独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英雄とは何だろう? | 復活!三輪のレッドアラート!

個人主義 | 復活!三輪のレッドアラート!

人は弱い。本当に弱い。
多分、どんなに身体を鍛えても弱い。どんなに精神を鍛えても弱い。
何故かと言うと、弱い存在として作られているからだ・・・。それが”神様”の計画であり雪渓だからなんだろう。
人は哲学や思索を積み重ねると、必ず神様の事を考えてしまう。
何故だろう?それは自分の知らない事を知っている上位者に甘えたくなるからだと思う。
知れば知るほど知らない事の深みを思い知るのが人間だ。
神に付いて考えると言うのは、多分人間としての通過儀礼の一つなんだろう。

日本人の考える神は自然力への恐れ、ダイナミック過ぎる自分の力を超えた存在への恐れが根源だと思う。
自然力が自分の力を超えた存在だと認めた上で、その力に翻弄されない為の知恵を絞り、それとの付き合いを感じると言う経過を日本人は経て行くのだと思う。
それが日本人の価値観の根源であり、知恵なのだと。自然力を叩き潰す事でしか、そこに人間の存在価値を主張できない欧米の民族と日本人は明らかに違う。

略奪型畜産国家の末路 | 復活!三輪のレッドアラート!


多分、日本人は自分達の行いに対して悲しみを感じていたのだとおもう。
「人は自然を作れない。人が作れるものは人工のものだけ・・・・」
だから日本人には植林の文化が育ったのだと思う。
少しでも神様に近づく為のアプローチとして、神様が行って来た事を真似して、緑滴る世界を作り、その中で人が生きる事ができるようにと願いを込めて・・・。

日本人は弱いね!でも、そんな日本人に生まれて良かった。本気で私はそう思っている。
弱いから、だから手を取り合って協力し合い、自分以上の存在と認めた自然、神様のくれた贈り物と共存しようと思い続けた日本人に生まれて良かった。

強くて一人だけで生きていけると増長した存在に成り果ててしまうのではなく、弱くて自分ひとりで生きられない、誰かを必要として、社会の中で生きて行きたいと願う人に育って良かった。

本気でそう思っている。まあ、そんな事を人について考えていると思ったりするのだ。
戯言ではあるが、私がここ数日考えていた事とはそんな事なのだ。
大事な宝物は手放してはいけない。そして、この気持ちは大事な事なのだ。

そうこころの中で教えてくれる声がある。こんな神様なら居ても良い。居て欲しい。私はそう思う。

では、また次のエントリーで。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オ○ムのようなものは嫌ですけど
http://yuukinohan.exblog.jp/8845041
でも少し考えましたが、
勉強をしてもやればやるほど限界を感じるのです。やはり伝統とか宗教は必要になるのではないかと心の中で少し思っています。
2009/11/29(日) 10:28 | URL | chikkenndo #wLMIWoss[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/777-5f87b038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。