独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GDPギャップ、内閣府の認識に違和感ない―日銀総裁=大田担当相
2007年01月30日06時35分


 [東京 29日 ロイター] 大田弘子経済財政担当相は29日、この日の経済財政諮問会議で議題となったマクロ経済運営に関し、政府と日銀で相違があるとされるGDPギャップについて、福井俊彦日銀総裁から、幅を持って見る必要があり、内閣府の認識に違和感はない、との発言があったことを明らかにした。諮問会議後の記者会見で述べた。

 需給ギャップは推計方法の違いにより、直近の数値について内閣府はゼロ近辺とする一方、日銀は需要超過との見解を示しており、政府と日銀の間で認識に相違があるのは問題、と指摘する声がある。

 この点について大田担当相は「内閣府と日銀では推計方法は違うが、どちらも方向で見ると改善傾向は一致している」とし、同相によると、福井日銀総裁からは「GDPギャップは幅を持って見る必要があり、内閣府の認識に違和感はない」との発言があったという。

 大田担当相は、マクロ経済運営に関する基本的な議論について「マクロ経済の現状に対する基本的な認識については、政府・日銀ともに一致していたと思う」と説明。

 景気の先行きについても、福井総裁から「今後、生産・所得・支出の好循環のメカニズムが維持される。先行きについて政府見通しと一致している」との説明があった。

 また、政府・日銀が共有している「マクロ経済運営に関する基本的視点」──1)民需主導の持続的成長を実現する、2)物価の安定を実現する、3)中期的な課題と整合的な政策運営を行う、4)透明性と説明責任を徹底する――について、大田担当相は「日銀も全く共有している」とした。

 一方、会議では、日銀が昨年3月の量的緩和解除と同時に導入した金融政策の枠組みについて、出席者から「物価安定の理解は0―2%となっているが、デフレに戻らないためののりしろを考えると、下限が低いのではないか。よりよい枠組みがないか検討して欲しい。また、審議委員の理解というより、日銀としての物価安定の理解を説明する方法がないか検討して欲しい」との要請があったという。 

 こうした意見に対して福井総裁からは「金融政策の機動性・透明性の両立については十分考えていきたい。日本経済の将来の姿を考えて、現状に即したフレームワークのあり方を今後とも追求していきたい」との説明があったという。

 マクロ経済運営の議論で大田担当相は、景気の現状認識や基本的なマクロ経済運営方針で、政府・日銀の間にギャップがないことを強調したが、きょうの会議では、景気の先行きについての意見交換は行われていない。

 また、コアCPI(生鮮食品除く総合、消費者物価指数)が前年比プラス0.1%まで水準を下げるなかで、諮問会議では、あらためて「デフレに後戻りしないのりしろ」を重要視する見解が示された。物価の安定的なプラス基調は維持されているとする日銀の見方に対する慎重論で、1月利上げ見送りの過程で繰り広げられた景気・物価をめぐる火種は残ったままとみられる。 

******

日銀はついに屈服しました。
政府の言うGDPギャップがゼロ付近と言う考えは、つまりはゼロ金利が適当と言う理屈の追認です。

ちなみに、政府の意見によれば「日本中の製造力を叩き壊し、需要に見合った供給しかできないようにするのが正しい」と言う事なので、今後は中小企業から順番に日本の製造業は破壊されて行く見通しとなります。

新自由主義者の恐ろしい所は「製造力生産力など需要が伴えば勝手に増えていく、だから壊しても良い、それが合理化だ」と言う認識です。
シムシティとかのシミュレーションゲーム感覚なのです。

彼等は痛みに鈍感で、何かを作ると言う事に共感できない、その現場を理解しようともしない、そんな感覚で一致しています。
悪い言い方ですが、「ゲーム感覚で人を殺す、ゲーム感覚で自殺する」そんな若者と世界観に変化が無いのです。
当然ですが、今時の小学生の多くと同じ様に人は死んでも生き返ると考えています。

だから今の様な政策を放置できるのです。
安倍内閣は日本の製造業の根幹を破壊してしまうでしょう。
多分マクロ経済など理解できない政府には、大手輸出企業のエゴだけを反映するそんな政策しか実行できないでしょう。
安倍内閣にとっての市場=大手輸出企業、経済=経団連の世界観、その程度の認識でしょうから。
日本のGDPギャップの膨大さを認識できないこと、それが現在の不況の原因なのです。
02/12/2(第276号) 日本のデフレギャップの怪
米国経済は、いつまでもつのか

「カネがなければ刷りなさい」-ケインズも説いた救国の超ウラ技 ケチな減税より国民ボーナスを!「政府紙幣」を発行し、赤ん坊からお年寄りまで国民全員に40万円の臨時ボーナスを支給せよ!
はやわかり丹羽理論 6-24 藤本 龍夫 「丹羽教授自身のQ&Aより」

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご訪問有難うございました。
先生に比べたら、大人と子供の様なもので、何も分かっていませんのに、又しても生意気なご返事を書いてしまいました。(ご返事遅れまして申し訳ございませんでした。さっき初めて先生の残して下さったコメントに気付きましたので)
2007/01/30(火) 20:39 | URL | わこ #-[ 編集]
>わこ様
私を先生等と呼ばれても面映いばかりです。
貴方の様な自分の心で目覚めた方、そう言う方はどんな道を辿っても、結局は日本の為になるのです。

貴方の様な目覚めた方が今の日本には必要なのです。

知識ではなく、その方向性こそが大事だと思います。
最近のブログでの活動で理解した事。

それは自発的な意思こそ世界を変えられる唯一の力だと言う事です。
我々は思うままに行動すべきですね。

貴方に師は要らない。
貴方こそが、その姿勢ゆえにまだ目覚めていない人々から今後は師と呼ばれることになるでしょう。

その時の為に備えて下さいませ。
貴方に対して敬意を表します。これからもずっと。
2007/01/30(火) 21:55 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
恐れ入ります。何を以ってそう買いかぶって頂いたのか見当も付かないのですが・・・
2007/01/31(水) 07:31 | URL | わこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/87-cac2a61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。