独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うん?妙に高尚な題材だと思う訳?
大丈夫。TVドラマ中心のゆるーいエントリーだから。

後半に行きましょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
先日来、ユニバーサルが社運を賭けて作成したと言われる「battlestar galactica」を見ている。

日本でも30年ほど前に「宇宙空母ギャラクチカ」と言う題名でTV放送された作品のリメイクである。
この作品の凄さは、人間によって作られたロボットが魂を持ち、人間を殲滅しはじめたと言うオープニングからの大虐殺でも、繰り広げられる壮大な戦闘でもなく、全般を貫く人間ドラマでもない。

サイロンが常から口にする「神の願い」と言う言葉。
サイロンは人を騙すし、人をなじるし、人に対して皮肉を言う。人を平気で殺す。
そして、何より大事な事は実は人を本気で愛する事を知っている事。

サイロンのスパイ達は、本当に人間と見分けがつかない。ある意味人間以上に人間らしい。
アダマが初見で人間型サイロンの正体を見抜いた事は、ある意味驚きと言える。
(ああ、それとNO6役の女優さん、マジであれは凄すぎる別嬪さんです。あれなら私でも騙されたいwww)

まだ、人間型サイロンの正体がばれていない時のアダマ指令とサイロンの会話。
サイロンの一人は言う。
「人は本質的に邪悪で、人同士で簡単に殺し合い、奪い合う。そんな人間の姿を見た神は、本来魂の無い存在に魂を与えたのではないか?」
「人間は子孫に対して罪の清算を先送りしている。その積もり積もった負債を、いつか子孫が全て受ける事になるのではないか?」
アダマは答える。
「サイロンに魂など無いさ。」
サイロンは顔を歪めて苦笑いする。

人の魂はどこから来るの?物体に命を与えたら、その物体は自動的に魂を持つの?
人は何故何かを美しいと思うの?美しいと思う事で物体に何か利益があるの?

私は前々から思っていた。美と言う感覚が何故人間にあるのか?
多分、犬や猫やイルカにもあると思う。
多分、もっと下等な生物にも美の観念はあると思う。
魚は人間が美しいと思う色彩の同族と好んで生殖を行う。
魚が美を理解しているからと考えれば、辻褄が合う。それ以外の解釈では辻褄は合わないだろう。

この作品の恐ろしさは、サイロンが人間との完全な共存を実は望んでいる事。
それなのに、数十億の人類を5万人にまで減らし、ボロボロの戦闘艦一隻を頼みに逃げ回る人類を更に宇宙の果てまで追跡して来る。
「あいつらを放置しているといつか復讐にやって来る」と言う意見もあるが、それよりも更に大きな比重を占めているのが「神の計画」と言われる、サイロンが確信しつくしている「人類矯正指針」。

サイロンとは、キリスト教やユダヤ教に出て来る「刈り取る者」=「天使」=「死神」そのものの姿なのである。(刈り取る者はreaperと書く。)

天国はからし種

日本のキリスト教徒は、こう言うのは盛大に論じるが、終末に関連する部分については論じない。
20-7-08 ・ 年間第十六主日 | La Stella del Mattino

イエスはお答えになった。「良い種を蒔く者は人の子、畑は世界、良い種は御国の子ら、毒麦は悪い者の子らである。毒麦を蒔いた敵は悪魔、刈り入れは世の終わりのことで、刈り入れる者は天使たちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終わりにもそうなるのだ。人の子は天使たちを遣わし、つまずきとなるものすべてと不法を行う者どもを自分の国から集めさせ、燃え盛る炉の中に投げ込ませるのである。彼らは、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。そのとき、正しい人々はその父の国で太陽のように輝く。耳のある者は聞きなさい。」


人と同じ心を持ち、時に自分が人であるとすら思い込み、人の味方となり、人の勇気に感動し、人の犠牲に涙しながら・・・・人の罪を峻厳に裁く存在。
その背後に居る・・・と思われる「神」。
本来ありえない筈の魂を獲得してしまったサイロンが、考えに考えた末に到達した結論。

battlestar galacticaを貫く軸はそこにあります。一度皆様もご覧になってはと思いますが・・・。
アメリカのTVドラマですから、日本みたいに一年で終わり!とか言う手軽さではありません。
ある程度覚悟してみていくべきですね。なにしろ、オープニングだけでも3時間ビッチリありますので。

それとは打って変わって、今度は日本人の考える神様の話。あるいは、神様に近い存在の話。
最近妙に見てしまう動画・・・・ | 復活!三輪のレッドアラート!

これに関連して、笑える発言が中国、しかも国家主席から噴出しています。

中国で“ウルトラマンたたき”温首相発言が火付け役に 2009.4.7 18:53

 中国の温家宝首相が先月末、湖北省武漢のアニメ制作会社を視察した際、「私の孫が見るテレビ番組は『ウルトラマン』ばかり。もっと中国のアニメを見るべきだ」と発言したことをきっかけに、ネット上で“ウルトラマンたたき”が広がっている。

 中国紙、広州日報(電子版)などが7日までに伝えた。

 温首相の発言は「国産アニメ産業育成」が真意とみられるが、ネット上では「ウルトラマンの暴力は戦時中の日本人のようだ」などと曲解されたウルトラマン批判が相次いでいる。
 実際は中国で制作されたアニメの完成度は高くなく、人気が低いことも事実。「ウルトラマンを打ちのめす面白い国産番組を放送して」といった“前向き”発言もあった。(上海 河崎真澄)


「ウルトラマンの暴力は戦時中の日本人のようだ」
これって、つまり中国人が邪悪な宇宙人やら、無意味に暴力をふるう怪獣と同じレベルの人類への災難であり、それを何とかしようとする日本人は許せないと言う事なんでしょうかね?
いや、とってもわかりやすくて笑ってしまいますね!www

中国人達、自分の正体に実は気付いてるんじゃない?www

お前等、いつか正しい外国人がやってきて、他の民族に対して行ってきた非道を清算しようとする。
それを実は恐れてるんだろう?ええ?ww

私がウルトラマン、とりわけても最新作のメビウスを素晴らしいと思うことには理由があります。
メビウスは、かつてのウルトラセブンやウルトラマンレオと同じく、最初から宇宙人が人間の姿に化けています。
他のウルトラマンの多くが、自分のミスで死んでしまった、他人を助けようとして力尽きた勇敢な心を持った人間と融合して命を支えようとしている設定とは大きく違います。
人間との融合ウルトラマンが、多くの場合人間の意志が強く働いて、ウルトラマンの意識を圧倒しているのとは対照的に、かなり非常識な部分はあります。

ウルトラセブンが、登場した際にかなり奇妙で挑発的な行動をしでかす危険人物だったのと同じく、メビウスもかなり非常識です。(ウルトラセブンの場合、常識や自制心を身につけましたが、メビウスは最初から最後まで無茶苦茶なままでした)

メビウスの恐ろしい所は、感激したり怒ったりすると簡単に我を忘れてしまう事で。
すぐ泣くし、感動するとすぐに興奮して言ってはいけない事を口にするし、途中では自分自身からその正体をばらしてしまう事すらしでかす。

メビウスの凄い所は、人間の想い、人間との思い出を本当に大事にする事。
身長が50mもあって、信じられない位の強さを備えた存在が、自分と比較して比べ物にならない弱さの人間との友情を求めて止まない事。
これは凄いと思う。私には絶対にメビウスと同じ心の広さは無い。

最終回のメビウス最後の変身も凄かった。
ガイズクルーの全員が心をあわせ、最後の戦いに行こうと全員で手を握り合っている所に、はにかむ様な笑顔で現れる人間の姿のメビウス。
ガイズクルーの握手に最後に手を添えて、全員でメビウスの変身ポーズを取り、溢れ出す光の洪水と燃え上がる友情の炎の中から、不死鳥の勇者の姿で顕現する巨人。

これが日本人のイメージする神の姿なんだなとね・・・・。
ウルトラマンティガもそうだったけど、メビウスの場合は感動の度合いが違いすぎたわ・・・。

神、あるいは神に近い強い存在が人を愛してくれるなら、それに応えて人は最後まで諦めずに頑張らなければならない。
理不尽な暴力に対する為に強くなるのは悪い事ではない。
しかし、愛を忘れ、自分を愛してくれる人に応えられない事はあってはならない。
小さなもの、儚いものに対して心を砕く事を忘れてはならない。
自分がそうして貰った事を、他人にできない人になってはならない。

メビウス劇場版第一作で、ウルトラマンであるハヤタがメビウスであるミライにこう言っていた。
「ウルトラマンは神ではない。全てを救う事はできないし、失うものもたくさんある。」

諦めない事、絶対に心を折らない事。勝利を信じて、圧倒的な力に対しても屈しない事。
多分、日本人の心の中にはキリスト教徒やユダヤ教徒の様な神は居ない。

微笑を繋ぐ世界。仲間を信じていたい。

メビウスの主題歌の一節であるが、これが日本人の心象風景なのだろう。
日本人にとって、大それた何かは必要ないのである。特に罪の意識とかは・・・・。

頑張れば報われる世界、現世を楽園に変える事ができると言う希望。
次の世代に残すべきは、日本人としての価値観の継承で事足りると思う。

日本人は、日本人の信じてきた価値観をこの数十年で徹底的に毀損されて来た。
癒しが必要なのだ、今の日本には。

アメリカに必要なのは・・・なんだろう?今までの罪を償う事なのだろうか?

さて、中国や韓国に必要なのは?
日本と言う高信頼の社会、高度に人を愛する事を訴えられる平和な社会を、他の国では実現できなかった。
歴史はそれを教えている。文化はそれを語っている。

中国人や韓国人は、日本人を糞味噌にけなし、過去の罪を償えと言う。
その罪の大半は捏造であり、彼等自身が自分達の罪を裁かれる事を恐れていると教えてくれる。
その様な社会では、その様な文化的な地盤では日本人と同じメッセージを発信する事は不可能だろう。

我々が目指すべきは、こう言うメッセージを子孫に対して継承する事である。
善と美に感動できる余裕を継承する事である。私はそう思っている。

では、このエントリーはこれで終わります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです、お元気ですか?
最近の遺伝子研究によると数万年間に渉って日本列島に渡来した人々の子孫がさほど絶えることなく現在の日本人として存在しているようです。人種としてはモンゴロイドとコーカソイドの分離以前のタイプまで結構な比率で「日本人」に含まれています。
「多様性」の「共生」が日本の特徴なんですね。
大陸や半島では人々は入れ替わってしまっています。
2009/06/14(日) 17:03 | URL | 早雲 #BJf9Q81I[ 編集]
お久しぶりです、早雲様。
大陸や半島と言うだけではなく、文明の担い手民族そのものが入れ替わっている場合もありますね。

エジプトは文明を作った民族と、現在住んでいる民族に何の共通性もありません。
現在のエジプト人は、エジプト文明を作った民族ではありませんからね。
多分、ローマやギリシアの人達も、現在住んでいる民族とは違う人達が以前の文明を建設したのでしょうね。
ガリア人も同じです。ガリア戦記で書かれている民族の特徴と全く今では共通性が無い。

そう言う意味では、日本人は文明を作り、民族も維持しました。
そう言う継承性こそが日本文明の偉大さなのでしょうね。
2009/06/14(日) 17:27 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/746-c38a8da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。