独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山元総務相、資金問題で党役職の辞表提出

 自民党の鳩山邦夫・元総務相は11日午前、党本部で大島幹事長と会談し、兄の鳩山首相と同様に実母から年1億8000万円の資金提供を受けていた問題の責任を取り、党の政治倫理審査会長、両院議員総会副会長、総務の三つの役職の辞表を提出した。

 大島氏は辞表を預かった。

 鳩山氏は会談後、記者団に「金のことでいささかなりとも不信感をもたれたとするならば、党にも迷惑がかかる」と語った。

 一方、後藤田正純財務金融部会長ら中堅・若手議員の有志は同日、西松建設違法献金事件で秘書が略式起訴された二階俊博選挙対策局長と鳩山氏に対し、党として進退にけじめをつけるよう、大島氏に申し入れた。
(2009年12月11日11時26分 読売新聞)


アルカイダの友達の友達である、元法務大臣の鳩山弟が党の役を退いた。
これで鳩山宇宙人兄は、普通普通の神経なら同様に進退について追い込まれる事になるだろうと思ったが・・・・。

鳩山首相献金問題:上申書、首相「虚偽記載知らず」 実母も提出へ「息子を応援」

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る偽装献金問題で、首相が東京地検特捜部に提出する上申書の概要が分かった。「政治資金収支報告書の虚偽記載についてはまったく知らなかったが、調査したところ虚偽と分かった」との内容となる見込み。また、首相に資金提供した実母(87)も「息子を応援しようと思ってやった。資金を何に使うか知らなかった」との内容の上申書を近く特捜部に提出する。

 関係者によると、首相の上申書には虚偽記載を知らなかったという内容のほか、「実母に迷惑をかけた」などと謝罪を盛り込むかどうかを検討中という。

 実母は上申書の中で資金提供の事実を認める一方、「何に使うかは知らなかった」と虚偽記載への関与については否定する方針だ。資金提供の動機については、周辺に「外から変な資金を受け取るぐらいなら、自分が応援した方がいいと思った」と話しており、こうした点も上申書で言及する可能性がある。

 2人の上申書は来週中には出そろう見込みで、特捜部は上申書の提出を受け、首相の聴取については見送る方針を既に固めている。

 一方、実母については▽高齢ではあるが健康面の不安はない▽虚偽記載の原資につながっている--ことなどから、聴取の必要性について引き続き検討しているとみられる。

 実母から首相への資金提供は08年までの5年間で計約9億円にのぼり、このうち約1億円は友政懇の政治資金に充てられ虚偽記載の原資になったことが判明している。

 虚偽記載をした会計事務担当の元公設第1秘書について特捜部は、政治資金規正法違反(虚偽記載)で在宅起訴する方針を固めている。


と言う事なので、鳩山首相はこの虚偽申告について連座責任が明確にあると確定した事になる。
知らなかったと言うのは免罪や免責に何の関係も無い。
現に違法行為は行われていたのであり、その事は確定的な事実なのだとすれば、首相の座に座り続ける事は間違っている。

ともあれ、とんでもない党首を神輿に据えたものである。ここまで出鱈目だと何の役に据えても駄目である。
また、これで首相の座に座り続けるのなら、この男は法律なんか何とも思っていないと言う証拠になる。
そんな首相は願い下げである。

即刻首相の地位には居られない旨の辞表を書くべきであるし、議員を辞職する用意も行うべきである。
それがケジメと言うものだろう。
秘書がやったと言う事でも、やはり任命責任はある。その事をもう少し理解した方が良い。

ここまで地位に恋々とするなど醜態でしかない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/18(金) 23:19 | | #[ 編集]
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10419779340.html

ここの記事によると鳩山さんは法的に監督責任があるようです。管理人さんはどう考えますか?
2009/12/27(日) 10:13 | URL | 4444 #SFo5/nok[ 編集]
監督責任と言うか、政治資金規正法違反で、既に罰金刑を受けたのですから、現時点で議員の資格は鳩山総理には無い筈です。(裁判所の判決が出ている訳ではありませんが、それでも明白に法律に違反する行為があった事は証明済みです。)

議員の特権は逮捕されない事であり、逮捕されなくても罪障の隠滅は追加の罪になります。

また、刑罰を受けてそれが免責されることはありえません。

そして、本件は本来的に脱税の罪にも問われるべき構成要因だと思います。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/souzoku6/szk6_3_9.htm

鳩山総理は、一部または全部を支払ったので実刑にはならないでしょう。
しかし、それは執行猶予がついただけで、刑罰を受ける事は間違いありません。

正直、これほど多額の脱税を指摘された総理大臣は過去に存在していません。桁外れです。

だから、私はこの件が発覚したすぐ後に鳩山総理は議員のバッチを外すべきだと書きました。
2009/12/27(日) 14:30 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
丁寧な解説ありがとうございます!
2009/12/30(水) 22:55 | URL | 4444 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/795-ba637075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。