独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虫けらブロガーのクロフネがまたまた狂気の論説を唱え、それに株式日記の売国不動産屋が唱和している様だな。
ここまで醜いコラボレーションと言うのはそうそう見られるものではない。

馬鹿は馬鹿同士、売国奴は売国奴同士で共鳴する所があるのだろうな。
地方の財政は地方公務員のせいで苦しいんじゃない。
元来から交付税無しにやっていけない様に「自民党」が体質を作ってた訳でしょう。

農家に対しての所得政策を行って、地方から都会に出向くように仕向けたのも自民党。
そう言う構図の中でトチ狂った政治家が続出して、地方潰しを仕掛けて来た。
構造カイカクとやらで「首都が都市を」「都市が農村を」「農村が農民を」と、それぞれの段階で搾取する「中華式政府」を樹立しようとした者達。
そう、自民党清和会の面々の悪政に対して、健全な日本国民が離反しているだけの事。

第一、ただの労働者である地方公務員を憎んでどうなるってのよ。
地方の雇用を減らすだけでしょう。
もの考えて喋れ、アホども。アホが正義を唱えると最低の悪党になる、そう言う見本がこいつらだな。

さて、アホをひとしきり罵った後で本題。

チョイ前に会計事務所の先生とお話してた。そこで出た話題は何とも世知辛い話題だった。
確かに日本のいろいろな企業は、企業努力で「生産性」とやらを上げている。
それは会計事務所の先生も実感する所なのだそうだ。
しかし、それならば何故にこんなに企業が倒産するのか?

知ってる人は知ってるだろうけど、知らない人も多いだろうから言っておく。
その理由の多くは「企業の資金繰りの問題」なのだそうだ。


企業が売り上げを上げる

その売り上げは多くの場合「売掛金」になる

「売掛金」が回収できると踏んで仕入れを行い、人を雇う

「売掛金」がなかなか回収されない

自分の方の仕入れ用のお金が無くなる、給料を遅配する

資金繰りがどんどん苦しくなって遂に倒産


世間のボンボン達(主に自民党を未だに支持できる苦労知らずのアホども)が思ってるより、ずっと今の日本は苦しくなっているみたいだ。
どんどん「本来的に金が流れるべき所」に金が流れなくなって来ている。

これもひとえに構造カイカクの成果と言う事なのだろう。
今の日本の経済規模って、大阪やら神戸やらでも縮小して来ていると、みんなが実感し始めている。
良くここまで深刻な状況に目を瞑って「均衡財政」だとか「財政再建」だとか寝言を口から吹き出せるものだよ。
ここまで政治家が盆暗になってしまったのは、こんな政治家をまだ庇うクロフネやTORAの様な屑の講釈師どもの様な節穴以下の眼力と、論理性の全く無い脳みそで世界を妄想するアホが日本に多過ぎるからだろう。
こんなボケどもが一端の識者ぶってられる様な「平和さ」が馬鹿政治家をのさばらせるのだ。

ともかくも、民主党はこう言う買掛金が回収しにくい事で潰れる企業や商店を救済すべきだね。
どんな福祉政策よりも「リピーターが生まれる政策」だと思うよ。
商売人ってのは、とっても苦しい時に助けてくれた誰かを忘れないものだから。

金じゃなくて清き一票って事なら、一生入れ続けてくれるかも知れないしね。
その反対に、こんな出鱈目な社会をつくり、自分達の労働の成果を台無しにしてくれた自民党には、一生投票しない人がこの数年で何十万人増えた事なんだろうか?
そう言う事を考えたら、自民党が蘇生する方法は解党しかないかも知れないね。

倒産すべきでない企業は倒産させない事だ。政府の役目は国民の安寧を守る事。
軍事では他国の侵略を許さない事。経済では失業を防ぎ、勤労者が営々として積み重ねてきたキャリアを失わせない事。
働いている人達がもっと安心できる世の中こそ、今求められているのだ。
それに気がつけない者には政治家たる資格は無く、それがわからない者には政治を語る資格が無い。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBです
現行消費税制度のまま消費税率をアップしていけば国民経済は崩れていく
http://sun.ap.teacup.com/souun/1260.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/1261.html
不安を払拭してほしい
http://sun.ap.teacup.com/souun/1268.html
2007/11/25(日) 20:53 | URL | 早雲 #-[ 編集]
>どんどん「本来的に金が流れるべき所」に金が流れなくなって来ている。

問題は、日銀がその逆の認識でいるということですね。
日銀総裁は、最近もまたバブル警戒の発言をしているようですが、低金利でも通貨流通が滞っている現状を全く認識していない。それどころか、「金融を緩和していると倒産させるべき企業に資金が回ってしまう」と見当違いな心配をなされているようですよ。
この手の構造改革カルトを、政府・日銀の双方から追放することが、経済再生の第一歩でしょう。
2007/11/25(日) 22:57 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
うーむ
  次の非自民政権は、有権者の支持を得るのは非常に楽でしょうね。なんといっても、自民党と逆のことをやっていればいいわけですから。
  あるいは、アメ公が突きつけてくる年次改革要望書とかいうご託宣にあることを、のらりくらりをかわして実行しなければ、日本の国民生活がこれ以上悪化しないのも明白ですし。
  ある意味、すっげえ分かりやすいですよね、自民党=アメリカの馬鹿コンボ。イギリスが相手だったら、こうはいかないんだろうな・・・。

  しかし、まだ公務員叩きやってるアホがいるんですか。こういう連中って、結局終身雇用で安定している公務員がうらやましいだけ何じゃないかと思いますね。元ネット右翼だった自分が言うのだから間違いありません。いい加減目を覚ませ、馬鹿ども。
  人には自助努力を求めるくせに、自分は努力しないで他人がずり落ちてくるのを手を叩いて喜んでいるというのは、性根が腐っているとしか言いようがありません。てめえらみたいなやつは靖国に来るんじゃねえ、と言ってやりたいですね。
  すみません、少し酔っています(笑)。

>>雪猿さん

  日銀というのは、できた当初から英国金融資本の息がかかっていたみたいですし、幹部候補生の留学先はあの「シカゴ大学」です。しかも、立派な株式会社ですし、こいつらに自浄作用は期待できない気がします。
  政治家が財務省のアメリカ留学組が打ち出す基地外財政政策を封じ込めれば、日銀がアホでも日本の産業力や内需志向は保てる気がしますよ。まずは、消費税増税阻止、「輸出戻し税」廃止、そして石油ガソリン税減税あたりからどうでしょう。
2007/11/26(月) 01:00 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>ろろ様
>できた当初から英国金融資本の息がかかっていた

ありそうな話ですね。
そもそも、何故通貨発行権を政府から切り離し、金融政策を政治から切り離して行わねばならないのか。「政治が関与するとインフレ的政策を取りやすいから」なんて説明もありますが、今は現に逆にデフレ不況になっているわけですし。
マスコミも何かと「日銀の独立性は守られるべき」なんて記事を書きますが、誰のために、何からそれを守るのかという意味がわかっているんでしょうか。
国民から選ばれた政府に対して独立性を守っているのだとしたら、「誰のために」は推測がつきますね(笑)

ろろ様の仰るとおり、真の保守派が政権を握れば、日銀はどうとでもなるでしょう。現に、日銀総裁人事は国会同意が必要ですし。あとは、どう保守勢力を糾合するかです。個人的には国民新党にその中心になって欲しいのですが、まだ国会内では少数です。今後の党勢拡大に期待するのみです。
2007/11/26(月) 21:29 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/463-1ec021e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。