独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のエントリーの内容は「全くの推測」である。
けど、読み終わったら、なんとなく嫌な感じが残る筈だ。

さて、後半に。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
推測

今回のトヨタの事件は、アメリカンの内の奇妙奇天烈な考え方をする勢力の先走りである。
少し前のシーシェパード船長逮捕事件と、トヨタに対する集団訴訟を企んだ者とは何等かの関係があると思う。

トヨタ:大規模リコール問題 プリウス「急加速」、トヨタ「異常なし」 米当局と調査 - 毎日jp(毎日新聞)

シー・シェパードの船長が日本船に乗り込み3億円を要求 船内で身柄を保護 - MSN産経ニュース

上記の海賊行為を行う環境原理主義者どもは一体何の目的で動いているのか?

おそらく、動機は短絡的な憎悪だろう。日本人の死ぬ爆弾の代わりに、日本最大の企業の一つに対して名指しがたい言い掛かりをつけて、「自分達に対して些細な危害や反抗を行った場合の見せしめを行う事」を狙った計画的な嫌がらせだと思える。
飽くまで推測だが・・・・。

トヨタに対する1000万人もの訴訟動員があれ程スムースだったのには、疑問の余地が大き過ぎる。
普通は1000万人と言う人数を動員する為には大変な努力が必要な筈。
何等かのネットワークを使って行われた動員だと考えるのが普通だろう。

反捕鯨の本当の理由②:イザ!
ワシントン条約締約国会議開幕 大西洋クロマグロ禁輸の見通し強まる (1/3ページ) - MSN産経ニュース

前々から私は言っていたが、鯨は全くの害獣である。


現在、日本側は調査捕鯨によって「鯨は減っていない。絶滅しない」と反論しています。ミンククジラだけでも世界中に約80万頭棲息しており、年間2000頭を獲っても絶滅の心配はない、それどころか、1年間に世界中で鯨が食べる魚の量は、約5億トンであり、これに対し世界中の人間が漁獲する魚の量は年間約9000万トン、すなわち、1億トン以下であり、鯨の1/5であると日本鯨類研究所が発表しています。

マッコウクジラ1頭が1年間に食べる魚の量と日本人が1年間に食べる魚の量とがほぼ等しいといいます。ここでは、人間と鯨が海産資源を奪い合うライバルになっています。

我々の常識では、鯨はオキアミを食べて生きているということになっていましたが、最近、鯨捕食行動で衝撃的な事実が分かってきました。鯨は各海域ごとに様々な魚を捕食しています。
すなわち、ミンククジラは

○5,6月にはカタクチイワシを
○7,8月にはサンマを
○9月にはスケトウダラというように旬の魚を好んで食べています。
日本海沿岸で捕獲したミンク鯨の胃の内容物のうち、実に94%がスケトウダラ、サンマ、スルメイカなどの漁業対象魚種だそうです。エサの不足と見られる鯨の大量死、漁業への影響など鯨の増えすぎによる弊害も報告されるようになってきました。

このようなことが明らかになるにつれて、鯨の保護は、逆に貴重な海洋資源の持続的利用に深刻な影響を与える恐れがあると考える国が増えてきました。
最近、日本の主張に同調する国が増え始めています。
太平洋諸国、アフリカ諸国、カリブ海諸国などです。捕鯨をやっていない国であっても、海洋国家である限り鯨問題は避けて通れません。それは漁業問題だからです。
ここ数年、カリブ海やインド洋の地元の漁師から「鯨がマグロの群れを襲うので漁が出来ない」という報告が相次いでいるそうです。つまり、鯨を放っておくと、漁業資源の枯渇につながらないかを心配しているのです。


そして、反捕鯨の筆頭国と言えばアメリカとオーストラリアです。両方とも”食肉輸出国の筆頭”でもあります。

彼の国では、鯨を食用として考えた事がありません。「美味しい牛肉があるのに、何故不味い鯨を食べなければならない?」と言うのが、彼等の考え方の根本でしょう。
そして、国内で生産する輸出用の肉を売る先ですが、「購買力平価が非常に高い日本」が彼等の最優先のターゲットである事は間違いありません。
だからこそ、シーシェパードの本部はワシントンにあるんですし、出先はオーストラリアなんですね。
彼等の国益と合致している訳です。

今回のシーシェパードのやらかした行為は「調査捕鯨船の船長を拉致して、身代金を要求する」と言う行為が自供されている訳ですが、これは間違いなく海賊行為であり、海賊の行為を認可あるいは黙認しているアメリカとオーストラリアは国際法的にも最大級の非難を受けて然るべきだと思われます。

ソマリアやマラッカの海賊が悪くて、自分達の子飼いの環境保護宗教団体は悪くないと言うダブルスタンダードは全く通じません。
とりわけ、日本よりも悲惨な状況に追い込まれているデンマークやノルウェー等はもっと強く「食肉輸出国が海賊を許認可している事」を非難すべきでしょう。
デンマークなどが行っているタラの稚魚放流が、稚魚のほぼ全てが鯨の食害によって食べ尽くされ、このままでは北の海では何の魚も採れなくなる。その危機感をもっと各国と共有すべきであろう。

大国のエゴを代弁するために、誰かに暴力を振るいつつ、しかも相手を道徳的に糾弾したいと言う、最低の人品しか備えていない偽善者が遂行する醜い猿芝居。
こんな仕掛けを思いついた輩は、まさしく悪魔に魂を売った外道としか表現できない。

そもそも、アメリカが大々的に捕鯨を行っていた頃、どこの国も漁業資源には不足する事が無かった。
日本でも江戸時代の飢饉の最中に、浅間山が噴火して作物が取れなくても、江戸では九十九里浜に団子になって打ち上げられる鰯や秋刀魚で餓死者は極少なかった理由が、鯨の減少による漁業資源の豊富化だった事を忘れてはならない。

鯨を絶滅寸前まで間引く事こそ、世界の食糧問題を解決する方法の一つである。
鯨が可哀想だと飽くまで言い張る向きも居るだろうが、そう言う輩の特徴は「白人>鯨>その他の民族」と言う徹底的な差別を行って平気な者達で固まっていると言う事だ。

元来はプロパガンダだったのだろうが、いまや本物の宗教、しかも他の人達を傷付けても、自分達が間借りしている国を他の国と敵対させても平気な程に、利己的かつ憎悪深い原理主義のテロリスト集団にしたて上げてしまった。

過去を忘れた国 | 復活!三輪のレッドアラート!
自分達の主張を押し通す為に、全てを嘘で塗り込め、他者を非難する事ばかりで、自分の行いに全く疑問すら抱かない。
反日と言う事だけではなく、誰か何かを憎むと言う事を心の弱い者に教え込むと、その者達は悪魔そのものの考え方に染まって、悪魔そのものの所業を繰り返すようになる。

人は自らを清く保たなければならない。憎悪で染まった者と付き合う事は、それだけで自分達の人品を損なうのである。

CNN.co.jp:「トヨタは海賊に乗っ取られた」 元北米トップが苦言

アメリカも困ってるだろうね。自分達の育てた原理主義宗教団体が、自国の国益を脅かす程の大それた騒ぎを起こし始めたのだから。
けど、もう遅いだろうね。今回の一件で、完全にアメリカの威は落ち、信用に傷が付いた。

「トヨタの車には本当は問題が無かったようだ」と言う取り成しを今更行っても、「恐ろしい理由で突然会社が潰れる程の高額訴訟を1000万人単位で仕掛けて来る怖い国」と言うイメージは拭えないだろう。

ここまで恐ろしい行為を行って、無かった事に等ならない。日本国民は忘れても、日本の企業は忘れる事は無いだろう。
もう、こんな国の提示する枠組みからは外れるべき時だろう。いろんな意味で、アメリカは世界を統治する資格を失い始めている。

その強欲さ、身勝手さ、国民が隠し持つ敵意と自らが育んだ恐るべき憎悪が、アメリカと言う国の行動に恐るべき方向性を与えている。
国民だけでなく、統治者までが元来のプロパガンダの意味を忘れてしまい、愚民と共に踊り始めてしまった国。

韓国も米国も中国も、そう言う意味では変わらないのである。恐ろしい事だ。
アメリカは将来の歴史書で裁かれる事だろう。
自国の畜産業者の利益のために、それだけのために海の資源を枯渇寸前にまで追いやった恐るべき所業と、そして畜産業者と穀物業者の思うままに大地の恵みを略奪させ、国土を荒廃させた事を裁かれるだろう。

井戸が枯れるまで水を汲み出して、その水を天日に干して乾かしてしまう者など、愚か者以外の何でも無い。
アメリカが世界のリーダー、なんて器ではそもそもありえないのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヨーロッパ諸国でも、対日マグロバブルに託けて資本投下し、莫大な在庫を抱えた国も在ると聞きます。

ここで政治家やマスゴミが正論で糾すべきなんですが、愚衆には望むべきも有りません。
確実に対日包囲網が出来ていますね。
そこで、三輪様はどんな打開策をお考えなんでしょうか?
訊いてばかりで、恐縮ですが…
2010/03/17(水) 14:24 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
>はやぶささん
ううん?
ちょっと悲観的過ぎるね。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100319ddm041020178000c.html

まあ、まだこんな事を言ってる連中が居るが、問題は日本人がマグロを食べ過ぎてる事じゃない。
鯨みたいな害獣を野放しにしてる事だからね。
本文に書いているとおりの事。

今回の事件、マグロ漁獲禁止については、利害が完全に対立してるんですよ。
陸上の真水を使って畜産物を育て、日本に食肉を売り込んで来ている畜産国と、海の海水を使って海産物によって日本に魚類を売り込んで来ている漁獲国の思惑は完全に相反しており、結局は多数派が勝ったと言う事。

はは・・・。これをどう思うかですね。
わかりました。説明用のエントリーをすぐに書きます。

ああ、今回の一件は勝利なんですよ。全くの勝利です。
その事もきちんと説明いたします。
2010/03/19(金) 08:48 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/822-71ff7bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近は、実社会に私のブログが多少なりとも影響を与えていることを複数で聞いたのでうれしい限りだ。知らぬ間に私の見解を話すようになったという方が各所でおられるとのこと。ブログにしろなんにしろ、正しいと思ったら自分なりに確信を得たらやる続けることが大事だと少...
2010/04/28(水) 23:40:25 | 東京のばかやろーブログ
例によって参考にしたサイトブログの方は取り扱いきれませんでした。掲載されていない方でTBを受けてくださった方は当方のこのエントリーにTBなど頂ければ幸いです。 http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=25442 http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=36332 ...
2010/06/03(木) 08:48:23 | 東京のばかやろーブログ
上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 今年の技能五輪↓ 映像は↓のch1から4よりどうぞ。 http://ginougorin.jp/ 浅井久仁臣 グラフィティ http://blog.asaikuniomi.com/ という有名な戦争ジャーナリストのブログ...
2010/12/27(月) 20:50:17 | 東京のばかやろーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。