独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の新聞広告を見て思った事がある。
歴史通と言う雑誌で、薩英戦争が薩摩の勝ちだったと言う見出しを読んだ。
当たり前である・・・・。
軍艦でも武装商船でも良いが、少数の艦隊で日本ほどの軍事力、とりわけ廃藩置県前のとんでもない人数の氏族が居た藩を何とかできる奴がいたら教えて欲しいものだ。
ギリシア神話のイアソンやオデッセウスが乗り組んでいても無理だ。
今のイージス艦でも無理だろう。陶然の事を言うなと言いたい。

長州も外国の艦隊を打ち払っているが、こんなのは当たり前の事である。
随分後の第一次世界大戦でも、ダーダネルス海峡の要塞に攻撃を仕掛けたイギリス艦隊は、旧式とは言え、戦艦を何隻も撃沈されている。(比較として取り上げる対象として完全に適当とは思わないが、それ程的外れとも思わない。)
ガリポリの戦い - Wikipedia
当時の戦艦には垂直装甲が無かったが、あってもそれ程結果に変化は無かっただろう。
300mmの大口径砲を備え、舷側に強力な装甲を備え、大きな予備浮力を持った前ド級戦艦でもちょっとした砲台を相手にすればそんなもんなのである。当時はそう言う時代だったのだ。
しかし、教科書では薩摩も長州もイギリスの圧倒的な力で捻じ伏せられたと記述されている。

私は中学校の時に、社会の教師に対してこう言う質問をした事がある。

世界へのマドルスルー(1)眠りを覚ませた上喜撰は四杯ではなく七杯 - 戸並隆のSEは中流を目指せ!:ITpro

「先生、上喜撰って蒸気船の事ですよね?当時の川柳を詠んだ庶民は、蒸気機関の事をどんなものかわかってたんですか?」と。
良いですか?この風刺川柳は、「江戸の庶民が蒸気機関が何であるかを理解している事。幕府の誰かは明らかに蒸気機関による推進がメインの軍艦だと理解している事。」を意味しています。
帆の無い船を見ても、別に魔法だと思ってなかったんですよ。江戸の庶民は。
蒸気船の武装も、言って見れば改良で何とかなる時間の問題で日本人が手に入れるだろう武器でしか無かった。

理解できない程の格差があり、懸隔があるならば、それを見て恐れ、どうにもならないと諦める事でしょう。
けど、江戸のちょっとした風刺に興味を示す賢い層は、黒船なんてものは単に優れた技術であり、日本人にも理解のできる代物、時間の問題と言う考え方でした。

そんな代物に大慌てしている幕閣の肝っ玉の小ささを笑っているのがこの川柳です。
川柳の詠ったとおり。黒船来航から50年で日本人は巨大な戦艦「大和」と「武蔵」を建造します。
貴方の習っている歴史には、数々の大きな穴が沢山空いています。それが見えますか?
見えないなら、もっと批判的で理知的な視野を広げるべきです。そうしなければ、大切な事を見逃します。

こんな雑事についてではありますが、三輪のレッドアラートの読者たるもの、嘘に対する批判的な姿勢は必ず持っていていただきたいと私は願っているのです。ちょっとずつ賢くなって下さい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/?guid=on

テレビや新聞にだまされて馬鹿ばかしになってるようですから、民主主義なんてやめて選挙も国会もやめて政権は陛下に返して大臣は世襲でしたら安くつきますよ。政権政党の幹事長は日本を左右できるのに岩手の少数が択ぶのへんでしょ。それこそ国民投票でえらばんとへんよね。
2010/02/13(土) 04:19 | URL | 英雄 #emXmKJzE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/808-815bfc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。