独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日南京事件の嘘を暴く集会があったそうだ。

本来的に南京事件は、ただの国民党のプロパガンダであり、反日宣伝の結果でしかない。
当時南京に居たジャーナリストが死に絶えたのを見計らって、その後に朝日新聞の本多が嘘の歴史をでっち上げたと言うのが本当なのだ。

中国はその尻馬に乗っているに過ぎない。

そこで私は思うのだが、当時の資料などを全て所有しているのは「中華民国」つまり台湾なのだが、それらの資料を台湾は公開しないのか?と言う事だ。

台湾こそが当時の正統政府、当事者であり、そこから南京大虐殺は虚構だと言う証言をもらえたら、非常に日本としてはやりやすいのだ。
もちろん、その結果日本から好印象も獲得できる。
二国とも嬉しい事なのだが、そう言う事はやりたくないみたいだな、台湾は。

まだまだ所詮は緊張感がみなぎっていないと言う事だろうな。
このままでは今後の経済が左前になってくるだろう「飢えた中国」から、力一杯の脅迫を・・・独立を失うまで継続されそうに思うが、どうなのだろうか?

まあ、国家が自分達の非を認めると言うのは辛いものだし、面目も失う事ではあるだろう。
だが、国家と言っても「あのプロパガンダで嘘をつきまくっていたのは国民党」なのだが、現在の与党は国民党とは違うよね?
やるなら今だと思うんだが・・・・。どうも台湾には緊張感がそう言う所で見えない。

党派VS党派で分裂して、最近では国民党に与党は負け続けだしね。
あの国は所詮は大同団結とか、独立固持とかよりも、身内同士の争いの方が大事なのかな?とも思える。
親台湾派から見てそうなのだから、中国などの反台湾勢力から見ればもっと隙が見え見えだろうなとも。

台湾の守護を自認するアメリカも最近経済が妙な具合になって来ている。
台湾に残された時間は存外少ないと思われるのだが・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/492-275541ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。