独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の教科書検定の問題だが、”集団自決に軍の関与があった派”の言い分は徹底的に筋が悪い。

自分達が信じ込んでいるのは結構、しかし結局のところ、軍の関与を示す公文書は全く見つからず、軍の関与を裁判で認めさせる事は全くできない状況だ。

それなのに、今回は”自決の記述が消されたから政府が関与して元に戻せ!”と言う言い分だ。
では一体今までの自分達の主張は何だったのだ?と言う事になる。
地道な主張で”政府は教科書に関与すべからず”と訴えて来たこの何十年間の努力は一体何だったのだ?

所詮は餓鬼道なのだ。
今風向きが良いのだから好き勝手。政府が弱腰だから教科書に政府から関与させて無問題。
まさに語るに落ちると言う事ではないか?
貧としか表現できないみっともなさだ。次にやってくるのは困であろう。

沖縄タイムズも流石にこの流れには疑問を持っているのだろう。このような記事が書かれている。
沖縄タイムズ 「集団自決」修正/撤回否定に批判集中

「自決」記述復活 反対決議を採択/政治介入に反対の会

 【東京】「教科書検定への政治介入に反対する会」(小田村四郎代表)は四日、都内で集会を開き、文部科学省が教科書会社の訂正申請を受け、記述復活することに反対する決議を採択した。

「教科書検定への政治介入に反対する会」の決議に反対してみるかね?
まあ、面白いからやってみる価値もあるだろうけどね。
原則を守り、地道に闘争しようとする者はこう考えていると言う事だ。

無原則な事をすれば、衆院の数に任せて強引な政治を行った、某美しい国の総理大臣と同じ末路になるんじゃないかとね。
私などはそう言う事を考えてしまう訳だ。ともかく無原則な主張など論外である。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/485-eca13b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。