独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長らくお待たせしました。
ようやくこちらも活動可能になりましたので、投稿を再開する事にします。

ではいきなりですが後半にw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

痛いニュース(ノ∀`):欧州では「負け犬の死」 日本人はなぜ「フランダースの犬」に共感するのか? …ベルギー
ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、27日に上映される。

 映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。
制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。物語では、画家を夢見る少年ネロが、放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさまよった揚げ句、一度見たかったこの絵を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。

 原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。
米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071225i302.htm


さて、このベルギー人の屑監督が何故こんな事を考えてしまうのかと言う事です。

ベルギー人が歴史に登場したのはカエサルのガリア遠征の少し前です。
ベルギー人は当時ベルガエ人と呼ばれており、ガリア系の一部族で、ゲルマン族の移住先とほぼ隣接していた事から、恒常的にゲルマン族に侵入され、略奪され、そのつど近隣の種族に泣きついていたみっともない民族だった様です。
ですが、ベルガエ人の悲惨さはこんなもんでは無いのです。

彼等はゲルマン族と隣接していた事、吹けば飛ぶようなツマンネー民族だった事から、ローマの中枢には「よくわかんねー蛮族」と言う扱いを受けていました。
真面目にそれが何であるかも論じられる事のない、本当にツマンネーツマンネーツマンネー民族だったのです。

アジアの歴史で朝鮮民族は結構悲惨ですが、連中は隋の時代も煬帝の攻撃を三度に渉り撃退し、それ以前から「気力あるアブねー奴等」と評価されていました。
けれど、ベルガエ族の場合はそんな評価すらありません。
カエサルの頃のガリア駐留のローマ軍の流行は「ベルガエ狩り」でした。
連中は本当に弱く、狩りには手ごろな相手であり、しかも「ゲルマンと隣接している事からゲルマン人の一部族」と言い掛かりを付けられた訳です。
当時のゲルマンの圧力は本当に凄まじく、ローマも文明化されたガリア部族もゲルマン族にはホトホト手を焼いていました。

そして、ゲルマン族を討ち果たした者は、ローマ国内では「勇者」と呼ばれていたのです。
そう言う訳で、ゲルマン族と隣接している恒常的被害者ベルガエ族が歴史に登場します。
ローマ人は知っていた上で、ベルガエ族をゲルマン族の一部族と認定しました。
だからベルガエ族を討てば、ゲルマン族に打ち勝った勇者としてローマに凱旋できます。

・・・・で、当時の二大危険勢力からベルガエ族は交互にぶちのめされた訳です。
ああ、ベルガエ族って可哀想。(棒読み)

で、この様に歴史に綴られた最初のページから、ベルギーの苦難は始まっていました。
その後中世もかなり悲惨でしたが、産業革命以後、トップランナーに躍り出たのがベルギーです。
ペリーヌ物語そのものの世界で、その頃は世界第三位の経済にまで上り詰めました。

で、それから没落が始まります。
国内がまとまらず、人口も少なく、その上に経済が発展していたものだから、欧州の動乱にモロに巻き込まれたのです。
ベルギー:「国家分裂危機」の真相 (知られざる欧州の素顔):NBonline

ベルギー国の標語は何か?「団結はお互いを強くする」と言う言葉ですが、これは苦い経験が言わせた事です。
ベルギーは現在連邦制ですが、南部のワロン人(フランス系)と北部のフラマン人(オランダ系)が凄まじく反目しています。

彼等ベルギー人は南北共に「超個人主義」で、他人の裏をかく行動を正しいものだと信じ込んでいます。
 この「ベルジアン・コンプロマイズ」の説明でよく引き合いに出されるのが、ボードワン前国王(故人、在位期間は1951~93年)が人工中絶の合法化に関する法案を拒否した時のことだ。ベルギーでは、原則として議会で可決された法案は、国王の承認を受けなければならない。しかし、国王は宗教上の理由から「朕の良心が署名することを許さない」として承認を拒んだ。

 そこで、政府は思案の末、憲法の中に「国王が精神病など統治できない例外的状況下では、国王の署名なしで法案を通すことができる」という例外規定を見つけ出した。政府と国王はそこに妥協点を見いだし、「国王が1日だけ、統治できない精神状態にある」として、法案を通したのだ。冗談のようだが、本当にあった話である。もし日本だったら「天皇を精神病扱いするなどけしからん」と誰かが言い出して、こうした法案は通らないのではなかろうか。

我々の目から見て、ベルギー人は普通の民族ではないと思います。
はっきり言って、こいつらはオカシーです。極端にオカシーです。
で、こんなオカシー連中に団結なんかできません。国ぐるみの標語も、言ってみれば「適う事がありえない切なる願望」って感じです。全くブラックにしか笑えないですなぁwww

ともかく、ベルギー人は近隣の悩みの種でした。こんな連中が独立を叫んでる事自体が周辺の不安定要因になる訳です。
日本国内で沖縄が独立を叫んでるの全く同じ事ですから。奪い合いの連続になります。
第一次世界大戦はまだしも、第二次世界大戦ではこの手の奇策が見事に欧州の爆弾になりました。
彼等の採った奇策とは「永世中立宣言」でした。これで争いから逃避できると本気で考えていたのです。(痛すぎるw)
弱武装で、人口も少なく、しかも世界有数の富を持つ国家。

はははぁ。誰がそんな中立を認めるんでしょうか?
しかも、ドイツから見れば、大要塞線であるマジノラインを迂回する経路でもありました。
見事に中立宣言は無視されて、ドイツ電撃作戦が開始されます。

まあ、手前だけの世界に閉じ篭って来た、引き篭もり民族の考える事ですから。
他の人間が、自分の頭でいろいろ考えてるなんて思いも付かないんでしょうね。

で、その後もベルギーの嫌な性格は変わりません。

チョコレート専門店 KEE'S - 徒然なるNY


いやはや、「他の国のチョコレートを駄菓子呼ばわり」ですよ。
俺達と同じ製法のチョコレート以外は駄菓子だ!
世界の中心で独善を叫ぶ獣の姿がそこに見えます。
また、EU内での優遇を求める「世界最高峰の個人あたりGDPの国」と言うのも、他国から見れば忌々しい限りでしょう。
ですが、ベルギー人は平気です。自分達の権利を叫ぶ事は彼等の本能なのです。

こんな連中だからこそ、自分達が負け犬だからこそ、彼等はフランダースの犬のお話を認めようとしないのです。
まあ、自分達が濡れ衣を着せた貧しい少年を村八分にして凍死させる。
そう言う民族だと言う図星を指された事も気分悪いんでしょうけどねw

こう言う輩どもの出鱈目そのものの民族性は、多分まともな日本人の想像を絶するものだと思います。
しかし、欧米人と言う輩どもは、一般にこう言う独善性を当たり前に持ち合わせて居るようです。

痛いニュース(ノ∀`):【日豪】反捕鯨活動家たちが日本領事館で赤インクをぶちまけて汚す。豪警察は「罰するほどではない」と逮捕せず

こう言う行いは中国人と同等ですが、これを正しいと言い張れるのも欧米人です。
(オーストラリアは欧州の犯罪者の流刑地でしたが、当時の気風を端的に残した民族性がここに見える訳です。)

彼等は愛国無罪、愛鯨無罪を平気で主張できる民族です。
根底に日本人に対する軽侮やら、人種差別やらもあるのでしょうけど、こんなもんだと言う事です。

日本人の味方は日本人しか居ないと、そう言う事です。
私は日本人しか基本的に信用しない、そう言うゼノフォビアみたいな政治家が今必要なのだと思います。

外務省が国際協調省に成り果てている日本は、その時点で外交能力がゼロになってしまうのは仕方ないと思います。
こんな国々と付き合う時に、友好とか言うものを求めてもどうにもならないのです。

自己主張をもっと強く、相手が困るくらいに自己主張を行う。
それくらいでちょうどだと思います。それが出来ない限りは、日本は絶対に外交的に他の国に良い様にされ、あるいは本当に日本の援助を求める国に迷惑をかけるものと思います。
たとえばこう言う国に対してです・・・・。
 

【論説】福田首相の台湾・住民投票への不支持表明は台湾の民意を封じ込める内政干渉 

 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載(メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)
   姑息な中国の手法と穏当な台湾政府の対応

 昨日、中国を訪問している福田康夫首相は、温家宝・中国首相との日中首脳会
談後の共同記者会見で、台湾が来年3月の総統選と同時に台湾名での国連加盟の是非を
問う住民投票を行うことについて、「「緊張が高まることは望んでいない。一方的な現
状変更につながっていくのならば、支持できない」との方針を表明、日本政府として初
めて台湾の住民投票に対する見解を明らかにした。

 また、台湾の独立に関して、温首相が福田首相の台湾に関する発言を説明した
際、通訳が「福田首相は台湾独立に反対するとの立場を順守、厳守していくと表明した
」と紹介したところ、「福田首相が凍り付いた。温首相に気付かれないように右手の人
さし指で、目の前の記者席にいた外務省の藪中三十二外務審議官に『資料をよこして』
とサイン」、その後、メディアの質問に答えた福田首相は、「最後に『台湾についても
、私から日本の立場を申す』と切り出し、『2つの中国という立場はとっていないし、
台湾の独立も支持していない』と語り、『独立反対』という表現を『支持しない』に修正してみせた」(産経新聞)という。

 首脳会談後、外務省の佐々江賢一郎・アジア大洋州局長は「『支持しない』と
『反対』とはニュアンスが異なる。強度に違いがあることは日本人なら理解できるだろう」と説明している。

 福田首相が異例とも言える補足説明したことで、台湾の独立問題についてはこ
れまでの日本政府の立場を踏襲したと言える。

 また、住民投票に対しては、確かに「一方的な現状変更につながっていくのな
らば、支持できない」との前提を設けたことで、発言に含みを持たせた格好になった。

 しかし、これは先に紹介した産経新聞「主張」のように、日本は「反対」こそ
表明しなかったものの「台湾住民は日本も中国の要求に屈したとみなし、対日不信を強
めるだろう。日台関係にも悪影響を及ぼす。台湾海峡の緊張を高める結果にもつながり
かねない」のである。

 現に温首相が、こうした日本の姿勢を「評価したい」と語ったことが、台湾を
中国の領土の一部と主張する中国にとって有利に働いたことを証している。

 それにしても、今回もまた中国政府は姑息な一面を見せた。温首相はこれまで
の日本政府や福田首相の発言内容を知っていながら「福田首相は台湾独立に反対すると
の立場を順守、厳守していくと表明した」と発言し、日本が台湾独立に「反対」を表明
したと、なし崩し的に認めさせようとしたのである。

 日本はすでに台湾に対してノービザ措置、自動車免許の相互承認、天皇誕生日
レセプションの開催など、さまざまな場面で、台湾を「統治の実態」として認め、明ら
かに中国とは別の政策を取っている。

 ましてや日本が「台湾は中国の一部」という中国の主張を承認していないこと
は、日中共同声明に署名して帰国した大平正芳外相が、自民党両院議員総会において、
「台湾の領土の帰属の問題で、中国側は中国の領土の不可分の一部と主張し、日本側は
それに対して『理解し、尊重する』とし、承認する立場をとらなかった。つまり従来の
自民党政府の態度をそのまま書き込んだわけで、日中両国が永久に一致できない立場を
ここに表した」と明言していることからも、日本の立場は明確だ。

 このような日本政府の従来の立場からすれば、台湾の法的地位にも関わる「独
立」に関して「反対」や「不支持」を表明すること自体が踏み込みすぎなのである。同
様に、住民票問題についても、「一方的な現状変更につながっていくのならば」という
前提は設けたものの、「不支持」表明は、台湾の民意を封じ込めようとする外国からの
内政干渉と謗られても致し方あるまい。

 昨日、台湾政府は福田首相の訪中についてコメントを発表し、「国民投票は、
正当な民主的手続きをもって国際社会に対し台湾の主流の民意を示すものであり、統一
か独立かを問うものではなく、海峡両岸の現状を変更するものでもない」と述べた上で
、「台湾と日本の関係は密接不可分なものであり、今後も安定した基礎の上に引き続き
発展していくものと認識している」と述べた。

 日本との信頼関係は崩れていないという台湾政府の穏当な対応によって、出す
ぎた真似をした日本は救われた感がある。

 日本はいつまでも1972年体制に縛られることなく、台湾の現状を認識した上で
、日本独自の対応をすべき時期に来ている。



では、このエントリーについてはこれで終わります。
途中何度もFC2ブログの不都合で投稿が消えてしまいましたが、ようやく脱校できました。

ところで明日は大晦日ですね。
皆様体調に御気を付け下さいませ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ベルギーはこんな事もしてますね↓
http://powerpopisland.blog68.fc2.com/?mode=m&no=175
十個くらいに分けられてるのとベルギーが主題じゃないため、長いです。

2007/12/30(日) 23:53 | URL | む~ #-[ 編集]
TBです
ドイツの継戦能力を維持するために「ベルギー救済委員会」が食糧や軍需物資をドイツに送った。
http://sun.ap.teacup.com/souun/1140.html
2007/12/31(月) 00:30 | URL | 早雲 #-[ 編集]
沖縄で独立運動をしてるのは、
本土のプロ市民たちが主です。
大抵の県民は独立なんぞ
これっぽっちも考えてませんよ。

まるで沖縄県全体が独立したがってると
いうように書くのはどうかと思いますが…。
2007/12/31(月) 20:37 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>通りすがりの方
>日本国内で沖縄が独立を叫んでるの全く同じ事ですから。奪い合いの連続になります。

単なる喩えですが?
沖縄が独立を叫んでいるのと同じ事ですからと書いております。
沖縄が独立を叫んでいる等とは書いていません。

貴方の早とちりですね。よく文章を読みましょう。

>早雲様
連中のやりそうな事ですね。
もう目茶目茶ですからね、ベルギー人って。

>むー様
その件は実は知っています。
だから私は今回の件で、ベルギーをメチャクチャに叩くつもりになりました。
真剣、ここまで酷い植民地経営と、その後の責任放棄の独立で、元植民地を戦後から今までずっと悲惨な目にあわせてきた、まさに犯罪国家だと思っています。

このベルギーと言う国の根性の曲がり方は普通ではありません。
多分世界でトップクラスの鬼畜国家、非道民族だと思います。
中国人の方がまだしもマシに思えますが、こんなのが多国籍企業とかに凄く沢山居るのですね。

もう勘弁して下さいとしか言えませんよ。
2007/12/31(月) 22:26 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
文章を読んでそう受け取れたから書いただけなのですが
切って捨てられるとは思いませんでした。
もう少し解りやすく書いて頂けると大変有り難いのですが。
2008/01/04(金) 06:27 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>通りすがりさん
そう受け取るのは貴方の勝手。
文章を読めないのは私の関知する所ではない。
切って捨てられるのも理由あっての事。
別に意地悪している訳ではない。

そう言う事です。
算数のテストで設問読み間違えて、それで解答に失敗した時も・・・貴方は教師に向かって私と同じ様に甘えて絡むのかな?
そうじゃないでしょう?ね?
2008/01/04(金) 21:16 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
はじめまして。
最近貴ブログをみつけまして
読まさせて頂いております。
とても面白いので
これからもちょくちょく拝見しようと思います
よろしくお願いします(_ _)。


エントリーていうんでしょうか
○[仁愛なき政治は悪政なり]
○[国民不在と言う事]
が簡潔に書かれていて面白かったです
(実は衝撃的でもあった)。

今回のエントリーで
ベルギーの「永世中立宣言」
のお話を読みまして。

「無防備宣言都市」
を主張してる方達
はなんなのだろうとますます疑問が深まりました。
…( ゚Д゚)キチガイ?ソレトモ敵?。
2008/01/06(日) 22:23 | URL | kuma #Hi5jGUV6[ 編集]
>kuma様
はじめまして。多分貴方は柳生すばるのブログの住民のあの方なのでしょうね。

例の二つのエントリーをお読みになったのですか?
まあ、私どもの中では常識なんですが、どうも一般的な考えではないようなので、敢えて一つのエントリーにまとめたのが「国民不在」のエントリーです。

そして、私が小泉政治を全否定し、柳生すばると全く相容れない理由を「仁義無き政治」のエントリーで書き記しております。

柳生すばると言う男の痛さは「小泉純一郎と自分が同一の存在であって欲しい」と言う願望が強すぎる事です。
カルト教団の教祖にあこがれるゴミ教団員にしか見えないし、事実そうなのでしょうけどね。

私は人間はもっと素晴らしいものだと思っています。
小泉純一郎の様に、血も涙もない独裁者であるよりも、血も涙もある庶民で居たいと思います。

最後に、私は無防備宣言云々に拘るアホどもは、言ってみれば小泉信者の柳生と点対称の位置に居るだけで、本質は同じく愚民だと思っています。

「こんなにも平和を望む美しい心の私」を深く深く愛しているナルシシストです。
独裁者の小泉が、日本人の自殺者を尻目にカイカクに拘ったのと同じく、連中は日本が侵略された時の事は考えず、自分達の独善的な平和を口にする事で酔える。

そう言う愚か者です。

中国人のスパイ組織あたりは、ああ言う平和勢力と言う代物をどう区分しているか?

「自分達の現実に満足できない輩。自分達の無力さを平和フェティシズムで代償しようとする見事な変態ども」とカテゴライズしているでしょう。

利用してやれ、支援してやれ、日本をもっと不安定にする為の鉄砲玉として遣い潰せ。
その程度の認識しかして貰っていないでしょう。
でも、そんな自分をありのままに把握する事はできないでしょう。

麻薬中毒がなかなか治らないのと同じ事です。快感を呼び起こす幻想、幻覚からは脱出は困難です。

良い病院で、正常な環境に隔離して貰って、的確な治療を受けた後にしか常識の回復は無理だと思います。
2008/01/07(月) 21:04 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
そんな大層な者(方?)ではありません^^;。
お返事遅れましてすいません。

文字数の多いコメントに驚きつつも

お返事ありがとうございます(_ _)。

私の経由は
ネットゲリラでのコメントの方からの情報で
貴ブログにたどり着きました。

実際の世の中は、
輪郭のぼやけた事が多いいと思う次第で
なんとなくわかっているようで
わかってない感じになってます(黙殺?)。

明確な輪郭のある文ってなかなかないもので
輪郭の確りした貴ブログの文に
とても関心した次第です。

世の中なんで良くならないんだろう

変なままなんだろう。

それが発端でして興味になり今に至っております。

昔は極度の嫌韓でありましたが
信じすぎは毒でもあり。

現在は少しは冷静に見れるようにもなりました。

総理の話では。
小泉が総理になってもぜんぜん
生活が良くなったとおもえません。

よくなりそうに感じた時といえば
小渕総理の時でしょうか
生活が良くなってきたと実感できました。

小渕総理が亡くなった時は
私は落胆したものです。
日本…オワタ…と思ったし。

コレッて
闇殺されたのだと勘ぐっちゃいます。

日本が復活されると困る連中に…。
2008/01/11(金) 18:53 | URL | kuma #.S7NTmgM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/513-05de262a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
さて国連情報56号は、世界遺産、世界寺子屋で知られているユネスコに関する話題ですが、「ユネスコよ、お前もか」という気分です・・・。 ポイントですが・・・ ユネスコがHIV/AIDSについて議論する際のガイドライ
2007/12/31(月) 08:43:57 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。