独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


橋下知事に800万賠償命令 光事件弁護団への懲戒請求


 山口県光市の母子殺害事件被告弁護団の懲戒請求をテレビ番組で呼び掛けた、就任前の橋下徹大阪府知事の行為の可否が争われた訴訟で、広島地裁(橋本良成裁判長)は2日、「呼び掛けに合理性はなく違法性が大きい」と指摘。名誉棄損を認定し、橋下知事に計800万円の賠償を命じた。

 弁護団だった4人が、業務に支障を来したとして計1200万円の損害賠償を求めていた。

 弁護士で人気タレントだった橋下知事の発言の影響を強く指弾した形。

 橋下知事は「皆さんにご迷惑をおかけした。自ら法律解釈を誤り、表現の自由の範囲を逸脱した」と謝罪する一方で、「3審制もあるので高裁の意見をうかがいたい」と、控訴する方針を明らかにした。

 橋本裁判長は判決理由で「差し戻し控訴審の弁護団の主張内容は荒唐無稽で許されない」といったテレビでの発言について、弁護士として法的根拠がないことを知っていながら、あえて請求を呼び掛けたとした。


これは大きい、請求の66.7%(近似値)の全面勝訴体勢で光市電波弁護団が勝訴しちゃいました。

自分自身のセクハラ癖をばらされて逆切れて、名誉毀損で訴えた挙句に「お前には確かにセクハラ癖はあるが、その認識が世間で一般的だったとは言えないので3%程度のお涙銭をくれてやるから帰れ」と言う風にあしらわれた某元教授とはエライ違いです。

まあ、実際この橋下と言う稀代の卑怯者は、自分自身が公的な電波を私用で使って扇動した懲戒請求を、自分自身では行っていませんでした。
自身の扇動した懲戒請求の違法性を知っていたからですね・・・。

矢面には多数の扇動された愚民を、自身はのうのうと安全圏で高みの見物。そう言う企みだったのでしょう。
それが法廷で認識されたからこそ、これ程の苛烈な判決が出たのでしょう。
弁護士として、そのくらいの認識はできている様で、判決に対する態度は真に神妙です。
腹の中では憎悪と怨恨が渦巻いているのでしょうが、司法に”今は”反撃できないと知っているのでしょう。

ともかく、今回の判決は近年にない正義に基づいた判決が下されたものだったと思います。
私は祝杯をあげるべく、今からウィスキーを買って来る事にします。

卑劣な輩には汚辱と不名誉を!三権分立万歳!
はっはっはぁ♪本当に今日は気分が良いなぁっと♪
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/688-964579ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。