独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソースはこちら。
オイルを作る藻が、日本を救う? 1/2 | WIRED VISION

バイオマスの本命! | 復活!三輪のレッドアラート!


こちらでも書いていましたが、現在の椰子油、あるいはとうもろこし由来のバイオマスは、却って環境を悪化させると言う事です。
穀物の値段も超凄い上昇振りです。穀物メジャー大喜びですね。あとはファンドも。

そう言う筋の悪い道ではなく、こっちの方、「塩水で育つ海草」やら、「小規模な藻類」からバイオマスを抽出する方が絶対に理にかなっています。

大体の陸上植物は「作りが大規模過ぎて、自分達の組織維持の為に凄い力を注いでしまう」と言う一大欠点を持っています。
莫大な淡水を使い、しかも自身の構造維持と巨大化の為に凄い労力を裂いているのが、実は巨木になりがちな陸上の植物なのです。
これはススキ程度の植物から、メタセコイアまで一貫してそうなのです。

小さい藻類、海草類、これらこそ非常に有望なバイオマスの調達先に思えます。
しかし、このオイルを作り出す藻ってのは、亡くなられた石川賢氏の漫画「無頼・ザ・キッド」でも同じ方法で石油を作ってたんですね。
彼もあの世で「ほほー!」と思ってらっしゃるでしょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本の風土に合う技術を優先的に開発し、早期に有効活用するためにも、「我々は日本で生きる、日本人である!」という当事者意識、主体性を強く持つ事が重要なのでしょうね。そういった意識が失われているから、日本に合わないヘンテコな経済政策や技術を導入することになると。三輪様がこれまで繰り返し述べられていることに繋がりますね。
2007/12/06(木) 21:50 | URL | RAS #-[ 編集]
TBです
バイオ燃料生産は多種作物混在地での小農民生産が最善
http://sun.ap.teacup.com/souun/696.html
2007/12/07(金) 20:22 | URL | 早雲 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/487-f9471a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。