独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
農業阿修羅地獄計画 | 復活!三輪のレッドアラート!
前エントリーに対する皆様の多大な反響に感謝します。
本当に遣り甲斐がありますよ。

この農業問題ですが、煎じ詰めれば「豊葦原瑞穂の国」を「自動車とハンディカムの国」と言う、そんな国に零落させようとする計画を財界主体で作ろうとしていると・・・・。

そんな、連中の底がもろに見えてしまう、底の浅い、刹那的な利益を追求した、猿が考えたとしか思えないムカつく日本の未来像がそこにある訳です。
オフィスの中だけで万能な卑しい存在は、そこまで世界観しか持つ事ができないと言う事です。

第一、このやり口ってのは、思いやりとか、他人の都合とかは全く入っていません。
お金の事だけ考えてたら、そう言う小さい事には拘ってられないのでしょう。

で・・・そんな彼等の更に醜い計画。
日本農業を叩き潰した後の日本がどうなるか。それを私が説明致しましょう。
誰も幸せになれない未来、そんなものが本当にあるのです。

続きは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

○国内農業生産の減少 ▲約3兆6000億円
(農業総産出額の約42%に相当。とくに米は現在2兆円程度の産出額のうち、1兆8200億円が外国産に置き換わってしまう)
○国内総生産(GDP)の減少 ▲約9兆円
○就業機会の喪失 ▲約375万人
○食料自給率の低下 40%から12%へ
○耕地面積の減少 272万ha(約6割)の減

 この農水省試算について、報告書では「時間をかけて国境措置の削減、撤廃を行っていけば、産業調整の影響は、突然撤廃される場合と比較すると、大きくはない」と、進め方の問題としてかわしつつ、こう述べる。

 「国境措置を撤廃あるいは削減した場合の国内農業生産額の減少に対して、産業調整政策を講じる必要があるが、これに伴う財政負担については、農業構造改革を進めていくことにより、いかに少なくするかが重要である」



さて、この農業構造カイカクだが、今の時点で既に解決方法のテストは始まっている。
これだ・・・・。

大連レポート 日本と大連の農業(下)<ウォーカーチャイナ2005年4月号>

増加する大連からの農業研修生 親日土壌と日本の事情を背景に (取材・猪瀬 和道)

■派遣事業は日中の利害一致

 「日本の農業は技術的に進んでいるし、何よりも日本の農家の農業に取り組む精神が素晴らしい。とてもいい勉強になりましたし、機会があればまた行ってみたい。そして将来は私自身も多くを学び、中国の農業に進んだ技術を取り入れて、家族の暮らしを豊かにしてやりたいですね」
 こう笑顔で語るのは、中国人農業研修生の生活指導員として昨年、北関東地方の農村に3か月間派遣され、日本の農業を見て来た呂志智さん(28)(大連・庄河市)だ。
 中国人農業研修生はここ数年、日本各地で増加傾向にある。農業分野における海外からの研修生は2003年には4280人(農水省調べ)にも上り、しかもそのうちの85パーセントが中国人だった。中でも最近は大連を中心とした東北地方の青年層が目立っているという。
 大連で人材派遣の仲介、斡旋を手掛けている日本人アドバイザーは次のように分析する。
 「日本の農家は後継者不足に陥って働き手が少なくなり、高齢化が深刻化しています。一方の中国は日本と比べると農業技術は遅れ、農村経済の面でも都市との格差が広がるばかり。先進的な農業技術を学びながら収入が得られる農業研修生として、日本へ行きたがっている人が多いのです。こうして日中両者の利害が一致しているため、中国からの農業研修生が増えています。とりわけ大連の人たちは親日的で、真面目に働くことから日本側も東北地方の人を採りたがっているのが現状です。日本が受け入れている中国人研修生のうちの一割が大連の人たちと言われています。この傾向はさらに強まって行くことでしょう」



ところが、現実はそんなに生易しいものではない。

中国研修生殺人事件「ちょっと気の毒」:とくダネ!:J-CAST テレビウォッチ

すでにこの様に中国人研修生を食い物にする事業は存在している。
そして、今後はこの様な中国人研修生はどんどん増加する。

前エントリーでこういう記述があったのを覚えておられるだろうか?
ともかくもう一度読み直して頂きたい。

小さい農家に土地を手離してもらうための妙案
 「国民的コンセンサスを得るためにも、(国の施策の対象を)所得の大宗を農業に依存している農業経営者(体)を基本とすべきである」と、報告書は、ここでも「国民」を持ち出す。現状では、農家所得の過半を農業所得以外の所得に依存している準主業農家や、65歳未満の農業就業者がいない副業的農家が、日本の農家の「大宗」(80%弱)を占めている。

 こうした農家は、もともと「農業収入」をあてにしていないのだから、国がめんどうをみることはないだろう、という一見「国民うけ」しやすい理屈だが、今回の報告書はこれらの農家を施策の対象からはずすだけでは満足しない。土地を手離してもらわなくてはならないのである。

 かくして、報告書は「農地法」の改定を射程においた農地の流動化のための妙案を提案する。

 「所有と利用を分離し、(a)利用についての経営形態は原則自由、(b)利用を妨げない限り、所有権の移動は自由、とする」

 「高齢、相続等により農地を手放すことを希望する人が所有権を移転しやすい仕組みもオプションとして用意する」

 その仕組みとして「農地を株式会社に現物出資して株式を取得する仕組みを創設する。その際、例えば株式の相続税を一定程度優遇することなどにより、小規模農地所有者を中心に所有権の移転を促進し、担い手への面的集積を加速する」

 「所有と利用を分離」といいながらも、主眼は所有権の移転である。
 小さい農家の土地を大規模経営や株式会社に集める。
 「高齢化」「耕作放棄」を強調しながら、土地を手離さない農家を「自分の都合で土地にしがみついている」理不尽な存在として描きだし、「国民・消費者の利益」なるもので、周りから攻め立てる。


 一度日本の農業は壊滅させられる。
 その後は日本の農業の構造カイカクが急テンポに進展し始めるのだ。
 中小の専業農家、兼業農家からは土地を囲い込みで奪い取る。
 その後に企業同士の持ち合いによる、大規模な「国際的に太刀打ちできる規模の農業経営体」が成立する。(形だけでもね・・・。)

 そこで問題になってくるのは、世界レベルの生産単価まで日本の農業のコストを低下させる為には「労賃単価の引き下げ」が必須である訳だ。
 ここで登場するのが「大量のアジアからの研修生達を雇用する」と言う流れだ。
 当然だが、彼等彼女等の母国の賃金以上は払えない。国際競争に負けるからだ・・・と言う理屈だからだ。

 これはもう・・・・言わせて貰えばだが。

 日本国内を舞台にしたプランテーション農業だろう?

1.プランテーション農業 
発展途上国の安い土地・低賃金労働力・気候などを利用し、輸出用商品作物を生産する。
先進国の多国籍企業が経営する植民地的農業である。
商品作物を安く大量に生産するため、モノカルチャー経済である国が多い。
農場内に加工施設や、労働者の宿舎がつくられていることもある。
南緯20度~北緯20度の熱帯作物が多い。コーヒー・カカオ・バナナ・天然ゴムなどである。

2.モノカルチャー経済
一つの農作物・鉱産資源を広範囲に大量に生産する経済である。
国全体が単一商品の国もある。
商品の豊凶や、国際価格の変動が大きく影響し、国の財政状態が不安定になる。
例えば、1960年代、ブラジルはコーヒーのモノカルチャー経済の国であった。
コーヒーはスイス資本のネッスルに買いたたかれ、大農場ファゼンダだけが経営が成立し、小規模農園の経営は苦しくなる一方であった。
しかし、大農場も、霜害に襲われたり、隣国コロンビアの方が輸出価格が安かったりして、経営は安定しなかった。
経営安定化のため、コーヒー栽培を減らし、大豆・さとうきびの栽培、肉牛飼育というような多角経営に向かった。
ブラジルのプランテーション農業は、経営を安定させるため、コーヒーのモノカルチャー経済から、混合農業に転換した。


こんな感じに多分なるだろう。
前エントリーでこう言う事も引用していた。

一方、タイはブラジルに次ぐ世界第二位の砂糖輸出国だが、そのタイの砂糖がフィリピンに輸出されて、フィリピンの砂糖産業を構造不況業種に追い込み、フィリピンからは安いココナツがタイに入り、タイ産ココナツを半値に暴落させた。タイの砂糖はカンボジアにも入り、カンボジア農民の伝統的な現金収入の道であるサトウヤシから作る砂糖を衰退に導いている。東北タイのサトウキビ農民は、国際競争に巻き込まれて製糖資本から原料買い上げ価格の引き下げを強いられ、年収の何倍もの借金を抱えて苦しんでいる。


結果的にグローバリズムが席巻した国は「単一の得意な作物だけが残り、他は他国からの輸入に負けて衰退する。また、他国も自分の一番得意な作物だけが勝ち、得意な作物以外は負ける。立地及び気候に恵まれない国ではどの作物も敗北する。」と言うとんでもない現象が起きている。

つまり、自国は他国の製品に席巻され、自国の製品も他国に多大な迷惑をかけていると言う事だ。
こんな阿修羅地獄の様な様相も、グローバリストには何等の感銘も与えない。
「適者生存が各所で起こっているだけであり、それは正しい道筋だから」である・・・・。
起るべき事が起きているだけなのだ。何の不思議もない、彼等に取っては。

もう、完全に頭が狂ってるのである!
ともかくも、今後の日本で起きる事は、「こう言う邪悪極まりない地獄の様な世界に対抗する為に、甘っちょろい感傷や、無駄な不合理を徹底的に無くする方向性」に従った必要なカイカクが行われる事になる。

地獄に適応する為に鬼になれと言ってる訳である。
地獄に脚を踏み入れない事が正しいとは最初から思ってもいないのだ。

その地獄に適応した鬼の国が一体どんなものか。
実例を幾つか挙げよう。
晴耕雨読 - オーストラリア 干ばつで穀物輸入
これが日本に対してEPAを申し入れて来るオーストラリアの現状である。
[PDF] 【緊急報告】 深刻化するオーストラリアの大渇水
この干ばつは2002年から続いている。
地球温暖化などと言う迂遠な事が問題なのではない。
「穀物は水が姿を変えただけの存在」なのだが、それを輸出と畜産用に、彼等は馬鹿みたいに汲み上げて、それをばら撒いて農業を行っていたので、域内の水量が臨界値を超えて消費され、干ばつスパイラルに大陸ごと陥ってしまっただけなのだ。

彼等は強欲で、再生循環と言う日本人の様な知恵を持たない。
破壊して強奪するだけの文明と、破壊された自然の中でも平気な文化水準しか有していない、中華文明圏と同程度の民度の輩達なのだ。

なに?信じられない?では、同じ移民によって作られた隣国ニュージーランドの連中はどうか?
彼等は自然公園は保護するが、それ以外は禿山をバンバン放置していて平気なのだ。
日本人が「何故植林しない?」と聞くと「まだたくさん木は残ってるのに、何故そんな事をするの?植林と言う言葉は初めて聞いた」と自然公園のガイドが口にする始末なのだ・・・・。

白人の民度などその程度のもの。
禿山を見ると気味が悪くなる日本人とは大違い。(その点、日本人に感化された韓国人は今や禿山を国の恥と思うまでに進歩している。彼等が中国人にもう一度支配されるまでは、日本人の教えた植林の習慣は韓国人の文化に定着し続ける事だろう。)

西洋では悪魔がヤギの頭を持っているとされている。
ヤギは草木を根っこから食べるので、最終的に繁殖すれば山を禿山にしてしまう。禿山は死の世界⇒地獄⇒地獄の住民はヤギ、そう言う連鎖なのだそうだ。

そう言う意味では、西洋人は普通に悪魔そのものである。
連中は自分達の正体を目で見ても理解できない程度でしかないのだ。
見捨てるしかない。(忠告しても聞く訳ないし・・・)

まあ、我々の捕鯨を反対している間に、手前らの足元がここまで崩壊してしまっているのだ。
日本に売る為の牛肉を育てる為に、国土をこれほどまでに荒廃させてしまったアボリジニを虐殺して大地を奪った流刑囚の子孫達。

自業自得だな!( ゚д゚)、ペッ

そう言う土地を奪い取ってプランテーションを行った国の真似を、今の日本の農業は行おうとしている訳だ。

[PDF] 農業の構造改革に向けて

外国人労働者問題関係省庁連絡会議の設置について
第165回国会 本会議 第10号(平成18年10月26日(木曜日))
>五つ目は、外国人労働者の受け入れ方針等についてのお尋ねがありました。

>我が国では、すぐれた外国人研究者、技術者等を積極的に受け入れることとしているほか、日系人等、身分に基づく在留資格で入国した外国人などが現在就労いたしております。
>その上に、現在受け入れを認めていない外国人労働者を新たに受け入れるとすれば、
>一つ、労働市場の二層化等の悪影響が生じて格差是正の妨げになること、
>また二つ目に、滞在の長期化や定住化に伴う深刻な社会的問題が発生する等の弊害が懸念されることから、慎重に対処すべきものと考えております。

しかし、現在の日本は格差是正はさせない、雇用の問題も解決しない方向が正しいと財界が決め付けているのだ。

そして、歴史は繰り返す。
今回もプランテーション農業を行う為には「土地の上に居座っている原住民を虐殺して、土地を略奪する必要がある」と言う事だ。彼等はその必要を知悉している。

原住民とは、もちろん、現在の土地の所有者「日本の農家」の事である。
だから、財界の意向を受けたマスコミは「農林水産大臣だけを狙い撃ちで叩く」のだ。
それが誰かと言う事は関係ない。
「農業と言うのは酷い利権構造の存在する国民の敵」と言う印象付けを行うためだけにそう言う事をしているのだ。
あるいは、安倍内閣組閣の時に、脛に傷持つ松岡氏を据えたのは、そう言う意図あっての事かも知れない。
で、その松岡氏が、連中が思っていたよりも遥かに郷土愛に満ちた、本当は人間性豊かな人であり、冒頭で述べた日本農業がFTAやEPAを完全に行った場合のシミュレーションを公表してしまった。
その結果が彼の自殺と言う事なのかも知れない。

松岡元農水大臣の魂に安らぎあれ。
貴方の警告は三輪が確かに受け取りましたから。ご期待に少しでも添えられる様に振舞います。
貴方の無念も、いつか少しなりとも晴らす所存です。
貴方は生前に悪い事もなさったが、きっと天国に行けたと、私は信じておりますよ。

破滅の後にラストバタリオンよろしく、中国人の研修生が「見習い価格」で群れをなして送り込まれてくる。
日本の農家が涙を呑みながら手放すしかなくなった先祖伝来の土地。
そこに奴隷が送り込まれてくる。思いやりの欠片もなく、そこで生産だけを行う為に。
2007年2月県議会一般質問

小泉内閣の自民・公明政権の5年間で進められた弱者きりすての「構造改革」路線は、あらゆる分野に及んでいますが、特に、年金、介護、障害者支援などの社会保障の改悪と、老年者控除・定率減税の廃止などの庶民大増税で、02~08年までの7年間で11兆円もの国民負担増がおしつけられ、「貧困と格差」は拡大するばかりです。
一方、大企業はリストラや非正規雇用の拡大などで人件費を抑制し、そのうえ法人税の減税などで史上空前の儲けをあげているのです。
景気が回復しているといいますが、儲かったのは大手企業だけであり、県民のくらしや県内の中小零細業者をみれば、そんな実感はまったくありません。


中略

また、県内には、外国人労働者が少なくないようですが、中国やアジアから「研修生」という名目で低賃金の違法な形で働かせられていることが各地で問題になっています。
先日も大越町でベトナム人の研修生に対し賃金が支払われないまま、ビザがきれていたため強制送還される事件が発生していますが、これは氷山の一角ではないでしょうか。
県民の雇用環境にも影響を及ぼす問題でもあり、県として労基署などとも連携し、こうした実態調査を行なうべきと思いますが、見解をうかがいます。



今後はこう言う事が常態化するだろう。
崩壊した地方から日本人は暮らせなくなって追い出され、悲惨な奴隷が海外から夢を見ながらこき使われにやってくる。

こんな未来図は誰も幸せにしない、恐怖の未来だ。
しかし、そんな未来を「私利私欲のためだけ」に恬然として人様に押し付けようとする者達が居る。

彼等彼女等は自分たちが支配者のつもりなのだろう。
金を持っていれば、国も国民も国土も自由にして良いと思う。

思い上がりも甚だしいわ!

日本の財界も、中国人も、日本の農家の居る地方を侵略するつもりだ。
グルになって・・・・。

これは侵略なのだ・・・・。
その事を日本人は良く理解しなければならない。

この様な恐るべき輩達は、我々の手でその意図を挫き、出来る事ならばその手先と、ボスの両方を地獄に送ってやるしかあるまい。

まだこのエントリーには続きを書きます。
特に地方の方々・・・毎度良くご覧になって下さいませ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TB有り難うございます
政治が国民経済という大局の視点から経済を制御しなければ、狭い判断で動いている個々の企業も生き残れない
http://sun.ap.teacup.com/souun/821.html
樹を植える日本人、樹を伐る中国人
http://sun.ap.teacup.com/souun/283.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/284.html
2007/09/19(水) 22:02 | URL | 早雲 #-[ 編集]
はじめまして三輪様、農業阿修羅地獄のエントリ非常に興味深く拝見しております。

私の親類には専業農家が多く中国人研修生が働いているとの事だったので、ちょうど
今日のエントリと同じ研修生問題を親類の前で話したのですが、やはり研修生の利点
の部分にしか目がいってないようで、後々起きてくるであろう問題点を伝えても
「農業の苦しさも分かってない奴が…」とか「双方の利益になるんだからいい事じゃ
ないの」という感じでなかなかうまく伝わらなかったのです。

ですが、今回の三輪様のエントリのように経済界、政治界からも農家をさらに追い詰
めるような動きがあり、そのような状況下で研修生の利点のみで行動すると危険だよ
という視点からも説明できればもっとうまく伝わるなと感じた次第です、ありがとう
ございます。
あと、これから政治家どもがちらつかせるであろう目先の餌には釣られるなと口を
酸っぱくして言っておきます♪

↓余談ですが、白人さんの民度とはこの様な物なのですか、悲しくなりますね
http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/428.html
2007/09/19(水) 22:35 | URL | piga #iMJW3LX.[ 編集]
三輪さん…
こういう現実を知ってもなお、愛国教育が先とかおっしゃったり、特定アジアに対する言動で政治家の優劣をはかったりする方って、どうすればいいと思いますか?

私、もうそういう右定食は味見すらしたくないんですが、うちのブログにも時折いらっしゃるもので…。

もう相手にするのも億劫ですわ。あれが昔の俺なのかな…。
2007/09/19(水) 22:58 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
移民は侵略
移民とは「侵略」、これ以上に正確な表現はありませんね。

個々の移民が悪意を持った侵略者という意味ではありません。

侵略軍の兵隊さん自身は悪意を持った侵略者とは限らないのと同じ意味で。

移民も兵隊さんもまるっきり幸せではありませんし…
侵略してうれしいのはグローバル化カルト信者だけです。


移民は侵略だということを、みんなに心底納得してもらいたいです。マスコミがどんなデマを流そうともびくともしないくらい心底。
2007/09/19(水) 23:57 | URL | あやこ #JalddpaA[ 編集]
日本の政治家も財界人も完全に見下ろしてますね。日本国民を。そこには郷土愛とか食べ物、農家に対する感謝とかかけらもない。
やはり明治維新からの流れからくる上流階級が存在しているのでしょうか?
庶民の出であれば、こんな酷い事できないでしょう。これじゃあ弾圧じゃないですか。
2007/09/20(木) 00:29 | URL | ひな #-[ 編集]
じわじわと浸入し、害意を感じさせず根を張り、宿主を食いつぶし増殖する様は、植物病に似ていますね。侵された植物体は自らの細胞を殺すことで菌の繁殖を止まらせます(江戸の火消しが火事場の周囲の建物を壊して消火するように)。それと同じように農業という産業も一時的、部分的に死(耕作放棄)せねば上のような流れは止められないのかもしれないと悲しく思います。(根・幹に活力があれば、再び芽もでるはず、あきらめませんよ)
自分に出来ることとして、食料・衣類はメイドインジャパンを可能な限り買っていますが、外国研修生が増えていき経営者も外資なんて事になったら・・イヤーな感じです。
農家(ホントはお百姓と呼びたい)、流通(石油資源のためにも地場産のものにそれぞれもっと勢力的に)、消費者(一票を投じるつもりで考えて選ぶ、意識をもつ)
皆の力の積み重ねが必要です。邪魔する自他国政府・マスコミ(バックの財界?)には気をつけて暮らしていこう。と私は思います。
2007/09/20(木) 00:29 | URL | ウヰスキー #3/VKSDZ2[ 編集]
>ウヰスキー様
もうそう言うレベルでも無くなるかも?
あらかじめこう言う情報を仕入れていて、何かが起きたら反対の覚悟を決めることが大事だと思います。

>ひな様
見下していると言うのはちょっと違います。
そして彼等は明治時代の過酷な支配者ではありません。
外国人なのです。植民地の総督。
本気でそう思っていますね。

>あやこ様
そのとおり。移民と言うのは間違いなく間接侵略です。
価値観の違う民は国ごとに済み分けるべきなのです。
それができていないのが日本の不幸です。
外国人に善意を求めるのは悪くないですが、彼等が外国人だと忘れてはいけません。

>ろろ様
はっきり追い出しましょう。
IP封鎖も仕方ないのでは?

>piga様
まあ、今くらいなら良いんですがね。
でも、中国からの研修生は黒い組織の手引きで着てる人いますし。
千葉では殺人事件起きてます。

ともあれ、余り深入りしない様にとだけは。
いろいろと語り合うのは良い事ですよ。
特に、この事は余り知られていないことですし。

>早雲様
またトラバ送りますね♪
2007/09/20(木) 01:24 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
本当に、誰も幸せになれないですよね。
移民の方々もこき使われるだけでしかない上、国土は移民の意思に関係なく荒らされる。

他人とは考え方に必ず相違が出てくる。それを長い歴史の中で一定のエリア内で一定の価値観の摺り合わせを行いいざこざを避ける国というシステムは人が知性を得てから今日に至るまで崩壊させずに培い手に入れたシステムなのですから、安易に手放してはいけないですよね。
2007/09/20(木) 01:45 | URL | ico #-[ 編集]
江戸の遺伝子
江戸の街衆は、薩摩と長州の芋ざむらいに、お国の舵取りが出来るのかねぇ、と皮肉ったそうですが、実は平等な社会だった士農工商の様に、現代も農家の方達を大事にして欲しいです。粋な江戸っ子達を見習いたいです。
2007/09/20(木) 08:48 | URL | 頑張って下さい #-[ 編集]
仕組みがそもそもグローバリスト優位に出来ている
  アドバイスありがとうございます・・・無理解な人は遠慮なく締め出しますね。

  本題ですが、貨幣をいくら稼ぐかという一点のみに価値を置き、貨幣に万能の価値を置いた近代という仕組みを一回全て見直さなくてはダメです。

  とりあえずは、孔明さんが以前おっしゃっていたように、農家相手に減税することです。補助金をつけると、グローバリストと手先のマスコミに簡単に攻撃されてしまいますから、そういう意味でも明らかな所得補償は世論を喚起するまでとっておいたほうがいいでしょう。(まあ、経済財政諮問会議の糞共が横やりを入れるでしょうが)
  食品の安全性という観点から運動を進めた方がいいでしょうね。そうすれば、子供をお持ちのお母さんたちが政治に関わってくれますから。逆に、この問題では小泉を支持したような若年男性B層は全く頼りにならないし、そもそもあまり関心がないと思います。
  こういう問題を「愛国」だとか「反米」と絡めようとするのはアホです。いきるか死ぬかの問題を、イデオロギー闘争にすり替える馬鹿は無視すべきですね。

  あと、三輪さん的には異論があるかもしれませんが、減価通貨を基にした自然主義経済をどこかから手を付けていくべきだと自分は思っています。通貨でなくても、農産物だけに通用するクーポンやポイントカードを導入するだけでも違うと思うんです。
  そうしないと、結局貨幣を沢山持っている都会の大資本に、農家は屈服させられてしまいます。グローバリストが立ち入ることが出来ない自立した地域経済を作るには、そういうクーポンで地産地消を促すしかないと思います。
2007/09/20(木) 09:46 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>Nob様
けど、中国産しいたけだけはガチで危ないと思いますよ。
私は食べません。
ちなみに、日本製食材で危険なものの代表といえば、オオバとネギでしょうかね?
あれは危険だ・・・・。

>ろろ様
そうすると物々交換のレベルまでGDP算定が減退するんじゃないかと言う事が問題です。
それに加えて、様々な物資(特に鉱物関係)が強くなり過ぎると言う事が懸念されます。
多分、減価するものの価格算定が半端ではなく複雑になりますし。
何でも先物の世界・・・。
それが貨幣が減価して行くとなると、様々な価値のあり方に皆大混乱をきたさないかと思うのです。

減価して行くのは良いが、何を持って本位とするのか。
本位なくして価値経済は成立しないと思いますし・・・。
難しいと思いますね、私個人は。

>頑張って下さい様
ありがとうございます。
まあ、途中までは上手くやったんですが、最後になって誰も考え付かないほど過酷な事をやってしまう。
おまけにシーパワーの暗黒面にずぶずぶに捉えられてしまうし・・・。
それが薩摩長州の問題点だったのですね。

>ico様
現在のカイカク派とは、人々から秩序を奪い、狂乱状態に叩き込む事も戦略の基本としています。
所詮は詐欺師なのです・・・。

ところで、カウンター見てたら、なんかもうすぐ100万ヒット行きそうな・・・。
2007/09/21(金) 19:52 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪さん
>物々交換のレベルまでGDP算定が減退するんじゃないかと

  ここがよくわからないのですが、GDPが減少することについてどういう点が問題なのでしょう。
  OECDを脱退しなくちゃいけないとかいう話なら、むしろ喜んで脱退して、分担金も大幅に減らしてしまえばいいと思うのですが。

  また、減価通貨の導入も、当面は農作物に限った期限付きクーポンで十分だと思っています。消費財全般にまで波及させるとなると、貿易依存率が上昇しているという好ましくない現況では、ショック死する恐れがありますから。

>貨幣が減価して行くとなると、
>様々な価値のあり方に皆大混乱をきたさないか

  全国規模で流通するものもあるでしょうから、減価通貨は地域限定でやるべきだと思っています。
  減価通貨が主流になってしまうと、東京都民が死にます。私も死ぬのはいやなので(笑)、余剰農作物を分けてもらうための日本円はなくてはなりません。
  ただ、農作物の減価通貨決済があれば、今より地方の地位は格段に上がります。

>減価して行くのは良いが、何を持って本位とするのか。

  ここは難しい問題です。ただ、歴史上全ての通貨が基本的にはバーチャルな存在だったこと、ニクソンショック以降は金という裏付けさえなくなったことを考えると、破天荒な話とは思いません。
  大規模にやると、偽造を企む連中が出てきます。だからこそ、「地域」通貨に留めておかなくてはいけないのだと思います。

  これと、以前言及された三輪式鎖国を組み合わせれば最強のような気がします。

  100万行きましたね。これからもたくさんの人にレッドアラートを出し続けてくださることを願っております。
2007/09/22(土) 07:53 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>ろろ様
GDPが低下すれば、他の国との間での取引に影響するんです。
つまり、輸入しなければならない物資物財を輸入するだけの経済的裏打ちをなくしてしまうかもと心配しています。

全体としてのパイが減れば、江戸時代初期と江戸時代末期の経済的苦境がやってくるかなと思うところです。
それに加えてですが、人の人情として「減るものは厭われる」と言う事です。
貨幣がこれ程までに幅を利かせているのは、言って見れば「減価しないからこそ」と思えるのです。

それとですが、多分抜け駆けをする国が現れる事も問題です。(特に隣の国とかは・・・)
一方で減価する貨幣、一方で古いスタンダードの貨幣。
こう言う事になれば世界は大混乱必至ですし。
2007/09/22(土) 08:36 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
TBです
重農主義から見える産業主義近代
http://sun.ap.teacup.com/souun/161.html
2007/09/22(土) 16:33 | URL | 早雲 #-[ 編集]
びっくりしました。頑張ってください。
以前お邪魔したとき、政治の舌下系ブログだなと思ってたのですが、

今回の福田内閣では、小泉売国内閣で、外資とお友達の農林水産大臣だった岩永腹黒代議士が、
日本の農業を破壊するシナリオで、松岡農林水産大臣や安倍首相は、結果的に見てグローバリズムに対して最大限の抵抗をして、結果的に引き摺り下ろされたということに行き着いてるのですが、
この視点に全く同じ論点に貴サイトが立っていたとはビックリしました。
正直、以前は、舌下系政治ブログとしてしか認識しかなかったので・・・・・・

現在、グローバリズムだけでなく、それ以外でも日本の各種の共同体破壊が行われており、今回の福田売国内閣では、その総仕上げが行われるはずで、まずは、この農家たたき殺し政策を自民党が行おうとしている事実を、自民党解体後にできる真の国民政党の担い手が各農家に伝えていく仕組みを作らないといけない。

さあどうするか?

で、段取り中・・・・・ってとこですね。

そのためには、JAと農家を取り込む仕掛けが必要ですが・・・・・・・・どうしましますか?

まあ、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
2007/09/25(火) 01:54 | URL | ねんきんどっとネット #-[ 編集]
>ねんきんどっとネット様
>この視点に全く同じ論点に貴サイトが立っていたとはビックリしました。

ええ、こちらではグローバリズムが諸悪の根源であり、それらの外憂を撒き散らす仕掛けが自由貿易原理主義者の各組織だと思っています。
今晩予定しているエントリーはアメリカの農業補助金についてです。
よろしければご覧下さい。

>そのためには、JAと農家を取り込む仕掛けが必要ですが・・・・・・・・どうしましますか?

農家については一致団結させる手段はありませんね。ほとんどが2種兼業ですし。そう言う意味では守りにくいのですよ、日本の農業は。
JAについては、最低でも各県単位での強い連携が見込めます。
何しろ、農協の前身が何だったかを考えればね。

だからグローバリスト達はJAを潰そうとしているんですよ。
鍵はJAです。私はそう見ています。

ともかくも、今後ともよろしくお願いします。
2007/09/25(火) 17:52 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪さん
自民はすでに踏み絵を踏んだ集団です。彼らに任せていては、グローバリストはJA、労組、日教組なんかをつぶし会社を買収し日本人は奴隷となります。
2007/09/26(水) 00:14 | URL | 孔明 #-[ 編集]
>孔明様
自民党清和会だけをぶっ壊す事はできませんからね。
やるのならば全部ぶっ壊さないと駄目でしょう。
実際、このままで進めば後日本の余命は5年って所でしょうね。
どんどん悪くなっていますから。
三輪も自エンドのメンバーですから。
一緒に自民党を早めに解体する方法を講じましょう。
2007/09/26(水) 19:47 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/380-14552695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  勧誘員に後ろから刺されそうなタイトル(笑)ですが、まあ、軽い話ですのでお付き合い下さい。「転職で収入増」最高の35.3%・4―6月、中堅層にも波及http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/index.cfm?i=2007091
2007/09/20(木) 09:19:39 | 日々是勉強
福田総理候補のこれまでの主な反日行動を下記にまとめると◆5年前、帰ってきた拉致被害者を北朝鮮に送り返そうとした。◆男女共同参画社会基本法をまとめた。今もこのジェンダーフリー行政を推進すると公約している。
2007/09/20(木) 11:23:08 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
昔こんな落とし話を聞いたことがあります。『昔或るところに、女房と丁稚との三人で商売をしていた男がございました。商売は順調でそこそこに儲かっていました。男は考えました。「此れは丁稚は要らないというこ
2007/09/20(木) 12:08:31 | Dendrodium
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。