独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国大統領の演説に不快感 北を代弁、豪首相ら退席

 1月15日にフィリピン・セブで開かれた東アジア首脳会議で、韓国の盧武鉉大統領の演説中、ハワード豪首相ら参加した16カ国首脳のうち5、6人が演説内容に不快感を示して席を立っていたことが31日、分かった。

 関係筋によると、盧大統領は、核実験やミサイル開発などで国連制裁を受けている北朝鮮の立場を「代弁しているとしか思えない」(関係筋)演説を始めた、という。


 演説は約20分間におよび、北朝鮮による拉致事件について、安倍晋三首相が主張した議長声明への明記に強硬に反対する内容が中心だった。
 演説の途中、ハワード首相らは、安倍首相を横目で見ながらトイレに行く形で席を立ち、盧大統領の発言に露骨に不快感を示した、という。

 盧大統領は前日の14日に開かれた公式夕食会を欠席している。この理由について、韓国の朝鮮日報は1月16日付で、インターネットメディアを引用する形で「拉致問題をめぐり、安倍首相との激烈な神経戦で心身共に疲れたため」と報じた。

 実際、夕食会前の日中韓首脳会談で、安倍首相が拉致問題解決の重要性を力説し、報道発表文への明記に反対していた盧大統領に強く反論。中国の温家宝首相が中に入る形で報道発表文では「人道的な問題」となった。

 首脳会議でも盧大統領は議長声明への拉致明記に反対したが、温首相が日本に同調し、今度は拉致が明記された。関係筋は「盧大統領は拉致問題を重視する国際社会の空気が読めなかったのではないか」としている。

******

幾つかの無視できない問題が入っていますね。(続きは後半で)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
盧大統領、欠席の原因は「安倍首相との“拉致”攻防」!?

韓国ははっきりと現時点での拉致問題解決に反対しています。
これが今後の政権に受け継がれるか?受け継がれると思います。

韓国の首都ソウルは北朝鮮の重砲の射程内にあります。
よく考えられた分散配置がなされており、自走砲でソウル攻撃用の大口径の榴弾を発射する、そんな「ソウル破壊用装備」の整備に余念がありません。(その重砲を叩き潰す役目の米軍は盧武鉉が後方に下げてしまいました・・・。)
北朝鮮の戦略と言うのは「韓国の富のほとんどと莫大な人口が狭い範囲に集中しているソウルを脅かす」、この一点を厳守している訳なんですよね。

その事を考えるからこそ、彼等は自分達の拉致被害にも黙ってきたんです。
日本みたいにテポドンでしか狙われない身の上とは違います。
韓国人に言わせれば「テポドンなんか韓国を狙うのにそもそも必要ないじゃないか?」と言うのが本音です。
もっと射程の短い兵器で韓国は直撃されるんです。彼等の言う「テポドンは日本だけの脅威」と言うのは彼等にしてみれば合理的な判断です。

そして中国のやり口もね・・・。

>実際、夕食会前の日中韓首脳会談で、安倍首相が拉致問題解決の重要性を力説し、報道発表文への明記に反対していた盧大統領に強く反論。
中国の温家宝首相が中に入る形で報道発表文では「人道的な問題」となった。

安倍晋三の外交能力ではこの程度が限界なんでしょう。
「人道的な問題」で済まされてしまいました。
拉致問題は国家主権の侵害と言う、当然の判定すらなされず「みんなで話し合いを通じて努力しようね」と言う判定で終わりです。

中国の首相に「頭なでなで」されて帰ってきた訳ですね。安倍晋三総理は・・・。

まあ、こんなもんでしょう・・・。
最初から期待していませんので、全然失望もしません。

ところで反日酋長の最近の談話をここに・・・。
盧大統領「大統領としてやるべきことは十分やった」
次の大統領には、本気で魅力ある金将軍を推薦しそうに思えます。

北朝鮮とアメリカの手打ちも間近です。
マカオの銀行口座を明け渡したら、そこには追加でどこかから大量のお金が振り込まれ、それを引き出した後に銀行口座は閉鎖されるでしょう。
北朝鮮の幹部達の財産を保全した後は、金正日は天下晴れて秘密裏の核開発を再開します。
次回の核実験場所はイランと言う事になるでしょう。

******

今後のエントリーに使うための備忘録です。

「政府と高所得者層が低所得層の保険料負担せよ」
国民年金:民主労働党代表が提案


 民主労働党の文成賢(ムン・ソンヒョン)代表は31日、新年記者会見を開き、「今後5年間、低所得層644万人の国民年金保険料の半分を、政府と年所得5000万ウォン(約643万円)以上の高所得者が負担しよう」と提案した。文代表はこの問題について話し合うため、与野五党の代表による会談も提案した。

 文代表は「貧困のために年金保険料を支払うことができずにいる人々は、老後に何の手当てもない。このような人々のために社会構成員が少しずつ協力しよう」とした。

 また、「これに必要な13兆ウォン(約1兆6732億円)のうち、政府が6兆ウォン(約7723億円)を負担し、年俸5000万ウォン以上の高所得者が保険料に所得累進率を適用し、4兆ウォン(約5148億円)を負担すればよい」とした。残りの3兆ウォン(約3861億円)は会社の加入者が負担し、民主労働党が労組を説得するとした。

 民主労働党は昨年から低所得層のために政府と企業、正社員労組がすべて譲歩しようという「社会連帯戦略」を進めてきた。

******

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/96-9238af5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。