独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李大統領と竹中平蔵氏、公共改革などで意見交換
【ソウル26日聯合】李明博(イ・ミョンバク)大統領は26日、日本の公共改革を主導した竹中平蔵・慶応大学教授と会った席で、「韓国はさまざまな改革をしている。改革が終わり(公共部門と社会が)変われば歓迎されるだろうが、改革する段階では歓迎されずにいる」として改革の難しさを吐露した。

 李大統領は、日本は過去10年の難しい時期を通じ競争力ある国として再び生き返りつつあるとした上で、日本の経験が韓国に大いに役立つとの考えからアドバイスを求めた。

 竹中教授は、日本経済の「失われた10年」は単なる経済悪化だけでなく、社会全体が変化を拒否したことで国全体が顕著な機能低下に陥った期間だったと診断した。
 長期にわたる低成長には経済と社会全体の体質改善が必要だとし、構造改革という処方を通じ社会システム全般を改革したことが日本経済復活の起爆剤となったと説明した。

 また、李大統領は公営企業の改革方向について、順序を定め公営企業の先進化を推進すると述べた。民間よりうまくいっている公営企業もあれば、機能分散でうまくいかなかったり民間で担当したほうが良い公営企業もあるとし、「すぐには難しいからと改革を先送りにすれば、国の競争力がなくなり未来もない」と、改革の必要性を重ねて強調した。竹中教授も李大統領の方向性に賛成し、政策には順序が重要だと答え、日本のケースを説明した。

 李大統領はこの日、竹中教授を大統領国際諮問委員に正式に委嘱した。



ちなみに、この国際競争率の算定基準
・GDPに対する貿易比率(日本は超内需経済でした)
・移民に関する法律(日本には必要ない法律です)
・耕地面積(農業の自給率を上げたら国際競争力が高まる?なら、農水省のやり方は間違っていますね。)
・女性の地位(これは単なる主観でしょう。参考までに、米国は韓国に次ぐ世界第二位のレイプ発生国です。)
・実質GDP成長率(名目に非ず。デフレでありさえすれば、これが上昇する。)
・社会価値(競争的)(共生型の社会はそれだけで競争力が低いと見られる。)
・外国企業を差別する法律の存在(差別も主観的な問題でしかありません。)
などなどの、目を見張るような基準が存在している事に注意して下さい。

それにしても、今回だけは竹中さんを応援しちゃいたい・・・・ですね。
どうか韓国を徹底的に改革してやってくださーい♪
ガンガンやっちゃってくださーい♪

三輪さん、期待でwktkしてしまいそうです。
燃えろ韓国、メラメラ燃えろ!骨の髄まで焼け焦げろ!

消毒します!

ヒャッハァ!!


でも、竹中さんが韓国でも失敗したら、その時は「竹中の経済テロ活動は日本政府の陰謀nida!謝罪と賠償を要求するnida!」と言われる事でしょうが・・・・。
それについて全く言い訳できないだろうところが辛い・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
助けたのに日本のせいだと言われるのはむかつきますが、でっかいババを掴ませたなら、文句を言われても、「ごめんねー(はあと)」で済むので気は楽です。どうせなら韓国に行ったまま戻ってこなけりゃいいのに。
2008/07/09(水) 15:55 | URL | アホウドリ #EBUSheBA[ 編集]
TBです
経済界出身の政治家などはどこでもこの程度なのでしょう。

なぜ日本経済は殺されたか
http://sun.ap.teacup.com/souun/1531.html
「規制緩和」や「民営化」の末路は米英の歴史的経験から見えてくる
http://sun.ap.teacup.com/souun/254.html
2008/07/09(水) 18:56 | URL | 早雲 #-[ 編集]
失敗したら貼り付けの殉職者にしてやって下さい
竹中氏は確信犯だから失敗したときは貼り付け獄門晒し首の刑が相当だと思いますので、韓国の皆さんその時は宜しくお願いいたします。
2008/07/10(木) 08:24 | URL | ケーキ屋 #DL0dExLA[ 編集]
米国に因る竹中と韓国の本格的な切り捨てとすればGJですね。
2008/07/10(木) 13:28 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
 李大統領、政権スタートからの躓きできっと不安なのでしょう。つかんだ藁は地獄への片道切符・・
 韓国の庶民に少なからず同情します。
2008/07/11(金) 22:45 | URL | ウヰスキー #LkZag.iM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/624-a9c09c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  地政学の大きな命題の一つに「いかにして相手国を心理的にコントロールするか」というものがあります。なぜなら、相手国を心理的にコン...
2008/07/10(木) 22:32:03 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。