独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`):「嫌消費」世代 経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち…週刊ダイヤモンド

この記事、読んだ途端に失笑してしまいました。
「欲しがりません勝つまでは」を無理やり、提灯記事を金で魂売った物書きに書かせて、それを世論として採用するつもりだろう。
結論は一つ、賃金は上げない。節約に慣れた日本国民に金をやっても無益。

まさにお手盛りの結論が採用される出来レースと言う事。
こう言う事を書く奴も書く奴だが、書かせる奴も書かせる奴だ。
「俺の儲けが極大なら、俺だけハッピー」 こんな輩の下で働くなんて不幸としか思えない。

後半に続く

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ネットゲリラ: 日本版サブプライムが来るぞ

この記事だけど、いまさら何を言ってるのだろうか?
アトラス総合事務所NEWS51 ●減価償却の改正 ●デフレとローン返済 ●消費税の納税

デフレとローン返済
★ デフレとは?
   
 現在のような経済状態を表現して、デフレ経済であるとよく言われます。デフレとは、デフレーションのことで、インフレ(インフレーション)の反対の意味になります。

 インフレとは物価がどんどん上がる状態を意味することはよくご存知だと思います。デフレは、それとは逆に、物価が下がっていく状態です。よく価格破壊だとか言われますがそれもデフレの一つの現れです。

 インフレで物価がどんどん上がっていくのでは、生活するのに家計が苦しくなっていきますから困ります。それでは、デフレは物価が下がるのですから結構じゃないかと思われます。しかしそううまくいきません。
★ デフレの悪循環
   
 今の経済状態を見ればわかりますが、物価が下がっても、物を買わないのです。個人消費の低迷が不況の大きな原因と言われます。どうして物を買わないのかというと、家計にお金がないからです。あるいはお金はあっても先行きの不安でお金を使わないようにしているからです。

失業率が過去最悪の4%を上回った現在、企業のリストラ、倒産でいつ収入の道が断たれるかわかりません。その一方消費税などの税金、健康保険、年金などの社会保険料の負担は、高齢化社会に向かって重くなります。また医療費や教育費、住宅ローンの負担があるとすれば、物価が下がっているといっても物をどんどん買おうという気にはとてもなれません。

 家計が物を買わなければ企業の業績が落ちて、リストラ、倒産となり、それでまた給料などの家計の収入が減るというまさに悪循環のうずの中にまきこまれれいくのがデフレなのです。


★ デフレ経済と借金
 
 インフレのときは物価が上がりますが、インフレが過度のものでない限り、企業の業績はよくなり、給料などもアップしますから、家計が持つお金は増えていきます。ですからインフレの時に借金をすれば、その返済の負担は軽くなっていくのです。
  
 住宅ローンのゆとり返済やステップ返済などは始めの何年間の返済額が低く、その後の返済額がアップするというものですが、これはかつてのインフレ傾向の高度経済成長時に給料のアップしていく時代に合った返済プランなのです。
  
現在のようなデフレ経済においてはこのような返済方法は将来的にかえって苦しいのものとなります。つまりインフレ時の借金は有利性がありますが、デフレ時の借金は不利なものとなるのです。


もう、今の時点で賃下げの影響は悲惨な程に現出している。
別に外国人の土地を取り上げても何の意味も無い。問題はそんなところには無い。
デフレである事、デフレを政府が食い止めようとしない事、財界がデフレを容認している事だろう。

前述のダイヤモンドの記事は、財界の明確な意思。「絶対に賃上げしない。自分達だけは損しない」と言う、下賎な決意を他人の口で代弁させたものでしかない。

なるほど、19世紀の欧州でデフレが頻発した時に、マルクスが革命について考えたのは道理であったと言う事だ。
この強欲なだけで、何の義務も果たそうとしない政商達の首を切り取って晒す。多くの人達はそう望んだのだろう。

何もしない小さな政府に対して、強欲なだけの資本主義者と呼ばれる権力と癒着した太った金持ち達。
そいつらを全部クリーンアップして、今後の見せしめの為にも大虐殺を行い、その死蔵する富をばら撒けば幸せがやって来る。
そんな幻想を皆が見た理由が少しだけ理解できる。

こいつらには説得は効果あるまい。
とりわけ、こいつらと癒着した政治家達には説得などできまい。

上が腐ってしまった時代とは、これほどの閉塞感を伴う、希望の無い世界なのだと、最近特にそう思うようになってきた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんなことは?
好景気のとき節約を身につける努力をし、不景気のときお金を使う。
お邪魔しました。
2010/01/10(日) 14:50 | URL | 寄道太郎 #Nj6XNvlA[ 編集]
>寄道太郎さん
本文を良く読んで下さい。

>今の経済状態を見ればわかりますが、物価が下がっても、物を買わないのです。個人消費の低迷が不況の大きな原因と言われます。どうして物を買わないのかというと、家計にお金がないからです。あるいはお金はあっても先行きの不安でお金を使わないようにしているからです。

最低限、日本語の文章くらいは読めるようになって下さい。
そうでないと、麻生マンガとか、鳩山宇宙人並になってしまいますよ。
2010/01/10(日) 17:47 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
嫌消費ではなく、消費者の目が厳しくなったというのが一番だと思う。
デフレが続いたせいか、値段がすぐに下がるというのに消費者は慣れている。
値段が下がるのが分かっているのに、すぐ手をだすひとはいない。
消費に慎重になるのは当然だと私は思います。

これってデフレの悪循環の一つですね失礼しました。
2010/01/12(火) 01:08 | URL | aba #SFo5/nok[ 編集]
あけましておめでとうございます
遅ればせながらあけましておめでとうございます。

自民党も終わっています。
http://www.youtube.com/watch?v=T8RzTMhsybs
↑の後半部分かもしれませんが、自民党の野田議員(男)が消費税をひたすら上げろとのたまいました。EU加盟の条件が15%以上だからそれ以上あげて当然だと。しかもこの大晦日に。保守政治家の改革が消費税アップとのたまうのが終わっていると思いました。西田議員はかろうじて法人税は下げるべきではないとは言ってはいいますが・・・。

なんかセンスの無さと絶望感が・・・。
2010/01/16(土) 23:42 | URL | chikkenndo #wLMIWoss[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/804-a5860fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
1能開大 2いわゆる民主党小沢一郎幹事長問題 3外交 peetv版 http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c4%b9%ba%ca%a1%a1%be%bc&k=201001/2010011400593 1能開大 職業能力大、廃止前提にせず=長妻厚労相が視察 職業能力大、廃止前提にせず=長妻厚労相が視察...
2010/01/30(土) 07:49:28 | 東京のばかやろーブログ
気候の変動が物凄く激しい。しんどい。 今回は色々書こうと思いましたが、敢えてこのテーマにしました。 SAPIOの感想も若干は含まれています。 1借地借家法のマスコミ報道 2借地借家法改正議論 3文化論(江戸時代落語) 1借地借家法改正議論 直接?...
2010/04/20(火) 07:08:01 | 東京のばかやろーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。