独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の連山にアップされたエントリーに、私は強い衝撃を受けました。
それでこちらとしても黙っていられないと言う事で、エントリーを複数立ち上げました。

連山に「私個人への攻撃の意図」があると言う風に書いてあったからです。
それに怒ってエントリーを立てた訳ですが、その最中に初めて見るお客様がコメントを書いて来られた。
それがblue_mermaidと名乗るお方でした。

彼女(だと確信しています)に懇々と諭されて、私も自分の非を認めざるを得なくなりました。
理非曲直を弁えた女性からの仲介に対して逆らっている自分が卑しく思えても来ましたし。

今更このエントリーで以前の内容を蒸し返す事は致しません。

私が危険だと感じたエントリーも、その後に内部で問題があると指摘され、それで取り下げられたのだと言う風に慰撫されて、それは違うと頑固に言い張るのも大人気ない事です。

名士の集う集団である連山が、一人二人の人間の行い、内部で修正の指示が行われた問題によって、必要以上に迷惑を掛けられる事態は好ましいと思わないでしょう。
大半の人達は自分に関係の無い、降って湧いた様な事態に困惑もしているでしょう。

これ以上、彼女にも関係の無い連山のメンバーにもご迷惑を掛ける事は避けるべきだと私も納得しました。
よってこのエントリーで、私のほうから謝るべきは謝ろうと思います。

まずは以前のハンニバル論争。言われて読み返してみたんですが、全く斟酌とかが入ってないですね。

とりわけ、何故彼等が「相手にできない妄想族」のエントリーに立腹したか、彼女の説得メールで理解に及びました。確かに思いやりも何も無い引用の仕方でした。
とあるサイトに、様々な自分の書いたエントリーを不埒な読み方をされて、それに腹が立っている状態で引用しているから、全くもって棘しか感じない文面になってます。
松村氏の事も、言って見ればこのエントリー内では出汁にしている上に酷い扱いに思えます。

これは物書きとして認めざるを得ない失点です。陳謝致します。

それに加えて、立場もあり、今後とも情報を発信し続ける使命を感じておられる無関係な執筆者の方々に対してもお詫びすべきでしょう。
それこそ十派一絡げに、連山に所属しているだけの方々に対しても一切の斟酌を行わなかった事は恥ずべきだと反省しました。

また、休日中ずっと文通していた彼女の心痛を見るに付け「私が女性に暴力を振るっている」と言う事を認めざるを得なくなりました。
他の支援者の方々も同様に心痛を感じておられるのかと思うと。これは勝ち目はないと悟るしかありませんでした。
彼女だって本来当事者ではなかったのです。それをこんなに巻き込んでしまった。その事を後悔しています。

自分の言論活動に対しては妨害を許さないと息巻いていながら、他人の言論活動に対して配慮を行わなかったのは恥ずべき行いと言われても仕方ないでしょう。
理由があるないに関わらず、この事は最初に謝罪をしておくべきだと思いました。

彼女に伝えおいたとおり、私は連山との和解を求めています。
ここでそれを公表して置きます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
潔い武士道
あの方の意思として全ウルスに示す

「三輪耀山は善い志士である。
 彼に困った事があった時は、
 いつでも連山は協力せよ。」

女性が描いた過去の政治家
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/katrina_ruiz/
あなたには良い友がいる。
社会を良くしたい気持ちはわかる。
でも、焦らなくてもいいと思います。
2007/09/24(月) 20:21 | URL | 狼煙 #UaYIYI.o[ 編集]
一安心
なにはともあれ、和解が成立したようで一安心しました・・・。
2007/09/24(月) 20:33 | URL | 喜八 #WE/hy34.[ 編集]
>狼煙様
今後はこう呼ぶ事にしましょう。
和解成立を今は喜べます。
彼女の様な素晴らしい女性が連山の支援者だと言う事は、本当にある意味羨ましいです。
彼女は、連山に取っては正しく宝と言えるお方でしょう。

私は今回の件で、連山の中に深刻な私に対する不満がある事を知りました。
戦術戦略の指導者でもある松村氏に対して、私は反論の最中にいろいろな意味で決め付けをしてしまっている。
彼女に言わせれば議論が不可能な決め付けを。私も今はそう思います。

極め付けは例の「相手にできない妄想族」のなかで、単なる引き合いとして無情に村松氏に対する反論を引用している事。
これは本当に立つ瀬が無いほどの無情さだと、彼女に諭されて気が付いた訳です。

彼女が付きっ切りで諭して下さったおかげで、私はその事について素直に謝罪ができました。
ずっと以前に自分でそれができなかったのは、私の心が狭いからです。
今日、少しだけでも心ある言葉を村松氏と、連山の支援者に語る事ができたのは全て彼女のおかげです。

今回の件は私の短気故に問題を大きくしてしまった。
本来ならば連山の内部で収まる事だったのに、それに火を付けてしまった。
連山を信じていなかったからです。
けど、今は信じられる。彼女の事を知った後では疑いなど抱けない。

和解を受け入れて貰って私も安堵しています。
もう金輪際彼女をハラハラさせる事は致しません。

皆の前で永遠に残る言葉でそう誓わせて頂きます。

blue_mermaid様、本当にありがとう。
全て貴方のおかげです。
2007/09/24(月) 21:21 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
女性が連山の支援者であり、事を起こしたくない連山の総意を察して難儀な仲裁の役を買ってこられた。ということは、あなたの支援者でもあるようなそんな気がしました。

不器用な生き方をする正義漢を理解していただける女性でも少ないのに、
その上、両雄の矛を収めさせる誠実さと行動力を兼ね備えた女性の存在を確認し、
私も嬉しくなりました。

私自身、外見が美しくとも残念な女性とばかり関わっていたので、この度のエントリーで幸せになりました。

一家の大黒柱って女性なのかなと最近思います。
男は、妻子の平穏な生活を守るための消耗する道具。
道具は、日々手入れ怠れば使い物にならなし、能力を高める為に磨かなければならない。
小傷は人により修復できようとも、最終的には破損して使い物にならなくなる。
有限であるからこそのダンディズムとしての男の喜び。
そして道具としての優劣を自覚したいから、別の道具と勝負するできる充実感。

すてきな女性達は、そんな美しく生きたい男の唯一の養分です。
2007/09/25(火) 00:30 | URL | 析出した忠 #-[ 編集]
うふふ。。。
ありがとうございます。
でも、私のことはこの位で...。

あくまで【連山】への謝罪掲載です。。

三輪さん、お疲れ様でした。
ちゃんとおとなしくしていますか?

ひとつ気になったこと。。
私は中立の立場で連山の人ではありません。
今回のことは、三輪さんを守る為に連山を守りたいというのが正解。
前途有為の青年ですから...。

今後のご活躍お祈りしています。
2007/09/25(火) 05:54 | URL | blue mermaid #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/25(火) 06:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/393-51603af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。