独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生首相、省エネ投資に優遇税制検討=村山談話踏襲を表明-衆院代表質問 10月2日16時22分配信 時事通信

 麻生太郎首相は2日午後、衆院本会議の各党代表質問で、省エネにつながる設備投資を促進したり、日本企業が海外子会社で得た利益を国内に還流しやすくしたりするための制度を、2009年度税制改正の検討課題とする考えを示した。
 また、日本の過去の侵略と植民地支配を謝罪した1995年の村山富市首相談話を踏襲する考えも表明した。公明党の太田昭宏代表、社民党の重野安正幹事長への答弁。
 太田氏は質問で、米国発の金融危機に対応するため政府に追加的な景気対策の策定を要請。首相は「日本の潜在力を生かすことが重要だ。そのために取り組むべき税制上の課題は多岐にわたる」とした上で、「省エネ設備の投資促進や海外子会社利益の国内還流のための環境整備を含め、年末に向けて検討を進める」と応じた。 

日本国及び日本人が、世界中の笑い者の道をまた選ぶと。ウヨクの人達残念でした。
うん?私?全然麻生政権に期待してないから、がっかりなんてしないの♪

ともかく、これが現在の自民党に許された唯一の道なのでしょうね・・・。
他の野党の場合は更にこの傾向が顕著かな?
まあ、だからと言って自民党を支持する理由にはなりませんがね。

現在は今後の自民党がどうなっていくかの重要な岐路にある筈です。
特に解散については、あちこちのマスコミが事前にミスリードを行っていました。
マスコミのミスリード | 復活!三輪のレッドアラート!

でも、実態はこんな感じみたいですね。

nikaidou.com: なにが「わかった」だよ。元々衆院選やらねぇんだっちゅーの。

結局、読売を中心とした売国マスメディアの誤報は、古賀層化ラインと小泉周辺の希望的憶測を垂れ流していただけみたいですね。

もちろん、売国奴も同じ希望的観測を垂れ流していました。
なんとソースは朝日新聞wwwww

EmpireoftheSun太陽の帝国: 三輪の予想・また外れる!総選挙は近いぞ!



麻生は解散権を手放すつもりがそもそも無いようです。当たり前ですがね・・・・。
しかし、現在の状況を見るにつけ、麻生の思惑は空振りに終わりそうです。

何故なら、景気対策の真水部分が少なすぎるからです。

渡久地明の時事解説:真水1.8兆円の景気対策

杯一杯の水で、納屋の火事を消そうとしているのが麻生政権の現状です。
効果はほとんど無いでしょう。あると思う方が間抜けな位のショボイ対策です。
これが現在の自民党の総力と言う事なのでしょう。
経済関係に与謝野が座ってる時点で見えていた事ではありますが。

やはり小沢政権の強いリーダーシップ無くしては、日本国の景気浮揚はありえないと言う事なのでしょうか・・・。
そして、麻生政権ではやはり小泉批判は沸き起こらない。
まあ、自分達の連座した重大な罪を暴くと言うのは不可能なんですねぇ・・・・。

弱い政権ってのは、思い切った事が全くできない政権と言う事なのでしょうよ。
それが正しい事であってもね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
自民執行部が衆院選先送り検討、追加の経済対策も

 麻生首相や細田幹事長ら自民党執行部が、米国発の金融不安とそれに伴う国内景気悪化への対応を優先させるため、「10月21日公示―11月2日投開票」の日程で準備していた衆院選の先送りを検討していることが30日、わかった。


 複数の自民党幹部が明らかにした。追加的な経済対策を策定する案も浮上している。

 自民、公明両党は30日、国会内で幹事長・国会対策委員長会談を行い、緊急経済対策を盛り込んだ2008年度補正予算案を今国会で速やかに成立させることを決めた。金融不安の深刻化を受け、補正予算案の成立前に衆院解散によって政治空白を作るのは得策でないという見解で一致した。

 首相は同日夕、首相官邸で記者団に、「(補正予算は今国会で)ぜひ上げないといけない」と述べた。衆院解散の時期に関しては、「消費者庁(設置法案)もあるし、新テロ対策特別措置法(改正案)もある。きちっと仕上げるのは当然だ」と強調した。

 首相はこれに先立ち、日本経団連の御手洗冨士夫会長と首相官邸で会談し、「海外所得を国内投資や賃上げに使うことを補正予算の次の手として考えたい」と語った。日本企業が海外で稼いだ所得に関する税制優遇策を、追加の経済対策として検討する意向を示したものだ。

 追加対策はこのほか、証券税制見直しによる景気刺激策などが軸となる見通しだ。首相が年度内の実施を明言している所得税などの定額減税の対象や規模を具体的に示す案も出ている。

 自民党内では、追加対策を盛り込んだ第2次補正予算も今国会で成立させるべきだという意見が出ており、衆院解散・総選挙の時期は流動的になっている。衆院選については、11月16日か23日の投開票とする案がある一方、経済情勢次第では年明けにずれ込むという見方も出ている。首相は、公明党と協議したうえで最終判断する考えだ。
(2008年10月1日03時01分 読売新聞)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
三輪様の予想通りですね。マスゴミのミスリードもここ数日トーンダウンしてきてますね。そこ迄してでも麻生政権を自殺させたかったのでしょう。安倍、福田の様に…しかし、任期満了の衆院選ではフルボッコのズタボロにされる運命の世襲坊っちゃん達でしたW
2008/10/02(木) 23:23 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
もういい加減・・・相手にするのやめませんか?
その時点で、あなたの価値が(ry
2008/10/09(木) 01:43 | URL | 野牛素馬鹿 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/687-00393b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
麻生首相、異例の所信表明「私は逃げない」 http://www.sanspo.com/shakai/news/080930/sha0809300505006-n1.htm --------以下引用-------- 麻生...
2008/10/03(金) 02:26:24 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。