独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほど、ふと思いついて検索した本がある。
何と言う事もない、昔々に読んだ本なのだが、忘れられない印象を抱いた本だ。

http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=24424

題名は「星の征服者」。
人類がトカゲ型の生命体と戦争を始めてから長い年月が経っていた。
劣勢にある人類は、様々な星を巡って援軍を集めようとする。
そのうちの一つの星の少年「アラン・ベーカーマン」も人類と共に戦う同盟星から派遣されて来た。
彼と主人公は、宇宙を冒険して、かつての人類が、今戦っているトカゲ型の種族と戦って敗れ、殖民星は分断されて歴史を忘れ、特に地球は文明を徹底的に破壊されて、氷河期に叩き込まれた事を知る。

最後の大決戦と、胸の熱くなる様なラスト。
素晴らしいメッセージ性を持った本でした。
でも、子供の頃に図書館で読んだ、当時でさえもボロボロの文学全集の一つでした。

もう、この本を手に取って読むことはないのでしょうか。
思えば、私が子供の頃に読んだ本は、血液が熱くなる様な感動を与えるような本が多かったと思います。

今の子供はそう言う意味では可哀想ですね。
楽しくて、芸も細かい本が多いのでしょうけど、それを差し引いても、人としての誇りを掻き立てられる様な美しい文学を読む機会が乏しいのですから。

私は思います。昔は、今よりも良い時代だったとは思いませんが、世界中の国で誇り高い大人が、自分の心の中の誇りのままに、その熱い血潮を文字として書き綴り、それを新しく生まれて来た者達が憧れと共に読み耽り、心の翼を広げて行く連鎖があったと思います。

今の世界は良くも悪くも温度が下がってます。
私はそれを不幸だと思います。アメリカンですら、格好良い事をCOOLと言う世の中です。
人はこの数十年で変わってしまったのでしょうね。そう思います。
このエントリーは思ったままの事を書き連ねただけです。なんて事無い文章ですので、読み飛ばしてやって下さい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング


ああ、この動画復活してるw
と言う訳で再掲載。いや、雑事だからww
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/08/21(土) 18:39 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/27(月) 21:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/818-802f3132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。