独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/04 07:15:31  増え続ける韓国の家計負債

 一般家庭が金融機関から借りている借金が初めて600兆ウォン(約72兆円)を突破した。

 韓国銀行は3日、「サラリーマン向け融資など銀行からの借入が大幅に増加したことから、一般家庭が抱えている借金の総額(一般の融資、カードローン、クレジット契約など含む)が9月末現在で610兆6438億ウォン(約72兆9025億円)に増加した」と発表した。1家庭当たり平均3819万ウォン(約456万円)の負債を抱えていることになる。

 経済成長に伴い、一般家庭の金融資産と負債が膨らむのは自然な現象といえるが、金利が上昇し不動産価格が下落している状況での負債増は、最悪の場合不良債権化する可能性もある、と専門家は指摘する。

 1990年以降、韓国の国内総生産(GDP)に対して一般家庭の負債が占める割合の増加率は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中では、不動産バブルが起こったスペインとオーストラリアに次いで3番目だ。

10年ほど前の韓国がIMFにお世話になった際、その頃の韓国は有名な国民の貯蓄性向が強い国だった。
今の韓国は上記のとおりの国。これは数ヶ月前の記事です。現在はこのとおり。
消費者信用残高660兆ウォン、過去最高を更新  9月4日14時24分配信

この国の国民が何故貯蓄をしなくなったのか?
答え、賃金水準が特に近年どんどん低くなり、貯蓄をしようにもできなかったから。

何しろ、IMF管理を受けていた10年前は不況の絶頂で貯金はどんどん吐き出されており、7年前の時点では既に貯蓄率は低く、家計あたりの平均借金額は2000万ウォンに上っていた。
それが、1年前の時点では4000万ウォンと倍増している。失政の結果としか言えない。

600兆ウォンの家計負債、解決妙案は? (ソウル新聞)

 李明博大統領が9日‘大統領との対話’で言及した600兆ウォン規模の家計負債に対して、金融当局は大きい問題がないと明らかにしながらも対策を点検するために慌ただしい動きを見せている。家計負債は国際金融市場の不安が続く状況から、今年の下半期と来年上半期に韓国経済の‘爆弾’となる可能性が高いと専門家は指摘している。

 韓国銀行が発表した6月末現在、個人が金融機関から借りた家計信用(家計貸し出し+販売信用)残額は660兆3000億ウォンで、前期に比べて約20兆ウォン増えた。世帯当りでは約4000万ウォンの借金をしていることになり、5年前の2001年6月末(約2000万ウォン)に比べて二倍も大きくなった。

 貸出金利まで上がりながら家計の利子償還負担は大きくなった。7月に預金銀行の新規取り扱い額基準の家計貸し出し金利は7.12%で、前月に比べて0.19%高くなった。さらに3年据え置き期間が終わって元金及び利子を返さなければならない元利金償還時期が2008年と2009年に集中していて、2年間の家計の償還負担は70兆ウォンにのぼる。

(訳注:韓国版のゆとりローン、サブプライム問題)つまりAさんが1億ウォンを3年据え置きで10年満期で借りた場合、利子だけなら年間712万ウォンで良い。しかし元金まで返済することになれば年間1428万ウォンが追加された合計2140万ウォンを返さなければならないのだ。

 月間基準でも59万ウォンから178万ウォンに返済負担が大きくなって、家計は3倍の負担を耐えなければならない。この負担に耐えられなければ、家を売らなければならないのだ。

 銀行圏では“金利上昇で元利金償還負担が大きくなった借り方の満期を延ばすとか利子だけ払う据え置き期間を延長する方式は、新規貸し出しとはならずに貸出条件だけ調整すれば良いから難しい点はない”と明らかにした。

 (元はといえば、不動産価格が右肩上がりに上がることを前提に、アメリカのサブプライムローンと同じように3~5年の短期のゆとりローンを組んで、のちの借り換えあるいは転売での利益をもくろんだことが問題。)

 ファン・ジンチォル ハナ銀行個人与信審査部チーム長は“特に現在総貸し出し限度(LTV)と総負債
償還割合(DTI)を満たす場合には、据え置き期間を3年から5年に延ばすのは簡単だ。

 もし主婦や引退者として現在収入がなくてDTIを充足できない者やLTVを飛び越える貸し出しがある場合には、融資期間を10年から20年、30年と延ばすことができる”と明らかにした。1億ウォンの融資満期を20年に延ばすと、元利金償還額が月178万ウォンから半分水準である89万ウォン線に落ちる。

 金融監督院の高位関係者も“10年満期住宅担保ローンを借りた庶民が金利上昇で元利金を返し
にくくなる場合、15年あるいは20年満期に債務を調整する方法は可能だ”と言った。金融委員会関係
者は“今も金融機関が据え置き期間を延ばしたり、延滞を阻むために元利金償還期間を延ばしてくれる場合がある。

 円滑な満期延長と長期貸し出し拡大のために政策的な努力を傾ける”と言った。

 ただ据え置き期間を2年追加でふやしても不動産景気が回復しなかった場合、銀行と家計がまた
危機に追われる可能性は元のままだと専門家は言う。


人知れず・・・と言うか、私はずっと前から知ってましたが、韓国は実は土地のバブル状態にあって、それが今破裂しつつあるのです。

政府・家計・企業のトリプル赤字で韓国経済「火の車」 | Chosun Online | 朝鮮日報

統一日報 : 韓国経済 不動産下落、家計赤字

注目すべきは、日本も韓国と同様の状況に陥りつつあると言う事です。
日本も小泉政権以降、極端に家計の収支が悪化し、貯蓄率も下がっており、前回のエントリーで書いたとおりに、日本経済が悪化している原因である金融庁のマニュアルは健在なのです。
このままでは日本も遠からず韓国の後を追う事になりかねません。

実際問題、今までのアメリカの年次改革要望書ですが、あれを全て実行させれば日本の内需は壊滅するとアメリカは当初思っていた節があります。
しかし、日本の内需はそれでもまだ何とかなっている。それほどに日本経済の足腰は強かったのです。

けれど、今後も改革が波状攻撃で日本経済と日本人の家計を襲えばどうなるかはわかりません。
小渕政権の時代は9割を超えていたGDPの内需依存度は、いまや8割を割り込んでいるそうです。
このままでは、日本経済も韓国経済と同じく内需を破壊されて崩壊の瀬戸際に追い込まれるでしょう。


FujiSankei Business i. 中国・アジア/金政権崩壊なら経済打撃 韓国、非常時対応協議


本当に、何一つ上向く要因が無いのが、現在の韓国経済です。
債務不履行を早めに行って置くのが一番良いでしょう。
債務不履行させ行っておけば、それだけで禿鷹がついばみに来るのは防げます。

けど、多分今の大統領はやらないでしょうね。
下らない通貨安定債権など発行しても、そのつど禿鷹についばまれるだけでしょうに・・・・。
これこそが将来、子孫へ残す無意味な負債だと気が付かないと・・・・。

現在の韓国に対して、日本が何等かの支援を行うのは愚策であり、不可能事です。
単に支援は為替安定の為に消えてしまう事でしょう。
そして、おそらく再度のIMF管理も認められないでしょうから、韓国が支援を求めて来た場合には国家間の協定を結んで支援をする以外にはなくなります。

そんな事を、不況にあえぐ日本国が実現可能でしょうか?国民の支持や了解を取り付けられるとは到底思えません。
つまり、韓国がどんな危機に見舞われても、日本は多分座視傍観する以外にはとるべき方法がないと思われます。

もちろん、心中覚悟の支援ならありえますが、そこまで日本の有権者は世を儚んではいないでしょう。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ここで竹中平蔵先生登場
泣きっ面に蜂とはこのことでしょう。
2008/09/12(金) 17:40 | URL | ケーキ屋 #DL0dExLA[ 編集]
通貨スワップ協定とか、韓国が通貨危機に陥ったとき、日本が100億ドル安定のため供給するとか不気味なことを耳に挟んだのですが本当なんでしょうか。
2008/09/12(金) 23:16 | URL | nanasi #-[ 編集]
>名無しのお方
うん?通貨スワップ協定?
ああ、あんなもんを怖がってるんですか?
あれはIMF管理になった場合は確かに一兆円程度が投入される事になっています。

しかし、飽くまでも条件はIMF管理下にある事です。
それ以外ではどうにもならない小額が供出されるだけです。
どっちにしても、日本が泥沼に嵌り込む事はありえません。

>ケーキ屋様
首吊りの上に、マシンガンで全身を掃射された感じでしょうか?
2008/09/12(金) 23:40 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
~~~~~~福田総理就任の日~~~~~~~

福田「韓国経済ははいずれ、それもここ1、2年以内に破綻するだろう」
部下「えっ!?まさかんそんなご冗談でしょう」
福田「いや、事実だ、必ず1、2年以内にファンドによる猛攻を耐えられずに破綻する」
部下「で、でしたら我が国はいったいどうすれば」
福田「これは・・チャンスなんだよ・・やっと巡って来たチャンスなんだ・・」
部下「チャンス・・ですか・・・しかし我が国へ介入要請をしてそれで終わるのでは?」
福田「そうだ、残念だが今の日本政府は介入要請があったら断れない、IMFを無視して介入すらありうる
だがそれはあの韓国の息の根を止めるチャンスを逃すということ・・・・」
部下「では何故そのような時に総理になろうと・・・?」
福田「・・・ではその介入要請の時に総理が辞任していたらどうなるかね?」
部下「・・・?・・・ハッ・・!総理不在で・・まさかそんな・・しかしそれでは総理、総理は・・・」
福田「なぁに、嫌われるのには慣れている、それにこれは誰かがやらねばならない事なんだよ」
2008/09/14(日) 17:17 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/681-9e74888b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 TVってのは時間泥棒だと思っていて、最近はほとんど見てない。TV中毒から解放されたければブログをやることですネ。えっ、ブログ中毒じゃないのって?それはあるかもね。(笑)でも、それはいいの。TVは受け身で洗脳されるだけ、ブログは自分で調べたり、読むに値...
2008/09/12(金) 21:46:52 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
  ●前回の続きです。   そもそもなぜ中国は韓国を狙うのか?それは、地政学的な理由によります。   もうすでにこのブログで結構話...
2008/09/13(土) 00:53:44 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。