独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと回想エントリーを書いてみます。
「ブッシュは最悪」「福田は最低」という日米政権でどうなる | 復活!三輪のレッドアラート!

思えば、この記事を書いた後で「暫定税率に目を光らせていた福田」が”民主党との対話路線”に向かった訳です。
ええ、つまり”民主党にも暫定税率維持の共犯”になって貰おう、そしてその事実を盾にして政権運営を行おう。

そう言う甘い見積もりをしてた訳ですね。借力のつもりが、その後のグダグダによって指導力皆無を露呈する破目になってしまいましたが。
もう、あまりに小沢党首の予定どおりで笑えてしまいます。
それにしても、ウータンって可哀想な人(あるいは猿?)ですね。
対話すればするほど悪評が立って、支持率下がるんですから。(邪笑)

さて、前振りはここまでにして、後半に続きます。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

米シティ、41兆円資産売却・総資産の2割、3年以内に

 【ニューヨーク=発田真人】米金融最大手シティグループは9日、今後2、3年かけて4000億ドル(約41兆円)超の非中核事業の資産を売却する方針を明らかにした。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の打撃を受け、世界規模で事業再編を進める。コスト削減とともに不採算事業を整理し、収益力を高める。個人・法人向けを中心とする総合金融路線は維持しつつ、経営再建を目指す。

 シティによれば、圧縮対象になる非中核資産は、同グループの総資産2兆2000億ドルの約2割に相当する5000億ドル。これを2、3年後に1000億ドル以下に減らす方針だ。不採算の資産や事業の内訳は住宅ローン関連や証券化商品が半分以上にのぼる。部門別では個人向け金融部門が6割、証券・市場部門が3割を占めているという。9日開催した投資家・アナリスト説明会で明らかにした。

 具体的な売却対象は明示していないが、欧米メディアの報道では、米国のほか日本やドイツ、メキシコなどの事業が対象で、日本の消費者金融事業も含まれるとの見方が出ている。(02:47)

さて、この記事ですが、そこそこの示唆を含んでいます。
ハイリスクの資産運用が、最近日米英でこけまくっている模様です。
これは”EU以外”と言う事でもないのです。EUは米英に対して大規模な投資を行ってますから。

前々から私が言っているとおり、「株式や金融市場とは言って見れば賭場である」と言う事。
得をした人の後ろには損をした人がいて、しかもそれらを尻目に仲介業者は利鞘を必ず抜いているのですね。
それらが上手く行かなくなりつつある様です。

でも、NYダウ高いですね。下がらないです。何故でしょう?
「他に相応しい賭場がないから」これに尽きます。
今の世界は複利で金が増えている世界です。それらは地道な運営では金を増やせないのですね。
世界レベルでの高成長とか、そう言う幻想から世界中が足抜けできないのです。

嘆かわしい現在の世界の有様は、この様な事情が下敷きになっている事は間違いありません。
どうやって借りた金の金利を払うか、どうやって貸した金の金利を取るか。
今の全世界の全ての国の全ての企業がそればかり考えている。
近年の資本主義の実態はその様なハツカネズミの籠の様な、あるいは大鍋を囲む魔女の円舞の様な、そんな循環を必死で続けて来たのです。

その最中にでっちあげられたのが”大いなる世界の工場、中華人民共和国”だったり、BRIC’Sだったりします。
中国やブラジルがどれ程自然破壊を行いながら経済発展を遂げようとしているか。

それを知らない人は経済を一切語る資格がありません。

世界は歪んでいるのです。恐ろしい程に。
何よりも効率、何よりも成長、何よりも競争。それは変でしょう?

日本のように内需主導で、所得を上げる事によって高度成長を遂げた国家があるにも関わらず、それをどの国も無視している。短期的で短絡的な理由から。
その様な下らない理由の総決算がサブプライム問題と言えます。
簡単だから選ばれた道であり、日本のゆとりローンと同じ破綻の道筋が確定していた方法でもありました。

全ての損を自分が被る事なく、リスクは高くてもそれを自分は引き受ける事無く。
そんな願いがあったのでしょう。業界最大手のシティには。
今後、ハイリスクの債権とは一体どうなって行くのでしょうか?
相変わらず、一部では運用され続けるでしょう。でも、いずれ更に大きな破局が来る事でしょう。

所詮は歪んでいるのです。立脚点そのものが。
歪みとは本当に象徴的な漢字の表現です。不正、正しくないと言う意味ですからね。

では、また少ししたら記事を書きます。このエントリーはこれで終わります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBです
『世界同時大不況』を歓呼の声で迎える人たち
http://sun.ap.teacup.com/souun/144.html
2008/05/11(日) 01:48 | URL | 早雲 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/598-b551613f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。