独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、1年以内に空母破壊兵器を実験か 米国防関係者が警戒 2009.6.12 19:07

 【ワシントン=山本秀也】米議会の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」で11日、中国が日本、台湾周辺の西太平洋に展開する米海軍の空母撃破を狙った新型兵器を開発中で、1年程度で実験段階に入る可能性があることが米防衛関係者の証言で明らかになった。同関係者はこうした中国の動きに対して警戒を呼びかけた。

 中国の新型兵器については、ポール・ジアラ元国防総省日本部長が証言。「向こう1年程度で洋上標的への実験段階を迎える」と分析した。

 米国防総省によると、中国が開発中とされる新型兵器は、洋上の大型艦船を標的にする「対艦弾道ミサイル」(ASBM)。移動式の中距離弾道ミサイル東風21型(DF21)がベースになっており、誘導性能を高めたものだという。射程は約1500キロ。台湾、沖縄周辺のほか、横須賀、佐世保など、在日米軍の港湾拠点を含む日本近海が射程に収まる。

 ASBMは、中国近海に米海軍の空母戦闘群が接近するのを妨げる戦略の柱と位置づけられる兵器で、さきに公表された米国防総省の年次報告書でも開発動向に懸念が示されていたが、開発がどの段階にあるのかなどはこれまで明らかにされていなかった。

 また、マイケル・マクデビット退役海軍少将は、西太平洋で米海軍の行動が中国に抑えられれば、「日本の孤立化を招く恐れがある。東京にとっては戦略的脅威だ」と指摘した。


??????
この報道訳わかりません。
つまり、停泊中の米国の航空母艦を狙う弾道弾と言う事ですか?
それって、普通の弾道弾とどう違うんでしょう?
普通に考えて、加害半径が大きくないと、ちょっと動かれただけで回避されてしまいますから、核弾頭搭載のミサイルと言う事になります。
たとえば、5t位の高性能爆薬を使ったとしても、わずかにずれただけで10万tの航空母艦には大損害を与えられませんから・・・・。
中距離弾道弾で、停泊中の空母を直撃できる代物なら、それはそれで凄いものですがね。
(横幅が最高で何十メートルかの空母を、何千キロ先から直撃できるなんて凄いですよ。天晴れです。)

米空母を核攻撃した場合、普通に考えて中国の沿岸部は全て原潜搭載の核ミサイルで粉砕される事になります。
また、停泊中の米空母を高性能爆薬搭載のミサイルで吹き飛ばしたとしても、それは普通に考えて奇襲攻撃になります。
原子炉搭載の航空母艦を日本国内で吹き飛ばしたら、日本だって流石に黙ってません。

どんなに親中的な国でも、中国を庇う事は不可能でしょう。使ったら最後って感じの武器ですね。

そう言えば、昔の中国では、どこにいるかわからない米国の空母を水爆攻撃でブラインドサーチして吹き飛ばす計画も策定してたって話ですね。
水爆以外の核兵器だと、空母を直撃しても当たり所が良ければ撃沈には至らないと言う事です。
メガトン級の核兵器でも、巨大な空母なら蒸発させたりはできないんです。

第二次世界大戦当時でも旧式だった戦艦長門が、ビキニ環礁での核実験で、至近距離で爆発した核爆弾ですぐには沈没せず、ダメージコントロール要員が居ない状態で数日間浮いていた事実を考えても、核兵器とは意外なまでに、堅牢な防護を行った軍艦を撃沈する能力が低いのがわかります。

それに加えて、SM-3とかの弾道弾撃墜用のミサイル、弾道弾捕捉用のレーダーを備えたイージス艦が空母打撃部隊を護衛しているのです。
あてずっぽうに撃って、万一そこに空母が運よく居たとしても、戦果なんて挙がらないでしょうね。
アメリカでは何をそんなに心配してるのやら・・・。

というか、やはり親中ロビーの暗躍で、日本から第七艦隊を撤退させる算段が進んでると言う事なのかな?
この程度の下らない分析しか、本職の軍事関係者ができない訳が無いのだし。
適当な言い訳をして、日本を見捨てるつもりなのかな?アメリカさんは・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/747-edbb9a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。