独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参考となるだろうコラムが見つかったのでお披露目させて頂きます。

長州新聞 漁業権制度壊す規制緩和 山口県1漁協合併問題 食糧生産つぶし米国隷属 2006年5月31日付

 二井県政は県1漁協合併をごり押ししたが、その結果山口県の沿岸では、漁業破壊が一気に進んだ。
 県漁協支店とされた旧漁協は財産を巻き上げられた上に軒並み赤字を計上、漁業権の売り飛ばしが広がっている。
 問題は自民党林派による信漁連の預金食いつぶしであったが、県一漁協合併はそのような問題のない全国各県でもやっている。
 県一漁協合併をすすめた力は、ヤクザも顔負けの権力の力であったが、それは水産国としての歴史をともなってつくられた漁業権制度を、外国並みになくしてしまえという外資、大資本が要求する規制緩和・自由化の政治であることを教えている。

 小泉政府は、農業とともに漁業もつぶしてしまう政治を意図的に実行しているのである。

 それは農漁民の生活の問題だけではなく、食糧生産を破壊してしまって、飢餓になりたくなければアメリカのいうことは何でも聞かせるという飢餓作戦であり、日本民族全体の問題である。
 山口県の漁協合併問題は終わったわけではなく、問題山積となって矛盾はますます鋭いものとなっている。
 漁業を守る漁民のたたかいは全民族的な支持と共感を得て第二段階にはいっている。



******

こういう出だしから始まる、農林水産行政を糾弾する文章ですが、グラフなどもきれいに整備されており、見ごたえのある記事と言えます。

どうぞ皆様もご覧下さいませ。

構造改革と日米同盟を堅持 破綻した自民党の新内閣

安倍のお膝元で頑張っている方々は本質論に気がついている様ですね。
ま、真実を皆が知る事は良い事です。報道の価値はそこにしかないですから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感心した
長州は幕末以来外国の犬ばかり、売国奴の一大産地かと思ったら、まともな日本人もいるんですね。

しかも、胸が熱くなるような内容です。山口県の方には偏見を抱いていたことを詫びたいです。

こういう人たちが日本中で連携して行かないといけませんね!
2007/10/11(木) 08:34 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
色々あって自分のブログに記事にする暇も調べる時間もなかったんで三輪さんにタレ込みしましたが…(笑)

分かりやすく纏めていただきありがとうございました。

これが実行されたら漁村の風景は一変するでしょうね…もちろん最悪の形で。
2007/10/11(木) 15:55 | URL | 農民 #9qezcnfQ[ 編集]
米商務省が11日発表した8月の貿易統計によると、貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み速報値)は前月比2・4%減の575億8600万ドルとなり、3か月連続で減少した。

この記事を見てアメリカ経済が良くなったと思う人はB層です前月比2.4%減だろうが所詮は赤字です。
累積で考えたらとてつも金額ですアメリカ崩壊は近い、米国債を早く売らないと・・
2007/10/11(木) 23:36 | URL | jaga #8iCOsRG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/418-10e0c8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
10/6日本会議・日本会議国会議員懇談会設立10周年記念大会を開催!「真正保守」の旗を掲げ、新たな国民運動の出発へ●教育改革の推進、新憲法の制定への取り組み、天皇陛下御即位20年奉祝運動の全国展開を改めて決議! 10月6
2007/10/11(木) 12:57:32 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/10/11)NHK朝の連ドラ「ちりとてちん」が面白い。前の番組「どんと晴れ」は、1、2回見ただけで、うっとおしくなって、
2007/10/11(木) 12:58:35 | SIMANTO BBS
 昨9日から、国会論戦が始まったが、早くも民主のテロ特措法反対の論理に対して綻びが出てきた。そして徐々に国民は民主の主張が論理的に一貫していないことを認識し始める兆しが出てきたように思う。 小沢代表は雑誌「世界
2007/10/12(金) 10:17:24 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
このごろの農業に関する報道ではがっかりすることばかりです。農村が崩壊してもいいと思っている安易な人たちにももちろんがっかりですが、日本が農業を自由化することで、世界中の貧しい人たちが影響を受けることを、なんとも思っていないようなのにも本当にがっかりです。
2007/10/21(日) 09:51:10 | 22で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。