独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事少し気になるんですよね・・・。

「改革まだ足りない」小泉元首相、活動活発化の意向 11月13日21時9分配信 読売新聞

 【シンガポール=実森出】自民党の小泉元首相は13日、訪問先のシンガポールで講演し「日本は改革をやりすぎたのではなく、まだ足りないという気持ちで、徐々に発言していきたい」と述べ、構造改革路線の堅持を目指し、政治活動を活発化させる考えを示した。

 小泉氏は「新内閣(福田内閣)が道路特定財源に終止符を打てば一歩前進と言えるが、そうしなければ一歩後退だ」と語った。

 衆参ねじれ国会の現状については、「開かれた議論を促す。政党が建設的な議論をしない限り、有権者は罰を与える」と述べ、与野党間の政策協議を促進すべきだとした。政界再編についても「可能性があるのは明らかだ」との見方を示した。



さて、このシンガポール、中国に乗っ取られたも同然の反日都市国家みたいな国で鬼畜元総理はいったいどんな人達に向かって公演していたのか?と言う事です。

シンガポールで「カイカク原理主義」の小泉が吼える相手って誰なんでしょう?気になりますね。こう言う人達だそうです。

次期衆院選「今後10年を規定」=小泉元首相が講演 11月13日19時1分配信 時事通信

 【シンガポール13日時事】自民党の小泉純一郎元首相は13日午後、シンガポールで開かれた米大手証券会社主催の国際会議で講演し、参院での与野党逆転を踏まえた今後の政治動向について「日本は程なく次の衆院選を実施するだろう。今後10年間の日本の経済と政治のビジョンを明確にする選挙になる」との見方を示した。

 

しかし、何でしょうね、このいかれた発言って。
「日本は改革をやりすぎたのではなく、まだ足りないという気持ちで、徐々に発言していきたい」
気持ちって一体なんでしょう?気持ち?うーん、わからないです。
政治家なら気持ちではなく、現実の把握認識は絶対必要な筈。
そうではなく、気持ちで行動する輩って政治家として全く適性が無いとしか思えない訳ですが。

まあ、アメリカ様に対して約束してみせたのだから、本当に衆院選も近いのでしょう。一連の小沢叩きもその布石と言う事でしょうね。
けどまあ・・・小泉って本当に老け込みましたね。数年前の彼とは別人になっている。精神が外面に現れている様に年老いてしまっている。
今更こんなのが動いたとしても、みんな変わり果てた老醜ライオンにもう一度付いて来てくれるものかな?

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この売国奴元首相はまた・・・
やはりまだ狂っているようですね。
私もこの記事を見て、底抜けのアホだと思いました。

狂人なんだね。

外国で発言・・・。日本人は聞いてないし。
どこぞの国の飼い犬ということがバレバレで、かっこ悪すぎる。
コイツにはもう出てきて欲しくないですね。




2007/11/14(水) 12:48 | URL | noa #-[ 編集]
どうせ飼い主から命令されたんでしょう。

米大手証券会社主催=モルガン・スタンレー
解りやすいお方です。
2007/11/14(水) 19:49 | URL | Ve #-[ 編集]
構造改革信者の常套句でしょう。
構造改革により生じた問題を指摘されると、大抵の信者は「それは改革が不十分だからだ!地方分権が足りないんだ!」と言いますよ。
でも実際には、どれだけ構造改革を進めても問題は解決しないから、彼らはずっと「改革が不十分だ」と言い続け、責任を回避し続けるわけです。
「じゃあ、いつになったら改革が終わるのかね?」と聞いたら、彼らは答えられないでしょう。
まあ、現実は「終わりなき改革=終わりなき破壊」だったりするわけですが。
2007/11/14(水) 23:15 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
雪猿さん
>構造改革により生じた問題を指摘されると、
>大抵の信者は「それは改革が不十分だからだ!
>地方分権が足りないんだ!」と言いますよ。

  それって、いつまで経っても男女の社会的役割が大きく変化していかないことを突っ込まれた左翼が、「ジェンダーフリーが徹底していないからだ!」と喚くのと同じじゃないですか(笑)。

  小泉とその信者は、根無し草の破壊主義者ということで、左翼と似たり寄ったりですね。
  どうりで、社民党が馬鹿な委員会質問で自民党をまともに見せるように工夫するわけだ・・・。
2007/11/14(水) 23:48 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>ろろ様

いや、本当に仰るとおりなんですよ(笑)
急進的左翼と新自由主義者というのは、次の2点で非常によく似ています。

1.国家を敵視し、その力を弱めようとする方向性。(規制緩和もそうですね)
2.自らの教条を絶対視し、批判を受け入れないカルト的性格。

そもそも、国家を敵視する保守などあり得るわけがありません。
新自由主義はいわば左派の亜流と呼ぶべき存在で、同じ穴の狢というやつです。経済的強者の側に付いているからといって保守というわけではありませんからね。

私も国家が必ずしも善なるものとは思いませんが、国家がその機能を喪失した世界は、よりひどいものでしょう。
現実的観点から、国家はその機能を維持し続けるべきだと私は考えますし、それ故に新自由主義を認めることはできません。
2007/11/16(金) 01:49 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/451-99a90738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
11月7日(水) 在日本大韓民国民団主催の「永住外国人に地方参政権を!」11・7全国決起大会」(午後1時開催)について、下記に概略を報告いたします。                       外国人参政権に反対する会
2007/11/14(水) 10:01:19 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。