独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相は「合意文書」否定 小沢氏、正当性強調の思惑 2007年11月29日 21時00分

 福田康夫首相は29日、民主党の小沢一郎代表が先の党首会談で安全保障政策に関する合意内容を文書にまとめたと発言したことに関し「文書は存在しない」と否定した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 小沢氏は「同じ文書を互いに写し合って、確認し合った。(今も)メモは持っている」と強調したが、首相は「小沢氏はわたしが書いたメモを写していった。しかし、その部分だけの話で全体についてまとめたわけではない」と「合意文書」との見方を否定。メモの内容に関しては「結局、(党首会談の結果)何もなかったのだから言う必要はない」と述べた。

 小沢氏が自ら「文書」の存在を明らかにしたのは、自民党との大連立に向けた政策協議を党内に提案した判断の正当性を強調したいとの思惑があるためとみられる。

 小沢氏の意図について周辺は「首相の考え方をきちんとチェックして、慎重に政策協議入りを判断したのだと党内にアピールする狙いではないか」と指摘する。

さて、双方の言い分が正反対になった。
こう言う場合はどっちかが嘘をついている。嘘を暴いた方が勝つ。
もし、小沢が文書を持っていたなら、その時点で福田の負け。でも、小沢は「持ってるけど文書は出さないよ」と嘯いている。

で、それに当て込んで福田は「文書なんか無い」と突っ張ってる訳だ。
そりゃそうだろう。「安保関係を徹底的に否定する文章」何だから渡した者の負けだし。

でも、渡してしまったならその時点で負けだってば。勝ち目は全く無いよ。
首相の独断で今までの政治姿勢とかを全否定されてしまったら、議員ならばそんな背信には絶対にYESとは言えない。
やはりここらが小泉と福田の違いだね。弱すぎるよ、福田総理。
自分でもそう思ってるでしょう?w

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/475-5333ddb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。