独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう、究極の出鱈目と言えるかも知れない。

つまりサービス残業の公認と、首切りの正当化を促すお墨付きと言う訳。
それと、事実上、日本の労働組合が数十年にわたって積み重ねてきた労働者の権利、それを天下御免で否定した訳。
「お前達とは交渉しない。口で言っても俺たちは聞かない。今まで話した事も反故にする。」そう言う宣告と同じ事。

完璧に居直ってると言うか「職を失いたくなければ、もっともっと働け奴隷」、そう経営者様が言ったら逆らうなと言う事だろうね。

労働者を馬鹿にしていると言うより、完璧に金で階級を買う時代になってしまったと言う事なんだろう。
小泉内閣は横並びの日本社会の構造を破壊した。
そうしたら縦並びの日本社会になった・・・。
まあ、必然的な流れと言うべきだろう。小泉純一郎の言う事をキチンと読解していたら、全く驚く理由の無い方向性なんだけどね。

でも、問題の本質はそこにはない。
繰り返し言っているけど、これは「今後の日本企業はこうでもしないと生き延びられない」と言う国からの宣告であると言う事。

消費税率を上げれば、当然の事ながら企業が苦しむ事になる。
それを先取りして、企業の防衛策を提示したのがこの「ホワイトカラー・エグゼンプション」と言う事。

ここまで過酷な事であっても、まだこれから起こる事の予兆でしかない。
それをどうも日本人はわかっていない様子なのだよね・・・。

ともかく、ネットに転がっているコピーを一つ貼っておこう。

● ホワイトカラー・エグゼンプションが実行されると ●

1.一定の収入・役職者のサービス残業が合法化されます
  24時間働かせても合法(!)です。

2.いくらサービス残業させても給与を上げる必要が無い
  → 雇用主側は、いくらでも仕事を押しつけられる
  → ホワイトカラーエグゼンプション対象外者の仕事が吸い上げられる形に

3.結果として、
  ホワイトカラーエグゼンプション対象者は実質給与減と労働時間の増加
  対象外者は失職する可能性増大
  フリーターは正社員どころか派遣・バイトに就けられない可能性増大

おまけ
  ホワイトカラーエグゼンプション対象者には、仕事中の事故であっても労災が一切おりなくなります。雇用主、使用者の責任は一気に軽くなります。

自分は所得が少ないから、役職者じゃないから、バイトだから、派遣だから関係ないなんて考えていると、数年後にはとんでもない事になります!


まあ、安倍政権では当然の方向性な訳だが・・・。
小泉が安倍に政権を譲ったのは、自分の代わりに手を汚してくれる馬鹿な手下だと理解した上でだろう。

やらせタウンミーティングの罪を全て被ったのを見ても、それは明らかな事だろう。
今の悪政は、小泉&竹中のコンビが裏で今も糸を引いている証しであるが、そんな輩に投票してしまった自責の念を抱く者は少ない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さらに問題は
労働者がケガをしても企業は責任を取らなくても良くなる
事です。
2007/01/01(月) 16:48 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
>ななしのお方
ホワイトカラー・エグゼンプションとは「どんな働き方をさせても許される」「経営者はどんな働き方をさせても責任を取らないで済む」と言う方向性の追認です。

「国家が許すから、経営者は好きな様に労働者を働かせろ」一言でいってそう言う事です。

で、労働者に対しては「経営者の言う事が気に入らないなら辞めれば良いでしょう?」と言う訳です。
そして社会保障は削減して「働かざる者食うべからず」と言う風に仕向けています。

まあ、「本来の資本主義の国」と言うのはこんなもんです。

我々が知っている資本主義の国とは、19世紀から20世紀の労働運動の遺産が残留していた、共産主義と妥協した資本主義の国だったのです。
2007/01/01(月) 21:17 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
こんにちは、はじめまして。
メロディさんのブログ周りで来ました。

労災が下りなくなることは、見逃していました。
ひぇ~恐ろしい。
私は職場のストレスで休職しました。
私自身は軽かったからいいけど、鬱病とかの場合、明らかに労災だろう、というケースもありますよね。
そうか、過労死万歳法案だということをすっかり忘れていました。
恐ろしい恐ろしい。
ここはキーポイントですね。

TBさせていただきます。よろしくおねがいします。
2007/01/09(火) 15:36 | URL | phantom #-[ 編集]
>phantom様
労組の役やってた私なんかからみたら、この法案狂ってるとしか見えませんよ。
多分私以外の人が見ればもっと穴が見つかると思うんですがね。

なににせよ、この事を政党の良くわかってる人に更に改めてほしいと思うんです。
これ本気で凄い混乱呼ぶ爆弾だと思います。

今後ともいろいろ意見して下さい。
私の指摘以外の気がついた事があったら、その時はコメントでいろいろ教えて下さい。
2007/01/09(火) 22:05 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/5-d1c5e5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったものだ安倍晋三総裁誕生以来パッタリ大人しくなったネットフナムシ明らかにタダ残業はしない口であろうホワイトカラーエグゼンプションでは決して"被害"を被らないタイプ(爆)
2006/12/31(日) 20:42:11 | ぬぬぬ?
この間の、「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関する安倍晋三の発言には、心底驚いた。新聞記事はすぐたどれなくなるので、「kojitakenの日記」に安倍の発言を報じる朝日新聞記事をコピペしておいた(下記URL参照)
2007/01/08(月) 10:34:38 | きまぐれな日々
ホワイトカラーエグゼンプション法案を通常国会に出すか出さないか揉めているようだ。安倍君の「少子化に役立つ」発言は、ボンボンぶりをさらけ出しちゃって、支持率を引き止めたい中川幹事長としては、参議院選への次の一手に悩むところだろう。私はこの残業代踏み倒し合法
2007/01/08(月) 16:21:28 | あんち・アンチエイジング・メロディ
ホワイトカラーエグゼンプションの本質は、「労働対価(給料)を測る尺度(物差し)を【時間】から、【成果】に切り換えましょう。」ということだ。だから、残業代を支払わないのではなく、残業という概念自体が存在しないのだ。尺度が変わるとは、例えば、「時間いくら」の
2007/01/11(木) 07:07:40 | ベンチャー起業の秘訣!無料アイデア付き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。