独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再編交付金 理不尽な「アメとムチ」(11月25日)

 これがまっとうな政策だろうか。

 防衛省が、米軍の再編計画を受け入れる自治体に支給する新交付金の本年度分の額を公表した。

 対象は全国で三十三市町、計約四十五億円。道内は米軍機の訓練が移転してくる千歳市に四千四百万円、苫小牧市に二千二百万円が交付される。

 このほか、最近になって受け入れを表明した沖縄県の三町村の交付額も追って決めるという。

 政府は今年五月、この制度を創設するために特別措置法を成立させた。額は自治体の協力度合いによって決められる。
 計画に反対しているうちはカネは出ない。露骨な「アメとムチ」だ。


 苫小牧では、訓練移転に反対だった市議会が九月になって容認へと方針を転換した。

 国に逆らっても移転を止めるのは難しい。それなら交付金をもらう条件を整えた方がいい。

 住民になお反対の声が根強いなか、そんな苦しい選択を迫られた。

 沖縄で受け入れに転じた三町村は、地域の長年の懸案である消防・救急医療体制の整備に政府の協力を得られることになったのを、理由の一つに挙げている。

 自治体の財政難につけ込むように、交付金をぶら下げて国の意向に沿わせる。それは、地元の民意をカネで買おうということではないのか。

 受け入れ反対を貫く神奈川県座間市、山口県岩国市、沖縄県名護市は対象からはずされた。

 座間市と岩国市の場合、受け入れを表明した周辺の他市町には交付金が支給される。

 反対しない自治体だけを相手に移転計画を進め、既成事実をつくっていく。政府のそんな傲慢(ごうまん)な態度も透けて見える。

 岩国市は交付金が出ないだけでなく、新市庁舎建設の補助金が打ち切られた。来春完成予定だったが資金繰りのめどは立っておらず、市政に混乱が続いている。

 名護市は普天間飛行場の移設計画の修正を政府に求めているが、これまでの話し合いの努力は評価に値しないとみなされたことになる。

 いくら米軍再編が進んでも、地元をこれほど苦しませておいて住民の理解と協力が得られたとはいえまい。

 そもそも、四段階に分けられた受け入れの進み具合の評価基準は、ガラス張りといえるのだろうか。国への従順度を測る物差しにしか見えない。

 十月末に対象自治体が決定したときも、官報で告示しただけだ。政府は説明責任を果たしていない。

 交付金は向こう十-十五年間、継続して支給されることになっている。公平性と透明性の確保は、政府の最低限の義務だ。


 まあ、確かに移転先でない市区町村に金を出すいわれは無いので、事実上この件については受け入れしなかった方の自己都合と言う事でFAなのだ。

 けど、言わせて貰えば「わびもさびも無い」やり方だなとは思う。

 金が欲しければ、援助して貰いたければ住民をねじ伏せて見せろと言うのはね。
 反対派の一部がごりごりの反日分子である事は確かだ。
 けど、受入賛成派が喜んで受け入れたのかと言うと、それは違うと言う風にしか見えない。

 実際、地方の困窮の仕方は今の時点でも並大抵ではない。
 そりゃあ、諸外国と比べたら随分ましなのはわかる。
 けど、他の日本国内、特に東京都と比べたら地方のこのうらぶれ方や困窮は同じ国とは思えない程だ。

 結局、自民は地方を活かさず殺さずなぶりものにして、金と利権で縛り上げて食い物にしているとしか、最近の私には見えない。

 理念ではなく、実際を知っているからこそ、だからこそ最近はそう思うのだ。
 同じ国の国民と言う風には地方の人達は見られて居ないのだろう。
 そう思うと哀れさが募るのだ。どこまでも良くしてあげるだけが仁政ではないだろう。

 だが、困るネタ、構造的に困るネタ、困苦、貧窮、共同体の離散を自らが演出して、その延命をネタに強請り上げると言うのは、これはまさしくやくざ者のやり口ではないか。
 国政に携わる者ならば絶対に恥じなければならない事の筈だ。
 正義を論じる青臭い面ばかりではどうにもならないだろう。

 しかし、他人様の弱みに付け込むにしても、自らが作り出した弱みを自らが突く等・・・。
 それは許されない。誰かがそれを糾弾せねばならない。
 その前に、まず地方がどんな風であるか。それを国民、特に都市部の国民が知らねばらない。
 俺には関係のない事だと嘯く向きもあるだろう。
 もちろん居るだろう。

 そう言う奴は「外国人のメンタリティ」を持った奴なのだが。そう、売国奴と呼ばれる者は、かならずそう言うメンタリティを持っているものだ。
 そんな人でなしになってはならない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/464-1891fb6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。