独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下記の資料に基づき、三輪からの注釈を入れて、現在のWTOあるいはEPA交渉について説明致します。

WTO交渉の行方 農業・食料問題を考える RIETI 経済産業研究所

3.何が問題になっているのですか?

端的にいうと、農業についての関税引き下げ等の市場アクセス、農業補助金削減、農産物以外の産品についての関税引き下げについて、それぞれ抵抗が強く、3すくみの状況になっているからです。

関税引き下げについては、お分かりだと思うので、なぜ補助金について交渉が必要なのかについて説明します。

関税について、10%以上は取らないと約束したとします。
輸入品の価格が1万円だとすると、関税を払った後の価格は1万1000円になります。
国産品の価格が1万1000円以下でなければ、輸入品と競争できません。
しかし、国産品のコストが1万5000円でも、4000円の補助金を払って1万1000円に価格を下げれば、十分競争できることになります。
輸入品にとっては、50%の関税で国産品は保護されているのと同じことになります。
交渉で関税を10%としても国産品と競争できなくなります。

農産物の関税引き下げについては、アメリカやブラジルなどが攻め、EUや日本が抵抗しています。
EUの関税水準は高いものでも200%程度なので、アメリカなどが主張する80~90%の削減では一気に20~40%の関税になってしまうからです。
100%以上の関税は認めないという上限関税は、1000%の関税で保護されている品目もある日本にとってはいやな内容です。
(日本の完全はEUとかと比べて現在でもかなり低いと言う事です。)

農業補助金については、アメリカが反対しています。
補助金でも貿易に影響しないようなものもあるのですが、アメリカは価格が下がると農家に補助金を交付して競争力をつけるというタイプの補助金を持っています。
(ダブスタの極みです。結局アメリカの農産物が強いのは、政府が補助金を出しているからです。しかも、この補助金ですが、2002年からブッシュ政権が大増額しました。)
これがなくなるとアメリカ産農産物の競争力がなくなるので削減に反対しています。
(なんとコメントすれば良いんでしょうか?WTOが何だかわかって参加してるんでしょうか?公正な貿易なんか最初からするつもりがないのに、ポーズだけは一人前。相手国への非難は天下一品なのですから、そもそも交渉相手として不誠実過ぎます。)

逆に、これが削減されても、EUや日本の市場がより一層開放されれば、アメリカの農家の所得は維持できると考えて、EUなどに関税引き下げを求めています。
(ほぼ学級崩壊状態です。自分勝手な都合の怒鳴りあいで、ほとんど最初から最後までカオス化しているとしか表現できません。)

農産物以外の産品についての関税引き下げについては、ブラジルなどの途上国が反対しています。
(農業以外の国内産業が崩壊してしまうからです。)
これらの品目については、先進国の関税は既に大幅に引き下げられていますが、途上国の関税はなお高いので、先進国はその大幅な引き下げを求めているのです。
(国内産業を破壊されたいと思う国は一つもないでしょうから当然ですね。)

ここでも、ブラジルなどは農産物の関税が引き下げられないのであれば、関税引き下げに応じられないという対応を取っています。
(それは言い訳で、実際は農産物の関税を相手が引き下げても、自国の農産物以外の関税は引き下げる事はしないでしょう。自国の農業以外の産業が非常に困るからです。)

******

農業阿修羅地獄シリーズで述べたとおり、EPAをそのまんまの内容で行ったタイとフィリピンは、タイがフィリピンの砂糖産業をぶち壊し、フィリピンがタイのココナツ産業をぶち壊し、周辺国の換金作物を徹底的に値下がりさせと、ほとんど地獄の様相を呈しています。

はっきりと言うと、EPAとは「結んだ国同士の経済戦争の相互宣戦布告」であると言う事です。
他の適当な表現はありません。結果を見ればまさにそのとおりですので。
お互いの産業を戦車なり爆撃機なりとして、互いの国の国を蹂躙し、絨毯爆撃で平らにして行くのと同じです。
ある意味見事な程に「その国の最も強い部門、相手国の最も弱い部門」以外は叩き潰されます。

タイはそのあまりの凄まじさに恐れをなし、EPAの恐ろしさから逃亡する方向に向かっています。新自由主義、グローバリズムとはいかなるものかを理解したのです。
しかし、借金まみれで倒産した農家を尻目に、未だEPAの悪い影響は猛威を揮っている最中です。
おそらく、今後のタイはEPA反対に向うでしょう。
EPA幻想に酔った彼の国の政府は、国民に高い授業料を払わせました。
今後の推移次第では、更に恐ろしい事になる事でしょう。

アジア経済研究所 - アジア - タイ:軍がクーデター、タクシン政権崩壊、暫定首相により民主化の道筋

9月19日夜、民主制度統治改革団(団長:ソンティ陸軍司令官)が戒厳令を施行し、翌20日未明にプミポン国王に謁見して、全権を掌握した。ニューヨークに滞在していたタクシン首相は職を解任され、イギリスにて事実上の亡命生活を余儀なくされている。

クーデターの直接の原因は、10月に迫った軍の定例人事異動をめぐって、軍人事に介入するタクシン首相と軍主流派との対立にあった。
より根底には、「国王を元首とする立憲君主制」を脅かそうとする言動があったタクシン首相に対し、軍および王室に近い関係者が危機感を抱いて、クーデターを主導したと考えられる。
またタクシン首相の強権的な政治手法や利益誘導を批判してきた市民グループの運動、都市中間層によるこの運動への支持があったため、クーデターは成功した。タクシン首相は、4月に次期首班指名を辞退すると発言しておきながら延命策を図ってきたため、側近や支持勢力の離反も相次いでいた。


彼奴が中国のスパイであり、成りすましタイ人である事は広く膾炙された噂である。
日本の小泉純一郎の様なものだ。
批判者に対する弾圧、マスコミへの介入。利権を一手に握る強欲ぶり。
そっくりである。

彼奴の治世の間に成し遂げられた事はどんなものだったのか?
動揺するタクシン政権 所得格差と言うパンドラの箱

日本国内では全く報道されないが、多分フィリピンとタイで連続で起きたクーデター騒ぎ。
この本質には、EPAによってもたらされた惨禍が横たわって居るのではないか?

特にタイに置いては所得格差の拡大が著しくなったと言う事だ。
元来、タクシン政権の支持者は「下層階級」だった。
タクシンは下層階級の支持厚い政権だった筈。
タイは黄金のお釈迦様の像(サガットがタイガーってやってるあの仏像)がある反面、売春が世界で最も盛んな国の一つだ。
貧富の差が極端に激しい社会なのだ。

貧困層は最初から多かったので、生活保護政策でタクシン派は大人気を博してきた。
しかし、EPAを各国と結び、国内産業は圧倒的に強い物以外は破壊されてしまった。
つまり、今まで富裕、中流だった層からの下層への転落が相次いだのではなかろうか?
各産業では、砂糖以外の産業は軒並み潰れて行ったのだから、再就職の過程での苦痛その他が臨界値に達してしまったのかも知れない。

実際、日本ではEPA関係の悲惨なニュースなど聞きたくても聞けないのが実情だ。
フィリピンの方がEPAによる社会不安が大きく、より早くクーデターが勃発した。
そう言う裏がありそうに思える・・・。いや、これは邪推かも知れないが。
(それらしいソースが見つからないので、推測でしかない。底流にこう言う事があったのだろうと言う推測と思って頂きたい。直接の引き金は、タクシンが無理やり解体したタイの政党の巻き返しなのは間違いない。)

また、EPAの恐ろしさはこれに留まらない。

タクシン政権の新しい経済外交:ASM|日本総研:シンクタンク
■タイ・中戦略パートナーシップ協定を締結
2005年9月にタイと中国両政府は、貿易・投資・観光合同委員会を開催した。両国の国営企業と民間企業あわせて約80社が参加し、「タイ・中経済戦略パートナーシップ協定」をはじめ多くの覚書が締結された。
他方、2010年までに両国の貿易額を500億ドル、中国のタイ向け直接投資を65億ドル、中国人からの観光客数を400万人に増加させるという数値目標が示された。

この背景には両国が近年貿易面で急速に関係を深めているという事実がある。
図は、タイ・中貿易の推移をみたものであるが、輸出入ともに急増していることがわかる。
その結果、タイにとって中国は輸出では、米国、日本に続く第3位、輸入では、日本に続く第2位と重要な地位を占めるようになった。
タイ商務省輸出局は、中国向け輸出をさらに拡大するため、中国国内のタイ貿易センターを現在の3カ所(上海、昆明、広州)から10カ所に増やす計画を発表した。

中国のタイ向け投資も増加傾向にある。
タイ投資委員会(BOI)によれば、2005年1~11月の中国のタイ向け直接投資申請額は、織物、製紙、石油化学などを中心に前年同期比36倍の1,216億バーツ(約3,645億円)となった。
さらに、中国の大手鉄鋼メーカーである首鋼集団はASEANへの輸出を目的にタイ東部で高炉建設を予定しており、上海汽車はタイのヨントラキット・グループ、ECIグループと組んで乗用車やミニバンの組み立て工場を建設する。
さらに、中国の医療品・繊維メーカーである華源集団は、米国との貿易摩擦を回避するためタイからの輸出を計画している。

******

迂回輸出のアウトポスト化してしまう事例がここに既に存在しているのだ。
中国とタイのFTAで、タイの農業がどんな目にあったかは参考エントリーでも引用した。

タイ政府は2003年10月1日、中国とのあいだでFTAを発効させ、果物と野菜関税をゼロとした。
その結果、9カ月後には、中国からタイへの野菜流入量は 180%増加。
ニンニクの価格が35%下落、タマネギ価格は80%下落した。
2005年にはタイ豪FTAが加わり、営々と酪農を育ててきた15万人の酪農家がいま危機に瀕している。

タクシンとは筋金入りのグローバリストであり、タイの産業構造を目茶目茶に改変してしまったという事だ。
これではクーデター騒ぎも仕方あるまい・・・・。

私は以前にこういうエントリーを書いた。
内乱に繋がる構造カイカク | 復活!三輪のレッドアラート!
まさしく、タイとフィリピンは外国との競争を激化させる構造カイカクであるEPAによって、内乱が惹起されたと言う事だ。

こんな政策を日本で採用された日には、まだ何とか平穏な日本と言う国がメチャクチャにされてしまう。
しかもこのEPAとか構造カイカクとかは、アメリカのカルト経済学派による、イギリスその他の国の事例で「駄目だと証明済み」by西村眞吾のとんでもない代物なのだから。

日本国民はその事を未だに圧倒多数が知らされていない。
騙されているとしか言えないツンボ桟敷なのだ。
政府言う所の「説明責任」は一体どうしたのだろうか?

竹中平蔵氏は「構造改革で他の国がどうなったか」を全く語った事がない。良い事以外は・・・・
これは国家主導の「悪質リフォーム」であろう。
ちなみに、英語ではカイカクの事をこう言う「reform(リフォーム)」と・・・・。

そのまんまではないか!

三輪は告発する。
WTO等の「それぞれに都合の良い事しか言わない学級崩壊状態の話し合いなど、真面目に締結や履行を考える事それ自体が国益を毀損する」のだと。
アメリカもブラジルも、自分達の都合の良い事しか言わない。
自国は安定的に発展させたいが、他国の事は知らない。
そう投げ捨てている様にしか見えない。

「他の国なんかどーでもええわー」と言う意図しか見えないのだ。
そのくせ自国はとっても大事に扱ってほしい。特別扱いして欲しい。
こんな業突く張りのダブスタがまかり通そうと言うのは、既に外交が交渉ではなく「強請り集り」の本性剥き出しで、その性根に下着すらつけようとしていない段まで堕落していると言う事だろう。

最初の資料の更に前段を引用する。

>この交渉のデッドラインを決めているのは、アメリカの貿易促進法という法律です。
>アメリカでは、通商交渉の権限は行政府ではなく議会にあります。
>しかし、議会が具体的に交渉するわけではなく、また、行政府が交渉した結果を議会に変更されても困るので、議会は交渉権限を行政府に委任して、交渉結果についてはイエスかノーかだけを言うことにしました。

これを読んで私は目の前が眩んだ・・・・。
アメリカは「自国の議会で既に交渉結果を決め、それを変更はしない。外交交渉については他国と行う事はない。」と言う事だ。
これが貿易に関するアメリカの姿勢なのだ。

それなら使節を送らず、電子メールで相手国に通知だけ行えよ!

もう、ここまで来たらこれが外交か?と疑う様なやり口である。
ひたすらトホホなのだ・・・・・。

日本政府の代表は、この様な他人を舐めきった交渉の中で、常にババを引いて帰って来る。
真面目に交渉しようとするからである。

日本政府はこの様な悲惨な場に使節を派遣するよりも、もっとまともな場でない限り交渉はできないと明言すべきだ。
そして、日本国民も、この様な外交交渉の場がいかに手酷いカオスに支配されているかをもっと知るべきだと思う。

ぶっちゃけ、こんな場所に出向いても何等実のある交渉がまとまる訳ではないのだから。
しかし、今回の福田政権・・・・あっという間に中国とEPAを結びそうに思えるのだが・・・・。

私の気のせいじゃないだろうな。

民主党は地方の味方、農家の味方と自称するならば、この様な農業交渉の実情をもっと良く知るべきだろう。

では今回のエントリーはこれで終わります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全く・・・
  真面目に交渉しているのが馬鹿馬鹿しくなってきますね。

  冷戦の頃の、自分の陣営とは少なくとも理性的に話し合えた状況を今に当てはめるとダメみたいです。実りのない交渉はうち切るに限りますね。
  あと、こういう交渉を有利にするための揺さぶりは、いろいろな方面からやってくることを知っておかなくてはいけません。相手を心理的にコントロールするのが地政学の命題です。

豪州上院、慰安婦謝罪決議を否決
http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070925/wld070925008.htm
--------以下引用--------
 オーストラリアの上院で、慰安婦問題について日本に公式謝罪を求める決議案が否決される一方、同問題などで日本政府の取り組みを評価する決議案が採択された。7月末に対日非難決議を採択した米国下院とは対照的な結果となった。

 豪上院本会議で19日に採決された決議案は最大野党、労働党の議員が提出したもので、日本の国会での謝罪決議の採択や、元慰安婦への公正な補償、学校で慰安婦の歴史を正確に教えることなどを日本政府に促す内容となっていた。

 ただ、上院は与党の保守連合(自由党、国民党)が過半数を占めており、労働党案は賛成34、反対35で否決された。

 これに対し、20日に賛成多数で採択された、自由党提出の決議案は「“慰安婦”は日本の歴史におけるおぞましい出来事だ」とする一方、慰安婦問題での日本の取り組みを評価。被害者たちとの対話継続を促す内容となっている。
--------引用以上--------

>「“慰安婦”は日本の歴史における
>おぞましい出来事だ」とする一方、

  私が外務大臣なら、明日にでも国際捕鯨委員会脱退、商業捕鯨解禁を打ち出します。こんな糞どもとEPAなど冗談を言うのもほどほどにしてほしいものです。
  中川昭一あたり、何か言ってくれないものでしょうか。
2007/09/26(水) 00:18 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
農業や経済もそうですが、案の定人権擁護法案やら外国人参政権やらが話題にのぼるようになってますね。

いきなりゴネ得が発生した党人事や歩幅の小さい組閣など、空中分解寸前にも見えますが、手負いの獣はなにするかわからないのが余計に怖いです。
2007/09/26(水) 00:37 | URL | ico #.wkWn3KA[ 編集]
TBです
古い記事ですが、

EU ASEAN、インド、韓国とのFTA交渉へ
http://sun.ap.teacup.com/souun/659.html

米国農業政策の再考
http://sun.ap.teacup.com/souun/16.html
2007/09/26(水) 00:48 | URL | 早雲 #-[ 編集]
色々なブログを応援中です!
応援ポチッ!
2007/09/26(水) 01:16 | URL | マルコ #-[ 編集]
まず地方農業が生き残る仕組みのモデルから・・・・
こんばんは。たびたびお邪魔させてもらってます。

「郵政民営化」も問題ですが、農業自立の件は、日本国と国民自体が食料を他国に牛耳られ、今のままでは国家存亡の危機的状況に陥りますね。

いまや売国福田政権なので、最悪の事態に備えてまずは地方農業の自立への手当てが必要ですかね。

JAの手当てをいきなり調整するのは難しそうなので、まずは周辺部から調整しますわ。

取り急ぎ、農業関連メニューを、サイト右上にこしらえてみました。
本腰入れて専門サイト立ち上げて、食の安全・安心と農業をリンクする仕組みを構築してもいいですね。今後、一番重要な視点になって来るでしょう。

ネタはいろいろ豊富なので、地域農業の生き残りのモデルが出来ればと思います。
まずは、今あるネタを取り揃えてみたので、次は、どうつなげるかを、出来るとこからコツコツと実践してみます。

ではまた、よろしくです。
2007/09/26(水) 03:37 | URL | ねんきんどっとネット #-[ 編集]
話しは横道に逸れますが、私の住んでいる地方の過疎地では、若者は都会に出ていき、空き家が目立つのですが、最近は、その空き家に、都会から来たホ‐ムレスと言われるような人達が共同で住み込み、稲作や畑仕事をしながら生活し始めました。真面目な人達らしいですが、なかなか地元の人達とは溶け込めません。地元の人達も、挨拶や声を掛けたりはしますが、絶対に物はやってはならないと決めているようです。 都会から来た彼らはNPOの紹介で来たそうです。また外国人の嫁を貰った農家も少なくないです。
2007/09/26(水) 07:51 | URL | いなかもん #-[ 編集]
>いなかもん様
何と言うかね・・・。
実際の話、田舎は閉鎖的だと言われます。
集落は血縁の者が多く、それ故に信頼のネットワークが濃密だからです。
ですけど・・・そう言う人達が他人から裏切られた時のショックは、我々都会生まれの人達の想像を遥かに超えるでしょう。

余所者を半獣人と言う風に見る人も居ますが、それも過去のいきさつでは仕方ないかと思うのです。
私は・・・実際ですが、田舎は閉鎖的で自給的自足的な場所として、都会と全く違う世界でも良いと思うのです。
仕事さえあれば、都会に出て行った人達の何割かは帰って来るでしょうし、日本人の女性が田舎に来ると思います。
そして田舎で濃密なネットワークの中で安らいで生きる子孫が増えていく。
それが私思う所の幸せな世界なのですがね。
新しい生き方なんてしたくないならしなくて良いと思います。

>ねんきんどっとネット様
貴方なら何時でも歓迎ですとも。
日本農業の生き残る方策は、やはり価格政策だと思います。
他の国でも同じ結論以外はありませんし・・・・。
構造カイカクかぶれをまずなんとかして、構造改革やる位なら国税は払わない、EPAやるなら政府を国の代表と認めない位言う人が居ても良いように思います。
出て来てくれたら、私全力で応援しますね・・・。いや本当に。

とりあえず、貴方のサイトをリンクに入れさせて頂きます。
私も、このブログの読者にも読んで頂きたいですから。

>ico様
今回の自民党は一味違いますよ。
なんとなれば古賀が「人権擁護法案や外国人参政権に反対する奴は次回の選挙で公認を出さない」と言う姿勢ですから。

あんな奴に人事権与えるなんてキチガイ沙汰ですが、それをやるのがカイカク原理主義者クォリティなのですね。
もう自民党は死にました。そう思わないと駄目です。

>ろろ様
連中は平気で「日本人より鯨の方が殺されたら可哀想だ」と口に出しますよ。
まあ、調査船に乗っている日本人に危害を加えて体当たりですからね。

海賊行為で裁判にかけるべきです。
そしてオーストラリアを国際的に非難すべきですね。
まあ、今の政府ではできないだろうけど。
2007/09/27(木) 21:59 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/396-1e598ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 暑さ寒さも彼岸までといいますが、さすがに朝夕はめっきり涼しくなってきました。ところで嫌なニュースがない日は珍しく、今朝も新聞を開くと「中三の少年、父の頭を斧で殴る」という記事が出たいました。一週間前にも同じ
2007/09/26(水) 09:40:45 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
カオスに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
2007/09/26(水) 10:44:11 | プレサーチ
  先日、突然退陣した安倍晋三首相に代わって、福田康夫元官房長官が自民党総裁、もって日本国の首相に選ばれました。  まだ正式に発足したばかりの内閣ですが、早速私の評価を下しておきましょう。それは、  「
2007/09/26(水) 14:12:13 | 日々是勉強
西尾幹二先生の本を読みました。1990年の『日本の不安』(PHP研究所)という本です。なぜこの本を読んだかというと、私の本棚にあったからです。なぜあったのかはわかりません。きっと自分で買ったのだと思いますけれど…ともあれ中身は古びていません。ドイツの行方など
2007/09/27(木) 14:30:18 | 22で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。