独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラへの対処、研究していた=自衛隊出動、武器使用も可能-防衛省

12月21日21時2分配信 時事通信

 「頭の体操として議論したことがある」。防衛省の真部朗報道官は21日の記者会見で、怪獣のゴジラが日本に襲来する事態を想定した机上研究を旧防衛庁が過去に行っていたことを明らかにした。
 真部氏は、研究内容や結果についての説明を避けたが、同省筋によると、内局の運用担当者レベルで数年前に行った。その結果、襲来したゴジラは動物とみなされ、ネズミやゴキブリが大量発生した場合と同様、自衛隊法83条に基づく災害派遣として自衛隊の出動は可能。また、暴れるゴジラに対しては、「有害鳥獣駆除」の目的で、武器・弾薬の使用も可能との結論に達したという。

 
うーむ。ヲタクな防衛大臣にしては良い線を行っている様に見受けられる。

しかしヌルイ!

問題はゴジラが暴れる事ではない。ゴジラには通常の兵器を使っても通じない事ではないか?

やはりゴジラへの対処を研究していたと言うのならば、同時にメーサー殺獣光線砲の開発を行う無しには片手落ちであろう。いや、無意味でさえあるだろう。

東宝特撮映画の登場兵器 - Wikipedia


そしてやはり宇宙人の侵略になんとか対抗できそうな代物と言うとこれでしょう。
轟天号 - Wikipedia
艦長はドン・フライにお任せで、TOKIOの松岡君とショウ・コスギ氏にも搭乗して頂かないと。

特にショウ・コスギ氏にはフラッシュプリズムを持たせたら、ピンチの時にはウルトラマンパワードに変身して、三分間だけ戦ってくれるでしょうし。
なかなか期待大です。

と言うよりも、自衛隊に出動させるんじゃなくて、専業の怪獣やっつけ隊を組織した方が良いのではないかとも思うね。
古い東宝特撮とか見てると、身の丈50mの怪物に対して平気で機関銃の銃弾を給弾してる人とか、火炎放射器を浴びせてる人居るけど、私なら腰抜かして正気で居られないかもしれないなぁ。
見てるだけで怖いですよ。大阪城の天守閣がこっちに向かって敵意満面で歩いてくるノリでしょう?
普通の度胸の人達じゃ、戦うとか言う以前の問題だと思うけど?w

ともかく、自衛隊がゴジラと戦うと言うのならばまずはメーサー殺獣光線砲車の配備は必須でしょう。
そしてこの音楽を光線砲車隊のテーマソングにすると。
メーサーマーチDE戦車行進 @1st YouTube Video
うん、この音楽が流れていたら、何とか怪獣相手にでも戦えそうですね。勇気凛々です!

ちなみに、メーサー殺獣光線砲ですが、あのキングギドラですらも絶叫させてしまう威力があります。メガロなんかのたうち回ってましたし。(でも反撃には弱かったがw)
ともかく、大概の怪獣ならばメーサー殺獣光線砲車で何とかなるでしょう。怪獣と戦うと言うのなら、まずこれを開発する決意をして頂きたいものです。

もう、話はそれからとしか言えないですね!

最後の最後に、石破大臣の名誉の為に添えておきますが、彼がこの問題を前から考えていたのは、何かのTV番組で「もしゴジラが現れたら自衛隊はどうするのか?」と随分以前に質問を受けていたからです。
当時の防衛大臣は久間氏であり、石破氏は当時無役でした。前防衛大臣として質問を受けていたのです。
よって、石破大臣は執務中にボケーっとこう言う事を妄想していたのではない・・・と言う事もご存知下さいませ。
つい最近に考えて、防衛大臣としてあるまじき個人的想像を行っていたのではないと言う事です。

ではこのエントリーはこれで終わります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オキシジェンデストロイヤーの開発も進めるべきだと思います(笑)
ゴジラに核は効きません。
2007/12/22(土) 15:46 | URL | 農民 #9qezcnfQ[ 編集]
>農民様
いえ、絶対メーサーです。
オキシジェンデストロイヤーだと、ゴジラ死んじゃうじゃないですかww

それと、オキシジェンデストロイヤーにはキャタピラがありませんし・・・。
もうその時点で許せませんw
2007/12/22(土) 16:49 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/508-a4578524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
伊勢雅臣氏の「国際派日本人の情報ファイル」を転送します ■1.古代文化と現代文明の不思議な共存■ 「そう、新旧の不思議な共存、外国人が日本へきて驚くのは、それですよ。近代技術の粋を集めた丸の内のビル街を、古風な祭
2007/12/24(月) 08:35:51 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。