独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は実は戦前、戦中の日本をそれほどマトモな国だとは思っていない。
けど、バターンで死の行進が無かったのは確かだと思っている。
そして、731部隊の悪行も嘘だと思っている。
何しろ、731部隊を「水屋が油売っててどうする!水はどうした、水は!」と怒鳴りつけていた人を私は知っている。
生体実験して遊んでる暇なんか無かったらしいし、そもそも人体実験用の設備なんか内モンゴルに運び込んだ形跡すらない。
犠牲者を焼いて灰にした形跡も無いし、死体自体が出て来ない。

お医者さんが完全犯罪やれるほどに世故長けてたとも思えない。

けど、一つだけ確かな事がある。
アメリカ人が統計を取っていたのだが、ドイツ人の捕虜になった際の拘禁中の死亡率は1.2%だったそうだ。
彼等は本当に努力していたらしい。それなのに、ホロコーストの濡れ衣を着せられてるのだから悲しい事だ。
そして日本人の捕虜収容所内での捕虜の死亡率。実に20%を超えている。

これは真剣に反省すべき事だろう。あってはならない事だと思う。
自分達が死ぬのは軍人であり、戦う者だから仕方ないだろう。
しかし、捕虜は戦闘員ではない。そして捕虜を死なせる事は、誰が何と言おうと恥ずべき事だ。
(香港で病院に踊り込んで朝鮮人軍属が虐殺と強姦を行った事も言って見れば日本人の罪であるし、「戦場に掛ける橋」の劇中でも朝鮮人が連合国軍人を苛めたおしていたが、それを止めなかったのも日本人の罪かも知れない。あんな連中を日本人として扱った事がそもそもの間違いかも知れない。)

明治の軍人、とりわけ、海軍の軍人達は非常に順法的であった。
「坂の上の雲」でも、東郷平八郎がいかに国際法に通じていたかが淡々と述べられていたが、それと比べて昭和の軍人はかなり劣化していたと思われる。

もしかすると彼等は栄養失調で死んだのかも知れないし、牛蒡や蓮根を木の根と勘違いして食べなかった為に死んだのかも知れない。(事実、戦犯の何名かは牛蒡を食べさせて虐待として裁かれている。)
「日本国民だって困窮してたんだ!」と言うのは言い訳にならない。
結果として、日本人の捕虜になった連合国軍人は沢山死んでいる。その事それ自体が恥ずべき事だ。
その事を私は知っている。そして忘れない。
国を愛する事と、過去の罪を認める事は全く矛盾しない。
むしろ、恥ずべき事は、これらの事実を知らない事だと思う。

今回のエントリーはこれで終わる。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大雑把に括ると昭和の軍人達は卑劣であったと、今は思っています。

火の無い処に煙は発たず…
高尚な軍人などほんの一握りにも満たないのでは。

現代の我々の遺伝子に根ついてるのではと…

陰湿な村社会、パワハラ然り学生の虐め問題とか。傲慢な資本家。

歴史は繰り返すのですね。
2009/10/26(月) 13:33 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
>はやぶささん
ええ、それこそ既得権を手放すまいと、日本人を全て巻き込んで戦争やってしまった人達ですからね。
高潔な訳ないと思います。
それと傲慢な資本家については、戦後の国民が主役の政治主導の富国政策を快く思わない、近視眼的な選民主義者が揃ってるみたいです。

何しろ、自民党の担ぎ出したイノベーターってのが、あのホリエモンだったんですしね。
今の日本は、資本家が強過ぎて、国民の人権なんか屁とも思わない様に振舞ってた時代に回帰しようとしています。

その旗振り役が、お金欲しさで番犬と化した自民党だった訳です。
「俺達にもっとお金を!制度を改正して、俺達が独占的に設けられる世界を作って!国民をもっと騙して!」と言う要請に潰されてしまったのが、愚かな自民党だった。
国民の期待を全て裏切って、惨めな戦前に回帰を図ったのが自民党だったと言う事です。

負けて当然だし、負けてよかったとしか評価できません。
正気の右翼ならそう思って当然なんですが、どうやら私は極々少数派の異端者みたいですね(苦笑)
2009/10/26(月) 19:16 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
そう、太古から連綿と続く選民思想なんだと思います。                  だから、だから負けるべくして負けてよかったと、、、 でも、そこで学習しなきゃなんですが闘争に向かない民族なんでしょうね。笑                                                                    そこが、日本人の良さでもあるんですが、、、           
2009/10/26(月) 20:37 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
私はもう充分に自民党に対しての反対意見は述べた事だと思う。自民党の汚濁についてもキッチリと批判は行った。
だから、随分以前から述べていたとおりに、自民党支持に戻ろうと思う。
2009/10/27(火) 20:49 | URL | 取り消し? #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/28(水) 01:45 | | #[ 編集]
知りませんでした。大変勉強になりました。

ところで‘バターンの死の行進’については、山本七平氏が、この拷問のような行軍状況は、当時の日本軍としては普通のことだったが、外国人の目から見ると虐待になるというようなことを言っているようです。

捕虜の件も日本人自身が飢えていて、特に悪く扱ったと言う自覚がなかったのかもしれないですね。これが言い訳にならないと言われてしまうと、凡人としては高楊枝は難しいなぁ、というのが正直なところなんですが・・・

現代だと、
http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2009/10/200910275247489384.html
なんでしょうか?
日本人進歩がない?
2009/10/28(水) 12:00 | URL | 通りすがり-0 #-[ 編集]
明治は良くて昭和は悪い史観
捕虜虐待についての程度は判りませんが、国内での食糧事情から見てどれだけの事が出来たのか?戦地での捕虜の死亡は計算外の事で日本軍自体に捕虜は恥と言う観念を持たされていた事も影響しているでしょう。

日露戦争とは戦争の形態も異なる中で明治の軍人は偉い、昭和の軍人は駄目と断定してしまうのは、現在よく言われる「時代」を見ていまいと言う事ではないでしょうかね。

中国戦線の戦闘の端緒は当然ご存じでしょう。アジアに出ていく日本政府・軍部の進駐の目的も御存じでしょう。
日本軍の補給自体も日露とは異なり拡散された、軍部の過ちは経験のない処への対処・情報の欠如。

日本軍人は現在の政治家と異なり、終戦時に兵士を殺した事を恥じ、陸海軍を含めて将官34名・佐官74名が自決と言う日本人らしい責任を取っています。
現在生きている人間で責任を取る人間がどれほどいるでしょう?

みじめな戦前?も昭和12年から20年までの8年の耐乏生活が日本人には厳しかった。そして戦後の生活が全て日本軍隊が作り出した悪として進駐軍の洗脳にまみれた人達が受け継いできた歴史で有ったと思います。

当時の日本では優秀な人が士官学校・兵学校に進学した事実を見れば、現在の目線で過去の歴史及び人を評価・批判するのは適当では有りません。
2009/10/28(水) 17:17 | URL | #kU3g/2a6[ 編集]
>猪さん
「戦死者の死に場所を教えられなかった国」-戦争を語りつぐ証言ブログ
http://blog.canpan.info/shougen60/archive/108

ここで、日本は戦争をする資格のない国だと言う事を言ってた戦前の軍人がいた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E9%87%8E%E5%BB%A3%E5%BE%B3

これは日本を卑下した訳じゃなく、軽工業や絹だけを武器に世界中の市場を席巻して、雇用を奪い、世界中から憎まれていた日本が戦争をやっても誰も困らないって事を言ってた訳です。

http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-297.html

これが戦前の日本の有様です。戦争するしかなかったんですよ。愚かな戦争でした。
そして、勝てもしない戦争を戦い何百万人も殺され、価値観を何十年掛けて徹底的に破壊されてしまった。
私はその事を憤ってるんですがね。
それと、日本人が困ってるんだから捕虜も困れと言うんですか?
そんな甘ったれた事を言ってるから、ドイツ人は1.2%しか収容中に死なせなかったのに、日本人は何割も殺してしまったんですよ。
面倒さえも見れないなら釈放すれば良いんです。国際法でもそうなっている。
それをしなかったのは、間違いなく日本人が悪い。
私はそう言ってるだけです。私の言ってる事がどこか間違ってますかね?

>通りすがり-0さん
まあ、不幸な認識の差って事ですかね。
釈放してしまえば何の問題もなかったのに。
悪い意味での”もったいない”精神なんでしょうね。
一言で言って、貧乏性としか言えません。

けど、日本人は当時の世界ではダントツの囚人に優しい国でしたからね。
虐待に当たる事はしなかったと私は戦後の調査結果を見て確信しています。
けど、この事は様々な異論が生じる事柄だと思います。

>取り消し?さん
何しろ、自民党支持者の方々が私には是非自民党と敵対して欲しい様子で訪問して来ますからね。
ごみコメントは消すとして、自民党の敵対者を求める彼等の熱意には応えてあげたいと思うようになりました。

はい。
2009/10/31(土) 09:58 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
何人殺したのですか?
%では計り知れないでしょう?これが戦前の日本です?僅かの期間を持って戦前の日本と見るのは間違いでしょう。愚かな戦争?戦争は全て愚かな事です。国益が加わり国の威信を問われる結果で人間が居る限り、生きてる限り、国が有る限り、戦争は終わりません。
日清・日露以降の日本を連続した目で見ないと一時期だけを日本の戦前と考えるのは大きな間違いを犯します。

日露戦争も日中事変も承知の上で記事を書いて居られるのでしょうから、日英同盟の解除、アメリカの中国に対する援助、中国でのドイツの動き、それらを見て上の歴史を語るべき、甘ったれた事?日本人が困ってるときに外国人捕虜を大事にしないのが「甘ってれ」ですか?捕虜を国内で放置する?輸送方法も無いのに捕虜を釈放すれば当時の環境では殺されますよ。

昭和16年の空気も知らないで戦争が悪い、戦争に負けたから悪いと言われる。近代戦が停戦時期が関係ない戦争と日本は考えられなかった、アメリカは既に明治の日露戦争後の満州の権益の確保が出来ない時期から対日戦争を考えていたのです。
アメリカは日露戦争以前の状況まで領土を引く事、日本が受けなければ戦争回避はしない方針。避けたくてもさけられなかったでしょう。

戦争は避けられない、避けさせないと言うアメリカの当時の方針も知るべきでしょう。現代人敗戦後人間の眼で当時を見ると間違いを起こすと言ってるのです、人間は感情の動物です。歴史だけで当時の空気と戦争にまで国民を駆り立てた、新聞社の報道や、国民の気持ちまでは今の人間には知る事は出来ません。

戦争に反対して居た人もたくさんいました。ドイツの学者も本当の日本を知るには昭和5年までの日本史を読むことで知る事が出来ると考え、ドイツには昭和5年ごろまでの本を参考に日本の民主主義研究の材料にしているくらいです。議員内閣も正常に動いていたとしています。

戦後の本を読んで、学校で教わって事を土台に長いスパンで物事を見れない偏狭な史観では、大東亜戦争がどうして避けられないもので有ったか、又1960年頃の黒人運動に見られるような人種差別を乗り越え様いとした日本の努力も見えなくなるのです。
戦争が「悪」当然日清・日露で多くの戦死者を出した日本人は一番「戦争」の悲惨な事も知っていました。

学徒出陣が良い例です、アメリカでは戦争と同時に大学生が祖国の戦争の為に卒先して兵役につきましたが、日本では兵役逃避する人が、にわか大学生として逃避した人が多くいたが為、国民からの非難をかわす事が学徒出陣と言う「悲劇」らしき物語を作ったのも事実で有った事も知っておいて損は有りません。
2009/11/02(月) 12:11 | URL | #kU3g/2a6[ 編集]
>猪さん
君の為に新しいエントリーを建ててあげたよ。
これで問題解決だ。

頑張って、新しい祖国で国際法に縛られない自由な生き方を満喫して下さいね。
君みたいなのは、日本人としての最低限の資質を欠いていると思うから。お隣の国がお似合いだよ。
2009/11/02(月) 23:26 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
初めて投稿させていただきます。

バターンに関する記事を書いてらしたので、それに関する拙記事をトラックバックしようとしたのですが、通らないようなのでコメントした次第です。
以下、リンク↓貼らせてください。よろしくおねがいします。

・「同一の言葉で、その意味内容が逆転しているかもしれない」と気付くことの難しさ
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-229.html

・「石の雨と花の雨と」~石もて追われた日本軍/その現実を我々は直視しているか?~
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-145.html
2009/11/14(土) 13:15 | URL | 一知半解 #f2BEFQoE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/764-be5bd0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。