独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日今日と友人と遊び歩いてたので、内閣改造について本日の朝刊で読んだ。

福田をちょっと甘く見た・・・としか言えない。
後のエントリーでも述べるが、今回の人事では「日本人ばかり」が入閣している。
それと、「次回落選する議員」が一切入っていない。

また、見事なくらいに「小泉信者」「安倍信者」が抜けている。自民党も腹を括ったのだろう。
つまり、小泉や安倍は自民党の敗亡要因になると、そう判定されたのだろう。

小泉、竹中等は国富を全て米中、特に米国に譲り渡し、それで権力を維持しようとして来た輩達だった。
そして、その後ろ盾であったアメリカの現状はこんな感じである。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418151624


Hidetoshi Iwasaki's Blog : 世界最大の自動車メーカーGMの倒産確率は?


2008/08/02(土) GMは倒産する! …とS&Pが断定.|Japonesian Trans-Apocalypse

昨今囁かれているGMの危機であるが、事は一企業の倒産に終わらない。

単体数十万(40万人?)で、裾野を合わせると数百万人に及ぶ失業者、発行された株式や社債の問題も含め、GMの倒産は凄まじいインパクトを世界に与える事だろう。
先日来、私が「金融資産など、元来的にバブルの属性を持っており、外部要因であっと言う間に額面を下回る展開に陥る」と説明していたが、それが現実問題となりかねない。

日本人にとっては、理不尽かつあまりに唐突に思える世界恐慌の引き金となりかねない出来事なのだ。
******
閑話休題、それと今回の内閣改造はどう関係するのか?
今回の内閣改造で「アメリカを是が非でも救済する」と言うメンツは居ないと言う事だ。
もちろん、全く無関心と言う事ではないが、日本の国富を全て差し出してでもアメリカを救済しようと言う向きは居なくなった。

例えば、小泉、安倍、竹中、マダム寿司などはそう言う方向性の手合いであるが、完全に排除された。

アメリカの実体経済は凄まじい勢いで崩落しつつある。
金融筋、投機筋を大事にし過ぎたアメリカは、実態経済部門を見事にぶっ壊してしまった。

円はドルに対して、現在でも20%ほど安いと思うが、今後はそれではすまなくなるだろう。
下手をすると、60円の超円高になる可能性すらある。もしかすると50円かも?

いずれにせよ、今回の内閣布陣はそう言う「将来」を見据えての事でもある。
輸出企業の為だけに、将来値下がりが見えているドルや米国債を買うなど沙汰の限りではない。
今後はそう言う代物を莫大な円をつぎ込んで購入した「戦犯の責任追及」と言う事も視野に入れて動くべきでもあるだろう。

いずれにせよ、時は過ぎて歯車は回った。また新しい動きが今後は見えて来る事だろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今度の改造内閣は玄人には評判が良い
しかし、起死回生とまでは行かない。というところでしょうね。
2008/08/03(日) 15:03 | URL | ケーキ屋 #DL0dExLA[ 編集]
これで自民党も終わりか
どうもお久しぶりです。

今回の内閣では、構造改革派一掃されましたが、内閣の主要ポストの顔ぶれを見ると増税派の人間ばかりです。今の経済状態で増税なんて正気の沙汰ではないですが、この顔ぶれを見ると、避けられそうにない。

構造改革派の人間は一応、経済成長を目指してたあたり、まだましだったのですが、今度の組閣人事では、どうも経済成長すら目指してないように見える。しかも、谷垣氏を国土交通大臣にするあたり、積極財政には期待できない。

福田氏自身が図太い神経だから、総理のポストを簡単に手放す気配はないでしょう。となると、多分、このままで総選挙を戦うことになる。そうなれば、自民党は政権を手放すことになるんじゃないでしょうか。
2008/08/03(日) 16:50 | URL | unname #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/632-863e8995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。