独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植仲介業者が口利き依頼 加藤・元自民党幹事長に

 日中友好協会会長を務める加藤紘一・元自民党幹事長が、中国への渡航移植の仲介をしている男性業者から「中国の医師に日本の臓器移植技術を学ばせる機会を設けてほしい」と口利きを依頼され、日本移植学会幹部に協力を要請、研修を実現させていたことが6日、関係者の話で分かった。

 加藤氏はこの男性と約3年前から付き合いがあるが、移植仲介に関与しているかどうかは知らなかったとしている。

 中国の移植医療は死刑囚からの臓器摘出など倫理的な問題が指摘されており、現場の医師は患者を渡航させることを含め関与に極めて慎重な姿勢を取っている。臓器移植法は国の許可なく臓器のあっせん業をすることを禁じているが、男性は許可を得ていない。

 加藤氏は「日本の画期的な新技術を学びたいということなので引き受けた。(男性が)あっせん業をしていたとは信じられない。何かの間違いではないか」としており、本人から早急に事情を聴く意向を示している。

 加藤氏らによると、研修は今年1月、日本移植学会幹部の大学教授が講師役となり、中国中部の病院から移植医2人を迎え東京都内で実施。数日間にわたり滞在し、手術を見学するなどした。


県内2議員が臓器移植法改正呼び掛け政治・行政2009/05/17
 自民党・河野太郎氏(衆院15区)と民主党・浅尾慶一郎氏(参院神奈川選挙区)が十七日、JR横浜駅前で街頭演説を行い、今国会で臓器移植法の改正実現を呼び掛けた。

 河野氏は約七年前、父親の河野洋平衆院議長(17区)に生体肝移植を行ったことにも触れ、「救える命を救うためには、脳死の人から臓器を提供してもらうのが正しい筋道ではないか。臓器提供したくない人に強制することはない」と述べた。河野氏自身が提案者の一人になっている家族の同意があれば、年齢に関係なく臓器提供できる改正案への理解を求めた。

 浅尾氏も「小さな赤ちゃんが移植手術を受けるために米国などに渡るが、自分の国の子どもは自分の国で救える体制を作る必要がある」と強調。さらに、「与野党の枠組みを超え、世論の支持も得て、改正を実現したい」と語った。



死刑囚の95%は中国国内に集中している。村役場で銃殺の告知が掲示板に貼られている国。
役に立たない脳髄はダムダム弾(国際法で禁止されている銃弾)で破壊。残りの臓器は有効利用される国。

Red Fox 中国の死刑写真とBBC『南京大虐殺』の酷似
この光景は本日も繰り広げられています。
見事に脳髄だけを吹き飛ばしたこの写真。これが中国に支配された日本で繰り広げられる光景です。

日常的に繰り広げられる光景です。
こんな未来は必要ありません。中国となど友好関係を持つ理由は存在しません。
絶縁する理由なら一億でも存在します。

所詮、中国との友好を考える者など、中国から利益を得たい者であり、中国国内で繰り広げられる日常的な惨劇を見もしない人だけです。

こんな残虐な処刑など、日本では存在した事がない。首を打ち落としても、脳髄を破壊する等は日本人には考えも付かない。
ともかく気分が悪い。 このエントリーはこれで終わる。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBです
中国における臓器売買と臓器移植の実態
http://sun.ap.teacup.com/souun/2430.html
「社会の規律として強要される与死(よし)」の登場
http://sun.ap.teacup.com/souun/2405.html
2009/12/08(火) 20:14 | URL | 早雲 #BJf9Q81I[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/11(金) 23:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/792-5d1306fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
・総合(http://blog.with2.net) ・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/) 真偽の見極め の続きでもあります。 1韓日友好の崩壊 2年末年始特別番組 3公的職業訓練と景気対策  の順番でやります。  前段として、所謂平沼?...
2010/01/16(土) 21:32:45 | 東京のばかやろーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。