独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
農林水産省/若林農林水産大臣記者会見概要

記者 民主党の戸別所得補償法案が今週国会に提出されるということなんですけれども、その補助金額、想定される1兆円というところが、農家の間ではかなり関心を寄せている節があるんですが、改めてこの1兆円というものについて大臣はどのようにお考えでしょうか。

大臣 昨日もだいぶ野次が飛びましたけれども、「まだ出してないんだ」という話なんですね。しかも、要綱であって法案も明らかにしていないというようなことを言っておられますから。
実は、要綱と併せて法案もネクストキャビネットの方で了承したというふうに私どもは聞いていますし、皆さんにも公表している話ではありますが、そういう批判を受けている時でもありますから、しっかりと法案が提出された段階で詰めて、我々の考えも申し述べたいと思います。
むしろ、その場合にパシッとものを言ってしまうのではなくて、国会における中身のある論議を通じて事柄が明らかになっていくことが望ましいと、私はそう思っています。



遂に民主党と言うか小沢一郎の必殺攻撃が開始されました。
「農家の所得保障政策」と言う必殺技です。

何故これが必殺技になるのか?自民党には対処不能なのです。
いや、新自由主義云々以前の自民党にも対処不能な攻撃なのです。

詳しくは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
農林水産省/白須農林水産事務次官記者会見概要

記者 WTOについてですけれども、大臣、先週末、ラミー(事務局長)さんなりファルコナー(農業交渉議長)、ステファンソン(NAMA交渉議長)さんなりとお会いになっていますけれども、今回の訪欧の成果についてはどのようにお考えになっていますか。

次官 ご案内のとおり、大臣、18日から21日にかけましてスイスで、それぞれ今お話のように農業交渉関係、それからNAMAの関係、それからルールの関係と、それぞれ我が方が関係いたします3人の(交渉)議長さんに直接お会いになって、さらに、その全体の(WTO)事務局の統括しておられる事務局長のラミーさんにもお会いになったということで。率直に言いまして、それぞれの議長さんが統括しておられる問題点につきまして、私どもとして、必要なことについてしっかりと大臣から言い込んでいただいたというふうに私ども理解をいたしているわけでございます。
特にラミーさんとは、早期合意のためには農業なりNAMAの議長の下で行われております事務レベルの会合、議論を精力的に積み上げていく必要があるということをお伝えしたわけでございます。
またファルコナー農業交渉議長とは、上限関税は受け入れられないということ、また重要品目については十分な数が必要である、またその重要品目の取扱いについては、十分な柔軟性が確保される必要があるといったことを主張させていただいた。
NAMAのステファンソン議長とも、我が国として議長テキストをベースに議論を行うべきであるということを表明していただきましたし、またルールのヴァイエス議長とも、これは漁業補助金の関係でございますが、資源の有効活用に十分配慮すべきであるといった主張を展開していただいたということでございます。
そういうことで、まさに農業交渉議長などが、いわゆる議長テキストの改定作業に入られるという大変重要な局面ということでございましたので、申し上げておりますように、我が国の立ち場を改めてしっかりと言い込んでいただいたということで、我が国の主張をそれぞれの議長に再度認識していただく大変重要な機会になったというふうに考えているわけでございまして、しっかりとできる限り我が方の立場が反映された結果が得られますように、今後とも最善を尽くしてまいりたいと考えております。

記者 ジュネーブで、大臣が「NAMAと農業を現段階でリンクさせて考えるべきではない」というようなことをおっしゃったんですけれども、これはどう理解すればよろしいのでしょうか。

次官 私その詳細についてあれ(まだ承知していないわけ)でございますが、リンクさせるべきでないというよりも、それぞれがいずれにしても現段階においては、技術的な議論を事務的に行っているわけでございますので、やはり早期の合意を得るということのためには、リンクとかそういう問題以前に技術的な議論をしっかりそれぞれの分野で積み上げていく必要があるというふうなことをおっしゃったということで、それについてそれぞれの議長に、そういうことを言っていただいて、その点について理解を得られたというふうに考えているわけであります。


実は、今回の民主党の戸別所得補償法案ですが、前提条件が一つあるんです。
「現行の輸入農産物への高率関税が維持される」と言う事です。

民主党の戸別所得補償法案は、実際の話は輸入農産物に日本国内の市場がメチャクチャに値下げされてもキチンと効果します。
しかし補填の為の金額は莫大なものとなるでしょう。

現在の予算は1兆円と言われています。
しかし、農産物の自由化なんかされた日には、一体現行の農産物再生産を行う為に何兆円必要なのか見当も付きません。

農林水産大臣も流石にこれはヤバイ!と思いなおしたようで、WTOに対しても土下座体勢を改めないと、今後どれだけ民主党から突っ込まれるか理解した様です。

本来的に、このような政策は安倍の父親の時代に提起されていて良かった筈なのですが、アメリカ農家の所得対策を考えれば、一時だけ80%に達した食糧自給率がここまで落ち込まざるを得なかったと言う事です。

今回の小沢氏の政策は「脱アメリカ農家政策」と言う事で、まさに戦後レジームの解体と言う行いとしてのエポックです。

このシリーズは更に続けますが、完全にこれで自民党の農業政策は息の根を止められたと見て間違いありません。
どうやっても勝てないのです・・・・・。

「財源や目的に疑問」財務省が民主党の農家補償案を批判
 財務省は17日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、民主党の「農業者戸別所得補償法案」に対し、「財源や目的に疑問点がある」と批判した。

 財務省が公式の場で批判するのは初めてだ。

 財務省は、批判の根拠として
〈1〉1兆円程度と試算する補償額の財源をどう確保するか
〈2〉マニフェストでは、貿易自由化の促進を目的としていたが、法案ではなくなった
〈3〉民主党が従来反対していた生産を調整する仕組みが盛り込まれている
――などを挙げた。

 「農業者戸別所得補償法案」は、民主党が先の参院選で公約に掲げ、18日に参議院に提出する予定だ。

 財政審の西室泰三会長は記者会見で、戸別補償制度について「具体的なものが出てくるなら(財政審でその案が良いかどうか)評価をする可能性が非常に高い」と述べ、財政審が年末に向けてまとめる建議で言及することもあり得るとの考えを示した。


民主党は過ちを改めたと言う事だよ、財務省さんw
民主党って、マジで三輪のレッドアラート毎日読んでるんじゃないかな?とそう思う時あるね。(まあ、とくら様なんかモロに民主党の人なんだけど・・・)

いずれにしても、福田内閣とかが続いたら消費税上げて貰えそうだけど、民主党じゃ無理そうだからねぇ。
財務省としたら自民党政権続いて欲しいだろうけどね。無理無理♪

民主農家支援 戸別補償法案を提出
 民主党は18日、農家の販売価格が生産額を下回った場合、国が戸別に補償する農業者戸別所得補償法案を国会に提出した。7月の参院選で掲げた公約の1つ。
 自民党も大規模農家に経営支援を集中させる現農政が参院選で「小規模農家の切り捨て」と批判されたことから、見直しを検討しており、与野党論戦は激しくなりそうだ。

 同法案によると、対象は自給自足を除く農家。品目は、価格が続落するコメや麦、大豆のほか、雑穀や菜種、飼料作物など。
 さらに、品質向上や経営規模拡大、環境保全への貢献、コメに代わる農産物の生産に、補償金を加算する規定を盛り込み、農家間の競争を促すとしている。

 中山間地域等直接支払制度は現行法の5年間の規定を「恒久措置」とした。同法案の施行に伴う必要な予算は年間1兆円を見込んでいる。一方、参院選の政権公約で掲げた「(コメの)強制減反を廃止」の記述はなく、補償条件に「生産数量目標」に従うことを盛り込んだ。

 自民党からは「ばらまき」「生産目標は事実上の生産調整(減反)で、公約違反」などの批判が上がっている。
 この日会見した民主党・次の内閣農相の筒井信隆氏は「農家の経営安定に向け政策誘導をする。ばらまきではない」と反論。
 1兆円規模の必要経費についても「財源は特殊法人の廃止などで捻出(ねんしゅつ)できる」と説明した。


こりゃあ反論無理だろうw
んでもって、二度と地方の票は自民には戻らないね。戻る訳ない。

自民党は都会の中で孤立する芸人政党として生き残るしかないかな。
民主は堂々と国民生活を守る政党として君臨する道を選んだ。

戦略的にどちらが有利かは言うまでも無い。
自民党はパフォーマンスで生き残る詰まらない政党と成り果てる事だろう。

結局三輪のレッドアラートで言っていた事を実現して勝ったのが民主党。その反対をやって負けたのが自民党と言う事だ。
もう私はその事を既定の事実として認識している。今更どうやっても覆す事は不可能だろう。

繰り返しますが、このシリーズは続きを必ず書きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
戦後日本の農政、和な農村風景の破壊者の自殺党が本懐を遂げつつあるようですね。食料自給率を上げ有事に備えたいものです。
2007/10/23(火) 13:52 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
軽重を意図的に取り違えるNHK
【野党3党、郵政見直し法案を共同提出】(10月23日午前)
本日のNHKニュース7で、一切報道なし。年次改革要望書と郵政民営化は、密接不可避。
http://kihachin.7.dtiblog.com/blog-entry-1008.html
2007/10/23(火) 19:46 | URL | n #gDjXLJVA[ 編集]
日本という国は稲穂の国である訳で、それはこの国に代々伝わる「祭り」が稲作の豊穣を自然の神々に対して感謝の気持ちを込めて行ってきた歴史があるのです。
その生命ともいうべき農業を外国に委ねるようなことは日本という国の国家の根幹・歴史を揺るがすような一大事であるし、「国防の基本中の基本」である食料自給率をあえて下げようとしている「自民党」というのはいったい何を考えているんでしょうか?
天皇が行う神事も全く意味を成さなくなることも解らないのでしょうか?
2007/10/23(火) 21:11 | URL | neko #-[ 編集]
 民主の農政案が思っていたより農家保護と持続性のバランスを考えているようで「過ちを改めたと言う事」と受け止めて支持したい(何か裏が無いか、まだ少し疑ってますが)です。
 自民は芸人政党としての生き残りのため各マスコミのバックの各某国に媚び媚びし、民意のかく乱を謀るのではないかと妄想しています。
2007/10/24(水) 00:59 | URL | ウヰスキー #LkZag.iM[ 編集]
日本の農業の自立を妨げる二つの重しのうち、一つが外れそうなのは真に喜ばしいことです
あとは、もうひとつの重しであるエネルギー問題ですね
国内からは産出しない「石油」という代物がないと農業ができないのでは
グローバリストの筆頭格石油メジャーに生殺与奪の権を握られているも同然です
農業だけでなく全ての分野において、「脱石油化」を推し進める必用がありますよね
2007/10/24(水) 08:07 | URL | WIZARD03 #re8bjFOY[ 編集]
農業界の再生、農業技術伝達要員の確保、早急に農家個別保障を実行すべきです。〔高い工業技術をもっておるうちに、早く小さい経営農家を確保しておくことですね)。

要するに家計費の割合で食糧の価値観を高めておくことです(失業者0になるところまで)。。。。
2007/10/24(水) 17:39 | URL | 仙台のくまさんです! #ChhP9feo[ 編集]
小沢さんは、「農業輸入規制撤廃するべきだ」と言ってたらしいです。
嫁の実家が農家なだけに、他人事じゃないんですよね。
溜め息しかでません。
2007/10/24(水) 21:29 | URL | 国民的流れ者 #-[ 編集]
最近では、米からのバイオエタノール生産の話や、セルロース(平たく言うと植物繊維。稲わら等)からのバイオエタノール醸造成功など、稲作の国にふさわしい次世代エネルギーに関わる話が聞こえてきております。これらは稲作復興、エネルギー戦略、国土の保全の観点から考えても、ぜひとも軌道に乗せたい施策です。
もちろん穀物メジャー関連のあたりからは何がしかの妨害があるでしょうが、近隣の稲作実施地域に拡げて
穀物メジャーに対抗していきたいですね。
2007/10/24(水) 21:58 | URL | k2 #-[ 編集]
>k2様
却下です。それは「淡水」を燃やせるように加工して燃やしているだけです。
最低最悪の淡水の浪費です。地球がぶち壊されてしまいます。
http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-203.html
http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-265.html
こちらをご覧下さい。

>国民的流れ者様
その件については私も今回のエントリーに書きました、
実際、それでも価格補償ならば大丈夫です。
でも、補償のための差額の負担が莫大になります。
あまり良いことにはならないでしょうね。
高率関税は無ければやはり日本の国益に適いません。

しかし、ソースが信用できない向きなので、私はこの件を話半分として聞いております。

>仙台のくまさんです!様
ご説ごもっともだと思います。

>WIZARD03様
石油と同程度の使い勝手の良いエネルギーならば、別段石油には拘らないで良いと思います。
問題は、現時点で石油と同等の効率を発揮できそうなものがないと言うことです。

>ウヰスキー様
まあ、もう少し見ておきましょう。

>neko様
わざとやっています。
今の自民党は反日政党です。
皇室もどうにかして潰してやろうとしています。

>n様
NHKではもうすでに輸入自由化マンセー報道を始めています。(先週の日曜あたりから)
郵政民営化凍結法案についてもどこのマスコミも大きく報じませんね。

ところで、今後はマルチポストはお止め下さい。
貴方だけの発言を沢山見て欲しいのならば、ご自分のブログをお作り下さい。

>はやぶさ様
農業関係の従事者は全国民の10%程度。
ほとんどが2種兼業農家ですが、それらの人口の再生産を行えなくする事にどれ程致命的な意味があるか。
それを考えれば、今までの自民党の政策は頭のおかしい反日狂人の蛮行そのものでした。

いよいよその蛮行にも歯止めが掛かったと言う事です。
今後のあるべき姿について一緒に考えて参りましょう。

これからが本番なのです。
2007/10/24(水) 22:14 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
マルチポストの件、大変失礼いたしました。
NHKが農産物輸入に対して、そのような報道をしているとまでは知りませんでした。
バイオエタノールに使われる、トウモロコシが遺伝子組み換え種子から栽培されたものであると、どれ位知られているんだろうか。
2007/10/27(土) 21:44 | URL | n #gDjXLJVA[ 編集]
>n様
いえ、別に同じ事を何度も言わなければ問題ないのです。

NHKは確実に国際金融資本の側です。それと、バイオエタノール用のとうもろこしが遺伝子組み換えである事は知ってます。
多収量が命ですから。でも、実はそう言う細かい問題はどうでも良いんです。

大量の水がエタノールに変換されてしまう事の方がずっと問題としては大きいと思います。
それは陸地の死を意味するでしょうから。
2007/10/27(土) 22:29 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/431-6d1f6971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 今日のお勧め記事は喜八ログ(「右」も「左」もない、オレは「下」や)の「姫井さん、負けるな!」です。 (クリックすると拡大します)  ただ文章だけだと分かりにくいところもあるので、時間軸が1本の単純ガントチャート(線表)に、項目・写真などをマッピングしてみ
2007/10/23(火) 12:40:45 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
  前回のフランス革命と明治維新の話が結構受けたので、二番煎じじゃないですが、やってみたいと思います。変なタイトルですが、適当にしゃべっているものですが、一応今回は商業とは何かという話をしてみたいと思って
2007/10/24(水) 08:05:54 | 日々是勉強
~「戦争責任と曖昧な現実に耐えること」の意味~ 本日23日の曽野綾子氏の産経「正論」の論文は、大いに納得がいったとともに、歴史を見る姿勢を改めて学ばせて頂いた感じだ。 そもそも沖縄集団自決事件について、住民に
2007/10/24(水) 09:41:24 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。