独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんな知っているだろう反自民サイトの”ぬぬぬ”ですが、最近連発でこう言う画像を貼り付けています。
なに?”ぬぬぬ”を知らない?貴方、絶対もぐりでしょう?w
で、その画像と言うのはこんな画像。
公明党と自殺者の数

うん・・・・。良い感じのグラフだね。でも・・・貴方もわかってるんでしょう?interceptor様。
広告景気年表:1998年
広告景気年表:1997年

■ 政治・経済・業界(1997)
大手証券会社が総会屋への利益供与を認める(3.6 )。この事件を発端に次々と総会屋と金融機関,大手企業との不正が発覚,トップの逮捕が相次ぐ。
○消費税率5%に引き上げ(4.1 )。


次の年の日本の経済成長率は?

■ 経済概況(1998)

平成10年の日本経済は,9年4月(消費税5%にアップ)からの景気後退が続いた。実質国内総生産は9年10-12月期から各四半期が前年同期比マイナスとなった。
「国内需要の低迷→企業収益の悪化→生産・雇用の縮小→家計所得の減少→個人消費の減少」という悪循環が続き,企業や消費者のマインドが期を追って悪化した。政府の総合経済対策や金融システム安定化策が相次いで打ち出されたが,その効果は翌年に持ち越された。
経済成長率 名目 -2.2% 実質 ‐2.5%
民間最終消費支出 名目 -0.4% 実質 -0.5%
民間企業設備投資 名目 -8.3% 実質 -7.6%
輸出 名目 -1.8% 実質 -2.5%
消費者物価 0.6%    


つまり、消費税のアップが自民党の思惑(税収アップ、既得権益拡大)とは正反対に恐るべき猛威(日本経済への強烈無比な打撃と自民党の権威失墜)を揮い、弱体化した自民党は野中の悪魔の誘いに乗った。
過ちを認めないままに、自民党は延命策を次々と講じていく。その過程、その終末に小泉カイカクがある。
そして、今も細々と続けられている「極東三国を敵として愛国心を掻き立てる」と言うこれまた終末的な愚策までもが飛び出した訳だ。
愚民化教育の成果である捨て駒が嬉々としてそれに乗って、日夜自分の自慰の為に作ったブログで血生臭いサーカスを求めていると・・・。救われな~い♪
まあ、そう言うのは放置でも良いでしょう。本題に回帰します。
2chスレ 1998年と2008年、どっちの不況が辛いですか?


156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/03(木) 20:00:18
2008年は、1998年より1997年の方がしっくり来る。
7月の時点では、大型倒産って現実を突きつけられていない。

やっぱり金融業が、もうダメとなった時の衝撃とは比較にならない。
97年の11月だったな。崩壊って現実を目の当たりにしたのは。


164 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2008/07/04(金) 00:11:48
>>156
> 2008年は、1998年より1997年の方がしっくり来る。
> 7月の時点では、大型倒産って現実を突きつけられていない。

たしかに、そうも言えるな。
ちなみに、97年は消費税が上がった瞬間、街中の消費が凍ったのを感じとれた。

あれが緩和したのって、参院選が終わって、消費税減税期待が出てきた 98 年の
暮くらい。これも、地域振興券のおかげで、あっという間にしぼんだけど。

同じことは、昨年の地方税アップの時にも感じた。

実は、今も同じようなことが進行しているのかもしれない、という予感はする。
ただ、同時に供給側の事情で、商店の棚から商品が消えていることもあって、
認識しにくいのも事実。


それと先日紹介したブログももう一度読み直す事にしましょうか・・・・。長いので要点を抜粋します。

デフレ下の諸物価の高騰と消費税増税の類似性:デフレ・インフレの一般理論の紹介とコメント

現在の原油高は消費が伸びないので、企業がその原油高の上昇分を吸収しようとやっきになっているため、産業や企業によって上昇度が違う。全体の消費者物価上昇はまだ2%に達していない。このような物価上昇による消費減は、所得線の角度下げず、デフレ所得線(45度以下の所得線で貯蓄量以下の角度を持つ)に応じて下がって行く。
消費者はできるだけ価格の安い物を求め、企業はそれに答えられるよう価格を安くする。激しい競争をしながらデフレ下の均衡を目指すのである。
この時はまだ資金と生産量の比率は変わらない故デフレスパイラルには入らない。

デフレの所得線上での需要減による激しい供給減にすぎない。それでも正常な経済の時の落ち込みより激しい供給減をもたらす事には変わりがない。

このようにデフレ下の物価高は、理論的にも実際にも恐ろしい供給減を招く。それは資金が市場から産油国に流出するから起こる現象である。

これと同じような現象がもっと激しく起こるのが、消費税の増税である。

消費税の増税がなされるとその上昇させたパーセント分だけ所得線の角度を低下させる。企業や国民は消費税の上昇から誰も逃げることができないため、デフレスパイラルに入り、デフレの深刻度が増加することになる。資金の底に来るまで再び角度が下降しその間循環的に経済が急速に縮小するのである。

日本が消費税を3%から5%に上げた時から経済の収縮が激しく起こり、2千3年頃の輸出により供給減が解消されるまで続いたのである。しかしその所得線の角度は上昇する事なく続いており、今また再び輸出減と、原油高による物価上昇により供給減が激しくなっている。消費税をデフレ下で2%上げただけでこれだけの破壊が起こるのである。低所得化の恐ろしさは社会のモラルを崩壊させつつあることから明らかであろう。


まあ・・・ともかくも、公明党と自民党を分離すると言うのは悪くない考え方だろう。
けど、貴方程の人が結果と原因を逆に並べてしまうってのは惜しいと思うよ。

我々が本当の事を言わないで誰が言うの?そうじゃない?
私から貴方に言うべき事は以上。おせっかいなのはわかってるけどね。
でも、これからが正念場なんだから・・・・最後まで節は通そうじゃない?お互いにね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/05(金) 07:52 | | #[ 編集]
>森内もりお
警察庁が何故捏造を欲するのかの考察がない。

お前は鬼畜左翼ではなく、ただの仮説を垂れ流して、それを考察しない撹乱者でしかない。

論じるなら、論拠なり、納得できる警察庁の動機なり、捏造されたデータの当局側の活用方法を提示すべきだろう。
それらができない様だから、お前の論は単なる偏見の垂れ流しで終わっている。

多分、お前は本当は右翼系の撹乱者なのだろう。左翼を貶め、右翼の相対的価値を高める為に発言しているのだろう。

もしくは、消費税増税賛成の馬鹿右翼の成りすましだろうな。良くある手口と言う奴さ。
2008/09/06(土) 17:45 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/674-2f4c5b30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  小泉政権や安倍政権が推進していた政策にろくなものがないというのは、このブログをご覧になっている方々にとってはもうだいたいお分か...
2008/09/05(金) 08:53:35 | 日々是勉強
毎日、約5千円~9千円ピンハネされている事が厚生労働省発表のデータから分かりました。 登録型では、1日当り15,577-10,571=5,006円 常用型では...
2008/09/05(金) 18:21:46 | 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ
自殺減らせ、広がる連携 10日から予防週間  10年連続で3万人を超える自殺に歯止めをかけようと、官民の予防に向けた取り組みが広がってい...
2008/09/10(水) 21:56:17 | 或る浪人の手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。