独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・スコット監督『ブレードランナー』以来のSF映画 26年来の念願「終りなき戦い」 2008/10/14

 リドリー・スコット監督が『エイリアン』と『ブレードランナー』以来、26年ぶりにSF映画に挑む。フォックス2000が権利を獲得した、1974年のジョー・ホールドマンのSF小説「終りなき戦い」のメガホンをとる予定だ。

 スコット監督は、前記2作のあとすぐに「終りなき戦い」の映画化に着手する予定だったが、当時は映画化権が獲得できなかった。作品については、「古くなるどころか、より今の時代に合っている内容だと思う。古代ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」と『ブレードランナー』を足して2で割ったようなSF作品で、輝かしくも混とんとした世界を描いている」とコメント。宇宙の果てで敵と数カ月間戦っていた兵士が地球に戻ってみると、20年の月日が流れており、見知らぬ土地となってしまったという物語だ。

 「終りなき戦い」は、小説が出版された直後に、特撮の大御所リチャード・エドランドが個人的に40万ドルを出して映画化権を獲得。エドランドは『レイダース 失われた聖櫃<アーク>』での視覚効果賞など2度のオスカーを受賞しているが、この作品で監督デビューするはずだった。


とうとう来た!この日がやって来た!
三輪さん一押しのSF小説「終わり無き戦い」が遂に映画化!!!! 
ギャース!絶対見るぞ!

ところで「終わり無き戦い」ってどんな小説・・・と思う向きも多いでしょう。
はっきり言って、何千年も続いたベトナム戦争が人類をいかに変質させてしまうかと言う事を描いた小説です。
縮潰星を使う超光速航法に依存した両軍の戦争は、恐るべき年月に亘るのです・・・。

20世紀から30世紀の間に、人類はいかに変化したのか。そして、変わらなかったものは何か。
ジョー・ホールドマン氏の古典的傑作であり、氏自身も自覚しておられるのでしょうが、生涯これ以上の作品は書けないだろうとさえ思えるSF小説の金字塔です。

皆様にも一読をお勧めします。
けど、映画については過大な期待を抱かない様にしましょう。
同じ早川SF文庫の「宇宙の戦士」が一体映画化されてどんな恐ろしい代物になったのかは、知る人ぞ知る既定の事実でもありますしwww
(後で後半に銀河英雄伝説とクラッシック関係の記事をアップします。)
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて、私がプロフィールのアイコンとして使っている画像、これは「銀河英雄伝説」の登場人物であるウランフ提督である。

はっきり言ってチョイ役w
アムリッツア星域会戦と言う、銀河帝国軍と自由惑星同盟軍の前哨戦で戦死してしまう勇敢な提督だったりする。

私は実は銀河英雄伝説と言う小説も、田中芳樹と言う作者も全く評価していない。
むしろ、田中芳樹の反日については著しく憤慨している位である。

銀河英雄伝説についても、銀河帝国での愛国心や、個人に対する忠誠心は称揚するが、自由惑星同盟に対する愛国心や、個人に対する忠誠心は全否定に近い位否定している。

もう、作品それ自体がダブルスタンダードの嵐で、しかもご都合主義でありえないほどの名将を銀河帝国軍には与え、自由惑星同盟についてはアムリッツア星域会戦でまともな将帥は皆殺しにしてしまうと言う徹底的なえこ贔屓を平気で行ってしまうのが田中芳樹と言う男の歪さ。

その後はヤン提督のみが敵をバンバンぶっ倒して大活躍、他の提督はやられ役か脇役。
見事としか言い様が無い。

ん?何故そんな作品の登場人物をアイコンに使うんだ?そう思ってる人は居ますか?

実はね、銀河英雄伝説のアニメーションのキャラデザインの人が好きなんですよ。
何でも、田中芳樹に対して「私は貴方の作品は嫌いだし、銀河英雄伝説も糞だと思ってる。けど、仕事だからな。キッチリと働くよ。」と言い放ったのだそうだwwww

大笑いwww

痛快だね!!その後の田中芳樹は”自分の作品を好きなイラストレーター”しか使わなくなったらしい。
その結果が、自転地球儀シリーズの挿絵に繫がる。中学生レベルのイラストレーターを使う破目になってしまったと言う事。

そして理由がもう一つ。この銀河英雄伝説のアニメであるが、戦闘のBGMにクラッシックを使っている。
ウランフ提督が戦死する際のBGMはドヴォルザークのfrom the new world(新世界より)である。

格好良いぜ、ウランフ提督!旗艦の名前が「盤古」ってのもポイント高い!

もう一人の同盟軍の名将であるビュコック提督が戦死する戦いのBGMもいける!
なんとチャイコフスキーの第四である!!

餞の曲、偉大な餞の曲を頂いている訳だ。
いいもんだね、田中芳樹が云々、銀河英雄伝説がどうこうではない。
私はクラッシックが好きなのだよw

ちなみに、私の外見はウランフ提督とはちょっと違う。
今日、とある人に言われたのだが、”危ないタイ人のボクサー”に見えるそうだ・・・・。

どんな喩えなんだ?www
ま、ともかくこう言う訳わからない経過で、私は銀河英雄伝説のアイコンを使っている。

最近は憂国武士団も当サイトに来ないし、とっても平和なブログになったものだ。
いいもんだね、平和って♪

さて、ちょっとだけ予告。
明日は更新をオヤスミしますが、明後日にまた更新を行います。
こんな感じで。では明後日に会いましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アイコンの件はそういうことだったんですね。遠回しに皮肉が利いていて三輪さんらしいです。
個人的には謎の工作員が好きだったんですが(笑)
2008/10/15(水) 22:36 | URL | たんたん #3U5AOJtk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/694-025da9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。