独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このメルマガの記載を見て頂きたい。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成19年(2007年) 1月15日(月曜日)通巻第1676号

これも後半で少し解説します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
中国、韓国との歴史共同研究は不毛の結論が目に見えているが。。。
エストニアとロシアは歴史認識の解釈変更にいかに対応したか

>バルト三国が第二次世界大戦のどさくさに、ソ連の侵略による餌食となって1991年のソビエト帝国崩壊まで、兇悪な統治に虐げられた。
>1944年から91年まで。

>およそ半世紀に亘る不法統治に耐えて、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国は冷戦の終結を見るや、不撓不屈の独立心を燃やし、ソ連の崩壊とともに真っ先に独立し、CISにも不退転の民族的決意で加わらなかった。

>エストニア、ラトビア、リトアニアの三国は、いまではEUのメンバーである。
>また2002年のNATOプラハ会議ではバルト三国のNATO加盟が認められた。
>正々堂々の西側の一員となった。

>2007年1月10日、エストニア国会議決に基づき、首都タリンの真ん中に立っていた「エストニア解放」のブロンズのモニュメント像が撤去されることとなった。
>ソ連軍の兵士を描いたものだった。


>エストニアは「解放」されたのではなく、ソ連に「侵略」されたのだから。
>モニュメントは郊外に移され、エストニアの戦争記念広場にはソ連関係のものはなくなった。

>これは換言すれば沖縄や、広島にある屈辱的敗戦モニュメントを撤去するのと同義語ではないのか。
>あるいは南京など「反日記念館」にあるインチキ歴史展示を撤去させる政治的転換にも喩えられようか。

>1944年9月22日。
>ソ連はエストニアのタリンに侵攻した。
>爾来、この侵略が「解放記念日」とされた。
>中国共産党が喧伝しているチベット侵略を「解放」とおなじ悪辣な遣り方。


>エストニア議会は、これを「ナチとソ連のシンボル」とする記念碑に作り替える決定をした。
>66議員が賛成、5議員は反対、30議員が棄権。

>ロシア側の反撃は正面からの歴史論争を回避した。
>しかしロシア議会では反発が渦巻いた(インターファックス、1月11日付け)。

>「50年にわたるソ連の解放の象徴を撤去するなど、『第二次大戦の結果を改定』する動きであり、『ナチズムに対抗した戦争中の反撃である』」とロシア側は一方的な解釈を獅子吼した。

>ついで「エストニア議会の決定はナショナリズム過激派が主導したにすぎず、国内にいるロシア語を喋る国民の意向を無視している。エストニアの社会を構成するひとびとの均衡を崩す」と反論した。

>エストニアは旧共産主義翼賛体制に巣くって共産主義支配下での利権構造の恩恵を被った階層がいまも少数ながら存在している。
>ロシア人もいる。

>さらにロシアは、「1991年までの(ソ連の占領)歴史は“われわれに共通の歴史”であり、ナチに対抗するための措置である」と意地になって自分の歴史解釈を主張し続けている。

>思い出せば91年夏、まだソ連特殊部隊や暗殺チーム、共産主義者の残骸が混然としていた時期に筆者はバルト三国を一週間であるいた。

>モスクワからリトアニアの首都ビリニュスに入り、杉原千畝がいた古都も訪ね、ラトビアでは首都のリガからローカルな鉄道に揺られて琥珀海岸にも行った(拙著『世界経済、裏道をゆく』、ダイヤモンド社刊に収録)。

>各地のホテルも食堂もまだルーブル建てで、米ドルをだすと実勢価格の五倍ほどの力があった。
>毎晩、ワインを二本ほど飲んでも、率直に言ってタダのようだった。
>エストニアのタリンはことのほか美しい町で、洗練されたファッションを着こなす若い女性たちが夏の日差しに輝いていた。
>そうだ、ソ連の頸城(くびき)から解放されて、バルト三国の人々は半世紀ぶりに自由を謳歌し、未来に夢を膨らませていたのだった。


>エストニアはとうにソ連ブロックを離れ、EUとNATOの加盟国であるにも関わらず、モスクワにつどう旧共産党や反動ナショナリストらが懐旧にひたるのは単純にノスタルジーだけが動機だろうか?

******

さてさて、歴史を改定するのがそんなに悪いんですかね?
戦勝国の押し付けた歴史でしょう。侵略者の語る歴史でしょう。
それに被害者が何故同調しなければならない?

残虐な侵略者の勝利を永遠のものとしなければならない。
そんな風な言葉はどこから出るのだろうか?

それにしても日本の事を考えてみるとね・・・。
広島の原爆投下記念碑、あれは酷い・・・本気で酷い。
「過ちは二度と繰り返しませんから」

誰があの文字を書いたんだ?アメリカの誰かか?

日本は核攻撃を受けた被害者だろ?

何で日本が反省するか?


多分、アメリカの人が日本語を読めたら、首をかしげて不思議がるだろうね。
中国あたりは思っているかも。
「ああ、日本人は何十万人も核攻撃で殺されても、自分が反省するだけで俺達は悪く思われないんだ。こりゃ核攻撃で殺さないと損だな。」
そんな事をね。

うん?何か私の言ってる事間違ってますか?
被害者の癖に、加害者に怒りを抱かずに、自分達の被害に反省するんでしょう?
やらないと損ですよ、そんな国に対しては。違いますか?

沖縄にしても、疎開用の船を片端から撃沈して回って、その上に疎開先の港を機雷で封鎖して、その上に民間人の被害をお構い無しに艦砲射撃で全てを粉砕し、洞窟に逃げ込んだら入り口から火炎放射器で炎を投げ込んだのはアメリカ人だ。

それを日本人がさも残虐な事を同胞に行ったかの様に吹聴する。
しかもそれを行っているのが反米の方々だと言うのがね・・・。
貴方がた、一体何がしたいのですかと・・・。

私、安倍晋三の言う「普通の国」と言うのは胡散臭いと思います。
所詮アメリカの都合の良い国でしょう。

ですが、エストニアの様な「まともな国」にはなって欲しいと思います。

加えてですが、中国大陸で日本がさも悪いことをしていた様に反省する方々もおられます。

租借地と租界
この程度の知識は持っておいて下さい。

当時の中国は列強の半植民地でした。
他の国、特に中国でアヘンを売り飛ばしていたイギリスとかがどんな反省をしたのかも良く知っておいて下さい。

日本にばかり辛く当たらないで欲しいのです。
もういい加減にしないと、このままでは日本人が本当に歴史を理解できなくなってしまいますよ。

より良い日本を作り、後ろ向きに反省ばかりしているよりも、戦勝国達の作り上げた嘘の世界をぶち壊す方が先ではありませんか?

Column of the History 122.人種差別撤廃を発議した「常任理事国」日本 (2003.6.7)
戦前の日本が今の日本と同じ様なとんでもない罠に嵌って、迷走の挙句に戦争に突入した事は先日記事にした所です。

軍国主義と言うのは確かに良くありません。
また、日本海軍のあの「通商路を守るつもりもない好戦性」については、戦後の自衛隊の強く反省する所となりました。
今の日本は昔のようにはならないでしょう。

「今後本当の歴史を皆で学べば、もっと昔の様にならないでしょう」

ですが、要らない反省ばかり繰り返して、アメリカの作り上げた虚構を信じている限り、また日本は戦争に突入して行くかも知れません。
戦勝国たるアメリカのミスリードで。

私はそれを心配しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全くその通りですね。日本は言われるがまま過ぎると思います。どんな国でも自国の為に弁明のひとつもするものなのに・・・。必要以上の反省は反省でなく卑屈、自分自身を貶めるだけ、という事になってしまいますね。
2007/01/18(木) 17:49 | URL | sesiria #-[ 編集]
卑屈でない方が彼等は心を開くのです。
そのうちその関係のエントリーを建てますよ。
2007/01/18(木) 23:38 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/51-0269c113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。