独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶいっちゃん様や喜八様等が、鳩山法相の死刑自動的執行発言で苦慮しておられる様子。

でも、今回のこの発言ですが、見事な位の鳩山法相の自爆テロですよ?

・自民党は鳩派としてアピールしたい。
・そこで鳩山氏が平地に波乱を巻き起こす。

完璧に仕組まれたやり口じゃないですか?
まあ、こんな事にでもあの福田@おぼっちゃんがまともに対処できる訳ない。
そう見込んでの一石でしょ?それくらい見抜きなさいよ。

(個人攻撃に類する表現があったので削除。)

良いかね?死刑廃止論者の皆さん。ぶいっちゃん様はこう言う。
>結果的には死刑は殺人ですから
人を殺す罪を犯した人に対して、その罪を償わせる事は殺人じゃないですよ。
刑罰が死であるだけ。手段は死、しかし目的は殺人等の生きて償えない罪を償わせる為。
>後で冤罪とわかったとしたら第二の殺人だ。
人は全知全能ではない。冤罪だとわかったら、冤罪を反省してもっと確かな審理を試みるよう勤めるのみ。
>平和憲法と死刑制度は比較できません。 全く次元が違うものでしょう。
うん、そう言う所が好きですよ、でも今回だけは同じなんだ。

考えて御覧なさい。人を殺しても死を与えられないならば、人を殺す罪は一般的になる。
何故なら人を殺しても殺されないのだから。

それは単に「究極の悪は人を殺す事ではなく、人を殺した者を殺人者として裁く事だ」と言う意味でしかない。
殺人者は凱歌を挙げるだろう。人を利益や憎しみの為に殺すよりも、人を殺した罪を問う事の方が悪いと判定されたからだ。

それは正義の死であり、正義の敗北であり、一部の本当に良心の欠落した輩に取っては「殺されないのだから殺した者の勝ちだ」と言う誤ったメッセージの受け取り方に繋がる。
教育によって人を殺してはいけないと幾ら教えても、人を殺しても殺されないと居直った輩が平気で人を殺す様にもなる。

影が増殖するだけだね。所詮人はそんなにご立派で良心的にはなれない。
身の丈よりもずっと大きな自分を見せたい為に妙に人道を気取ってみせる。
「人様の死には、自らの死をもって償え」そう言えない社会は「暴力に対して屈服する社会」でしかない。
そう言う意味では「国民を守らないと宣言する事で国際社会に慈悲と寛恕を恵んで貰おうと這い蹲る日本」と同じ事だ。
どんなに平和を叫んでも、憲法第9条があるおかげで、日本の周囲は敵だらけになっている。それと同じ事だ・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/28(金) 18:32 | | #[ 編集]
鳩山も法学部出てるんだから、大臣の仕事なんだから、サイン位しろっての。

自爆テロで狙ってる発言とはちょっと思えないよ。むしろ、三世議員ともなると貴族感覚になっちゃってて、頭が世間の常識とは離れてるんじゃないの。
2007/09/28(金) 18:47 | URL | とおりすがり #szTeXD76[ 編集]
どうもです
死刑に反対したら日本の法を単に私的な理由で破る事になりますし、死刑にしたら廃止論者がやかましい(笑)
大変だと思いますよ

話は変わりますがブログやホムペで政治的なコメントを載せて自分らマンセーしか載せないってのはどうなんでしょうか?
某秘書課さんでコメント削除の嵐…
自分は都合悪くなっても削除とか審査なんてしないのに…
三輪さんどう思います?
2007/09/28(金) 18:49 | URL | 必殺通行人 #-[ 編集]
クニオくん
> 見事な位の鳩山法相の自爆テロですよ?

そうですかねえ?
四代目お坊ちゃん政治家のクニオくんにそんな「芸」はないと思いますよ。
もし、それだけの「芸」がある政治家が大勢いるのなら、安心なのですけれどね(笑)。

それと村野瀬さんはけっして悪い人ではないですよ。
「批判」というカタチで表現される愛国心もある。
それだけの話だと思います・・・。
2007/09/28(金) 21:10 | URL | 喜八 #WE/hy34.[ 編集]
>喜八様
ちょっと考える所あってほぼ同時に削除していましたね。
けど、思想信条故とは言え、国に対する意見がほとんど憎悪になってるのは頂けないですね。

国が殺すのは良くない、人が人を殺すのは仕方ないが、国が人を殺すのは良くない。
それはどうなんでしょう?
殺された奴は殺されたから悪い、それは仕方ないとでも言うつもりでしょうか?

彼女の言う平和論も同じに思えます。
日本が侵略されるのは仕方ない、けど侵略に対して暴力で対抗する事は許さない。そんな事をする権利は日本にはない。
そうとしか読めません、彼女の言い分はね。

つまり、彼女の言いたい事はこうでしょう。
「殺人の被害者には死をもって加害者に償って貰う権利がない」被害者の権利は常に加害者よりも劣っており、被害者の人権は守られる事はない。
日本も被害者として権利なく滅びるべし。
そう言う主張に思えます。

自分自身では冷静に喋っているつもりなんでしょうけど、私には冷淡かつ冷酷にしか映らない。
彼女への私の評価はこの程度です。

鳩山氏については、そんな芸はないと言う事ですが、言い始めたのは麻生の敗北が確定したあたりですよね?
普通は政権の変わり目にこういう事は言わないですよ。
最低でも黙っておくものです。
まあ、他人のシナリオと言うのもありですし。

>必殺通行人様
私的な理由で法の執行に反対するのならば、法相の役目を引き受ける事それ自体が間違っていると思います。
自ら「私は不適任です」と辞退すべきだと思います。

コメントについては千差万別の対応ですからなんとも言えません。
私にしても、ひたすら絡んでくるだけの人には冷厳な対応をしています。どんな意見でも意見だから平等だとは思いませんし。

ともかく、マンセー意見をみんなで吼えるマンセーサイトならば、それはそれでカラーだから良いのではないでしょうか?
それのどこが楽しいのか、そもそも政治のサイトかは別にして、それがサイトのカラーであれば仕方ないと思います。

>とおりすがり様
うーん。「貴方も」やはり喜八様と同意見ですか・・・。
やはり無神経なだけなのかな、彼ってw
このタイミングだと、一般人には狙ってる様にしか見えないんだけど、議員様となるとあんなもんなのかな?
2007/09/28(金) 21:31 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
義理と人情
> 普通は政権の変わり目にこういう事は言わないですよ。
> 最低でも黙っておくものです。

私も以前なら同じように考えたと思います。
「アホなことを言っているようだが、きっと裏に隠された意図があるに違いない」と。
しかし、最近では「やっぱり本物のアホだ」と思うことが多くなりました。
多くの政治家、特に世襲政治家には真性のアホが多いのではないでしょうか。
鈴木宗男氏や亀井静香氏のような叩き上げと、ボンボンの鳩山先生では明らかに「モノが違う」と思うんですよ。

村野瀬さんに関しては、郵政民営化凍結キャンペーンにまっ先に呼応してくれたのが村野瀬さんですから。
大切な同志が誤解を受けていたら、その誤解を解くのが私の役目でしょうね。
と、「義理と人情の男」喜八は考えます(笑)。
2007/09/28(金) 22:05 | URL | 喜八 #WE/hy34.[ 編集]
正義はどこへ消えた?
>それは正義の死であり、正義の敗北であり、一部の本当に良心の欠落した輩に取っては「殺されないのだから殺した者の勝ちだ」と言う誤ったメッセージの受け取り方に繋がる。


これは自分も危惧しています。
正義はどこへ消えたのでしょうか?
今、結局の所、誰も守ってくれない社会システムになってると思います。
本当に怖い。
国も、警察も、弁護士も、守ってくれるとは限らない。
しかも加害者の味方をする可能性すらある。

だからといって
「殺した者勝ち」
なんて、許されないと思うのです。





2007/09/29(土) 04:06 | URL | noa #-[ 編集]
  死刑否定派と肯定派は、おそらく分かり合うことはできませんね。私も前に自分のところで議論をした覚えがあるのですが、決着はつきませんでした。
  思うに、死刑には、

●一般予防としての効果が絶大
●終身刑よりもコストがはるかに低い

  という、わかりやすいメリットがあります。

  否定派の論理は

▲国家による人殺しは悪だ
▲誤判があった場合取り返しがつかない

  というものです。上のは人間が人殺しをする悪とどう違うのか、結局国家観の問題になってしまいます。ここで議論すると堂々巡りになってしまうわけです。
  かといって、下のも同じように原理的なところで対立ができてしまいます。実際は死刑で死ぬ、しかもそれが誤判であるというのは、日本では交通事故で死ぬ可能性よりも何十倍も少ないので、あまり心配をする必要はないとも言えます。しかし、誤判で殺される「その人」にとってみたら、確率の問題ではないということは確かです。
  結局、国家を理性的な存在と見て誤判のような誤差が生じるのは仕方ない(極限まで減らす努力を否定しているわけではない)と思えるか、それとも、国家というのは凶悪な存在で個人とは常に対立した存在だとみなすか、その辺のものの見方の違いが反映されるので、議論は「不毛」になります。
  大東亜戦争の善悪同様、やりたい人にやらせておけばいいのでは、というのが私の結論です。だから、私は亀井静香みたいな人の「存在」を否定はしません。
  しかし、国家を運営する立場からすれば、現行の制度で変えたくないでしょう。それは理解できます。
  あと、犯罪抑止云々を持ち出すなら、「全然無期じゃない無期懲役」「前科者に甘すぎる仮出獄」をセットにして議論しないと困ります、と左翼には言いたいですね。
2007/09/29(土) 07:31 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
まぁ、S大臣のようなアホを無視して死刑執行できるシステムが出来るなら良いと思います。
一人のアホが国の運営を妨げる結果にもなりかねないですから。
本当に仕事したくないからそういっているわけではないと思いたい。
2007/09/29(土) 09:21 | URL | 馬鹿陽区 #-[ 編集]
法務大臣の死刑執行の命令に対して、騒ぎを起こすアホがいる。

法務大臣くらい偉い人になれば、法を破っても良いとお考えのようだ。

役人は、好き勝手に法を解釈できる。チャイナ4000年の文化ですな。
2007/09/29(土) 12:39 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
自分の後任の方への牽制以上の意味はないような気が・・・。
いままでの法務大臣を見てると、(大臣によって)死刑の執行をしたりしなかったり、だったと記憶しております。
そういう”ばらつき”がないようにしなければいけない、という牽制以上の意味はこもってるんでしょうかねえ・・・

と、自分なぞは単純に捉えてました。
2007/10/01(月) 15:22 | URL | k2 #-[ 編集]
死刑は必要だとは思いますが、
亀井静香のような警察官僚出身者が反対しているのを見ると実は冤罪で死刑になっている人が結構いるのではないかという疑念も沸いてきます。
野に下ったことでもありますし、亀井氏にはその辺のところを正直に語って欲しいと思います。
2007/10/02(火) 01:50 | URL | Yam #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。こんにちは。

>けど、思想信条故とは言え、国に対する意見がほとんど憎悪になってるのは頂けないですね。

権力を監視し批判することは大事なことですが、彼女の場合、それ自体が目的になってしまっているような気がします。

死刑廃止にしても、犯罪行為そのものは私人間の偶発的なものに過ぎないが、死刑は国家権力による計画的な殺人であるから、絶対に許されない、という論理でしょうね。もちろん彼女とて私人間の殺人が許されると考えているわけではないでしょうが、「国家による殺人」(=死刑)の方がより強い非難に値する、と考えるのでしょう。


喜八さん:
こちらでははじめまして、ですね(貴ブログがまだコメント欄を開放していた頃に1、2度お邪魔させていただいたことがあります)。

>「批判」というカタチで表現される愛国心もある。

仰る通りだと思います。が、秘書課氏御自身に対する「批判」は受け入れようとはされないように思われます。
彼女のブログを拝見すると、エントリーにコメントを入れる際の留意点をいろいろと書かれていますが、要するに「批判的なコメントは書き込まないでほしい」ということですよね。恐らく彼女にとっては「批判」ではなく、単なる「揚げ足取り」「いいがかり」「荒らし」のように思われるのでしょうね。
2008/01/02(水) 14:38 | URL | DH #-[ 編集]
>DH様
コメントに返答する前に流れかけてしまいましたね。
はじめまして、三輪耀山です。

秘書課のお方については、私も貴方同様にかなり否定的に見ております。
国家に対する憎悪とかが見え過ぎてて、しかも無機的な言葉がポンポン出て来るので、私にはあの人が女性だと言っても信じられないものがあります。

まあ、憎悪の強い人は女性男性等と言う分類や対応の分別が適当なものかもわかりませんが。(日常的な感覚で触るのは危険ですからね・・・。相手さんも、私に触るのはヤバイとわかってるみたいで自制している様ですから、時々睨みあって、その後お互いに鼻を鳴らしてそっぽを向くと言う風にルールができてます。)

>死刑廃止にしても、犯罪行為そのものは私人間の偶発的なものに過ぎないが、死刑は国家権力による計画的な殺人であるから、絶対に許されない、という論理

そう言う感じですね・・・・。
国が誰かの殺人事件を計画的に起こさせているならまだしも、そうではなくて「殺人とはリンチによる究極的な他者の権利剥奪」であり、その懲罰を国が被害者及び遺族に代わって行っているだけと言う事です。

その事をどう説明しても、全く理解して貰えないのは痛い事ですが。
私は以前、殺人事件の被害者遺族に会って話をしました。
「私の夫、この子達のお父さんは、金目的で殺されました。二目と見られない顔に変わり果て、命乞いをしたにも関わらず、犯人は夫を殺しました。お金はわずか10万円足らず。私の夫の命はそんな金のために奪われたのです。」
「私は犯人の弁護団にも怒りを抱きました。顔面を鋭利なナイフで何度も突き刺していながら”殺意はなかった”と弁護するんです。私は夫の遺影を握り締めて”お父さん、なんでこの人達は貴方に対してこんな嘘をつくの?この人達は何故こんな無情な嘘をついて罰を受けないの?”」と涙してしまいました。
そして犯人のヌケヌケとした言い訳。
「私は殺人を犯して、ようやく人の命の尊さを知りました。死んでいったあの人の為にも、私は罪を償い行き続けて行きたい」と・・・・。

「私の夫は貴方に教訓を垂れるために死んだんじゃない!私の夫は私と、この子達の為に生きてくれた。貴方の為に生きてたんじゃない!貴方は一体何様のつもりなの!」と・・・・。

私は指先が冷たくなるほどの衝撃を受けました。こんなに殺人被害者は裁判の最中にも傷ついて苦しんでいるのかと。
そして、殺人者の弁護を行う者たちの振りかざす恐るべき無神経な人道論がいかに遺族を苦しめるものかと。

あの衝撃は忘れられない。
「あの殺人犯を庇っている人達。弁護士は金の為だから仕方ないかも知れません。しかし、人道を声高に叫ぶあの人達は、言ってみれば贔屓の野球チームを応援するくらいの感覚でしかないのだと思います。私は説教をされました。」

「貴方が許さないせいで、一人の人が命を奪われてしまうかも知れないんですよ?それでも良いんですか?」と・・・。

もうここらでやめましょう。
死刑廃止論者とはそう言う人達なのです。
野球チームの応援とあまり変化の無い生命観しか持たない、だから奪われた命に対して冷淡なのです。
あるいは「生きている人は勝者、死んだ者は敗者。生きている人は生きている人を庇わなければならない」その程度の理屈なのかも知れません。

いずれにせよ。死んだ人を負け犬として切り捨てて恥じないからこそ、死者の死を仕方ないで切り捨てられるのでしょう。
彼ら彼女らには、命は等価で、償いのできないものと言う感覚はありません。

宗教にかぶれた人を改宗するがごとき無駄は避けるが吉だと思います。

長々とコメントいたしましたが、これが私の存念です。
納得して頂けたら幸いです。では、またお越し下さい。
2008/01/05(土) 14:35 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
>読者Aさん
ちょっと貴方の発言は全部消させて頂きます。
一体何者なんですか?貴方は。
2008/01/06(日) 20:43 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/402-43d0f08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
※今日のお勧めエントリーは「2007年9月29日 (土) 鈴木淑夫氏(前衆議院議
2007/09/30(日) 21:20:34 | 雑談日記(徒然なるままに、。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。