独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「現役の50%台」、何とか維持=今後100年間の年金給付水準-社保審部会

 社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)年金部会は23日、5年に1度実施する公的年金の財政検証の結果をまとめた。現役世代の平均手取り収入に対する厚生年金の給付水準(所得代替率)について、今後おおよそ100年にわたり、政府が最低限保証するとしている50%台を何とか維持できると試算した。
 検証では、将来の公的年金に関する財政状況の見通しを経済成長率、出生率などの組み合わせから9パターン作成。
 このうち、合計特殊出生率1.26、賃金上昇率2.5%、年金積立金の運用利回り4.1%とする最も可能性の高い「基本ケース」で、給付水準が政府の約束する下限の50%を辛うじて上回る50.1%を確保できるとの試算を示した。(2009/02/23-18:19)


もう、この時点で年金破綻は約束された様なものと言う事です。

今現在、何が日本で問題になってるんですか?賃金デフレでしょう???

政治家は何も見ていないと言う事です。

痛いニュース(ノ∀`):篠原涼子主演「ハケンの品格2」が制作中止に

まだしもマスコミの方が空気を読む事ができているみたいですね。

次期総理wの与謝野氏は、公務員の給与を民間並みに下げると言っています。
これで見事に年金破綻は完成です。国家非常事態宣言を戦争でもないのに行う。
そんな日本政府を世界も見限るでしょう。どう考えても異常な精神の政策集団ですからね。

結局は自民党とはこう言う事をする集団でしかなかったと言う事です。
わかっているでしょうけど、公務員の給料を下げたら、民間は「公務員でさえ給料を下げられたんだ!」と言う理屈で給料を更に下げるでしょうから。
しばらくは公務員叩きが成功して溜飲を下げていたB層も、我が身に降りかかって来る災難をすぐに自覚する事でしょう。

何より、安心がこの国には無い。そう言う認識が国民の末端まで浸透した後がどうなるか。
誰も守らない、何も守らない国がどんな信頼を受けるのか。政治業者にはそこらがわからないみたいです。

2009年景気はどうなる? V字回復にいちるの望み

内需回復無くしては日本の再生もありえない。外需頼りの経済政策が日本を駄目にしたのだ。


ダボス会議における麻生総理大臣特別講演「私の処方箋 ~世界経済復活に向けて~」

(グローバル・インバランスの是正と内需拡大)
 次に、グローバル・インバランスの是正です。実体経済が大きく痛んできています。世界経済を再び安定的な成長軌道にのせるには、米国における過度の消費と、各国、なかんずく黒字国の不十分な内需に起因する世界的不均衡を是正しなければなりません。外需依存からは、脱却すべきです。なお、この1年半の間、主要通貨の中で、円は最も増価しました。各国は、それぞれの状況に応じて内需を拡大し、自律的な成長を達成する必要があります。私は、世界第2位の日本経済が活力を取り戻すことが、何よりも日本の責務と心得ます。

(日本の経済対策)
 そのため、私は事業規模で約75兆円(8,400億ドル相当)の景気対策を決断しました。財政措置だけで約12兆円(1,350億ドル相当)、日本のGDPの約2%に相当します。金利をゼロ近くまで下げても民間資金が設備投資に向かわない状態では、政府の財政出動が必要です。これは我々が 1990年代のアジアの通貨危機から学んだものです。異常な事態には異例な対応をもって当たる。日本の90年代の経験です。


まあ、12兆円程度ではあまりに少ない経済対策ではあると思うけどね・・・。
何にしろ、こう言う事を言って無事で済むのかな?と思ってたら、案の定麻生太郎は後ろから刺されたw

まあ、弱い総理なんてこんなもんだろうが、あまりに悲惨ではあるな。特に後任が与謝野と来ては・・・・。
この国はどうなるんだろうか?怨恨を利用しようとする財政均衡原理主義者に殺されて終わりなんだろうか?

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自由化するときに、物価だけ国際化してるからこんな数字になっておるようですよ!賃金も国際化をしなければならなかったのです。
賃金の算定を消費者物価指数から生産者物価指数に切り替えなければならなかったのです。
消費者物価指数での算定は上げすぎなのです。
賃金デフレは賃金を国際化しろといゆうことですね!
2009/02/24(火) 06:34 | URL | 仙台のくまさんです #ChhP9feo[ 編集]
年金危機説=増税=年次改革要望書
gooleで「紺谷典子 年金」で検索してみると……。
1位:http://members.jcom.home.ne.jp/u333/ithink031227intikihyouronnkaganenkinhakuroji.htm
この人年金が賦課方式ではなく積立方式だと言い張って曰く「紺谷はインチキ評論家」。
問題なのは賦課方式であるにも関わらず政府発表でも140兆円の積立金がある上、
さらに80兆円の積立金を無視して年金危機を捏造して増税しようとしている点なんだが。
2位:http://www.jca.apc.org/wsf_support/messages/2084.html
共済年金積立金50兆円と厚生年金企業代行分30超円はどこに行く?
この人の主張では政府の利権の温床になるとのことだが、
共済が郵政の次の「要望書」ターゲットだということを我々は知っている。
3位:http://www.jlp.net/news/060101b.html
左翼政党日本労働党のサイトだが、反ネオリベ系の保守派文化人の紺谷や松原隆一郎のインタビューもあるようだ。
>保険料の引き上げ、医療の事故負担増、年金の支給年齢の引き上げ、給付の引き下げ、年金課税の強化
この果てにあるのは捏造された安定財源論の末の郵政・共済の外資ブン捕りにほかならない。
郵政が国債買い支えを担ってきた以上、民営化は即、増税だ。
http://comrade.at.webry.info/200508/article_32.html
左翼ブロガーが国会答弁を引用。
2009/02/27(金) 23:25 | URL | H.A. #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/17(金) 20:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/740-ae2a079f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。