独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン核兵器開発03年中断 米政府が評価公表『現段階で所有せず』 2007年12月4日 夕刊

 【ワシントン=小栗康之】米政府は三日、イランの核開発問題に関する国家情報評価(NIE)を公表し、イランが二〇〇三年秋に核兵器開発を中断していたことを明らかにした。ブッシュ米大統領はイランの核兵器開発の脅威を主張し続けてきたが、必要以上に危機感をあおっていた可能性もある。
 NIEによれば、イランの核開発の現状について「イランは現段階で核兵器を持っていない」と指摘。
 その上で「われわれは〇三年秋にイラン政府が核兵器の開発を中断したと、自信をもって判断した」とし、核兵器開発は進んでいないとの見方を示した。

 ただ、イラン政府は核兵器開発中断後もウラン濃縮活動を続けていると強調。
 「核兵器開発の選択肢は依然として残っている」とし、今後、核兵器開発に踏み切る可能性は十分あるとしている。

 また、イランの核開発能力について「二〇〇九年より早く、核兵器を製造するために十分なウランを濃縮することはできないだろう」と分析した上で、一〇-一五年の間に兵器製造に十分な高濃縮ウランを生産し、核兵器開発が可能になるとも予測している。

 NIEは中央情報局(CIA)など十六の情報関連機関の調査を総合分析したもの。二年前の調査ではイランは核兵器開発を決断したと分析。これを根拠にブッシュ政権はイラン核武装の脅威を強調し、軍事作戦を含む対イラン強硬論が高まる背景になっていた。

 二年前の調査結果を全面的に見直したことについて、ハドリー大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は三日の記者会見で「イランが核兵器を得る可能性は残っており、深刻な問題だ」と述べ、脅威は消えていないことを強調した。


とまあ、こう言う感じに落ち着いたようですね。
でも、安心は禁物みたいです。


イランの脅威は不変…イスラエル国防相、米評価受け

 【エルサレム=三井美奈】米政府の国家情報評価(NIE)を受け、イスラエルのバラク国防相は4日、国軍ラジオで「イランは核兵器計画を一時停止したが、再び着手したはずだ」と述べ、脅威は不変であると主張した。イスラエル軍情報部は11月、「イランは09年にも核兵器を完成する」との見方を示しており、米国の分析とのズレに戸惑いが広がっている。

 国防相は、米国によるイラン攻撃の可能性は低くなったと認めた上で、「言葉だけでミサイルは止められない」と述べ、イランに対する軍事攻撃を選択肢から排除すべきではないとの立場を示した。
 ただ、イランは同国から1000キロ以上離れている上、核施設は数十か所に散在していると推察されるため、「攻撃には米国との協力が不可欠」(軍事筋)との見方が一般的。
 米国で強硬論が沈静化すれば、攻撃は事実上、不可能になるとの見方が強い。

 また、イスラエルは米国とともにイランの脅威を強調し、アラブ諸国を含めた「包囲網」作りを目指してきた。今後もイスラエルが同じ路線をとれば、「信用が損なわれ、オオカミ少年のように映る」(同国紙イディオト・アハロノト)との懸念も出ている。


一体どうなるのやら・・・・。とりあえず、当面は良識が勝ったと言う事でしょうかね。

実際、イランを攻撃するとなれば・・・・”普通の空爆”である訳もないですからね。
結果を考えたら、合衆国の軍隊なり、諜報組織なりは「金の為にイランと戦争」ってのは嫌がる事でしょう。
結局、アメリカと言う国をチップに、政治家と資本が悪趣味な遊びを行う時代は終わりかかってるのでしょうね。

いや、そうであればと思います。(まあ、それはそうとして、とうとうアメリカも欧州の軍隊を引き上げる方向に向かってますね。イギリスだけで耐えられるんでしょうか?)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アメリカでは資本と軍が戦争をしています。これは軍のクーデターで資本の頚木から米軍が逃れる兆候です。米軍のカエサルはいずこにありや・・・
2007/12/05(水) 00:52 | URL | 孔明 #-[ 編集]
核兵器は作らなくても、買うことはいくらでも出来るのではないでしょうか。実際に小型核兵器の紛失事例がロシアであったそうですし、老朽化して処分に困っている核兵器がアメリカにも沢山あるそうです。今回の防衛省汚職問題でも解るように、お金と保身のために犯罪を犯す人は世の中には沢山います。スーツケース型の小型核兵器もあるそうですから核兵器を製造しているかいないかをチェックするだけでは余り意味がないとおもいます。
2007/12/05(水) 05:18 | URL | アンチカルト #-[ 編集]
孔明様の今までの論考を見た者は理解できますが、その論考を知らない米国民は「では何故、イランにブッシュはこだわったのか?」という部分に立ち返れるかが今後の展開を示す鍵なのかもしれませんね。
イラクの時のように、ブッシュ(政権)が何故それを行なったのか?を論ぜずに、ただ単純にブッシュの失敗を叩くような流れになれば、結局のところブッシュというスケープゴートがきられて裏の真相は闇の中に・・・などなりそうな気がします。
2007/12/05(水) 10:53 | URL | 果名 #mQop/nM.[ 編集]
国産ステルス開発が発表される時、命令無視の判決がだされるのだろうか。
2007/12/05(水) 20:36 | URL | 戊辰 #LkZag.iM[ 編集]
>戊辰さん
悪いがね、国産ステルス開発が発表されたら何が起きて、どんな事に対して命令がなにで、どうして命令無視を行う必要があって、誰が何のかどで判決を出すのか説明してくれないとね。

私達は「途中が全て飛んでる」事の結論なり疑問を投げかけられても困るんだよ。
千里眼でもないし、普段の貴方が参加している会話なり、貴方が読んだ記事なりを読んでいないので何の評価もできないしね。

・・・・。つまり、貴方の言ってる事なんか理解できないと言う訳。
正しい日本語云々以前の問題があるんじゃないかね?貴方のレスには。
自分で自分のレスを読み返してそう言う風には思えないか?
2007/12/05(水) 21:00 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
湾岸諸国がドルペッグを解除しない事と引き換えに
米がイラン戦を当面回避したと言う可能性も有るかも知れぬが
来年4月に出るマクレラン回顧録等で
チェイニー等が逮捕され
イラン戦が完全に封じられた後は
湾岸諸国も堂々とドルペッグ解除に踏み切ると言う可能性も
有る訳だろうか
2007/12/05(水) 21:48 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/484-8ac74014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
審議官「撤回考えず」 軍強制削除検定意見(琉球新報 12/4) 「沖縄戦の歴史歪曲(わいきょく)を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」など3団体と県選出・出身野党国会議員らは4日午前、文部科学省に布村幸彦審議官を訪ね、
2007/12/05(水) 08:05:03 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。