても、それでも運命を甘受できるのは、全ては人の生が愛し愛される事に集約されているから。

生きている事だけが大事・・・・なんて人は結局何もわかってない人なんだなと。
人は本当に重要な事を選び取る事ができる。
そんな事も考えさせられる小説だった。

その他にデビッド・ウィーバーの「反逆者の月」とその続編も読んだ。
素晴らしいのは、小惑星クラス宇宙戦列艦のコンピューター「ダハク」が魂に目覚め、高貴な行いを自分で選択し始めるところ。
主人公のコリンも素晴らしい男だけど、それにもましてダハクは光輝いている。
コリンとダハクの間には本物の友情や愛情、お互いを尊重し、心底労わりあう関係が生まれさえする。
もう、この小説も超お勧めとしか評する事はできない。
(レヴューでSFオタクが知ったような酷評をさらしてますが、無視するように。この作品をこき下ろす奴はアホです。人生を楽しめない、カワイソーな奴です。)

その他の幾つかの本は、投資関係のテクニカルな書物でした。まあ、私自身のスキルアップの為に読みましたが、参考になるのやら、ならないのやら。

ともかく、今年は大変な年になります。アメリカのイラク撤退は確実に開始され、世界帝国の店じまいが始まるのですから。
そんな激変する世界の中でも、我々は希望を失わない様にしましょう。少なくとも、絶望とは愚者の結論である事だけは皆様に是非理解していただきたいところです。

心に響く美しい物語を読み、善と美に感動する余裕を残す事も、ある意味での戦いです。
そうでなくては、何かに打ち勝ったとしても勝つ意味なんか無くなりますしね。
欲得ばかりの支配者ゾンビと、愛国心に似た憎悪に充満した愚民ゾンビが一文明の存続を賭けて戦うなど惨めそのものでしょう?

最後に紛れも無い楽しさ抜群の娯楽作品を紹介します。
大怪獣バトルと言うウルトラ怪獣をペットにするポケモンみたいなものです。
大怪獣バトルNEOと言う続編では、あのキングジョーの創造者であるペダン星人(超ハイテク持ちの危険な種族)までがメインメンバーに加わります。

楽しさ抜群です!激烈お勧めです!
ゴモラやエレキングってあんなに可愛かったんだなぁ・・・。
赤王様もやられ役として出て来ますが、本当になつかしーなぁw
主人公の敵として出て来るのと、主人公の仲間として出て来るのではえらい違いだ・・・・。
そんな事も考えちゃいました。

「愛が銀河を征する日まで、行こう永遠の旅へ!」なんて素晴らしい主題歌なんでしょうね。
ともかく見て下さい。絶対楽しいですから。
皆様、正月くらいは楽しんで下さい。その程度の余裕を持てない人は大した人ではありませんよ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
2008年の年の瀬を迎えるにあたって、ある意味三輪は感無量と言うべき感慨を抱いてしまう。

【正論】三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長、多摩大学教授 中谷巌 (1/3ページ) - MSN産経ニュース

いよいよ、アメリカ発の世界恐慌と言うべき危機を目前に、遂に三輪のレッドアラートで警告し続けてきた市場原理主義の弊害が現場の上層部にも看過できない事態となり始め、反省が促され始めたからだ。
このブログを敵視する、自民党、いやさ小泉マンセーの狂人どもが何をほざこうと現実は各層に認識され始めたと言う事を実感できてきたからだ。

加藤・山崎氏が新党視野、来月にも新たに勉強会 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

構造改革派の牙城となってしまった自民党も、小泉の仕掛けたクーポン選挙と言う毒素のせいで解体の道をひた走っている。

B層の狂人がいかに吼え狂っても、すでに状況は不可逆的に進行し始めており、挽回のチャンスは無いと思えるようになって来た。
遂に自民党は費えるのだ・・・・。寂寥感もあるが、小泉純一郎と言う稀代の暴君に全権を委任し、反対勢力を放逐したところで、既に自民党は命数を使い果たしてしまったと言える。

愚かな選択を国民も選んだのだ。
来年は国民が更に自分の頭で考えて政治に参加しなければならないと、そう実感する事になるだろう年になると思われる。

来年は”精神異常状態の自民党が遂に狂死”し、その後に混乱が来るものと私は思っている。

できる事ならば、自民党マンセーの狂信者達も、自民党と共に殉死して欲しいと思っているがそうも行くまい。
政治とは暴力装置との付き合いである。その事をわかっていない、暴力衝動と狂乱した自己中心的かつ、自慰のみを求める暴徒達との戦いは今後も続くと思われる。

自身が実は中韓朝の潜在的なシンパであるとも気がついていない、そんな”利用される愚民達”とのうんざりする付き合いは今後も続くのだろう。

ともあれ、今年の後半は私事で忙しく、ブログの更新もままならなかったが、来年は少しだけでも良いから時間が取れればと願うばかりだ。

三輪のレッドアラートを真面目に支援して下さる読者諸氏に感謝を。
荒らしに来ている奴ら、特別に私が許可するから、自己責任で今すぐ死ね。

では、真面目な支援者の読者諸氏は良いお年をお迎え下さいませ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
最近、とある中国人女性と頻繁に話している。場所は某所のラウンジ。
その彼女だけど、あの中国福健省の出身である。

なにやら、自分の出身地を口にしただけで入国管理官の顔つきが激変するらしい。
そりゃそうだw 蛇頭の発祥地であり、中国黒社会の本場みたいなもんなんだからさww

私の見る所、典型的なメランコリー気質の持ち主である。
反日デモに参加する輩のほとんどが、小泉同様のシゾフレニア気質である事を考えると、中国人の中でも異端者と言える人物の様だ。

日本に来てから壮絶な文化ギャップに苦しめられ、半年近くもPS2のゲームをお供に引きこもり生活をおくっていた彼女。
その引きこもりの原因は「日本人がみんな良い人過ぎて、あまりに中国と違い過ぎる」と言うのが理由だったそうだ・・・・。

もう、二の句が継げないwwwww

そんな彼女を預かっているのが、兵庫県の某所にあるラウンジのママ。
なにやら、そのラウンジに行く前はチョコレートの包装工場で働いていたと言う彼女だが、日本人の受けはほとんど最高としか言えない。

百戦錬磨の還暦を過ぎた水商売のママから見ても、信じられない位に純情で可憐な女性に見えるそうだ・・・・。
まあ、私の目から見てもそうなのだが・・・・。こんな中国人も居るんだねぇ・・・・。

その彼女だが、20歳の時に一年発起、中国から日本に引っ越して地道に日本に帰化する事を思い立ったそうだ。
「真面目に日本で生活して10年を過ごせば帰化できる」と私に語っていたが・・・・。
日本人と結婚したら一年で帰化できるでしょう?と教えてあげたら、「ええ?そんな裏技があったんですか?知らなかった!!」とマジで驚いてましたね・・・・。
「裏技」とか言うゲーム用語知ってるんなら、帰化の仕掛けくらい知っておけよwwww 
お前、マジで壊れてるぞwww


しかも、本人は結構な美人の癖に、自分の事を男っぽいと思い込んでるし・・・・。
ここまで天然な女の子は、某一華嬢以外には知らない。(胸薄いと言う悩みを抱えてるのも同様だが・・・)
まあ、彼女の様に、二十を随分越えてるのに中学生と間違えられる様なパターンでもないのだがw

そんな彼女が中国を見限る事になった理由はと言うと・・・・。
彼女の発言をそのまま書き写します。
「私は福健省の田舎で育ちました。ボロボロの家だけど、三階の家からは美しい朝日が見えて、美しい海が近くにありました。」
「私は子供の頃から、高校生の頃まで男の子と同じ様な格好で学校に通っていました。毎日それでよかったのです。」
「でも、高校を卒業する頃になって、美しい海が死んでしまった。信じられない位に臭い臭いが海から立ち上り、私は故郷の自然が死に瀕している事を知りました。」
「そして、生き別れの母を辿って日本に来ました。母は随分前に日本に帰化しており、生活の地盤も既に築いていました。その母に薦められて、私は日本の田舎をいろいろと廻ったのです。」
「信じられない位に善良で疑う事を知らない人達。秩序立って作られた田舎の風情。良い臭いの田畑、木で作られた暖かそうな農家の家。中国とは凄く違う日本人の意識を感じました。」
「その時に思ったんです。私は日本に帰化して、日本人になろうと・・・・。この人達の同胞になれば、きっと私が失ったものを埋めてくれる。そう感じました。」

彼女はそう言った・・・・・。もう二の句が継げなかった。
この考え方は完全に日本人のメンタリティなのである・・・・。

これに比べて、偽右翼どものメンタリティを見てみると・・・・。

もう、ちょっとばかりカルチャーショックを受けてしまった三輪でした。
日本人は自分が失ってしまったもの、失いつつあるものをホントに理解してないのではないでしょうか?
本当に大事にすべきは故郷の自然なのです。
私はそう言う風景を日本人が汚さないで欲しいと思っています。

また、その中国人の女性は私に言っていました。
「できる事なら、私は中国人が日本に沢山入っては欲しくないと思っています。だって、自分の利益の為に自然を汚して平気な人たちが多いですから」と・・・。

参ったね・・・・。こう言う中国人も居るんだ。
私が彼女と会って感じた事はそう言う事でした。

中国人から反面教師として学ばないといけない事は多いのかも知れません。
日本と言う国が滅びる前に、中国と言う恐ろしい国の正体を正しく学ばないといけません。

しかし・・・・本当に私が出会う外国人と言うのは凄い奴揃いだなと・・・・。
あらゆる意味で私ほど面白い経験をしている男は珍しいと思いますねww

余談ではありますが、本日よりリンクに「未来都市イヤポポリス」と言うサイトを追加しました。
随分前から訪問しているサイトですが、お気楽癒し系なので皆様にもお披露目しておこうかと思いました。
潤子の変な旅 総合ナビゲーター
安土ももやま いやぽぽ分家

戦争と平和について結構真面目に考えているのも好印象です。
ちなみに、私のお気に入りキャラは猫のみいなさん星姫様ですw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

2006/9/13 逮捕
勾留期間 最大23日
2006/10/4 逮捕後21日で起訴
勾留期間 起訴後2ヶ月(被疑者勾留)
2006/10/5 保釈請求 準抗告あり 保釈却下
2006/12/6 初公判開かれる
勾留期間 検察官、裁判官の職権による勾留 2ヶ月
2007/1/19 地裁保釈許可 抗告あり 保釈再度却下


# 被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮にあたる罪を犯したものであるとき(89条1号)
# 被告人が常習として長期3年以上の懲役又は禁錮にあたる罪を犯したものであるとき(89条3号)
# 被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき(89条4号)

未決勾留日数
http://lucius.exblog.jp/3742147/

http://share.dip.jp/hannichi/yosimasa/miketukouryu.html

別に植草元教授の勾留については、法律に違反した事ではなかったと言う事です。
700日とかでも、未決勾留ではあると言う事ですから。

2007年9月10日、朝日放送(大阪市)の報道により名誉を傷つけられたと申し立て、同社に1100万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

2007年10月16日、東京地裁により懲役4月の実刑判決を受け、東京高裁に即日控訴した。

2008年4月4日、東京地裁で『女性セブン』を発行する小学館との和解が成立。小学館の和解金100万円の支払いや謝罪広告の掲載などが条件。記事では植草が痴漢で10回摘発されたと報じたが、実際には3回だと認定されたため。
2008年4月16日、東京高裁は「被害者や目撃者の証言は信頼性が高い」として一審の実刑判決を支持、控訴を棄却した。

ともかく、さようなら、植草元教授。
私はブログを書いている人がどんな意図でブログを書いているのか、ある程度は理解できるんです。

貴方がお望みのとおりに、竹中平蔵氏の様な民主党政権での政策顧問に登用されたり、マスゾエ氏の様に、芸能人経由の大臣に取り立てて貰える日が来れば良いですね。
貴方の敵と同じ道を歩んで、それで幸せになれると思うのならどうぞ。

それまではご自分の名誉回復の為に、せいぜい今と同じ調子で本業以外の事に血道をあげて下さいませ。
期待していた分、私は貴方の言行に深く失望しましたが、今は貴方の事などどうでも良いと思い定める様になって来ています。
もう二度と貴方の事は当ブログでは取り上げる事はないでしょう。

痴漢の回数も、いつか3回から0回に減少する日が来れば良いですね。

そういえば、まだ私が大学生だった時に、神戸に向かう阪急電車の中で痴漢してたおっさんから女子高生を助けた事がありましたね。
あの時に思いましたね。可愛い女の子が好きなら口説けば良いじゃない。
嫌がってない可愛い女の子に、良いムードの中であんたがやってた事以上の事を要求できるのにねと・・・。
私なんかは、女子供が苦しむの見たら凄く嫌な気持ちになるんだけどな。ま、人それぞれだから法律に触れない趣味には口出しはしないがね。触れたら口だけではなくて、手も出すけどw

価値観は人それぞれです。貴方は私とは無縁の人だった。そう言う事でしょう。
勝手に期待して申し訳なかったです。経済関係のエントリーについても、今後はやはり続ける事にしましょう。
望む人達が居るならば、その人たちの為に私のできる事をしましょう。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

最近できたこのブログ。私が以前から冤罪を訴え、常に持ち上げ、期待していた植草先生のブログである。
各方面からの引き立てもあって大盛況の模様だ。しかし、私はこのブログを見て強烈に失望している。

ブログの方向性が、経世済民についてほとんどスルーだからだ。
ほとんどが自分に関する世間の噂に対する反論、それと盗用された文章がどうのと・・・・。

何をしに復活したんだこの人は?まともなのは最初の一回だけ。
その他の記事も、論点がぼけていて経済コラムマガジンなどと比べて良い文だとは思えない。
植草先生には、自分が最大限に誰かの役に立つ方法を今一度思い出していただきたい。

私としては、彼の情け無い方向性に著しく失望している。
週刊誌やらブロガーやらとの争いなど、私は読みたくも無い。
私ごとき、自学自勉で経済学をかじっただけの男の記事など誰も見向きもしなくなる様な、そんな素晴らしい記事こそ、私が植草先生に期待していたものだった。

しかし、その期待は現在徹底的に裏切られつつある。私が読みたい”知られざる信実”とは、日本人が何故これ程に困窮するように追い詰められているのかと言う事の専門家による告発である。
それができない経済の専門家なら、芸能人にでも転職すれば良いのだ。
ともかく、後数週間もすれば、私は彼を本格的に見放して、バナーも撤去、彼の事を擁護していた記事も全て削除する事になるだろう。

私はかなり頭に来ている。虫唾が走っていると言っても良い。
ともあれ、今少しだけ様子を見てみよう。それから彼を見捨てるかどうかを決定する事にしよう。

今の植草先生の記事より、http://waveofsound.hishaku.com/zaisei/zaisei0.htmlこちらの記事の方がよほどわかりやすくてためになる。
このサイトの作者も、私同様に経済の門外漢が自学で意見を述べておられるかたである様だ。
今の植草先生は、言ってみれば素人以下のレベルに零落していると言える。
カナリアは歌を歌ってなんぼなのだ。
まあ、今の調子だと、植草先生のアンチも失笑しながら放置しておいてくれるだろうから、保身の方法としては今の路線も正しいかも知れないが。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
http://game.goo.ne.jp/retro/title/RGMEGGESYS0009/index.html

このゲームですが、とっても懐かしいゲームです。私がこれで遊んだのは、多分15年位前かな?
その当時に、何かのおまけでこのゲームがついていたんです。
で、本命のゲームよりはまりましたw

では、詳しくは後半で・・・・。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[古い古いゲームの話]の続きを読む
現在、仕事が爆発していますので、更新が概ね週末になってしまうと思います。
土曜日だけは、基本的人権を死守する為にも絶対に仕事しないつもりですがね。(笑)
しばらくの間、この様な更新方法になると思われます。よろしくご理解願います。

多分、6月くらいには何とか元の生活に戻れると思うのですが、ちょっと自信ないです。(苦笑)

それと、自END他のTB先がわからなくなっています。
喜八様、見ておられたら私にもう一度教えて下さいませw

では、そう言う事ですので、また来週にお会いしましょう。
それでは、今日もお仕事ファイトオー!

空元気でも元気出さないと悲しいですw
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。