独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常に簡単。そして今の日本の政党のどこにも無理な政策です。
(見込みがありそうなのは共産党だけ)
参考: アメリカ経済の処方箋] by 復活!三輪のレッドアラート!

マクロ経済学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国民所得は Y(所得)=C(消費)+I(投資(在庫投資を含む))+G(政府支出)+(純輸出)(EX輸出−IM輸入)という国民所得恒等式によって表される。

現在の日本の所得が増えないのは、
・C(消費)が増えないから=賃金が低いから;悪循環で更に減る
・I(投資(在庫投資を含む))=実質GDPが政府が隠しているけど減っているから
[ 騙しの手口@政府主導] by 復活!三輪のレッドアラート!
・G(政府支出)=構造改革とやらで一貫して下がっているから
・(純輸出)(EX輸出−IM輸入)=輸出企業の内部留保として換言されていないから

以上、ケインズの国民所得恒等式で現在以後も国民の所得は減り続けるとの判定が出ます。

さて、これの打開方法は?
G(政府支出)を増やすのです。以前公明党がやらかした信者からむしりとる為のばら撒きでは無い方法で。

まず、住基ネットで振られた一連の通し番号に対して振込みを行える仕掛けを作ります。
ICチップ入りのカードを作って、それで買い物ができる仕掛けを作ります。
その上で以下の方法での時限的な電子マネーを配給するのです。
・(一月のみ有効)生活費、家賃として使う金、人頭で4万円。
国費負担。5人家族なら20万。一人身なら4万円。受給資格日本人のみ。
使わないと損なお金。(年間52兆円の国家支出、最初の年度に、プール中の男女共同参画予算を返納させる。丹羽先生方式で財源確保)

・(半年有効)生活保護者用、身体障害者用、人頭で100万円。
受給資格日本人のみ。外国人の生活保護は一切行わない。

・(一年間有効)緊急医療費、人頭で100万円。
資金源は生命保険会社、出資に対して年利公定歩合+1.5%の配当、使用に際して生命保険料の値上がりも考えられる。
第二国債的な性質を持った制度。利用資格、日本人のみ。

新財源、ギャンブル税。
パチンコについては、現金での遊戯は一切を禁じる。
やりたい人はICチップ入りカードでの決済以外は認めない。
未成年のICチップ入りカードがパチンコで使われた場合、無期限で電子マネー配給を停止する。

法人税の50%までのアップ、消費税の廃止。
海外法人(税金を日本に納めない法人)の日本での営業への課税。
(サービスと物品への課税、それでも払わない場合は国外退去)

以上。

21世紀に有効な公共事業とは、国民の可処分所得を直接的に国家が増加させる事である。
私はそう断言する。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とても面白いです。
景気回復すれども、国民に利益が還元されないのが最大の問題ですからね。富の再分配を「可処分所得」で行うなんて仰られるとおりどこも出来ないでしょう。

>・G(政府支出)=構造改革とやらで一貫して下がっているから

でも、これは90年代に財政出動をし、天文学的財政赤字を生み出しても景気回復しなかったからではないでしょうか?

財源は地方公務員にメスを入れられればできますが、どの政党もいれたくないでしょうね。
2007/01/29(月) 00:31 | URL | 四季桜 #pfktzkFc[ 編集]
>四季桜様
>でも、これは90年代に財政出動をし、天文学的財政赤字を生み出しても景気回復しなかったからではないでしょうか?

???????

えーっとですね。その天文学的赤字なんですが。

http://www.bund.org/opinion/20050925-1.htm
>構造改革を主張していたはずの小泉政権は、その4年間になんと290兆円もの国債を発行した。
>この額は歴代自民党政権の中でも群を抜いている。
>小泉劇場に何らかの期待をして投票した人達はこうした事実を知らない。

こう言う事なのですが?

小泉内閣は財投債と言う新型の国債を、日本国民に黙って使いまくったんです。
その証拠隠滅の目的もあって・・・郵政民営化で血の雨を降らせて見せたと。

ふむ・・・知らない人多いんでしょうね。

それにしても、この後1年間小泉は首相やってましたからね。
単純に割り算したら、375兆円程小泉氏は日本の借金を増やした事になります。(精査してませんが、ともかく300兆円は超えてますね)

彼一人で随分頑張って日本の借金を増やしたもんですよね。
悪意でやったと考えるのが普通でしょう。

その小泉と歩調をあわせて、35兆円もの借金を全部為替操作の為にばら撒いたのが柳沢厚生労働大臣ですがね。
彼はライブドアの堀江に金を渡してフジテレビをのっとらせようとした、リーマンブラザースの事件当時の顧問でした。

小泉政権も安倍政権もとんでもない奴の巣です。
2007/01/29(月) 01:09 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
そうでした。
あー、恥ずかしい。

小泉は財投債をやったんでしたね。
しかし、BUNDですか^^;

そうするとですね。90年代に数十兆円の財政出動して日本の財政赤字が天文学的になっても経済は回復しなかった。そこでマクロ政策に頼らないで(産業)構造改革で生産性を高める。肝が不良債権問題。

これによる景気回復というのは虚構なのでしょうか?景気回復がデフレ克服を指すのか、GDPアップを指すかという問題もあると思いますが。

むー、経済は弱すぎ、難しすぎ。反省します。ご指導ありがとうございます。
2007/01/29(月) 01:40 | URL | 四季桜 #pfktzkFc[ 編集]
1人40万円のボーナスはどうですか?
 昔・経済学者の誰かが景気回復の手段として
 「政府紙幣を増刷し・国民にボーナスを支給しても1人40万円までならインフレにはならない」
 と言っていたのを覚えています。
 もちろん
 造幣局はシャッターを下ろし・深夜に印刷するのですが・・・笑
2007/01/29(月) 02:48 | URL | 柳生すばる #Umrgomz2[ 編集]
>柳生すばる様
インフレには多少なった所で問題ないのですよ。
「預金していない人達」にはね。

それよりも給与の名目額を上げる事です。
それだけでGDPの巨大な成長になるのです。
今後その件について話していきます。
経済関係の話題ですが、できるだけは噛み砕きますね。

ちなみに、私思うに、一年に一人頭100万あげてもインフレにはならないと思います。
それを全て消費するならばですが。

>四季桜様
実は小泉改革の負債増は「アメリカの財政赤字路線の歴史」を考えると、必然的にそうなるはずの道でした。

小泉純一郎は知っていてわざと日本国民を追い込んだ確信犯の自爆テロリストです。
その関係も今後論じます。

この問題は実は凄く重要な事なのですよ。
2007/01/29(月) 22:18 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
はじめまして。

ようするに“人間に対する直接的公共投資”ということでしょうか?
すなわち、社会保障制度による所得再配分とマネタリズム的手法を合わせた経済政策ですね。
わたしもこの策には賛同です。




2007/01/30(火) 12:45 | URL | 啓司 #-[ 編集]
>啓司様
はじめまして。
ええ、可処分所得に対する直接投資と言うわけです。
所得再配分と、フリードマン流マネタリズムの「ヘリコプター散財」と言う考え方では類似しています。

しかし、賭けてもよろしいが、フリードマンの言うとおりにインフレにはならないですね。
この散財には需要がありますが、その需要は折込済みの需要なのですから。

バブルの発生は需要の期待にあり、需要の期待が予測以上である事が条件です。
需要の発生が想像の範囲内でありながら、需要の喚起があること、これは単なる好景気の招来に終わるでしょう。
ケインズ理論が凱歌をあげる瞬間です。
2007/01/30(火) 22:07 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
TB通りません。
今晩は。三輪さん。TB通りませんので。
下に貼りますね。では。
http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/archives/4996893.html
2007/02/01(木) 03:02 | URL | ivanat #CRE.7pXc[ 編集]
>ivanat様
こっちからも打てないんですよ。
もう最近は諦めの境地です・・・。
2007/02/01(木) 07:40 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪さん返答が遅くなってしまいすいません。
質問があります。

マネタリズム的手法(紙幣の増発で通貨供給量を増やし供給側にいきわたらせ企業の投資・投機を奨励する)では、市況にお金が還流するだけで、実体経済が破壊され、庶民にますますお金が行き渡らなくなりはしないのですか?

それと、政府がなんらかの形で介入し、マネタリズム的手法で紙幣の増発分を社会保障給付費として消費性向の高い低所得層にばらまき消費需要を高めて、デフレから脱却する。
というふうに政府はとれないのですかね?
2007/02/04(日) 02:16 | URL | 啓司 #-[ 編集]
>啓司様
マネタリストの手法と申しますが、結果はマネタリストの言うようにはなりません。
お金をすりまくってばら撒いても、それが適度ならインフレは起きません。

ちなみに、低所得層だけではなく、中位の所得層にも恒常的にばら撒くのが適当かと思われます。

国民全体の消費を増やす、いわば正統ケインズ流の考え方による手法ですし、日本のGDPギャップの巨大さを利用した方法は、丹羽教授の分析によるものです。

フリードマンは今頃は硫黄の炎が燃えている場所で、彼の犠牲者達への自己弁護に忙しいでしょうから、あまり呼んであげないが吉です。
2007/02/04(日) 11:02 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪さまへ

わたしも自称ケインジアンですから、丹羽大先生の「経世済民」の御心には感動しています。
それに、需給ギャップによるデフレ不況克服のための紙幣の増発による総需要拡大策も支持しています。

しかし、問題は、紙幣増発分をどのように庶民(特に消費性向の高い低所得層)へいきわたらせるのか、です。まさか、ヘリコプターから紙幣をばらまくことでいいんですかね?
わたしの案は、社会保障給付費(特別会計に紙幣増発分を足す)で庶民にいきわたらせ(ばらまく)れば、可処分所得も増え、消費需要が増大し、デフレギャップも収まり、不況克服を達成できると思いますがどう思われますか?

2007/02/04(日) 13:19 | URL | 啓司 #-[ 編集]
>啓司様
住基ネットによる登録情報を元に、偽造不能なICカードを作るんです。
そのICカードに残高情報を毎月送りつけて、残高は月の初日にまた定額に直されると、そんな感じでね。
その他に公共事業によって、データセンターをつくり、そこで履歴の管理を行うと。
それで問題ないのではと思います。
人頭のお金なので、児童幼児用のカードもあり、それらの管理は親が行うと、そう言う感じですね。
中学生くらいになったら、親と子供で国からのお金を巡って大喧嘩も起こりそうですが、それはそれで後日の問題としましょう。(笑)

一番大事なのは、この金でしかギャンブルを行えなくする事、また未成年がこの金をギャンブルに使ったら、その時点で長い間振込みが停止されることですね。
それを思い知る事で、将来ばくちにのめりこまない人が増える事でしょう。
2007/02/04(日) 13:46 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/83-9c5ec973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。