独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
構造カイカクとは何なんだろう?
結局この一言で言い表せるのではないか?

自民党と癒着した企業の政商化と・・・・。
政商ってなに?と言う人はこのURLをご覧下さい。

政商 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

>政商(せいしょう)とは、政治家や政府高官との結びつきを利用して経済活動上の特権を得たり、政策を自己の利益に有利な方向に誘導した事業家、企業のことを指すが、もともとは明治期に登場したこのタイプの事業家を意味する歴史的範疇である。


最近の自民党のやる事と来たら、「国際競争に勝つ為に大企業のインフラを国費で建設する」と言う事がやたらに多い。

世界中の物笑いになりながら、自由競争とやらに勝手に日本を叩きこんで、「努力すれば日本は勝てる!日本の弱い産業が弱体なのは鍛え方が足りないからだ!」とのたまうのだ・・・・。

例えばオーストラリアと日本の耕地は1800倍も規模が違う。
これは普通の人間(65kg程度)と比較すれば50g程度のカブトムシ位の体格差がある事になる。
だれか人間と格闘して勝てる50gのカブトムシを見かけた方は三輪に教えて頂きたいと思う。
あるいは人間が戦車と素手で格闘して倒す方法とかね。

そう言うのを真面目に考える奴と言うのを、俗世間ではこう言う「異常者」あるいは「狂人」と・・・・。

三輪のレッドアラートで「異常者」や「狂人」と言う言葉を頻繁に見かけ、気分を害しておられる方々も多い事だろう。
しかし、今の日本の舵取りをしている者達には、本当にこう言う異常者が多いのだ。多過ぎるのだ。

その異常者達が更に今回も不愉快極まりない反日謀略を仕掛けて来ている。
その事を後半で書こうと思う。では後半に続く。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

「水産構造改革」に反発 全漁連や研究者「漁村破壊される」(10/05 08:54)

 養殖・定置網漁業への企業の参入規制撤廃、資源管理の強化-。

 財界系シンクタンクが七月末に打ち出した水産業の構造改革に向けた提言をめぐり、生産者団体や研究者が「実情を踏まえない市場原理主義の暴論」と批判を強めている。
 この提言が今後、政府の規制改革会議の議論に影響を与える可能性もあり、水産にかかわる大学、試験研究機関の研究者らで構成する北日本漁業経済学会は十一日、函館市で批判的な立場からのパネルディスカッションを開く。(編集委員 本田良一)

 提言したのは、日本経済調査協議会(日経調)の水産業改革高木委員会(委員長・高木勇樹農林漁業金融公庫総裁)。
 水産資源を「国民共有の財産」と位置づけた上で「水産加工業、外食産業などが漁協組合員になれるようにする」「養殖・定置網漁業への参入を自由化する」などと提言。

 また、欧米の事例を参考に、漁港整備などの公共事業が中心となっている水産関連予算を、水産資源を回復させるための休漁や減船への補償、漁船の小型化に振り向けることなどを求めている。

 これに対し、全国漁業協同組合連合会(全漁連)は「経済的強者の理論で、水産資源から得られる利益を漁業・漁村の外に持ち去ろうというもの」と反発。
 提言が、資源管理を強化するため、漁業者ごとに漁獲割り当てを売買できる方式を示したことについては「資金力のない漁業者は締め出され、漁村は破壊される」などと批判している。

 水産庁も提言が手本として紹介した欧米の実情や、事例の誤りを細かく指摘。
 提言が「欧州連合(EU)ではわずか6%のウエートしかない漁港整備等の公共事業に、日本は60%の千五百億円も拠出している」としたことに対し、「EUの漁港整備予算は、荷さばき施設など上物の整備で防波堤などハード予算は含まれていない」などと反論している。


 北大大学院の広吉勝治教授(水産経済)は「提言は戦後レジーム脱却の漁業版。大手資本が参入すれば沿岸漁業が再生するというのは、科学的な提言とは思えない」と批判する。

 一連の批判に、日経調は「水産業に対する国民の関心を高めるのも提言の狙い。個別のテーマについて反論は特に考えていない」と話している。

 十一日のパネルディスカッションは、函館市中央図書館(函館市五稜郭町二六の一)で午後三時半から。
 鹿児島大の佐野雅昭教授が基調報告後、漁協関係者も出席し、提言の意図や背景、問題点などを検証する。資料代千円。

 問い合わせは同学会事務局(電)0138・40・8834へ。


 こういう売国の方法もあるんだなと・・・・。
 地方の主要な資金源であり収入源である漁業を、東京に本社のある企業が参入して食い荒らすと・・・・。
 これならすぐにでも地方の財政を破壊できると言う事だ。

 中国の文化文明と合い通じる価値観がここにはある。
 中国とは太古から、「都市が農村漁村を搾取し、首都が各都市を搾取して、首都は栄え、都市も栄え、それ以外は赤貧にあえぎ、それが易姓革命の苗床となる」そう言う事を繰り返してきた。

 小泉と自民党清和会もそう言う日本を作り上げたくて仕方ないのでしょうね。
 本気で地方を完全に破壊する気だよ、この連中は・・・・。

 前にも言ったけど、自民党は既に地方を敵だと思っている。
 参院選で自分達にNOを突き付けた小癪な田舎者どもには、鞭打って懲罰を与えない限りは気がすまないらしい・・・。

 マスゾエなんかの地方叩きも同じ方向性だろうね。

 痛いニュース(ノ∀`):バカ市長「わが鳥取県内では着服は1度もない!」  舛添「それが当たり前だ。いちいちいばるなバカ」

 もう、防衛大臣閣下困り果ててるんじゃないかな?w
 小泉劇場では、この役回りは自民党内の抵抗勢力だった。
 けど、今後の自民党劇場では、「だらしない地方自治体VSちょっとだけマシな自民党」と言う事で配役を行うらしい。

 自民党の最近の退潮の原因は「官邸からのトップダウン」と言う方向性への変化が大きいと思う。
 以前の自民党は「地方の票を得る為に地方に対しての手を差し伸べる」と言う仕掛けがあり、族議員達は利権団体の利益を図る事で自民党の勢力を維持してきた。

 しかし、官邸からのトップダウン、言い方を変えれば「官邸の決定が全てであり、上意下達しか意思決定がなされない」と言う中央集権的なルールが確立した事により、地方議員や族議員の力が大きく弱まった。
 その挙句が参院選の大敗北である。まさに自業自得、自縄自縛だがそれに対して全く反省できていないのはいっそ天晴れとも言える。
 今後は地方とガチンコの勝負となるだろう。
 「自民党を全く庇わない地方議会」が乱立し、地方と東京の対立が先鋭化して行けば、そのまま自民党は崩壊して行くものと思われる。

 なにしろ、小泉が行った官邸への権力集中は「地方議員の存在意義を失わせてしまった」のだから、地方の有権者は自民党の地方議員など応援しても仕方ないと言う事になる。
 馬鹿馬鹿しいから誰も自民党になど票をくれない様になるだろう。いや、既になっている。

 これが官邸機能強化とやらの実際である。まさに自滅を自民党は選んだのだ。
 他にも沢山の狂った政策を自民党は取り続けて来た。
 最も恐ろしいのは、あの竹中平蔵を「景気を失速させても、株価を半減させても登板させ続けた事」だろう。
 自民党それ自体がカルト経済理論に汚染されて、狂った政策を取り続け、デフレ退治の為にデフレを深刻化させるばかりの経済政策を継続して取り続けると言う、多分10年後の経済学者から非難と罵倒の限りを尽くされるだろう異常政策を取り続けた。

 経済コラムマガジン 07/10/8(499号) 不況下の物価上昇

 ともかく、自民党の大好きな事は「体重差無視の異種格闘デスマッチ」であり、そのほとんどが日本が負ける様に運命付けられている。
 勝てると思う方が頭がおかしい勝負でも、フェアプレイで戦うと決め込んでしまう。負けるのは常に地方の住民の産業だ。
 こんな事で地方から愛想をつかされない訳が無い。しかし、どうやら自民党は地方の声など聞く必要をそもそも感じていない様だ。
 おそらく、自分達の政権が続く間に決定的な破局をもたらし、地方を黙らせた上で政権を維持するつもりなのだろう。

 不況下で財政均衡を目指すと言うキチガイの巣窟が自民党なのだ。どれ程倒錯した考えを抱いていても驚いてはならないと思う。
 もう自民党には政権担当能力が無い。全く無い。そう言う前提で自民党と接しない事には、毎回毎回裏切られる事になるだろう。

>末端の価格が上昇すると言っても、労働者の賃金が上昇するわけではない。
>輸入原材料の価格上昇による仕入原価の値上がりの一部を出荷価格に転嫁しようというものである。
>せいぜい労働分配率の下落にストップがかかる程度であろう。

>政府や日経新聞は、日本の経済成長率は欧米より若干低い程度と説明してきた。
>しかしこれは実質GDPの成長率の話である。
>欧米と日本では景況が全く違うのである。
>ちなみに米国では賃金が対前年比で4%以上上昇している。
>日本政府などは実質経済成長率を使うことで、この実態を誤魔化しているのである。

>日本では賃金が全く上がらないのに、物価だけが上昇する世の中が来ようとしている。
>これは明らかに経済政策の重大ミスである。
>さらに政府は、景気が良くなったと判断し、定率減税の廃止などの増税を行っているのである。

>しかし家計の可処分所得は2000年度の298兆円から2005年度の283兆円へ15兆円も減っている。
>この状況で消費者物価が上昇しようとしているのである。
>これからは実質成長率の方も低下するのだ。

>筆者はこれを「日本型スタグフレーション」と呼ぼうと思う。
>これに対して日本国民がどのような反応を示すか興味がある。

>自民党の政治家は、官僚から実質経済成長率の数字を使って「日本経済は戦後最長の景気拡大を続けている」と吹込まれている。
>何と自民党は、この官僚達の言葉に乗って「経済成長を実感に」というキャッチコピーを参議院選で使っていた。
>景気が悪く感じるのも「気のせいだ」という言うのである。
>筆者は「ばかじゃなかろうか」と思っていた。

>国民の実感の方が正しいのである。
>自民党も方向転換に向かおうとしているが、党内の人材も枯渇しており既に手遅れである。
>今後、自民党は混乱した政策を次々と打出してくると思われる。
>しかし「2011年のプライマリーバランスの回復」という世紀の大悪方針を完全放棄しない限り、まともな経済政策は行えない。


経済コラムマガジンの予測と三輪の予測はほぼ同一の未来を描いている。
自民党は経済政策の失敗によって倒れる事になるだろう。
しかし、今後とも自民党はその政策の問題点を総括できないだろうと思われる。

今の自民党の問題点は「国内の利権を外国に移転して治外法権にする」「利権構造を民間に移転して新しい聖域を作る(批判者には訴訟を起こし社会的制裁を加える)」と言う、凡そ政党としてはやってはならない方向変換を行っている事だろう。
国民を裏切る事を何とも思っていないのである・・・・。

かような事が明白である以上、自民党を倒さない限りは日本国民は資本家と外国による搾取を免れなくなる。
そして、自民党政権の存続を許せば、今後の標的は明らかに地方が狙われ、兵糧攻めと失業地獄の中で地方は崩壊する事だろう。

この様な狂った政治は、多分日本史上では類例を見つけようにも見つけられないと思われる。
子孫のため、同胞のため、家族のため、自民党政治を打倒しなければならないと三輪は思う。

いかれてよれた馬鹿ウヨクが何を言おうと、もう自民党に騙されてはならない。
自民党は言う「適応者以外は退場せよ」と。
民意を得ない、国民から選ばれる訳の無い自民党こそが退場すべきなのだ。
もう平成以前からの日本の凋落に歯止めを掛けなければならない。
自民党の劣化と共に日本は凋落を始めた。自民党は死をもって国民に詫びねばならないでしょう。

二度と今の自民党に権力を与える事があってはなりません。

ではこのエントリーはこれで終わります。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今柏崎なんですが
この寒風の中夜行バスが故障で一時間近く遅れている(まだ来ない)のはいいとして…。

柏崎、いまだに仮設住宅がたくさんありますよ。全壊した家がほっぽらかしになってるのも一つや二つじゃありません。地元の新聞も見ましたが、まだ全然お金が足りないようです。地元信金の頭取が、親戚のいる他の市町村への人口流出を危惧していました。

自民党の今の路線では地方は被災したら「自己責任」になってしまいそうですね。早く衆院選になってほしい。政権を奪われて吠え面をかき、挙句に獄門に下る小泉の顔が見たいです(笑)
2007/10/09(火) 00:35 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
昨今の出てくる政策を見ると、日本を「変える」為に高級官僚になった御仁もいる団塊世代が、その退職する前に米国の年次改革要求を後ろ盾に日本破壊に向けてラストスパートをしている様に思えてきます。
2007/10/09(火) 02:22 | URL | Ve #-[ 編集]
TBです
2007/10/09(火) 23:35 | URL | 早雲 #-[ 編集]
>この様な狂った政治は、多分日本史上では類例を見つけようにも見つけられないと思われる。
子孫のため、同胞のため、家族のため、自民党政治を打倒しなければならないと三輪は思う。

我々は大変な時代に生きていますね。次世代のために悪政は駆逐しないといけないです。
2007/10/10(水) 13:26 | URL | 憂国皇子 #-[ 編集]
>憂国皇子様
ええ、とっても大変な時代です。
しかも・・・戦争に向ってまっしぐらです。
自民党の全ての方向性は日本を戦争に導く為の工作だと思われます。
負ける戦争への誘導と言う事です。

>早雲様
完全にエントリーの内容に同意します。
不満があるとすれば「可能性がある」云々ではなく、その可能性以外の道筋が見えない程に可能性が高い事柄ばかりを柔らかく表現しすぎだと言う事でしょうか?
その点だけは不満ですね。

>Ve様
そのとおりだと思います。
彼等は違う意味での革命を願っていますから。
俗に言う狂信者です。

>ろろ様
「新たな公」と言う方向性にもその危険性は良く見えます。
2007/10/10(水) 20:44 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/414-edefe4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
朝日がまた動き出している。どうしても、軍関与を導きたいようだ。また渡海文科相も上手に検定教科書の見直しをしたがっている。政治的思惑のもと、史実の検証を置き去りに、感情論に任せて事態を収拾することになれば、
2007/10/09(火) 04:50:59 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  「真綿で首を絞める」という表現がありますが、日本国民がまさにそういう状態になりつつあるという気がするニュースを紹介します。ちなみに、首を絞めているのは「政府」「与党」であり、真綿には「カイカク」とか「
2007/10/11(木) 10:53:01 | 日々是勉強
 11日のエントリーにおいても少し触れましたが、アメ公のイヌ・IMFが「日本の格差は極小」などとアサヒっている事を、そのイヌである創価学会のまたイヌである毎日新聞が伝えていた訳ですが、これが100%完全な
2007/10/13(土) 12:12:19 | 或る浪人の手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。