独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
申し訳ないです。もうしばらくブログの更新速度は落ちたままになると思います。
そんな合間を縫って、ちょっとだけ皆様にお知らせしておきたいことがあります。

今回の小沢党首の辞任劇に関してです。
面白いお話を聞きました。
「一部の民主党と言うか反自民の方々」なのですが、滑稽にも「もう自民党は終わった、これからは民主党の時代だ。だから今後の事を考えなければならない」と言う風に早合点している様です。

今回の騒ぎの最中でも「別に小沢でなくても自民相手には勝てた」と思っている口が公然と小沢を叩いて居た様ですが、民主党執行部はそうは思っていないようです。

小沢党首でなければ勝てないと一番知っているのは民主党執行部です。
今回の参院選で何故民主党が勝てたのか?
「それは民主党の現在の政策がかつての保守の政策」だからです。

それが「反保守政党」となってしまった自民党にとって痛い政策だったからです。
私が繰り返し繰り返し言っているとおり、現在の自民党は「保守的な政策を取れない」と言う自縄自縛に捕らえられています。だから小沢の保守政策に勝てないだけです。

別に「特定の人達の反自民思想」が自民党に勝ったと言う事ではありません。
んーーー。なんつーかね。私は保守側の人間だってのはみんなわかってくれてるんだと思うけど、言ってみれば今の私が反自民なのは、今の自民が反保守政党だからであって、しかも衆議院でとんでもない優勢にあるからであるのは以前から言ってるとおり。
私は改めてここで言いたいのだけど、「イデオロギー」とか「自民党と言うレッテル」に対してとっても敏感に反応する人達多いよね。

でも、そういう人達って、政治を語っているつもりで観念論しか語ってないと思う。
政治ってのは流れを語る事であり、その語り合う流れがわれわれを何処に連れて行くかについて語ることだと思う。
それを語れずに「自民」「民主」とか党名を語り合っても何にもならないと思うね。

そして、ちょっと流れが変わりかけたら突然得意のイデオロギー論争と、誰が正統で、誰が自民を倒したかの功績云々についての興味が出て来る、そう言う助平な根性を持った人達の暗躍なんかも見えてしまう訳だ。

なあ、カナダ在住の反日ネカマ野郎。お前の事だ、私の言う助平ってのは。
助平ってのはエロイ事じゃない。欲に汚れてる事だ。

ほら、民主党内の汚れた輩を見てみろ。

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』

もう自民党に勝ったと思って、「自分の手柄」の為に人様貶めて遊んでる輩なんてこんなもんだって事。
自分で自分をエロ可愛いとか言ってる反日物体さん。
いい加減、自分が自エンドの邪魔してる利敵行為の常習犯だと気がついて欲しいんだけどね。

要は新自由主義者は「自民党は新自由主義と心中すべき」と決めてかかっていると言う事だ。
そのためにマスコミを動かして反小沢の動きを加速している。そのプロパガンダに見事に煽られて踊っているのが貴方たちって事だよ。
自民に明確に勝利して、今の新自由主義政策を止めさせないと「日本が壊されてしまう」訳だが、カナダに住んでる人ってのは、そう言うのは関係ないと思い込んでるみたいだね。

いや、祖国を捨てた人ってのは身軽でよろしいなぁww
(でんでん羨ましくないな。祖国をすてたらこんなに責任感とかと無縁になるのかと思うと怖いわ。新自由主義者、グローバリストとまったく同じ土俵で政治を論じてるんだから性質わりーし。)


我々は本気で負けられない戦いをしてるんだけど、そう言う決意した人達の傍らで自分が何してるのか、ちょっとだけ客観的に見てくれないものかね?
私は歴史を重ねたバリバリの本家本元由緒正しき反自民の闘士なのだ!と言いたい気持ちはわかる。

けど自己満足だ。ブログ畳んで引退しなさい。後は真面目に戦うつもり
の我々ががんばるから。
頼むから脚引かないで欲しいんだよ。

貴方にも山崎先生の100分の1位の時代を読む目があって欲しいんだけどね。
でも無理だろう・・・。我々の様に「必要だから反自民」って事じゃなくて、貴方たちは「反自民こそが正しい」って言うカルト宗教にはまってるだけだろうからね。

目を開けて現実を見ないと何もわかりはしないのにね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まとまりの悪い、民主党執行部の一致団結ぶりから想像出来ることとは。
小沢氏の一連の行動、言動には筋が通ってますね。
2007/11/07(水) 03:49 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
今回の小沢辞任劇は「織田信秀の葬儀」ではないかと私は見ます
信長はあえて父の葬儀で奇怪に振る舞い、真の忠義者を見出しました
つまり寄り合い所帯民主党内の敵と味方をはっきりさせ、参院選の勝利で驕りが見え始めた党内の引き締めも図るという二重の目的があったのでしょう
2007/11/07(水) 06:30 | URL | WIZARD03 #5u6Z9rvo[ 編集]
>WIZARD03様
>はやぶさ様
小沢一郎氏ですが、本気で辞めようと思ってたみたいですがね。
今の民主党の一部は、信じられない程に上っついてるみたいです。

「もう自民党に勝った」みたいに思い込んで、「自民に勝った後の事」をいろいろと吹いて回ってる人達がとっても多いのだとか。

そう言う人達にしてみれば、もう勝ったのは既成事実として、その後に「民主党内の異物」を排除するって方向なのでしょうね、既にそう言う頭温かいモードに入っているとしか思えない。

カナダ在住反日ネカマもそう言う風に思ってるみたいですね。嘘や誹謗中傷が最近激しいと思ってたけど、「政権交代はもはや既成事実だ。だからその後に自分の功績を誇りたいから他人を今から貶めておこう」そんな感じなんでしょう。

性根が醜い・・・・。

ブログの中でも同様、民主党の内部では更にすごい事になってるんでしょう。
螺子を巻き直さないと今後戦えないと小沢氏は思っているでしょうね。

と言うか、小沢氏は自分が率いている反日左翼勢力に愛想が尽きてきているみたいです。

こんなのしか補充の議員で入って来ないのだとしたら民主党を勝たせる意味があるのか?とも思っているでしょう。

そうなったら、まだ保守が結構な数で生き残っている場所を開拓するしかないんでしょうね。
具体的には自民党しかそう言う場所はない訳ですが。

小沢氏も思慮を重ねている所でしょう。
2007/11/07(水) 07:50 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
仮説として
亀井静香亀井郁夫綿貫民輔三氏が、民主党を率いても勝てるという理屈でしょうね。
2007/11/07(水) 12:49 | URL | ケーキ屋 #DL0dExLA[ 編集]
最近の流れを見ていて
朝鮮戦争はアメリカ主導で終わろうとしている、そして、支那も遠くない未来なくるであろう事が予想できる、今、小沢氏がそっちに乗っかったままというのは考え難いですね、確かに。
ただ、民主に限ったわけでは有りませんが、やはり人権擁護法、外国人参政権が気になってしまいます、違憲立法審査や外患誘致罪などでは潰せるんであればいいんですが…
衆院解散で議員特権切れればイケるんじゃないか等…悶々と考えてます。
2007/11/08(木) 20:21 | URL | む~ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/08(木) 20:39 | | #[ 編集]
WIZARD03氏へ
小沢にそこまでの脳みそがあったとは考えにくいし、
小沢という信長をあらかじめ諫める平手正秀も党内には居なかったわけですが?
渡辺なんたら?ありゃ林道勝がぴったりです。
結局は、福田という今川氏真ばりの男なんて放置すればよいのに相手にしようとしたのが間違いであります。
いわば、すでに没落した相手に同盟を申し込んだようなものだ。
信秀の葬儀を例に出すよりは、福田という今川氏真に勝者である小沢という信長が擦り寄ったという異例の事態を語らねばならんはずだ。
これはいわば、三輪氏の言うとおり、小沢は政権を欲していないと解されるのだ。
一体小沢は何を考えているのか?
WIZARD氏よ、党内の味方と敵の俊別は自衛隊のISAF派遣の論議の時にすでに済んでいます。
その時の方が信秀の葬儀の例が合うと思います。
2007/11/09(金) 08:50 | URL | 馬鹿陽区 #-[ 編集]
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/11/cia.html
小沢も湾岸戦争絡みで
やられたと言う事の様だが
復活したのはCIAのミスなのか
或いは来日していた
ロックフェラーの力と言う可能性も
有るのだろうか


米現政権を支援して来た
ロックフェラーも
シティ・モルガン・メリルの損失等で
ロスチャイルドに敗れたから
彼等と和解して
米国を見限り
日本に来る事を決断したと言う
事なのだろうか
(故にCIAに逆らって
 反米的な小沢を支援したのか
 どうかだが)


小沢を辞めさせる為に
ロックフェラーが日本に来た等と言う意見も有るが
この程度の事で
ロックフェラーの首領が日本に来るのかだろうし
もっと大きな事をやりに来たと言うのが
正しいと言う事かも知れぬし
米を見限って日本移住の要請の為に来たと言う
事なのだろうか
2007/11/09(金) 19:24 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/445-7a5a064c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 いま解散しなかったら、福田君、あんたいつ解散できるの。最大のチャンスなんじゃないの。(笑)  ご祝儀人気は時間がたてばたつほどメッキがはがれるのは目に見えてる。後になればなるほど福田君、君には不利になるよ。(笑) いや、それ以上にマスゴミでは民主を揶揄
2007/11/07(水) 08:52:14 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
 昨4日、NHKニュースにて全国学力テストの結果について、NHK調査では現在のところ、150市区町村において情報を公開すると報道されていた。東京都荒川区、宇都宮市、新潟市、さいたま市、金沢市、広島市、北九州市などである
2007/11/07(水) 09:46:26 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 ■日米関係の悪化はさらに深刻に ≪小沢去就などどうでもいい≫ マスメディアの関心は民主党の小沢一郎代表の去就にあったようだが、私にとってはどうでもいい。が、小沢代表が辞任表明の記者会見で用意した書面を読み上げ
2007/11/08(木) 06:55:53 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 Rolling Beanさんが『「誹謗中傷批判」を撤回したという読売新聞・【付記:監視社会】やはり交番警官にGPS携帯』で紹介してくれたのを読まなければ気がつかない所でした。  読売新聞と言うのは事実をねつ造するだけではなくて、記事自体もカメレオンのように変造していく
2007/11/08(木) 07:25:17 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
 アメリカで、なぜ日本の立場を代弁する人々の影が薄くなってきているのか。その原因のひとつに、日本政府が在外の日本人や日系人を守る意思が弱いという問題があると思います。 例えば、ペルーで、フジモリ元大統領に対す
2007/11/09(金) 07:52:57 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  ここのところ更新が滞っていてすみません。忙しいのもありますが、ちょっと個人的にゴタゴタしていました。今週いっぱいで山を越えますので、もう少しお待ち下さい。  前回は、中国の商業の歴史を見ていると
2007/11/09(金) 10:17:12 | 日々是勉強
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回(2007年06月29日) 5金スペシャル右翼も左翼も束になってかかってこい ゲスト:小林よしのり氏(漫画家)、萱野稔人氏(津田塾大学准教授) 無料放送中 PART1(96分) PART2(76分)  色々参考になるところがあったのですが、PAR
2007/11/10(土) 01:08:56 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
  ●前回の記事で、中国の王朝の中でも隋・唐というのは非常に重要だという前振りをしました。今回は、この二つの王朝を通じて、中国が大きく変容していったということを考えてみたいです。  隋というのは、非常に
2007/11/10(土) 08:37:37 | 日々是勉強
 いよいよ植草さんも言っている、最後の決戦が迫ってきている気がしてます。絶対に負けられないたたかい。 関連投稿「マル激トーク・オン・ディマンド 第326回「右翼も左翼も束になってかかってこい」、ネオリベ対コーポラティズムは知らなかった。」「7日のコラムの花道
2007/11/11(日) 00:03:05 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
(1)学力調査の情報公開の現状平成18年7月30日の「東京新聞」によると、全国学力調査について、全市町村の約半数が調査結果の公表を予定していると回答した。平成18年5~6月の調査公表する  786市区町村(4
2007/11/11(日) 08:12:08 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。