独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本海の名称は植民地時代の産物」

盧武鉉大統領(AP)

 【ソウル=黒田勝弘】韓国の盧武鉉大統領は25日、年頭記者会見で日韓関係に触れ、先に安倍晋三首相との首脳会談の際に日本海の名称を「平和の海」にしてはどうかと“提案”した背景を説明し「日本海の名称が勢いを得たのは植民地支配時代のせいだ」と述べた。

 これは「日本海」の名称の由来を日本の朝鮮半島(韓国)支配に結び付けて否定しようとするものだが、日本海の名称は日本の朝鮮半島支配とは直接関係なく、まず国際社会で定着したという歴史的経緯を無視する新たな“歴史曲解”として関心を集めている。

 日本海の名称について韓国側は近年、国際社会に対し自国の名称である「東海」への変更や日本海との併記を主張し、官民挙げて活発に動いている。
 盧大統領は昨年11月、ハノイAPEC首脳会議の際、安倍首相との会談の席で「平和の海」などと呼んではどうかと第三の名称を話題にし、問題になっていた。

 盧大統領は「平和の海」案は思い付きではなく「長い間考えた末のものだ」とし「“東海”案の放棄ではないか」とする国内世論の反発に対しては「こうして解決策を模索するのが外交だ」と述べた。
 しかし、日韓が対立する竹島(韓国名・独島)領有権問題ではこれまで日本非難一辺倒で、解決のための“模索案”を語ったことはない。

 また盧大統領は会見で「歴史問題や靖国神社参拝問題は日本に誠意があればいくらでも解決の道はある」とし「なぜ日本だけが特別待遇を受けようとするのか、なぜ過去問題を特別に黙殺するのか」と日本を非難した。

 しかし首脳会談復活に伴う次の日本訪問については「条件を付けるつもりはない。ただ靖国問題は重い問題であり、安倍首相が参拝を自制してくれることを望んでいる」と述べた。

 さらに北朝鮮問題をめぐる6カ国協議で、日本人拉致問題を扱うことに対しては「当事国すべてが望んでいない」と反対し、あくまで核問題を優先すべきとの立場をあらためて明らかにした。

******

・・・・。ほぼ絶句。
政府首脳が反日プロパガンダを鵜呑みにして、本気で他国である日本に対して屈辱的な譲歩を求め続けてくる姿勢には辟易する。

>歴史問題や靖国神社参拝問題は日本に誠意があればいくらでも解決の道はある

日本には誠意は溢れる程にあるが、不当な歴史曲解に対しては、正義に照らして否定するしかないのが実情だ。

>なぜ日本だけが特別待遇を受けようとするのか、なぜ過去問題を特別に黙殺するのか

なぜ日本だけが特別に虐待されるのか、なぜ歴史問題と名付けた強請りタカリに屈せよと言われるのか。

不当な要求には主権を持った国家、人権を持った国民は屈する事ができない。
それだけの単純な理屈を永遠に理解できない。それが韓国人の宿阿なのだろう。

相手にする理由は無い。甘ったれた糞餓鬼には蹴りを入れて教育するのが正しいのだ・・・。

しかし、これは凄いな・・・。
>北朝鮮問題をめぐる6カ国協議で、日本人拉致問題を扱うことに対しては「当事国すべてが望んでいない」

そりゃそうだろう。6カ国の内、北朝鮮は言い訳のできない加害者の国なんだから。
この件で6カ国すべての望む結末などありえない。
それを誤魔化すのは、盧武鉉が北の真性なスパイだからだ。

それ以外の結論はありえない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「平和の海」発言:沈黙守る日本の意図は?

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日の記者会見で、「(昨年11月の韓日首脳会談で、東海〈日本海〉を“平和の海”と呼ぼうと提案したのは)公式の外交チャンネルで提案するのは適切でないため、両国首脳だけで向かい合った場でプラスアルファとして提案した。
 “平和の海”提案は急に思いついたものではなく、長い苦心の末に切り出すことを決断した。
 それが両国にとって公平な解決策ではないだろうか」と述べ、“平和の海”提案は相当な重みのある提案であったことを明らかにした。

 「青瓦台(大統領府)ブリーフィング」(青瓦台の広報用インターネットサイト)はこの事実がマスコミに公開された8日、「(“平和の海”提案は)首脳間の非公開会談で、相手方に例え話として提示しただけに過ぎず、(韓国のマスコミが)“電撃提案”と誇張し、波紋が広がっていると批判しているのを見ると、実に開いた口がふさがらない」とマスコミの報道姿勢を批判した。

 しかし、今回の盧大統領の発言により、青瓦台側の釈明の方が完全に間違っていたことが明らかになった。

 盧大統領はこの日、「(皆さんも)真剣に悩んでくれるよう望む」とまで述べた。これにより、1990年代から推進してきた政府の「東海表記」推進への動きは、国際社会でこれ以上説得力を維持することが難しくなった。

 これに対し、国際法学者の金燦奎(キム・チャンギュ)慶煕大名誉教授は「東海の名称問題は、硬直した関係の打破を狙った外交上の方便として利用すべきではない問題だ。今後、東海の名称問題に関し、韓国側の立場は弱まるほかないだろう」と批判した。

 一方、提案を受けた日本側は、「その場で拒否した」という報道以外には一切の公式の反応を見せていない。
 この沈黙について、日本政府に精通する外交消息筋は「“日本海”の主張を放棄することはないという意志の表れではないか」との見方を示した。

******

>一方、提案を受けた日本側は、「その場で拒否した」という報道以外には一切の公式の反応を見せていない。

そもそもここから間違っている。
安倍晋三は「その場で拒否した」のではない、こう言ったのだ。

「考慮しない」と・・・・

考慮さえしない事項に、その後何等かの反応が返ってくる道理は無い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
三輪様。こんばんは。

絶句‥‥というか、巷で言われている朝鮮人の幅の無さと民度の低さにあきれますね。付き合う必要はゼロですね。

あの地域の人と人の間の歴史は相当酷いのでしょうね。同じ民族でも本当に結束し、信じられた時代などあの地域では無かったのかなと思います。先日の社民のオバさんもですが、あの地域にあこがれる人間も含めてですが。

基本的に、自分以外の人間は全く信用せずに育つのでしょうね。

脱亜論もあの時代、色々見てきて、“もうイヤだ、こんな民族”と思いながら書かれたのでしょうか?

そろそろ第2の脱亜論で引っ張っていく指導者が出ても良い頃だと思うのですが。

でもこれからは“指導者”という代表がどうのではなく、日本人全員が脱亜論を語り出すような気がしてきました。

そう願いたいです。
2007/01/26(金) 22:38 | URL | aeug #ApulswO2[ 編集]
>aeug様
民度と言うレベルではありません。
普通、民とは人間の事ですので。
2007/01/28(日) 02:06 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/74-46933854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。